関西子どもとおでかけ遊び場情報ー家族でお出かけ・レジャーに ーオススメキャンプ用品ー
関西子どもとおでかけ遊び場情報・アウトドア・家族でキャンプ!オススメ・キャンプ用品

HOME
 >キャンプ場編 index
我が家のキャンプ用品
購入履歴
今ではキャンプにすっかりハマってしまった我が家ですが、最初はとりあえず、楽天市場、amazon等で、購入者レビューを見てみたり、キャンプをしている周りの知人に聞いてみたり、お店の方に相談してみたりと、試行錯誤の上、揃えました。
そのうち、道具に懲りだし、買い替えの連続・・
キャンプにハマっている方にはある程度ご理解いただけるかと思いますが、「キャンプ用品の沼」は、、、底無しです(^^;

 ※グレーになっていないものが現在使用中です。

テント
タープ
ランタン
ライト
グリル・焚火台
ストーブ・コンロ
テーブル・チェア
IGT
スリーピング
マット
ブランケット
クッキング
クーラー・ジャグ
番外編
遊び道具・カメラ



クッキング
クッキング用品・ランキング  参考サイト
Coleman
メラミンテーブルウェアセット
購入時期 2010.10
購入経緯 いつもはIKEAで買った子供用のプラスチック食器を持って行っていたのですが、食事の雰囲気も大事かな、ということで食器類も購入することに。単品での販売に比べ、セットの方が断然安かったので、セットでの購入にしました。
補足 すごく便利だったのが食器を入れるケースです。スペースに余裕があるので、他にお箸やスプーン等カトラリー類の他、パーコレータも入れることができ、今までよりもかなりすっきり持ち運びができるようになりました。食器については、軽くてしっかりしていて、何より、食事がとてもおいしそうに見える気がします。ただ、気を付けなければいけないのは、陶器ではなくメラミン製なのですが、高い位置から落とすと割れてしまいます。我が家もカップを一つ割ってしまい、新たに購入しました。
Coleman
ステンレスパーコレータ3
購入時期 2010.10
購入経緯 毎回、お湯を沸かす用に家で使っている2Lのケトルを持って行っていたのですが、結構かさばるので、購入しました。
補足 大きさが数種類あって迷ったのですが、小さすぎると実用的でないし、大きいとかさばるし、ということで、中くらいのサイズにしました。満タン入れると1.4L入ります。我が家ではもっぱらお湯を沸かすために使うことが多いのですが、本来は粗挽き豆でコーヒーを淹れる為のものです。我が家にはコーヒーメーカーが無かったので、キャンプに行かない時は、家でもこれを使ってコーヒーを淹れています。
Coleman
ハンギングドライネット
購入時期 2010.10
購入経緯 キャンプを始めた当初から、食器類を乾かすのに多くの方が使われているのを見て、ずっと欲しいなと思っていたので購入しました。
補足 ネット自体はビックリするくらいコンパクトになります。無くてもやっていけるのですが、やっぱりあると便利なグッズです。多くの方が使われている理由がわかります。
UNIFLAME
fan5-DX
購入時期 2011.7
購入経緯 そろそろお鍋などのクッキングセットが欲しくなったこと、現地でご飯を炊いて食べたいと思ったこともあり、ライスクッカーもセットのものを購入しました。もう一つ「fan5duo」というのもあったのですが、ご飯が1合から3合炊きで、お鍋類も一回り小さかったので、大きいサイズのDXにしました。
補足 購入する前から写真などで見てわかってはいたのですが、実物を見て、このコンパクトな状態で、あれだけのものが入っているのか?と疑問に思う程でした。出してみて、再度このコンパクト設計にビックリ!片手鍋、大きめの鍋、ざる、ライスクッカー(2~5合)、フライパン。全部がうまく収まるようになっているんです。これはかなりオススメです♪ただ、フライパンはテフロン加工ではないので、一度焦がしてしまうと、くっつきやすくなるので注意が必要です。
新富士バーナー(SOTO)
ステンレスダッチオーブン10インチ
購入時期 2011.7
購入経緯 以前から、ダッチオーブンに興味があり、回数を重ねるにつれ、キャンプでの食事もBBQグリルを用いての調理にも限界を感じ始めたこともあり、購入に至りました。メーカーはもちろん、種類もいろいろあったのですが、ステンレス製のものは手入れが簡単で、気軽に使用できること、IHにも対応していることもありステンレス製にしました。サイズを8インチと10インチ、どちらにするか迷ったのですが、家族4人では10インチが無難というコメントもあったので、10インチにしました。
補足 まず、大きさは10インチで良かったと思います。見た印象は大きなお鍋という感じです。早速キャンプで、パエリアを作ることに。結果、味はOKでしたが、底にご飯がビッシリこびりつく程焦がしてしまいました。ですが、一晩お水につけておくだけで、簡単にこびりつきが取れて感動!焦げ付きには酢を入れてお湯を沸かすととれるとのことだったので、帰ってからやってみると、残りの焦げもきれいに取れました。IHでも問題なく使えますが、長時間加熱は熱くなりすぎてエラーが出る時もありますので、その時はいったん電源を切って、違う方のコンロを使うといいかと思います。購入した時は、本体や蓋を置くときに使う「スタンド」とのセットがあり、それも購入予定だったので、セットで購入しました。
SOTO ダッチオーブンリフター
購入時期 2011.7
