関西子どもとおでかけ遊び場情報ー島ヶ原温泉やぶっちゃ/オートキャンプ・三重ー
三重県伊賀市にある、オートキャンプ場、島ヶ原温泉やぶっちゃの紹介です。

HOME
> キャンプ場編 index > キャンプ日記index  
キャンプ日記 vol.80
2014年11月29日(土)~11月30日(日)
11月最後の週末、残念ながら土曜はお天気が良くなかったのですが、回復の見込み有りだったので、キャンプです。
今回は、三重県伊賀市にある「
島ヶ原温泉やぶっちゃ」です。
三重県と言っても、伊賀市はかなり西寄りなので、我が家からは100km未満、所要時間はざっくり2時間弱と言ったところ。

チェックインは14時ですが、今回もその前に寄り道をするので、
出発は8時半
前回同様、コンビニで朝食を調達し、車中で食べながら移動です。
車を走らすこと約1時間半、途中渋滞もなく、
10時ちょうどに目的地に到着です。
今回の目的地は「伊賀流忍者博物館伊賀上野城」です。
どちらも「上野公園」という大きな公園の中にあるので、専用駐車場はなく、最寄は「上野公園駐車場」と聞いていたので、まずはそこに車を停めます。
台数はそれほどないので、繁忙期にはすぐに満車になりそうな感じ。
駐車場から徒歩5分くらいのところにある「だんじり会館」で忍者衣装に着替えられるそうなので、行ってみました。
島ヶ原温泉やぶっちゃ・キャンプ・伊賀流忍者博物館 島ヶ原温泉やぶっちゃ・キャンプ・伊賀流忍者博物館
島ヶ原温泉やぶっちゃ・キャンプ・伊賀流忍者博物館 島ヶ原温泉やぶっちゃ・キャンプ・伊賀流忍者博物館 =だんじり会館~忍者衣装に着替え~
だんじり会館についてみるといきなり忍者出現!!
車の上に忍者が張り付いています。
こちらの「だんじり会館」は、地元、上野天神祭で使われるだんじりの展示や、300インチ3面マルチスクリーンで迫力満点の祭りの臨場感が味わえる有料施設なのですが、その施設の一角に「忍者変身処」があります。
(忍者変身処は入場料不要)
お着替えは一人1,050円で、建物の中には着替える本人のみ入場となるのですが、小さなお子様の場合はお手伝いをする保護者の方も同伴となります。
単に忍者っぽい上着とズボンみたいな感じかと思っていたのですが、着替えるのが大変なくらい本格的なもので、着替え終わって出てきた子ども達を見たパパも思わずビックリ!
しかも、返却期限の16時まで忍者の格好のまま街歩きができるのも魅力的です。
姿はバッチリ決まったので後は雨が止んでくれるのを願いつつ、出かけます。
島ヶ原温泉やぶっちゃ・キャンプ・伊賀流忍者博物館 島ヶ原温泉やぶっちゃ・キャンプ・伊賀流忍者博物館
島ヶ原温泉やぶっちゃ・キャンプ・伊賀流忍者博物館 島ヶ原温泉やぶっちゃ・キャンプ・伊賀流忍者博物館 =11時 伊賀流忍者博物館=
だんじり会館から、車を停めた上野公園駐車場を通り過ぎ、公園の中をてくてく歩くこと約10分。「伊賀流忍者博物館」に到着です。
こちらでは本物の忍者屋敷の見学と、忍術ショーが見られます。
まずは、ショーまで時間があるので、忍者屋敷の見学です。
屋敷へは、忍者の方の案内で十数人まとまって入ります。
というのも、中では忍者の方が解説してくださるので、それを聞きながら順に進んでいくという感じなのです。
この屋敷は、伊賀の土豪屋敷を移築したもので、中には、「え~!?」と驚いたり「へ~」と感心したりする仕掛けやからくりが備えられていました。
見学時間は15分もありませんでしたがとても楽しかったです。
島ヶ原温泉やぶっちゃ・キャンプ・伊賀流忍者博物館 島ヶ原温泉やぶっちゃ・キャンプ・伊賀流忍者博物館
島ヶ原温泉やぶっちゃ・キャンプ・伊賀流忍者博物館 島ヶ原温泉やぶっちゃ・キャンプ・伊賀流忍者博物館 =11時半 忍術ショー=
忍者屋敷のすぐ隣では、時間によって忍術ショーが行われます。
入場料とは別料金ですが、せっかくなので迫力ある忍術ショーは見て損はないと思います。
行った時も、ほぼ満席状態でした。
時間は日によって異なりますが、特に週末など人の多い時には1時間に1回くらいは開催されるそうです。
