関西子どもとおでかけ遊び場情報ー休暇村瀬戸内東予シーサイドキャンプ場/愛媛ー
休暇村瀬戸内東予シーサイドキャンプ場/愛媛県西条市の海沿いにある「休暇村瀬戸内東予シーサイドキャンプ場」の紹介です。

HOME
> キャンプ場編 index > キャンプ日記index  
キャンプ日記 vol.89
2015年8月29日(土)~8月30日(日)
夏休み最後、初のキャンピングカー三泊四日の旅も大詰め。(※前回のキャンプ日記はこちら
11時過ぎに前日の宿泊地「四国カルスト」を出て、お昼は「道の駅みかわ」で済ませ、最終宿泊地「
休暇村瀬戸内東予シーサイドキャンプ場」に向かいます。
途中、ガソリン給油の為、スタンドに立ち寄ったのですが、ここで
ハプニングが発生
車種によるかとは思うのですが、今回借りた車は普通自動車のように車内からガソリンの給油口を開けることはできず、鍵を開け、手動で開ける仕組みになっています。
休暇村瀬戸内東予シーサイドキャンプ場
車から降りて、スタンドの店員さんに、「これが外側(車側)の鍵、これが給油口の鍵です。」と手渡し待っていたのですが、なんだか様子がおかしい・・
他の店員さんも出てきて、「あれ~?」と困ったような怪しい声が、、
聞いてみると、外側に二つある鍵のうち、一つが
何かに引っかかって開かない、と・・
給油口はその中にあるので、外側が開かないと当然のことながら、
給油ができないわけです。
初日に入れたガソリンスタンドでは普通に開いたので、閉めてもらった時におかしくなったのかも、、
その後も、本当に親身になって色々とやってくださったのですが、どうにもこうにも、埒があかず、、、
この先に車の修理工場があることを教えていただき、とりあえず一旦、ガソリンスタンドを後にします。
休暇村瀬戸内東予シーサイドキャンプ場 休暇村瀬戸内東予シーサイドキャンプ場 しばらく道なりに進むと、(有)森永整備工場さんがありました。
事情を説明すると、キャンピングカーは難しいなぁ、、との返答。
でも、とりあえず見てくれるというのでお願いしたのですが、やっぱりこちらでも
なおすことはできない、という結果に、、(涙)
でも、修理は無理だけど、
外の扉部分を開けるようにすることはできる、ということだったので、ぜひ!!とお願いしました。(レンタカー会社には連絡済)
一か所の鍵の一部を取り外すことで、なんとか扉部分を開けることができ、無事給油ができる状態に。
只、そのままだと走行中、風で扉部分がカタカタ鳴るので、ガムテープでくっつけた方がいいよ、とアドバイスもいただきました。
最後に、お金を払おうと「おいくらですか?」と聞くと、「そんなん、いらんいらん。」と。
数人がかりで、時間をかけてやっていただいたのに、、
給油できなければ、どうすることもできなかったので、本当にありがたかったです。
お言葉に甘え、お礼だけ言って、その場を後にし、先ほどのガソリンスタンドに戻ります。
無事、ガソリンを入れ、ガムテープを借りて、しっかり扉を閉めます。
最後に戻る途中で買った缶コーヒーをお礼代わりに渡し、整備工場にも寄って、同じく缶コーヒーを渡し、ようやく先に進むことができました。
とんだハプニングではありましたが、ガソリンスタンドの店員さんといい、工場の作業員さんといい、
人の温かさを痛感した出来事でした。
本当にありがとうございました。

