関西子どもとおでかけ遊び場情報 ~下呂温泉水明館・岐阜~
下呂温泉水明館・日本三名泉の一つ、下呂温泉にある五つ星ホテル「水明館」の紹介です。

HOME > ホテル・宿泊施設編index 
下呂温泉 水明館
住所
 岐阜県下呂市幸田1268 TEL:0576-25-2801 ※MAP
駐車場
 有
公式サイト
 下呂温泉 水明館
in/out
 14:00/12:00
ポイント
 ★★★★★
コメント
日本三名泉の一つ、岐阜県の下呂温泉にある「水明館」は、飛騨川沿いにある老舗旅館で、人気温泉旅館ホテル250選で5つ星の宿として認定されています。
温泉街とは川を挟んで反対側、下呂駅のすぐ近くにありますが、5階建ての「山水閣」、9階建ての「飛泉閣」、12階建ての「臨川閣」の三つの館が連なっており、客室数もあわせて246室というかなり大きな旅館です。
お盆休みからは少しずらしたつもりでしたが、ツアーのお客さん等も多く、全館満室だったそうです。

我が家が泊まったのは、真ん中にある「飛泉閣」で、畳スペースのある和洋室でしたが、この畳スペースは子どもがくつろぐ場としてもかなり重宝しました。
川側のお部屋ではなかったので、眺望はそれほど良くはありませんでしたが、運よく二日とも、こちら側で花火があがり、思いがけず花火を見ることができ、ラッキーでした。
ちなみに滞在中、三館全て見て回りましたが、「山水閣」が一番古く、逆に「臨川閣」が一番新しく設備や客室も豪華な感じでした。
客室もそれぞれ異なった雰囲気になっており、オフィシャルサイトの紹介だと、調度品や絵画など古きよき時代を感じさせる「山水閣」、和と洋の良さを併せ持った「飛泉閣」、日本の伝統美に酔いしれる「臨川閣」となっています。

温泉は各館に一つあり、もちろん、どこのお風呂に入っても自由です。
ただ、各館へは1Fでしかつながっていませんので、場所によっては移動が少し面倒かもしれません。
今回は二泊したので、三ヵ所とも入りましたが、個人的には「山水閣」の「野天風呂/龍神の湯・観音の湯」が情緒があって良かったと思いました。
そして何より、別名「美人の湯」とも言われる、高めのアルカリ性単純温泉のお湯は本当に最高で、お肌がすべすべ、つるつるに♪これまで色々な温泉に入りましたが、ここのお湯の「つるつる度合」は別格!
娘と「このお湯持って帰りたいね~!」と何度も話していた程で、かなり気に入りました。
さすが、日本三名泉の一つですね。

館内には至るところに、絵画や芸術品が飾られていたり、日本庭園や、能舞台「石橋の間」など、日本の伝統が感じられる施設で、全体的にとても落ち着いた雰囲気です。
やはり大きな温泉街の老舗人気旅館というだけあって、設備などはさすが、という感じでした。
毎日17時から館内を案内してくれるツアー(約1時間)があり、能舞台や茶室(外から)も観ることができますので、時間があえば行かれると良いかと思います。

予約を取った後に、直接メールをくださったのですが、子どもの食事のことなど、きめ細やかで柔軟な対応をしてくださり、このあたりもさすがだな、という印象を受けました。
おかげで、二日ともおいしい食事をいただくことができ、プールで遊んだり、お肌つるつるの温泉に入ったり、と大満足の三日間となりました。
 宿泊日:H26.8.19
エリア情報
この周辺の遊び場は▶▶▶こちら
ホテル宿泊予約は▶▶▶こちら
 