ショー自体は20分くらいのものでしたが、本物の忍具を使ったショーは、かなり迫力があり、ところどころに笑いどころも作ってくれているので、小さなお子様から大人まで楽しめる内容だと思います。
ショーの後は、ショーの舞台で得点によって豪華忍者グッズがもらえる手裏剣体験
(有料)もできます。子ども達は「忍者衣装着替え+博物館入場券+手裏剣体験」がセットになっている「通行手形」を購入したので、意気込み参加しようと思ったら、手形の手裏剣は別場所なんだそう。で、案内されたのはショー会場の外。
島ヶ原温泉やぶっちゃ・キャンプ・伊賀流忍者博物館 島ヶ原温泉やぶっちゃ・キャンプ・伊賀流忍者博物館
島ヶ原温泉やぶっちゃ・キャンプ・伊賀流忍者博物館 島ヶ原温泉やぶっちゃ・キャンプ・伊賀流忍者博物館 島ヶ原温泉やぶっちゃ・キャンプ・伊賀流忍者博物館 しかも、良い場所にあたっても景品はもらえないそうで、一気にテンションダウンです(笑)
結局、的にあたることはなかったんですけどね。
最後は、忍者について詳しく紹介されている「忍者伝承館」を見学し、終了です。
※「伊賀流忍者博物館」詳細は▶▶▶こちら
=12時半 お昼ご飯=
お昼は、博物館のすぐ近くにある手打ちうどん屋さんです。
二人の忍者もきつねうどんをいただきます。
普通においしかったのですが、シンプルなきつねうどん1杯700円はちょっと高かったなぁ、、
島ヶ原温泉やぶっちゃ・キャンプ・伊賀流忍者博物館 島ヶ原温泉やぶっちゃ・キャンプ・伊賀流忍者博物館 島ヶ原温泉やぶっちゃ・キャンプ・伊賀流忍者博物館
島ヶ原温泉やぶっちゃ・キャンプ・伊賀流忍者博物館 伊賀流忍者博物館・伊賀上野城 =13時 伊賀上野城=
食べ終わった後は、伊賀上野城へと向かいます。
距離的には近く、忍者博物館やうどん屋さんから天守閣までは、徒歩で約10分といったところ。坂を上って行くと、開けた場所があり、石垣の向こうに小さくお城が見えたのですが、思わず「かっこいい~~!!」と言葉が出てしまいました。
パパも同感だったようで、二人で「なんか、かっこいいね~」としばらくお城を眺めていたほど。
天守閣は昭和になってから復興されたもので、お城自体そう大きくありません。
行った時は、1Fで甲冑の試着体験ができたので子ども達も着てみたのですが、かなり歩きにくそうな感じ。重さでふらふらしていました。
でも、甲冑が着られるなんてそう無いような気がするので、貴重な体験でした。
伊賀流忍者博物館・伊賀上野城 伊賀流忍者博物館・伊賀上野城 伊賀流忍者博物館・伊賀上野城
島ヶ原温泉やぶっちゃ・キャンプ・伊賀流忍者博物館 伊賀流忍者博物館・伊賀上野城 最後は、「日本一、二の高さで有名な高石垣」を見に、お堀の方に行ってみます。
「日本一」ではなく、「日本一、二」という曖昧な表現の看板を見て、思わず息子「そろそろ決めたらいいのに」と、、、
確かに、白黒つけれそうな気がしますが、おそらく何か事情があるのでしょうね。
そんなことで、お城見学もこれにて終了。
この頃には雨も止み、晴れ間も見えてきました。良かった~
14時半過ぎ、忍者衣装を返却し、キャンプ場へ移動です。
※「伊賀上野城」詳細は▶▶▶こちら
=15時 島ヶ原温泉やぶっちゃ到着=
キャンプ場は同じ伊賀市内で、距離も10kmもないので、移動時間は約15分。
「やぶっちゃ」には、以前、すぐ近くの「OKオートキャンプ場」を利用した際、温泉施設を利用したことがあるので、二度目の訪問です。
温泉フロントで受付した後、サイトへ移動。
こちらのサイトは、AとBがあり、それぞれ場所が離れています。
島ヶ原温泉やぶっちゃ・キャンプ 島ヶ原温泉やぶっちゃ・キャンプ
島ヶ原温泉やぶっちゃ・キャンプ 島ヶ原温泉やぶっちゃ・キャンプ そして、大きな違いは、Bサイトが共同炊事棟、共同トイレと一般的な施設なのに対し、Aサイトは個別に流し台やテーブル、AC電源があるということだけでなく、サイトに個別トイレがあるのです。
トイレって、遠くにあると結構面倒くさいものなので、サイト内にあると、さっと行けてかなり便利!
