関西子どもとおでかけ遊び場情報 ー和歌山県・龍神村/宮代オートキャンプ場ー
龍神温泉・宮代オートキャンプ場/和歌山県の龍神村、日本三美人の湯で知られる龍神温泉からほど近い、夏場は川遊びも楽しめる宮代オートキャンプ場の紹介です。

HOME
> キャンプ場編 index > キャンプ日記index  
キャンプ日記 vol.86
2015年8月1日(土)~8月2日(日)
夏休み二度目のキャンプは、和歌山県田辺市にある「
宮代(みやしろ)オートキャンプ場」です。
我が家からは約200km、高速をおりてからの一般道が長いので約3時間強の道のりです。
出発は少し遅めの
10時過ぎ
=13時前 道の駅備長炭記念公園=
「南紀田辺インター」でおり、キャンプ場まで約38kmの一般道を進みます。
途中、どこかお昼を食べるところが無いかな~と思っていたら、ちょうど道の駅があったので、立ち寄ってみました。
とりあえず、道沿いの物産店に入ってみたのですが、道の駅というには少し静かで落ち着いた雰囲気。奥にある喫茶で食事ができるとのことだったので、行ってみることに。(※写真右)
宮代オートキャンプ場・龍神温泉・和歌山 宮代オートキャンプ場・龍神温泉・和歌山
宮代オートキャンプ場・龍神温泉・和歌山 宮代オートキャンプ場・龍神温泉・和歌山 「喫茶備長の郷」では、備長炭の粉末を練り込んだ、真っ黒い麺の「備長炭ラーメン」が人気メニューということだったので、それと「備長炭ざるそば」を頼みました。
このあたりは、紀州備長炭発祥の地なんだそうです。
そして、備長炭ラーメン、お蕎麦のお味はと言うと、、、
麺は特に癖が無く、ラーメンはスープもあっさりしていてとてもおいしかったです♪
お蕎麦もおいしかったですが、ママ的にはラーメンの方がおススメかな。
※「道の駅紀州備長炭記念公園」詳細は▶▶▶こちら
道の駅からキャンプ場までは残り約26km。
龍神街道という道を通って行くのですが、これが、グネグネ続く山道で、、
時々見える山の景色は確かに素晴らしいのですが、山道の距離も長く、運転面ではかなり疲れました。
後から管理人さんに聞くと、我が家がおりた「南紀田辺インター」より、一般道の距離は長くなりますが、「有田インター」でおりた方が走りやすいそうです。
宮代オートキャンプ場・龍神温泉・和歌山 宮代オートキャンプ場・龍神温泉・和歌山 =14時半過ぎ キャンプ場着=
26kmの道のりを約1時間かけ、14時半過ぎ、やっとキャンプ場に到着です。
実はこちらのキャンプ場、’15.8時点では専用のホームページが無いので、とにかく情報が少ない!(^^;)
なので、実は少し不安があったのですが、到着してすぐその不安は解消され、それどころか、予想していた以上にキレイだったので、感動すら覚えました。
まずは管理棟で受付です。
今回は基本のチェックイン可能時間より遅い到着になりましたが、前が空いていればinは早くても大丈夫だそうです。
ちなみに、コテージでも準備が出来ていればOKなんだとか。
(outは延長料金がかかります。)
宮代オートキャンプ場・龍神温泉・和歌山 宮代オートキャンプ場・龍神温泉・和歌山
宮代オートキャンプ場・龍神温泉・和歌山 宮代オートキャンプ場・龍神温泉・和歌山 場内には、芝生のフリーサイト、電源付区画サイト(川沿い)、電源無し区画サイト、コテージがあるのですが、今回は川遊びがしたいので、便利そうな川沿いの電源付サイトにしました。
区画の広さは9×9mと広い方かな、と思います。
そして、今回利用した2番サイトは、サイトからそのまま川に降りることができ、川で遊んでいる様子も見えるので、何かと便利でした。
川は結構キレイな方でしたが、キャンプ場のおじさん曰く、いつものキレイな状態に比べると、これでも結構にごっている方なんだそうです。
