関西子どもとおでかけ遊び場情報 ー和歌山県・龍神村/宮代オートキャンプ場ー
龍神温泉・宮代オートキャンプ場/和歌山県の龍神村、日本三美人の湯で知られる龍神温泉からほど近い、夏場は川遊びも楽しめる宮代オートキャンプ場の紹介です。

HOME
> キャンプ場編 index > キャンプ日記index  
コテージ日記 vol.8
2015年8月2日(日)~8月3日(月)
昨日から引き続き、夏休み二度目のキャンプ2日目~3日目にかけては、「
宮代(みやしろ)オートキャンプ場」です。
そして、今日から1泊は「コテージ泊」なので、日記もコテージ日記へと移るわけです。

さて、無事、荷物をコテージに運び終え、サイトも完全撤収した後は、水着から服に着替えてお出かけです。
=14時半 日本一のヤッホーポイント=
向った先は、キャンプ場から約30km、椿山ダムにある「日本一のヤッホーポイント」という場所。
ただ、だんだんお天気が怪しくなり、そのうち土砂降りの雨が、、
到着しても雨は止んでくれず、しばらく車で待機です。
宮代オートキャンプ場・龍神温泉・和歌山 宮代オートキャンプ場・龍神温泉・和歌山
宮代オートキャンプ場・龍神温泉・和歌山 宮代オートキャンプ場・龍神温泉・和歌山 結局、その後30分程待ったのですが、完全に止まないので、小降りになってきたタイミングで強行突破です。
ダムにかかる長くて細くて高い橋を通り、向かい側の山を少し上ったところにそのポイントがあるそう。
橋を渡って少し進んだところにある遊歩道を約4分進むと、、、
ありました、ありました、「ヤッホーポイント」の看板が。
早速、看板に書かれている通り、目印の場所に立ち、大きな声で「ヤッホーー!」と言ってみると、ほどなくして、同じ声で「ヤッホーー!」とやまびこが返ってきました!しかも、声が分散して聞こえるのではなく、ほんとにピンポイントでその声だけが戻ってくる感じ。「森のくまさん」の輪唱だってできちゃいます。これにはビックリ!
さすが「日本一のヤッホーポイント」というだけありますね。
しばらくやまびことの掛け合いを楽しみ、
15時半頃出発です。
宮代オートキャンプ場・龍神温泉・和歌山 宮代オートキャンプ場・龍神温泉・和歌山
※「日本一のヤッホーポイント」詳細は▶▶▶こちら
宮代オートキャンプ場・龍神温泉・和歌山 宮代オートキャンプ場・龍神温泉・和歌山 =16時 龍神温泉元湯へ=
その後、一旦キャンプ場を通り過ぎ、日本三美人の湯として有名な「龍神温泉」へ向かいます。キャンプ場からは車で約10分くらい。
ナビは直進だったのですが、トンネル横に「元湯⇒」という看板があったので、直進せずに右折。奥の方に進んでいくと、駐車場かな?と思える広いスペースがあったので、そこに車を停め、案内板の通り、階段を下りると、、
橋があり、川の向こうに「龍神温泉元湯」がありました。
と、ここにきて車を施錠したかどうか気になりはじめたのと、駐車場は施設前にもあってスペースも空いていたので、帰りのことも考え、戻って車を動かすことに。
少し遠回りのようになりますが、ナビ通りトンネルを直進して進んだところから川向こうを戻ってくる感じです。
宮代オートキャンプ場・龍神温泉・和歌山 宮代オートキャンプ場・龍神温泉・和歌山
宮代オートキャンプ場・龍神温泉・和歌山 宮代オートキャンプ場・龍神温泉・和歌山 その間に、パパ達は周辺をぶらり。温泉街というにはちょっと寂しい感じでしたが、なんといっても「日本三美人の湯」の一つなので、行った時もツアー客の方が続々と入って行かれました。お湯の泉質はナトリウム炭酸水素塩泉(重曹泉)で、お肌がすべすべしっとりになるそうです。ママ的には「下呂温泉・水明館」で温泉に入った時程の感動はありませんでしたが、それでもすべすべになったような実感はあり、とても気持ち良かったです♪
  • ※「龍神温泉元湯」詳細は▶▶▶こちら
=17時半 キャンプ場へ=
二泊目の今日は子ども達の大好きなコテージです。
こちらのコテージは4人棟と6人棟があり、お値段もリーズナブル。
しかも、12時からinが可能なとってもお得なコテージなのです。
食器類やお鍋類はありませんので、持って行く必要はありますが、電磁調理のコンロがついており、冷蔵庫も小さ目タイプのものがあります。
宮代オートキャンプ場・龍神温泉・和歌山 宮代オートキャンプ場・龍神温泉・和歌山
宮代オートキャンプ場・龍神温泉・和歌山 宮代オートキャンプ場・龍神温泉・和歌山 洗面所、トイレはありますが、お風呂はありません。
寝室は人数分のベッド(二段)があります。
リーズナブルなお値段を考えると、十分な設備かな、と思います。
さてさて、夕飯にします。
と言っても、子ども達はあまりお腹が空いていないそうで、、
とりあえず、バラバラと作ったものを食べて行く感じでこの日の夕飯は終わりました。
ただ、調理をしていると、室内に熱がこもり、かなり暑くなってきました。
というのも、夏場に一つだけネックになるのが、「エアコン」が無いこと。
扇風機は二台あるのですが、真夏はかなりキツイ!!
テントだと、外の風が気持ち良いのですが、コテージだと、建物の中なのでテントほどの涼しさは有りません。
あまりの暑さに耐えきれず、外に出て涼んだくらい。せっかく温泉に入ったのに、また汗をかいてしまいました。
子ども達はついでに貸切の駐車場で、キックボードやブレイブボードで遊びます。
宮代オートキャンプ場・龍神温泉・和歌山
宮代オートキャンプ場・龍神温泉・和歌山 その後、管理棟に顔を出してみると、お仕事を終えたおじさんたちが、帰る前の休憩中でした。
しばらくおしゃべりした後、食べきれなくなったお肉や、茹でたトウモロコシ、はんぺんなどを差し入れに。
おじさん達には「いいよいいよ~~!」と遠慮されたのですが、食材をダメにする方がもったいなかったので、逆に助けてもらう意味でもお願いしました。ご協力ありがとうございました~♪
最後に記念撮影してコテージに戻ります。
そして、いつも通り、21時頃就寝、となるのですが、、
とにかく暑い!!!
寝室にある小窓からは殆ど風が入って来ず、扇風機の風だけでは特に二段ベッドの二階部分には風が届きません。
ほぼ、蒸し風呂状態で、寝ころんでじーっとしているだけでも汗がにじみます。これはかなりキツかったですね。
以前行ったことのある、香川県の「庵治 太鼓の鼻オートキャンプ場」のバンガローを思いだしました。(^^;
子ども達はそれでもなんとか汗だくで眠りにつけたのですが、大人はなかなか、、
結局、ダイニングの方がまだ暑さがマシな方だったので、マットと息子をダイニングに運び、パパもそこで寝ることにし、ママと娘はベッドの1階部分で扇風機をかけて寝ました。
=7時起床 朝食=
その後、どうにかこうにか眠ることができ、翌朝は7時頃起床です。
朝食は、食材をきれいすっきりなくすために、いつもより大盛り。
しっかり食べてね~♪
宮代オートキャンプ場・龍神温泉・和歌山 宮代オートキャンプ場・龍神温泉・和歌山
宮代オートキャンプ場・龍神温泉・和歌山 =10時撤収=
アウトは10時なので、それまで少しゆっくり過ごし、10時に合わせて荷物を運び出し、チェックアウトです。
やっぱり、テントじゃないので後がラクですね。