購入経緯 ダッチオーブンを使用するにあたって、蓋を持ち上げるのにリフターが必要だと思い、同時購入しました。
補足 ダッチオーブン使用中は、本体だけでなく蓋もかなり高温になるので、リフターがあると便利だと思います。
SOTO ダッチオーブンスタンド
購入時期 2011.7
購入経緯 ダッチオーブンを使用する際、蓋を置いたり、本体を置いたりするのに必要なので購入しました。
補足 ダッチオーブン本体とスタンドがセットになっているものがあり、そちらの方が少し安かったのでセットで購入しました。
snowpeak
チタン ダブルマグ 300ml
フォールディングハンドル
購入時期 2011.9
購入経緯 娘と一緒に洗い物をしている際に、メラミンのカップを高い場所から落としてしまい、取っ手の部分が壊れてしまった為、買い替えました。
補足 同じものを購入してもよかったのですが、以前からママはこういうマグカップでコーヒーを飲みたいなと思っていたので、こちらを購入。一層と二層のタイプがあったのですが、熱いものを入れてもマグ自体が熱くならない方がいいかなと、二層のタイプを購入しました。保温効果も抜群で、冬場にコーヒーなどの温かい飲み物を入れても、なかなか冷めません。取っ手の部分はパタンと倒すことができますが、複数を重ねることはできません。
snowpeak
テーブルウェアセットLファミリー
購入時期 2011.9
購入経緯 Colemanのメラミンテーブルウェアセットを持っていたのですが、コンパクトで、かつ、料理が「おいしそう」に見えるこの商品に惹かれ、購入に至りました。
補足 重ねると驚くほどコンパクトになるので、荷物の軽減化ができました。期待していた通り、いつもの料理でも、これまでよりさらにおいしそうに見えます。雰囲気も大事、ですよね。
snowpeak
チタンダブルマグ300ml用フタ
購入時期 2011.11
購入経緯 特に下の娘がジュースなどを飲みきらず、残すことが多いので、蓋を購入。
補足 飲み口になるスリットもついているので、蓋をしたまま飲むことができ、便利です。又、これまでは、ジュースの飲み残しはその都度ラップをして置いていたのですが、蓋があることでその手間がなくなり楽になりました。
snowpeak チタンシェラカップ
購入時期 2011.11
購入経緯 イベント参加の際にもらったシェラカップがあったのですが、使ってみると何かと便利で、もう少し数が欲しく、追加で購入しました。
補足 内側に目盛りがついているので計量カップの代わりにもなります。ステンレスとチタンの二種類があったのですが、小さい子供が使うことも考え、カップに熱が伝わりにくいチタンの方にしました。とても軽いです。
snowpeak 和武器
購入時期 2011.11
購入経緯 いつも割り箸を使っていたのですが、雪峰祭で旧タイプの和武器が安くなっていたので、購入しました。
補足 銀色のパイプ部分に先端の箸が収納されており、キャップを開けて出し、クルクルとくっつけます。それぞれのパーツの販売があり、この先ずっと使い続けていくことができます。割り箸を使うことを思えば、決して安いものとは言えないのですが、エコという意味もありますし、何より雰囲気が良いのもいいですね。ただ、旧型は丸いタイプで、テーブルやお皿に乗せるとコロコロ転がってしまうのが難点。現在は転がりにくい角のあるデザインに改良され、サイズもMとL、二種類出ています。
snowpeak トラメジーノ
購入時期 2012.2
購入経緯 子供達はホットサンドが大好きで、以前から電源のあるサイトでは、ホットサンドメーカーを持って行って、朝食に作ったりしていたのですが、電源の要らない季節になってくると、メニューから消えてしまうので、電源関係なく作れるものがいいなと思っていたところ、スノーピーク社のポイントシステムの交換アイテムに追加されたので、交換しました。トラメジーノなら火があれば、いつでもどこでもホットサンドができる他、本体は片面づつ取り外しができるので、ウィンナや卵を焼いたりと、ちょっとしたフライパン代わりにも使え、便利です。
補足 ホットサンドだけでなく、ホットケーキミックスを入れてパンケーキもできるので、特に朝食では大活躍です♪
プレヒートの際の火加減は中火の弱めが良いそうです。一度焦げ付かせてしまうと、その後ずっとその部分だけ焦げるようになってしまうので、その点は気を付けた方が良いと思います。
SOTO スモークポット
SOTO・スモークポット
購入時期 2012.9
購入経緯 スモーク料理に興味があったのですが、SOTOから新製品でとってもコンパクトなスモークポットが発売されたので、購入。見た目もとってもかわいい♪赤・茶・黄と三色あったのですが、他のグッズに合わせ赤にしました。
補足 とにかく、コンパクトなので、一度にたくさんは出来ません。一人用という感じです。本体には温度計がついているので、加熱しないといけないもの、生でも食べられるものの温度管理ができ、初めてでも失敗しません。ちなみに、我が家のお気に入りは、オーソドックスにウィンナとチーズなので、網に乗せるだけ。早ければ10分くらいで完成するのもうれしいです♪
UNIFLAME
コーヒーバネットcute
ユニフレーム・コーヒーバネット
購入時期 2012.9