宮代オートキャンプ場・龍神温泉・和歌山 宮代オートキャンプ場・龍神温泉・和歌山
宮代オートキャンプ場・龍神温泉・和歌山 宮代オートキャンプ場・龍神温泉・和歌山 とりあえず、ピルツとタープをたてたら、川遊びへGO!
サイト側は比較的浅いところが多いのですが、奥の道路側に行くと、それなりに深くなるようで、飛び込みスポットもありました。
子ども達も何度も上っては飛び込みを繰り返します。
ただ、そこまでは深くないようなので、中学生くらいの大きなお子さんは注意が必要かな、と思います。
1時間半近く遊び、さすがに涼しくなってきたので、川からあがってきました。
その後は、久しぶりに大きな水鉄砲で遊びます。
海と違って、川はあがった後、体がべたべたせず、スッキリするのがいいですね。
なので、我が家の子ども達は、海より断然、川派なのです、
宮代オートキャンプ場・龍神温泉・和歌山 宮代オートキャンプ場・龍神温泉・和歌山
宮代オートキャンプ場・龍神温泉・和歌山 宮代オートキャンプ場・龍神温泉・和歌山 =16時半過ぎ ぼちぼち晩酌=
さて、子ども達が遊んでいる間、「なんかお腹すいたな~」というパパの声もあり、早速お酒のアテ&夕飯の準備にとりかかります。
とりあえず、切ったり並べたりするだけの、お漬物やサラダ、竹輪やソーセージ、家で茹でてきた枝豆を並べ、少し早い晩酌スタートです。
=18時前 夕飯=
子ども達は、水鉄砲だと水がかかると服が濡れてしまうから、ということで、またまた水着に着替え、思う存分水鉄砲を。
結局、18時前まで遊んで夕飯です。
子ども達は、恒例の「手巻き寿司」。
かなりワンパターン化してきました。(^^;
宮代オートキャンプ場・龍神温泉・和歌山 宮代オートキャンプ場・龍神温泉・和歌山
宮代オートキャンプ場・龍神温泉・和歌山 宮代オートキャンプ場・龍神温泉・和歌山 宮代オートキャンプ場・龍神温泉・和歌山 =20時 花火・シャワー・就寝=
夕飯後は夏キャン定番の花火を楽しみ、シャワーを浴びて、いつも通り、
21時過ぎ就寝です。
=7時過ぎ起床 早朝水遊び=
昨夜はピルツの中にインナーテントを張らず、マットだけ敷いて広々と寝たのですが、真夏だというのに、夜は涼しくて、とっても快適に寝ることができました♪
クーラーがないと暑くて寝られない普段の生活から考えると、信じられないですね。
そして、二日目は朝からとっても良いお天気。
宮代オートキャンプ場・龍神温泉・和歌山 宮代オートキャンプ場・龍神温泉・和歌山
宮代オートキャンプ場・龍神温泉・和歌山 宮代オートキャンプ場・龍神温泉・和歌山 宮代オートキャンプ場・龍神温泉・和歌山 子ども達、朝ごはん前の水遊びです。
サイトからすっと川へ降りられるので、こういう時は本当に便利です。
=8時半 朝食=
今日の朝ごはんは、最近流行りの「おにぎらず」。
大判の海苔にご飯と好きな具を入れてパタパタと包み、包丁で切る。
見た目はおにぎりのような感じなのに、実際には握らないので「おにぎらず」。
なるほど納得のネーミングですね。
今回は玉子とスパムのような厚切りハムを挟んでみました。
おいしかったのですが、ちょっと食べにくかったです(^^;。
宮代オートキャンプ場・龍神温泉・和歌山 宮代オートキャンプ場・龍神温泉・和歌山
宮代オートキャンプ場・龍神温泉・和歌山 宮代オートキャンプ場・龍神温泉・和歌山 =9時過ぎ 洗濯=
朝食と並行して、洗濯機をまわし、朝食後に干し干し~。
お天気も良く、川沿いで良い感じに風もあるので、すぐに乾きそうです♪
さて、子ども達はというと、やっぱり川遊びです。
特に息子はかなり好きみたいで、暇さえあれば「川行ってくる~」とおりていました。

