関西子どもとおでかけ遊び場情報 ー淡路島・ウェルネスパーク五色・オートキャンプ場ー
ウェルネスパーク五色オートキャンプ場・兵庫県の淡路島にあるオートキャンプ場、ウェルネスパーク五色の紹介です。

HOME
> キャンプ場編 index > キャンプ日記index
 
 
コテージ日記 vol.2
 
2011年4月8日(金)~2011年4月9日(土)
息子の小学校が入学式で休みだったので、パパが休みを取って2泊でキャンプに行くことに。
行き先は「淡路島」でも一番南の「南あわじ市」。
でも、なんだか朝からお天気が怪しい、、
でも、とりあえず、ここまで行くのなら、と先に淡路島と徳島を結ぶ「大鳴門橋」近くまで行ってみようということになりまして、、
まずは、
=11時半 大鳴門橋記念館・うずしお科学館=
に立ち寄りました。
ここはその名の通り、うずしおについての色々がわかる科学館や、特産品の販売、約500年の歴史がある淡路人形芝居が見られる「淡路人形浄瑠璃館」、レストランがあります。
滞在時間は約1時間。
うずしおの知識をたっぷり頭に入れた後、車中で家から作ってきた、お得意の「お稲荷さん」を食べ、次の場所へ。
 ※大鳴門橋記念館・うずしお科学館の詳細は▶▶▶こちら
=13時 道の駅うずしお=
続いては、大鳴門橋記念館からすぐのところにある、「道の駅うずしお」
この道の駅、ただの道の駅ではなく、なんと、陸から「うずしお」を見ることが出来るという貴重な場所なんです!展望台の場所は、大鳴門橋の下。
早速、関係者通路のようなところを通り、橋を渡り、海が見える場所へ。
この通路、天候も悪かったこともあるのですが、海風がすごい!
持ってた傘は即攻、裏返り、元に戻すことすらなかなかできませんでした。
小さなお子様と行かれる時は、しっかり手をつなぎ、こけないように気を付けてあげてくださいね。で、展望台に行って、海を見てみると、、
うずしおが出来る時間とは大幅にずれていたので、残念ながらうずしお自体を見ることはできませんでしたが、海の途中で、線がひかれたように分かれている場所があり、そこを境にして、右側と左側の波の向きが間逆になっているのです。
どこで水がぶつかっている、というのが一目でわかるとても不思議な光景でした。
でも、せっかくならうずしおを見てみたかったな、、
時間を確認してから来るべきでしたが、そうしてると本来のキャンプが遅れてしまうので、どっちにしても無理だったかな。
※道の駅うずしおの詳細は▶▶▶こちら 
さて、次はいよいよ、キャンプ、となるのですが、、、
とにかくお天気が悪い!
この時にはもう完全に雨です・・・
ここんとこ、天候についてない(TOT)
どうしようか、と迷った結果、、
値段はキャンプよりも随分高くなるのですが、子供達のたっての希望で、行き先を変更し、初日は「コテージ(ログハウス)」に泊まることになりました。
もちろん?家を出る前に空きは確認済みで、車中で予約です(笑)