購入経緯 いつもキャンプではインスタントのスティックコーヒーを飲んでいたこと、家にコーヒーメーカーが無くドリップコーヒーを買っていたので、購入しました。パーコレータで入れてもいいのですが、ママ一人しか飲まないので、これで十分かな、と。ちなみに、こちらは壁面がないので、ガスが抜け、雑味の無いコーヒーになるそうです!
補足 まず、ビックリするほどコンパクトに収納できるので本当に便利!カップにそのままセットできるのも良いです。
もちろん、コーヒーもおいしく淹れられます。
平日は家で、週末はキャンプで、と、購入してから毎日に使っています。これは購入して良かったです!
UNIFLAME
fanカトラリーセット
購入時期 2012.10
購入経緯 フォーク、スプーンは家で使っているものを、巾着に入れ持って行っていたのですが、フォーク、スプーン、お箸、それぞれ4セット入って、かなりコンパクト、見た目もカッコいいユニフレームのカトラリーセットが魅力的で、スポーツショップのキャンペーンで安く入手できる機会があったので、購入しました。
補足 スペースにまだ余裕があるので、ティースプーンも入れて使っています。お箸も天然木で本格的。又、ケースの本体とフタは同じ高さで、両方スタンドとして使えます。蓋側には「水切り穴」が付いているので、洗い終わった後のカトラリー置き場になります。又、本体側は穴なしなので、使用後のカトラリーを入れてもテーブルを汚すことはありません。何より、これまでは「お箸は?」「スプーンは?」と言われるたびに袋から取り出していたのですが、テーブルの上にこれを置いておくと各自、必要なものがすぐに取れるので、それだけ少し楽になりました。テーブルに置いていても、オシャレな感じなので言うことなしです。
新富士バーナー(SOTO)
ステンレスダッチオーブン
10インチハーフ
購入時期 2013.2
購入経緯 ステンレスの10インチダッチオーブンは持っていたのですが、上火を使うパンやグラタン等を作る時に、鉄のダッチオーブンに比べ、熱伝導が少し弱いのか、他の方のレシピよりも火を多めにしないといけないこと、又、我が家では、鶏を丸ごと調理するような大鍋料理はあまりしない為、実はハーフの方が使い勝手が良いんじゃないかな、という思いがありました。そうは言っても高い買い物だったので、使い続けていたのですが、今回メーカーさんのお試しキャンペーンがあり、実際ハーフを使ってみると、台所での利用もしやすく、家とキャンプと合わせると、使用頻度もハーフの方が多いだろうと、思い切って購入しました。
補足 フルサイズのものも、もちろん、良いところがあるのですが、我が家の場合でいうと、ハーフで良かったな、と思います。キャンプに行かない間も、家で普通のお鍋のように頻繁に使っています。
CHUMS
キャンパーマグカップ
購入時期 2014.5
購入経緯 とってもオシャレな「CHUMS」のマグカップ。前から目を付けていたのですが、新しく我が家定番の「赤色」等、色が追加になったのを機に、購入することにしました。
補足 リーズナブルなのに、とってもオシャレで、保温保冷効果もちゃんとあるのが魅力的です。木のテーブルに並べるだけでも絵になります。家族それぞれがお気に入りの色を選び、マイカップに決定。ある程度重みもありますし指を二本入れられるので、とても持ちやすいデザインです。「CHUMS」のロゴも型押しになっているので、剥げたりする心配もありません。
MADE IN TSUMAME
×BEAMS/カラーシェラカップ
購入時期 2014.5
購入経緯 ものづくりの街、新潟県の燕市にあるプロジェクト「Made in TUBAME」と「BEAMS」がコラボして誕生した、カラーのチタンシェラカップ。とにかくオシャレなので、マグカップをカラフルにしたのと同時期に購入しました。
補足 こちらの商品、販売はBEAMSですが、「ユニフレーム製」になります。
カップ底面には「スマイルマーク」の押し型があり、並べると↑のカップ同様とってもオシャレです。ただ、料理が映えるかどうかという点については、ちょっと微妙かな、という感じ。後、カラーのタイプは、洗った後すぐに雫をふき取っておかないと、乾いた時にそのままシミのような状態で色が変わっていました。変色しているわけではなく、洗えばもとに戻るのですが、常に見た目をきれいにしておくとなると、手入れが少し面倒かもしれません。
アカシア プレート 購入時期 2014.7
購入経緯 三代目食器です。木のぬくもり、手入れが楽という点で、アカシアの食器に決めました。
家で来客があった時などにも「cafe気分」が味わえて、なかなか好評です。
補足 ネットでアカシア食器、アカシアプレートで検索するとたくさん出てきます。サイズ表記はあるものの、実物を見ていないのでいまいち大きさがピンとこず、又、種類もたくさんあるので、どれにするかかなり迷いましたが、とりあえず、数種類購入して様子を見ることに。実物が届いて、思っていた通りかなり良い感じなので満足しています。ただ、これまでの食器に比べかなりかさばることが難点かな。
LIGHT MY FIRE スポーク
購入時期 2014.8
購入経緯 これまでデザートスプーンにちょうど良いのがなかったので、購入。
補足 スプーンとフォーク(大きさによりナイフも)がセットになっている便利なアイテムです。プラスチック製で軽く、カラフルでオシャレでリーズナブル。良いことずくめという感じです。大きさは数種類あり、カレースプーンサイズならS、デザートスプーンならLITTE(or Baby)がちょうどですよ。
バーズアイメープル
カッティングボード ミディアム