その後、パパとキャッチボールをして、ある作業へと移ります。
さて、ある作業とは、、、
宮代オートキャンプ場・龍神温泉・和歌山 宮代オートキャンプ場・龍神温泉・和歌山
宮代オートキャンプ場・龍神温泉・和歌山 宮代オートキャンプ場・龍神温泉・和歌山 キャンプ場には二泊するのですが、二泊目をコテージにしたのです。
というのも、三日目に白浜観光を予定しており、少しでも撤収が早く出来る方が楽かな、というのと、コテージなのに料金が良心的だったからです。
管理人のおじさんも「用意出来たら入っていいよ~」と言ってくださり、
11時にはin可能に。サイトからコテージまでは直線距離で50mくらいだったこともあり、必要な荷物だけ、歩いて部屋に入れることに。
=11時半過ぎ お昼ご飯=
荷物の移動が終わったら、サイトでお昼ご飯です。
お昼は、少し前に行った「インスタントラーメン発明記念館」で作った、オリジナルカップヌードルです。
自分でスープの味を選び、具材を選ぶというものなので、市販のカップヌードルとは一味違い、とってもおいしかったです♪
宮代オートキャンプ場・龍神温泉・和歌山 宮代オートキャンプ場・龍神温泉・和歌山
宮代オートキャンプ場・龍神温泉・和歌山 宮代オートキャンプ場・龍神温泉・和歌山 食後も川遊びを楽しむ息子に、娘が作った「たこせん※」の差し入れです。
※みりんせんべいに天かす、お好みソース、マヨネーズ、青のりをかけて完成。
学校の夏祭りで食べてすっかりはまった二人、ことあるごとに、たこせんを作って食べているのです。
その後、
13時過ぎ、完全撤収です。

ということで、この後は「コテージ日記vol.8」へ続くとして、一旦ここで、キャンプ場(オートサイト)の感想です。
まず、滞在中、一番印象に残ったのは、「管理人さん・スタッフのおじさん」達のお人柄の良さです。
事務的にお仕事をされているのではなく、人と人とのつきあい、という感じで接しておられるというのを、滞在中何度も感じました。
「田舎の人の良いおじさん」ばかりで、管理棟に行っては、用の後、しばらくおしゃべりする、という時間も何度かありました。
「まぁまぁ座りなさいな」という感じ。
以前、どこかのキャンプ場のコメントでも書いたように記憶していますが、やっぱりこういう人の温かさを感じられる出来事があると、印象もかなり違いますし、また機会があれば来たいな、と思えると思います。
そして、肝心のキャンプ場は、というと、想像以上に良いキャンプ場で、良い意味で「裏切られた」という感じでした。
というのも、こちらのキャンプ場は公式ホームページが無く、情報がきわめて少ないので、行ってみないとよくわからない状態だったのです。
実際はとてもキレイに管理、整備された「高規格のキャンプ場」で、お風呂は無いものの、シャワーも24時間可能ですし、何より日本三美人の湯で知られる「龍神温泉」までは車で約10分と好アクセス!なので、龍神温泉に行くために、このキャンプ場を利用される方も多いそう。
洗面所やトイレなどの水回りもキレイですし、夏にはサイト下に流れる川で川遊びも楽しめます。
インターから一般道が長く、アクセスが良い方ではないのですが、穴場なキャンプ場ですし、特に夏休みなど、普段以上にゆっくりできそうな時にもオススメのキャンプ場だと思います。
  • mixiチェック
  • 龍神温泉・宮代オートキャンプ場/和歌山・川遊び
  •  ▶▶▶vol.87 
     スポンサードリンク

    キャンプ日記indexへ

    Copyright(C) since 2008 関西子どもとお出かけ遊び場情報 All Rights Reserved.