ということで、一泊目は、年越しキャンプをしたところ「ウェルネスパーク五色」です。
=14時 40分 到着=
チェックインは15時なのですが、こちらは時間厳守なので、しっかり20分待ちました。(^^;)
キャンプの時から、よさそうなログハウスだなぁ、と思っていたので、こんな形で急遽泊まることができて、ちょっとラッキー♪
お天気が良かったら、実現していなかったわけなので、、
15時になり、鍵をもらったら車でログハウスへ移動。
こちらは「丘の上のログハウス」と「サンセットログハウス」の二種類のログハウスがあるのですが、今回我が家が利用したのはキャンプ場のすぐ上にある「丘の上のログハウス」
さてさて、どんな感じかな?ワクワク♪(^○^)♪ 荷物の運び込みは後にして、部屋へとGO!
玄関を開けると、まず目に飛び込んできたのは「らせん階段」
そして、きれいなリビングダイニング。奥にあるのは寝室で、ベッドは3つ。
台所には、お鍋やフライパン等の調理器具。
家電は、冷蔵庫、電子レンジ、オーブントースター、炊飯器、電気ポット、ホットプレートまで!
食器類、カトラリーは揃っており、無いのはお箸くらいかな。
お風呂は家のお風呂のような感じで、石鹸、シャンプー、タオルは無し。何にせよ、とにかくキレイです!
で、らせん階段を上がって二階に行くと、、、
広い広いフローリングのロフト。
思わず娘、「すご
い!」と意味も無くゴロンゴロン(笑)
その奥は、大きな天窓、斜め天井が良い雰囲気の広い部屋があります。
カーペットが敷いてあり、エアコンもついています。
これには子供達も大喜び!
早速「ママ達入ってこないでね!」と鍵を閉め、「自分達の部屋」にしていました。
その後、出てきたと思ったら、今度は1階の寝室に入り、3つあるベッドを飛び跳ねて移動して遊んだり、ドラえもんのように押し入れに入って遊んだり・・
とにかく、普段と違う部屋を満喫しておりました。
ママはというと、キャンプと違って、時間にゆとりがあるし、先に夕食の準備を、、
二日目に予定していたカレーを前倒しにし、早速用意を始めます。
というのも、この「丘の上のログハウス」はウッドデッキ等でバーベキューするのは禁止なんです。
そこだけが残念なところ・・
でもサンセットログハウスでは出来るので、したい方はそちらを予約された方がいいですね。
家ではいつも料理の手伝いをしたがる子供たちなので、今日は思う存分手伝ってもらおう、と声をかけたのですが、そういう時に限って、「今遊んでるから無理~」との返事・・
なんだよ、なんだよ~。ちぇっ、これじゃいつもの晩御飯と変わんないじゃん!とふてくされながら、一人カレーの用意をするママなのでした(^^;
とは言っても、今日は夕飯の準備と必要な分の荷物の運び込みが終わると、これと言ってやることもし。
ってことで、ママもフリータイム♪普段はめったに見ないテレビなんか見て、くつろいじゃってました。
=18時 夕飯=
みんなで仲良く「かんぱ~い」♪
カレーのみ、なので、カレー苦手な娘を除き、本当、あっという間です。
その後、普段長時間テレビを見せていない子供達も、今日は特別。
ドラえもんから始まり、バラエティー番組まで。
テレビに無縁のキャンプと違って、コテージ(ログハウス)は、ホテルのような、別荘のような快適空間。たまには、こっちもいいよね♪(お財布が痛いけど・・)
あまりテレビに興味が無い娘はというと、階段でジャンプしたり、段差を器用にお尻でするする下りて「滑り台」って遊んだり、間から顔を出して「お~い」って言ってみたり、、
どんだけ階段で遊ぶねん!ってくらい、遊んでました。
そして、二階のロフトにあがって「ママ、写真撮って~」とポーズ。
最近、なんとなく「写真撮って」って言うことが多くなったような気がします。
さてさて、時間もそろそろ20時半。
ぼちぼちお風呂に入って寝る時間です。その辺は、崩さないのが我が家流。
家のようなお風呂に順番に入り、ちゃんと
21時にはベッドに入りました。
でもって、子供たちはベッドに入ると、即寝zzz・・・
ママ達大人は、テレビ見ながらチューハイ飲んで、23時頃までゆっくり♪
そして、シュラフではなく、心地よいベッドで眠りにつきました。
=翌朝7時半起床 8時半朝食=
天気予報では、この日は朝からずっと晴天!
のはずが、なんともどんよりしたお天気・・
なんなら今にも雨が降りそうなくらい、、ちょっとちょっと大丈夫??
でも、せっかくなので、朝ご飯は外のウッドデッキで食べます。
ちょうどお米も持って来ていたので、ご飯を炊いて、玉子焼き、ウィンナ、即席のおみそ汁、キウイ、バナナと、見た目はまずまず。
息子はというと、昨日の残りで「朝カレー」。
少し肌寒さはあったものの、やっぱり外で食べる朝ご飯は清々しくて気持ち良いですね♪

と、ここでママ、何気にダイアリー初登場です。
皆様、初めましてでございます(照)
さて、朝食も終わり、食器を片付け終わるとチェックアウトに向けての荷造りなのですが、キャンプと違って、荷物も少ないので、楽勝です。
一応今日はお天気回復の予報。さて、そろそろ次の目的地に移動しますか!

ということで、
=10時チェックアウト=です。
今日は本当にテントを張って、キャンプしますよ~!
むむ?どうやら釣りも出来るキャンプ場らしい・・・
はたして、一体どこのキャンプ場なのか!?

ということで、この続きは、キャンプ日記Vol18で・・・
最後に、ログハウスの感想ですが、、
とにかく、キレイ&広いです!
設備も、お箸と石鹸、シャンプー以外は完ぺきと言っていいほど揃ってます。
らせん階段(サンセットログハウスは普通の階段のようですが・・)や、ロフトなど、子供達だけでなく、大人もなんだかワクワクします♪
ただ、上の階の音が普通の家の二階、以上に響きます。
特に子供達が興奮して騒ぎ出すと、それはそれは大変・・
ドタバタドタバタ、がものすごい!何度「もう少し静かに歩きなさい!」と注意したことか、、(苦笑)
とりあえず、ここはちょっと注意が必要、というより、我慢が必要かもしれません。
もちろん、大人しいお子さんや、親の言うことをちゃ~んと聞くお子さんの場合は何の問題もありませんが・・・
それ以外で残念なのは、記事でも書いていますが、「丘の上のログハウス」ではバーベキューが出来ないところ。
その点、「サンセットログハウス」の方は、バーベキューテラスも完備されているので、機材と食材を持ち込めば出来るので、大丈夫です。
やりたい方は「サンセットログハウス」を予約してくださいね。
ただ!こちらは、予約がかなり取りにくいそうです。
特に、連休や夏休み、お正月は特に難しく、
6か月前の月始めの8時から電話で受付開始なのですが、初日が勝負と考えておいた方がいいかと思います。
問い合わせてみたところ、夏休み期間は土日関係なく、最終日を除く約40日間の日程が、初日でほぼ満室になったりするそうですので、人気の期間に行きたいと思われる方は、出遅れないようにして下さいね。
又、直前にキャンセルされることもあると思いますので、電話でマメに問い合わせをされた方がいいかもしれません。
予約が難しいかもしれませんが、かなりオススメのログハウスですので、一度は泊まってみる価値有りです!
 ▶▶▶コテージ日記vol.3

 


キャンプ・コテージ日記indexへ

Copyright(C) since 2008 関西子どもとお出かけ遊び場情報 All Rights Reserved.