購入時期 2015.3
購入経緯 これまで使っていたまな板が少し痛んできたので、買い替えました。
普通のまな板でも良かったのですが、せっかく替えるならオシャレさも欲しいと思い、まな板としてだけでなく、料理を載せるお皿の代わりにもなるカッティングボードにしました。
補足 こちらのシリーズは、持ち手のある2種類(先端が丸いもの・鳥の顔のような形のもの)と、無いものの計3種類で、大きさもそれぞれ何種類かあります。我が家は持ち手が丸いタイプのミディアムサイズ(35cm×19.5cm)にしました。持ち手がある分、大きさに不安があったのですが、大きすぎず、小さすぎず、というイメージ通りのサイズだったので良かったです。まな板とは違いかなりオシャレなので、確かに料理映えしそうです。
tent-Marks DESIGNS
テンマクデザイン 包丁一本

購入時期 2015.5
購入経緯 家から包丁を持って行く時は、危ないので、型紙などに包んで持って行っていたので、包丁ケースがあると便利かな、と思い購入。
補足 これがあると、キャンプ用にわざわざ包丁を買わなくても、自宅の使い慣れた包丁を安全に持ち運びが出来るので重宝します。使い勝手も良く、見た目もおしゃれなのでとても気に入っています。

 スポンサードリンク

クーラー・ジャグ
クーラーの種類・選び方参考サイト
Coleman
クーラーボックス・ポリライト48

購入時期 2010.8
購入経緯 タイヤが付いているほうが持ち運びがしやすいかと思い、それにしようとしていたのですが、その分、内部の形がいびつになり収納がしにくいとのアドバイスを受け、収納面を優先して普通のボックスタイプにしました。
補足 1泊、もしくは春、秋、冬の2泊まではこれで十分です。ただ、保冷時間は一番短いタイプなので、例えば夏場に2泊する場合や、それ以上の期間になるのであれば、保冷時間のもっと長いタイプを選んだ方がいいと思います。保冷効果を持続させる為には、できるだけ開け閉めの回数を減らす、地面に直接置かないという工夫も必要です。
Coleman2ガロンジャグ 購入時期 2010.12
購入経緯 個別に流しがついているサイトは良いのですが、共同の炊事棟の場合、手を洗ったり、ちょっと水を使いたい時にわざわざそこまで行かないといけないという不便さがあり、前からよくキャンプ場で見かけていたジャグを購入することにしました。
補足 子供がまだ小さいので、せっかく手を洗ってきてもすぐ違うものを触ったり遊んだり、なんてことがよくありました。そういう時にわざわざ手を洗いに行かなくてもササッとその場で洗えたり、調理中に水が使いたい時にちょっと使えたりと、水道が近くにある感じでとても便利です。サイズは色々あったのですが、そこそこ入って、下に蛇口がついているタイプにしたのでその点も便利です。
Coleman
スチールベルトクーラー54QT


購入時期 2011.6
購入経緯 これまで使っていたクーラーボックスは保冷期間が一番短いタイプ(約3日)で、2泊する時や暑い時期にはちょっと心もとない感じがありました。これでは夏シーズンに2泊は難しいかなということで、新たに購入することにしました。
補足 保冷期間でいうと、一番長い(5~7.5日)タイプは他にあったのですが、見た目のかっこよさに負けてしまい、真ん中(4~6日)くらいのこちらを購入しました。スタンド、カバーも同時購入したこともあり、保冷力もアップしました。クーラーボックスは直接地面に置かない方が保冷力が持続するそうです。
Coleman 1/2ガロンジャグ