出発時は2泊の予定で計画していたので、今日の食材がありません。
「東予丹原インター」でおり、スーパーで食材を買ってからキャンプ場に向かいます。
=16時半 キャンプ場着=
道中のハプニング&買い出しもあり、キャンプ場に到着した頃にはすっかり夕方に。
ただ、夕飯は買ってきたし、設営もなく、車を停めるだけなので、こんな時間でも平気♪
しかも着いた頃には雨もポツポツ・・
キャンピングカーの威力を最大限に発揮です。
休暇村瀬戸内東予シーサイドキャンプ場 休暇村瀬戸内東予シーサイドキャンプ場 休暇村瀬戸内東予シーサイドキャンプ場
休暇村瀬戸内東予シーサイドキャンプ場 休暇村瀬戸内東予シーサイドキャンプ場 到着後、軽く場内を散策。
こちらのキャンプ場は「シーサイド」という名前の通り、目の前が海なんです。
特に我が家が利用した奥の方のサイトだと、サイトからそのまま海への通路に出られるという海水浴には絶好のロケーション!
今回は8月末だったので、さすがに人は少なかったですが、海水浴シーズンだといっぱいなんだろうと思います。
=17時過ぎ 夕飯=
少し早いのですが、夕飯にします。
といっても、今回は一切調理無し、お刺身数種、から揚げ、とんかつ、お好み焼き等、来る途中に買ってきた出来合いのものばかり。
ここまで手抜きしたのは、キャンプを始めて以来初めてじゃないかと思いますが、ま、たまにはOKってことで、、、
休暇村瀬戸内東予シーサイドキャンプ場 休暇村瀬戸内東予シーサイドキャンプ場
休暇村瀬戸内東予シーサイドキャンプ場 休暇村瀬戸内東予シーサイドキャンプ場 休暇村瀬戸内東予シーサイドキャンプ場 デザートは、昼間、道の駅で買った「土佐まんじゅう一口りょうま」。
みんなできれいに全部平らげました。
=20時過ぎ お風呂・就寝=
食後は車内でDVDを鑑賞した後、お風呂へ。
キャンプ場にはコインシャワーもあるのですが、300円/3分と割高。
(※人の少ない時期は管理棟がclose、シャワーも利用不可です。)
子供たちもシャワーよりお風呂の方が好きなので、車移動がちょっと面倒ではあるのですが、本館のお風呂へ。
戻ってからはいつものように、
21時半ごろに就寝です。
休暇村瀬戸内東予シーサイドキャンプ場 休暇村瀬戸内東予シーサイドキャンプ場
休暇村瀬戸内東予シーサイドキャンプ場 休暇村瀬戸内東予シーサイドキャンプ場 休暇村瀬戸内東予シーサイドキャンプ場 =6時過ぎ起床=
最終日の朝は、結構早め。
6時過ぎに目が覚めました。
お天気はちょっといまいちな感じですが、それでも朝の海岸を歩くのは気持ちが良いものです。
=7時半過ぎ 朝食=
朝は簡単にトーストとスープ、サラダ。
これでクーラーボックスはきれいに空っぽです。
朝食後、ゆっくり過ごしても、撤収がないのであっという間。
洗い物がすんだら、完了。だから出発も早い!

9時半にはチェックアウト
です。
休暇村瀬戸内東予シーサイドキャンプ場 休暇村瀬戸内東予シーサイドキャンプ場
休暇村瀬戸内東予シーサイドキャンプ場 車で約15分のところに「タオル美術館」があるというので、最後にそこだけ立ち寄ることに。
なぜ、タオルの美術館なのか、というと「今治」といえば、日本最大のタオル産地なのです。
品質や肌触りの良い「今治タオル」も有名ですよね。
でも、着いてみてあまりの立派さにちょっとビックリ!
軽く、小一時間で終わるくらいだろうと思っていたのですが、結局2時間半も滞在していました。
美術館を出たのは
12時過ぎ。ちょっと想定外でした。
※「タオル美術館」詳細は▶▶▶
こちら
キャンピングカーの返却時間は18時なので、ゆっくりしてはいられません。
だって、ここはまだ愛媛県。それに、借りたキャンピングカーはスピードがあまり出ないんです(^^;
お昼は、PAに車を停めてお湯を沸かし、車内でカップ麺。

その後、帰りの道中も特に渋滞することなくスムーズに進み、17時過ぎにレンタカー会社に到着。
丸4日間お世話になったキャンピングカーともお別れです。
乗り心地は決して良い方ではありませんでしたが、初めてのキャンピングカーは本当に快適で楽しく、貴重な体験でした。
休暇村瀬戸内東予シーサイドキャンプ場
ということで、最後になりましたが、「休暇村東予シーサイドキャンプ場」の感想です。
全国各地にある「休暇村」のキャンプ場なので、設備は整っています。
お風呂はキャンプ場には無く、車で1~2分のところの本館にあります。
サイトは10×10mということですが、第一キャンプ場と第二キャンプ場とは雰囲気が異なり、第一キャンプ場は芝生広場のフリーサイトのような感じ、第二キャンプ場はしっかり分けられた区画サイトという感じで、プライベート感があるのは第二キャンプ場です。
ただ、どちらにしても、海が目の前なので、夏場の海水浴シーズンには絶好のキャンプ場だと思います。
 
  • mixiチェック
  • 休暇村瀬戸内東予シーサイドキャンプ場/愛媛
  •  スポンサードリンク

    キャンプ日記indexへ

    Copyright(C) since 2008 関西子どもとお出かけ遊び場情報 All Rights Reserved.