=15時半 設営=
ここのところすっかり日が落ちるのが早くなってきたので、早々に設営です。
Aサイトは、トイレなどの建物やテーブル、駐車スペース込みで平均約200㎡あるそうで、ゆったりしています。しかも、今回はタープを張る予定は無いのでかなり広々です。
島ヶ原温泉やぶっちゃ・キャンプ 島ヶ原温泉やぶっちゃ・キャンプ 島ヶ原温泉やぶっちゃ・キャンプ
島ヶ原温泉やぶっちゃ・キャンプ 島ヶ原温泉やぶっちゃ・キャンプ 島ヶ原温泉やぶっちゃ・キャンプ =16時過ぎ 夕飯用意=
ローラーブレイドなどで少し遊んだ後は、子ども達、恒例の夕飯(カレー)用意です。
今回は息子がメイン、娘は少し手伝ってくれた後、ピルツの中のセッティングをしているパパのお手伝いをお願いしました。
焚き火もしないので、さすがに外での食事は厳しいかな、と、今回は全部ピルツの中仕様です。
これまでは外リビングでゆったり使えていたのが、中仕様になると何かと狭くなってしまうのですが、今回は試行錯誤の結果、多分、これまでで一番広いスペースが作れました。
(※パパ案)
と、ここで、「あれ?」と思われた方は、すごい!
島ヶ原温泉やぶっちゃ・キャンプ 島ヶ原温泉やぶっちゃ・キャンプ
島ヶ原温泉やぶっちゃ・キャンプ 実は、我が家の「赤グッズ」の二つ、 Colemanのスチールベルトクーラー(スチベル)と「ビンテージジャグ」が引退、というよりトレードしました。
新しく仲間入りしたのは、赤ではないのですが、「YETI(イエティ)クーラーボックス45QT」と「iglooウォータージャグ」です。
購入経緯や詳細はリンク先
(キャンプ用品購入履歴)にて紹介していますので、ご興味があればご覧ください。
注ぎ口も焼酎コックではなく、クロスハンドルに交換したので、水の出も改善され、使い勝手はかなり良くなりました。
セッティングも完了したので、子ども達、夕飯までフリータイムです。
と思ったら、残念~、、ランタンのマントルが破れてました。(+o+)
ということで、息子君の出番です。
(※交換は息子担当)
無事、マントルの交換を終え、今度こそ、フリータイム。
最近の子ども達の流行「妖怪ウォッチ」のガイドブックを二人仲良く、ピルツの中で読んだりして過ごします。
島ヶ原温泉やぶっちゃ・キャンプ 島ヶ原温泉やぶっちゃ・キャンプ
島ヶ原温泉やぶっちゃ・キャンプ 島ヶ原温泉やぶっちゃ・キャンプ 島ヶ原温泉やぶっちゃ・キャンプ =17時半過ぎ 夕飯=
夕飯は、子ども達が作ってくれたカレーと、パパは家から持ってきたお酒のアテを。
今回はママは殆ど何もしてないので、とっても楽でした。
カレーも食べ終わり、一息ついたところで、何やらママと娘がゴソゴソ。
そして娘から、息子へ「お兄ちゃん、お誕生日おめでとう!」とプレゼントの授与がございました。
本当は数日後が誕生日なのですが、ここ数年、平日なので、その前の週末にプレゼントを渡すことが多く、今回初めてキャンプ中にプレゼント、となったわけです。
今回は息子のリクエスト品だったので、中身はわかっているとはいえ、実物を見たことが無かったので、開ける時はとってもうれしそう♪
島ヶ原温泉やぶっちゃ・キャンプ 島ヶ原温泉やぶっちゃ・キャンプ
島ヶ原温泉やぶっちゃ・キャンプ 息子のリクエスト品は、「けん玉」です。しかもただのけん玉ではありません。
最近はけん玉ブームということもあってか、色々なブランドとコラボしている見た目もオシャレなモデルも出ているのです。そんな中で、自転車やアウトドア商品を展開している「ドッぺルギャンガー」とのコラボで、全身ブラックというかなり見た目も斬新なけん玉をセレクト。競技用けん玉としても認定されているので、普通に使えますし、何よりめちゃくちゃカッコいい!お値段は一般的なものと比べ少し高いのですが、こういうのも良いですね。