購入時期 2011.7
購入経緯 クーラーボックスの開閉が多い原因の一つとして、子供の飲み物の出し入れがありました。又、ペットボトルの飲み物を毎回コップに汲む作業も結構面倒だったりしたので、水筒代わりになるジャグを購入しました。
補足 夏場は特にキャンプだけでなく、息子のサッカー練習時にも使えてとても便利です。保冷力はないので、キャンプの時には、1.5Lのペットボトルの下の部分を切ってお茶を入れて凍らせ、一緒に入れています。ただ、高く上げて飲んだりすると上の穴からお茶がこぼれることが多いですし、横に倒れるとこぼれます。
snowpeak 
ソフトクーラー18
購入時期 2011.12
購入経緯 特に夏場は飲み物をとる為に、クーラーボックスの開閉回数が多くなってしまうので、飲み物だけ別に入れた方がいいかなと思っていました。年末にスポーツ用品店のsaleで安く購入できる機会があったので、購入しました。
補足 購入して早速使ってみましたが、サイズも大きすぎ小さすぎずで、ちょうど良かったです。たまたまフェリーに乗る機会があったのですが、飲み物とおつまみやお菓子を入れて持ち込むことができ重宝しました。形も四角なので使いやすく、鞄からはみ出てしまった小物を入れたり、夏場はキャンプだけでなく海やプールに持って行けたりと、活躍の場が多くありそうです。
coleman
ビンテージジャグ

購入時期 2012.1
購入経緯 使っていたジャグが壊れてしまったわけではないのですが、道具に懲りだしてしまいました。
せっかくならお洒落にまとめたいという気持ちが出てきて、クーラーボックスとお揃いの赤色にしたいなと思ったのですが、残念ながら現行品で気に入ったものが無く、ビンテージものを色々探していたところ、オークションで未使用品が出ていたので落札しました。以前のものに比べて小さいサイズになるのですが、見た目もお洒落でかわいく、とても気に入っています。
補足 以前のジャグもそうだったのですが、これも注ぎ口の使い勝手が悪く、子供が一人で、とか、片手で水を出すことができません。そこで、焼酎サーバーのコックを取り寄せて取り付けました。これならコックを軽くひねるだけで水が出るので、かなり使いやすくなりました。取り付けも一瞬です。ただ、実際使用してみるとコックの取り付け部分からにじみ出るような感じで水漏れし始めました。色々調べてみると、どうやらこのタイプのジャグはコック取り付け部分に段差がある為、水漏れがおきるらしく、プラスチック用のパテなどを使って段差をなくすと良いということだったので、ホームセンターで購入し、やってみたところ、無事水漏れがなくなり一安心。これで問題なく使用できるようになりました。
decole 保冷スツールBOX
購入時期 2012.7
購入経緯 カップ麺なども入れられて、どうせなら保冷効果もあるような入れ物を探していていました。キャンプ用品ではないのですが、とてもかわいらしくて、探していたサイズにピッタリのものが見つかったので、購入。
補足 思った以上にかわいくて気に入っています。クーラーボックスとして使うには、少し弱いと思いますが、短時間ならOKかもしれません。使わない時は折りたたんでコンパクトになります。ちなみに、名前のように、「スツール=椅子」にもなるので、ちょっと腰かけることも可能です。ソフトクーラーは既に一つあるので、今後はカップ麺やお菓子、おつまみなどを入れて使うのがメインになると思います。
シアトルスポーツ
ソフトクーラー19QT
購入時期 2013.1
購入経緯 ↑のビンテージジャグ同様、「赤」で揃えたくなり購入しました。
補足 スノーピーク社のソフトクーラーはこの「シアトルスポーツ製」のもので、言わば、これが本家本元。
でも、お値段はSP社の方が割高です。スノーピークブランドにこだわるなら話は別ですが、そうでない場合は、こちらの方がお得です。サイズも数種類、色も赤、青、黄の三色あるので、好きなカラーが選べるのも良いと思います。我が家もこれで、スチベル、ジャグ、ソフトクーラー、ランタン類、かなり「赤」が揃ってきました(^_-)。
シアトルスポーツ
ソフトクーラー25QT
購入時期 2013.11
購入経緯 本来はクーラーボックスなので、飲み物や食べ物を入れるのですが、我が家の場合は、調味料やお皿セット等を入れるケースとして使っています。高さが低いタイプなので、物を入れても、あまり重ねることができない分、取り出しやすく、物入れとしての使い勝手はかなり良いと思います。
補足
igloo
ウォータージャグ