優しいおじさんたちに最後のご挨拶し、10時過ぎ、キャンプ場を後にしました。
その後、白浜へ移動、「ホテル天山閣海ゆう邸」に二泊し、白浜観光をして帰ってきました。

ということで、最後にコテージの感想です。
他キャンプ場と大きく異なるのが、チェックイン時間です。
コテージの場合、inは早くて14時、遅ければ16時というところが多い中、こちらのコテージはなんと驚きの12時!!
しかも、用意ができていれば、早く入れることもあるんだそう。これはなかなかないと思います。
そしてお値段も平日、休日などに関係なく一律料金で、しかもリーズナブル!
ただ、お風呂と、食器やお鍋などの調理器具がありません。(※龍神温泉へは車で約10分です。)
また、夏場のみの話になりますが、「扇風機」のみで、エアコンがついていません。
川沿いのキャンプ場ということもあってか、夜は結構涼しいのですが、コテージの中はあまり風が通らず、特に寝室は風がほとんど入らないので、暑さで寝られず、なかなか大変でした(>o<)
かといって、どうすることもできないのですが、夏場に宿泊される予定で、何か家に快適に過ごせそうなグッズをお持ちなら、持ってきておいた方が良いかな、と思います。
  • mixiチェック
  • 龍神温泉・宮代オートキャンプ場/和歌山・川遊び
  •  スポンサードリンク

    キャンプ日記indexへ

    Copyright(C) since 2008 関西子どもとお出かけ遊び場情報 All Rights Reserved.