岐阜エリアの食事施設は▶▶▶こちら

 スポンサードリンク



施設・温泉
客室・レストラン
 ホテル外観・駐車場・ロビー
JR高山本線「下呂駅」からすぐのところにあり
山水閣、飛泉閣、臨川閣の三棟からなります。
駐車場は約200台。
真ん中にある飛泉閣の向かい側、第一駐車場が
一番近いです。
飛泉閣の正面玄関
フロント
落ち着いた雰囲気のロビー
それぞれの館へは、途中階からの連絡通路がなく、
1階でしかつながっていません。
ですので、例えば「臨川閣」の最上階、12階の客室から
「飛泉閣」の9階にある展望風呂に行く場合でも、
一旦下まで降り、上がらないといけないので、
少し面倒かも・・
売店はお土産品も豊富です。
ちなみに、お部屋のお着き菓子は、
水明館の売り上げNo.1&2のものでした。
確かにおいしかったので、納得。
我が家もNo.1の水まんじゅうを買って帰りました。
 
朝には「朝一」も開催されています。
正面玄関の横には、お出かけ用の出入口があり、、
下駄箱には外履き用の下駄が並んでいます。
喫茶「エビアン」
外にある庭園にはビックリするほど
大きな鯉が泳いでいました。
ちなみに朝食・昼食会場「常盤の間」には、
この中庭を見ながら食べられる席があります。
期間限定のイベントでしたが、
似顔絵コーナーもありました。
思い切って子ども達も描いてもらう事に。
毎日顔を見ている親や本人はピンとこないのですが
知らない人が見たら「似てる!」と思われるのかも
しれません。
 お風呂
お風呂は各館にあります。
一番古いのですが、一番雰囲気が良かった
ぼたん風呂・野天風呂「龍神の湯・観音の湯」は
山水閣の1Fにあります。
ぼたん風呂は男女共の内風呂のことで、
野天風呂(=露天風呂)は、男性用が龍神の湯、
女性用が観音の湯になります。
バスタオルは各お風呂に用意してあります。
こちらは飛泉閣の最上階9Fにある「大展望風呂」
一面ガラス張りの窓からは下呂温泉の街並み(女湯)
飛騨の山々
(男湯)が見えます。
一番新しくてキレイだったのが
臨川閣の3Fにある「下留の湯」です。
天井、壁、柱にまで檜にこだわったお風呂です。

別料金ですが4Fには貸切風呂が3つあります。
(源泉100%)

お風呂はお湯の質が最高です!
入るとお肌がつるつる、すべすべ♪
女性にはかなりうれしいお湯だと思います。
すべすべ度合いは感動もの!
 温水プール
山水閣の1Fには室内温水プールがあります。
水着が無くても有料でレンタル可能。
ロッカー
外には水着用の洗濯機(※脱水専用)もあります。
持込み水着の場合は、有り難いですね。
25m×5コースの「屋内プール」
屋内と言っても、天井は開閉可能なガラス張り、
又、夏場は屋外プールとつながっているので、
外気も入ってきて、屋内プール独特のムッとした
感じがなく、気持ちが良いです。
キャップ着用の必要はありません。
 
「温水ジャグジー」
夏季限定の「屋外プール」
浮き輪などの持込みも可能です。
 ギャラリー他
館内には絵画や美術品などが数多く展示されています。

山水閣1Fにある画廊「大観の間」

臨川閣2F 
かなり大きな黒御影石に掘られた作品
樹齢1100年を超え、国指定天然記念物でもある
「臥龍桜
(がりゅうざくら)」の絵画です。
この桜は飛騨一ノ宮駅の近く「大幢寺
(だいどうじ)」
側にあるエドヒガンザクラの大樹です。
臨川閣のロビーのような場所
ゆったり落ち着いた雰囲気です。
臨川閣の1Fには「石橋の間」という
能舞台が行われるお部屋があります。

普段は空いていませんが、
室内はこんな感じだそうです。
ちなみに、夕方17時からの館内ツアーでは
中が見られるんだそう。
  • mixiチェック
  • はてなブックマークに追加
  •  スポンサードリンク

    ホテル編indexへ

    Copyright(C) since 2008 関西子どもとお出かけ遊び場情報 All Rights Reserved.