購入時期 2014.9
購入経緯 既にキャンプをする方の中では主流になりつつある、iglooのジャグ。
2ガロンと現在使用しているコールマンジャグ(1ガロン)の倍の容量があり、鮮やかな黄色と赤で見た目もオシャレなので購入しました。
補足 コックの使い勝手向上の為、クロスハンドルに付け替えました。
前回のコールマンジャグのコックも付け替えて使っていたのですが、焼酎コックだった為、水の出があまり良い方ではなかったので、ネットで色々調べ、今回はクロスハンドルのタイプに交換することに。
交換に必要なパーツと交換手順は、こちらで詳しく紹介していますのでご参考にして頂ければ幸いです。
YETI(イエティ)
クーラーボックス45QT

購入時期 2014.10
購入経緯 持っていたスチールベルトクーラーはオシャレ度は抜群なのですが、特に夏場は保冷力に不安を感じていました。イエティのクーラーボックスは、過酷な条件にも対応する世界最高水準の頑丈さを誇り、 落としたり重たい物を乗せても変形しません。又、密閉性も高く、 保冷性にも優れているプロ仕様のクーラーボックスで、防災グッズとしておいておくという目的もあり、こちらに決めました。
補足 これまでのクーラーボックスが重さ7kgくらいだったのに対し、10kgと本体自体がかなり重くなりました。又、厚みが相当違うので、一見ほぼ同じサイズのスチールベルトクーラーに比べると、容量が51L→42Lとかなり少なくります。参考までに、1.5Lのペットボトルを入れる場合、立たせることはできず、正面に向って横向けに寝かせるしかありません。連泊の時など、保冷が必要な食材が多い時には、飲み物専用のソフトクーラーなどが必要になるかと思います。

 スポンサードリンク

関連グッズ
Colemanクーラースタンド
購入時期 2011.6
購入経緯 新しいクーラーボックスを購入したこと、元々クーラーボックスは直接地面に置くと、地面からの熱で保冷力が弱まるということも聞き、購入しました。
補足 折り畳めるので、持ち運びはコンパクト。スタンドの上に乗せると、高くなるので、中のものを取り出しやすくなりました。
Coleman
スチールベルトクーラーカバー
購入時期 2011.6 
購入経緯 スチールベルトクーラーを購入する際、傷防止の意味もあるのですが、カバーをすることにより保冷力もあがるということだったので、一緒に購入しました。
補足 カバーがあると、持ち運びの時に間違ってどこかにぶつけてしまっても傷がつかないので安心です。又、カバーをしているとクーラーボックス自体冷たくなっていて、保冷効果も良いみたいです、ただ、カバーをしているからと言って、夏場に日向においてしまうと、黒い分、逆に太陽の光を集めてしまうことになりますので、気をつけなければいけません。
iBEAM クールインパック1000
購入時期 2011.4
購入経緯 これまではずっと家にたまたまあった大きめのソフトタイプの保冷剤を使っていたのですが、2泊する場合や暑い時期には完全に溶けてしまい、クーラーボックス内の温度も少し高くなってしまうことがありましたので、ハードタイプの保冷剤を購入することに。ハードタイプでも色々あるのですが、保冷温度が一番低い氷点下20度タイプにしました。
補足 クーラーボックスのサイズにあわせ、とりあえず3つ購入。残りのスペースにこれまでの保冷剤を入れています。やはり保冷力はよくなりました。ただ、この保冷剤は丸一日以上かけてー20度で凍らせないとー20度の保冷力を発揮してくれないのですが、夏場になってくると冷蔵庫自体の冷えも悪くなり、我が家の冷蔵庫では「強」にしても、ー20度にはならず、結局最強の保冷力を得られないのが残念です。
snowpeak
ジャンボキャンプシンク

購入時期 2011.6
購入経緯 万能バケツなので、色々使い道があると思い購入しました。
補足 洗い物を炊事場まで運ぶのはもちろん、子供の捕まえた魚を一時的に入れたり、冷たい水を入れて沸かしたお茶を冷やしたり、足をつけて涼んだり、はたまた、洗濯物を入れたり、雨撤収の際、ずぶ濡れになったタープを入れたり、、
とにかく、本当にいろいろと使い道があって、思った以上に便利でした。
snowpeak トートバッグS 購入時期 2011.7
購入経緯 こまごまとしたグッズを入れるのに、とりあえず家にあった大きめの麻のバッグを使っていたのですが、痛みも激しくなり、又、大きすぎると中身がごちゃごちゃとしがちで、取りたいものがすぐ見つからなかったりもしたので、少しコンパクトで丈夫なバッグを購入することに。
補足 SサイズとMサイズと迷ったのですが、Sサイズを購入。生地もしっかりしていて、かなり丈夫そう!更に中身を入れてみて、ビックリ。意外や意外、結構な量が入るのです。内ポケット、仕切りが無いので、中に入れるものを小袋でまとめてみたりして、ごちゃごちゃとならないように工夫しています。
このシリーズは、日焼けによって変色してしまうようで、このバッグも半分だけ色が変わってしまいました。出来るだけ日向には置かないようにした方が良いと思います。
snowpeak
ダッチオーブン収納ケースM
購入時期 2011.7
購入経緯 ダッチオーブンと同じメーカーの収納ケースもあったのですが、デザインがあまり好みではなく、こちらの方が気に入ったので、購入しました。
補足 サイズだけを見たときに、Mだとダッチオーブンの方が取っ手が出ている分大きくて、サイズオーバーだったのですが、実物を見るとLサイズがかなり大きかったので、思い切ってMを購入。帰ってから入れてみるとダッチオーブンの取っ手部分あたりの形が少しだけ変形するものの、気にならない程度なので、Mでちょうどよかったです。
snowpeak コンテナSユニット
購入時期 2011.10
購入経緯 コールマンのテーブルウェアセットを使っていた時はその中にコップやお箸、その他にもいろいろ入れることができたのですが、そのテーブルウェアセットを人に譲った為、ケースが無くなったので使い勝手の良さそうなこのコンテナを購入しました。
補足 元々はギガパワープレートバーナーLIの入れ物なのですが、我が家の場合は、シェラカップやコップ類、カトラリーなど、キッチン周りの小物類を入れて使っています。
高さが低い形状なので、むやみに詰め込んで中身が取り出しにくいということにもならず、使い勝手の良い状態で収納できるので重宝しています。
snowpeak マルチコンテナS
購入時期 2012.1
購入経緯 サイズ違いのコンテナが使い勝手がよく、もう一つあってもいいなと思っていたところ、お正月の福袋で安く販売されていたので、購入しました。
補足 中身はシェラカップ、マグカップ、紙コップやコーヒー、スープなどを入れています。
snowpeak ガビングスタンド

購入時期 2012.5
>購入経緯 以前からずっと欲しかったアイテムではあるのですが、ゴミ箱にこの値段はちょっと、、、というところで悩んでいました。でも、サイト内ではいつもゴミ袋をむき出しに置いており、見た目が悪いのはもちろんですが、虫や時には動物がゴミを荒らしたりする可能性もあるので、購入しました。
補足 小さな袋用のフックをあわせ、計5種類のゴミの分別が可能です。
夜間や外出時などにはバーをスライドさせてバッグ自体を閉めておくことができます。
キャンプ場によってはゴミを持ち帰らないといけない場所もありますが、そういう時には、バッグをスタンドから外し、開口部をくるっと巻いてマジックテープで留めることで、バッグごと持ち帰ることができ非常に便利です。
組立は非常に簡単、又、持ち運び時にはかなりコンパクトになります。
キャンプで使うだけではもったいないので、家でも使用しています。
ロールペーパーホルダー
購入時期 2012.5
購入経緯 我が家ではキャンプに行くときは必ず、キッチンペーパーと、ティッシペーパーではなくトイレットペーパーを持参します。理由は1つ。トイレットペーパーの方が経済的だからです。
とは言え、テーブルにトイレットペーパーをむき出しはちょっと、、、と常々思っていたのですが、ペーパーホルダーがあることを知り、即購入しました。
補足 外で使うものなので、壊れないものがいいかなということで、シンプルな布製のものにしました。芯を外して使うタイプが殆どでこれが大変、と購入者レビューでも書かれていたのですが、巻きが長くてカチンカチンのタイプではなく、フワッとしたタイプなら、簡単に外すことができました。
明るい色にしたので、見た目もポップな感じで、テーブルに置いていても違和感なく使えます。
ただ、片手でうまく切れないので、ちょっと工夫をしてみました。詳細は▶▶▶こちらで紹介しています。
SOTO スモークポット収納ケース
SOTO・スモークポットケース
購入時期 2012.9
購入経緯 スモークポットは陶器製なので、ケースは必須かと・・
補足 取っ手もついているので、持ち運びも便利です。
SOTO スモークチップ
燻製用チップ
購入時期 2012.9
購入経緯 スモークするならチップが無ければ始まりません。初回はスモークポットにおまけでついていました。
補足 チップも、桜やクルミ、りんご等、種類が色々あるのですが、一番一般的で何にもあうのは「桜」だそうです。
ちなみに、以前ブロックのものを買った残りがあったので、崩して使ってみたのですが、クズが焦げてしまいうまくいきませんでした。スモークポットには、ブロック型より、チップの方が良いと思います。
UNIFLAME コーヒーバネット
専用フィルター
コーヒーフィルター
購入時期 2012.9
購入経緯 上記のコーヒーバネット専用で、「円錐」の頂点に旨みが集まるというもの。
家で使っているのが台形型だったので、せっかくならば、と購入してみました。
補足 フィルターが良いのか、バネットが良いのか、その辺はよくわかりませんが、おいしいような気がします。
ただ、他に比べ単価が高いのと、そこまでこだわらなければ、どこのでも良いと思います。
ちなみに、家では、使っていた台形のフィルターを円錐になるように折って使っています(^^;

SOTOダッチオーブン用収納ケース
購入時期 2013.2
購入経緯 ダッチオーブンの10インチハーフを購入したので、あわせて専用ケースを購入しました。
補足
マーキュリー
ティッシュケース

購入時期 2013.7
購入経緯 アメリカン雑貨でオシャレな「マーキュリー」のティッシュケース。
他に、同じマーキュリーのシリーズで、ツールボックスやオーバルバケツを購入したこともあり、揃えて購入しました。
補足 置いておくだけでとってもオシャレです♪
CAMP MANIA
TRASH STAND TABLE

購入時期 2013.9
購入経緯 ここのところ、ウッド系、オシャレ、赤、を基調としたサイト作りに凝ってしまい、かわいいゴミ箱に変更です。
天板を閉じて使うと、上にちょっとしたものを置くこともできます。もちろん、開けて使うことも可能。
ネットで見た以上にかなりかわいく、気に入っています♪
補足 バーにゴミ袋を引っかけて使うのですが、せっかくならと、メーカーサイトでも紹介されている、エコバッグをあわせて購入しました。色は5色ありましたが、もちろん、我が家は赤で。
CAMP MANIA
CAMPING TOTE BAG
購入時期 2013.9
購入経緯 本来はトートバッグなのですが、↑のゴミ箱にあわわせて購入しました。
補足 ゴミ箱として使うにはちょっともったいないくらいですが、中にビニール袋を重ねて使っています。
洗うこともできるので、汚れても大丈夫なのですが、キャンパス生地なので、日焼けによる色あせや洗濯による色落ちが少~し心配です。
ちなみに、ゴミ箱用として使うには、一旦ほどいて、結び方(向き)を変えないといけません。
ロールペーパーホルダー
購入時期 2014.7
購入経緯 初代のロールペーパーホルダーが大分痛んでしまったので、買い替えです。
補足 前回はキャンプに持って行くので、壊れないものということで、シンプルな布のタイプを選びましたが、今回はデザイン重視で購入。陶器製なので、キャンプには不向きなのかもしれませんが、やっぱり「赤」と「かわいさ」に惹かれて買ってしまいました。思っていた以上に重さ+大きさがあり、「・・・」な部分もありましたが、オシャレでかわいいので良しとします。使い勝手の点では、ひっぱると際限なく出てくるので、出し過ぎるとくるくると巻き戻さないといけず、又、ペーパーを切る際には手でちぎらないといけないので、ペーパー自体に切れ目がついたタイプでないとちょっと面倒です。
CAPTAIN STAG
ピクニックバスケット
購入時期 2014.8
購入経緯 アカシアのプレート類が予想以上にかさばり、これまで通り入らなくなったので、前から欲しかったピクニックバスケットを購入しました。
補足 色々なタイプがあるのですが、プレート類が全部入れられる大きさに絞ったところ、こちらの商品にたどりつきました。お値段もリーズナブルで、中には布が張られており、直接食器を入れることにも抵抗がありません。プレート類もギリギリではありますが全部おさまり、専用ケースとしてちょうどでした。もちろん、お弁当を入れてピクニックもオシャレですね。
CAPTAIN STAG
木製三段ラック

購入時期 2015.3
購入経緯 家でも使えて、キャンプでもあると便利そうなので、購入しました。
サイズ:W46.5×D30×H58
二番目の天板の高さは31cm、一段目と二段目の間、二段目と三段目の間はどちらも24.5cmで、例えて言うならティッシュペーパーの箱を立てて置いて、約1cm程度余裕があるくらいです。
補足 某ホームセンターでも同じようなラックがありますが、個人的にはキャプテンスタッグ製のラックの色の方が好きだったので、こちらにしました。キャンプ用に買ったというよりも、普段は家で使って、キャンプに行く時は持って行くという感じです。
海外製
折り畳みバケツ30L

購入時期 2015.4
購入経緯 これまではスノーピークのキャンプシンクを使っていたのですが、できれば赤色バケツがほしいなと、ずっと探していました。でも他メーカーで青を見つけたものの赤は無い、、と。
やっと見つけたのが海外製の折り畳みバケツです。ロゴは「camp leader」となっていますが、特にブランドではないように思います。お値段もかなりリーズナブル。これなら試しに買ってみても良いかなと購入したのですが、届いてビックリ!SP製のものと比べても何ら遜色ないバケツで、コスパもよく買って大正解です。
補足 直径約38cm、高さ約27cm、容量30Lということで、かなり大きく、洗い物、洗濯に重宝しています。
試しに2Lペットボトルを寝かせて置いてみたところ、3本並べてもまだ余裕があるくらいでした。
  • 関西子どもとお出かけ遊び場情報・キャンプ用品購入履歴
 スポンサードリンク

キャンプ場編indexへ

Copyright(C) since 2008 関西子どもとお出かけ遊び場情報 All Rights Reserved.