更に今回は、娘の少ないお小遣いで、妖怪ウォッチの指人形のプレゼント付。
息子にとっては、とても楽しい夜になりました、
食後はコーヒータイム。
子ども達はおまんじゅうを食べながら借りてきたDVDを鑑賞。
(行きの移動中に見なかったので)

その後、
20時にお風呂に入りに行き、21時半就寝です。
島ヶ原温泉やぶっちゃ・キャンプ 島ヶ原温泉やぶっちゃ・キャンプ
島ヶ原温泉やぶっちゃ・キャンプ 島ヶ原温泉やぶっちゃ・キャンプ =8時 朝食=
朝の食事の用意は娘がお手伝いしてくれました。
本当はトーストにする予定だったのですが、昨日のカレーが少し残っていたので、そのままパンをつけて食べることに。
でも、ちょっといまいちだったみたいです(^^;
子ども達は、食後の運動です。

この日は天気予報では朝から晴れだったのですが、なかなか晴れ間が見えてくれません。しかも川沿いだからか、特に朝は霧がすごく、テントはびしょ濡れ。
11時outで乾燥撤収はかなり厳しそうな状況・・
島ヶ原温泉やぶっちゃ・キャンプ 島ヶ原温泉やぶっちゃ・キャンプ
島ヶ原温泉やぶっちゃ・キャンプ 島ヶ原温泉やぶっちゃ・キャンプ 「〇〇ちゃん、今何時~?」
腕時計に憧れている娘に、自分の時計をレンタル中のママ、時間を気にしながら着々と中を片づけていきます。
実はこれまでママもパパもアウトドア用の腕時計を持っていなかったのですが、CASIOから毎年この時期に、その年限定のG-SHOCKラバーズコレクションというペアウォッチを発売しており、今年のモデルが男女ともになかなか良かったので、新調したばかりなのです。
X'masプレゼントとしても最適で、というより、色も白だし、この時期なのでそれをターゲットに発売されているんだと思いますが、ケースもハート型のかわいいものに入っていました。
娘からは「欲しい~~!」とねだられるのですが、とりあえず、当面の間は使っていない時は貸してあげるよ、ということにしています。
数か月後の娘の誕生日にはまたちょっと考えてあげないといけないかな、、
でも、小2の細い娘の腕でもベルトが合うのにはビックリ!かなりの幅で調整できるようになっています。
と、最後に話が少しキャンプから逸れてしまいましたが、、
結局、チェックアウトの11時には全部を乾燥させるのは間に合いそうになく、でも、ようやく晴れてきて後1時間あればなんとか、、という感じになってきたので、少し延長することにして、全部を干していきます。
延長料金はかかりましたが、おかげで、きれいに乾燥撤収!
家に帰ってからの残務処理が無くなりました。
島ヶ原温泉やぶっちゃ・キャンプ 島ヶ原温泉やぶっちゃ・キャンプ
島ヶ原温泉やぶっちゃ・キャンプ 島ヶ原温泉やぶっちゃ・キャンプ 予定通り、1時間後の12時チェックアウトです。
その後、温泉施設近くを一通り見て周ります。
温泉施設の隣には、レストランが二軒入った建物「ふれあいセンター」、道の駅のような「野良じまん」があります。
そして、野良じまんと同じ建物には「よもぎ餅」ののぼりが立ち、中で作っておられるのが見えました。ということは・・・?
そうなんです!
「よもぎもち」、売ってました♪
すぐ隣で作ってパックされたばかり、正真正銘の「出来立て」で、めちゃくちゃ柔らかい!
よもぎもそんなに癖が無く、子ども達も「おいしい!」と食べていました。
島ヶ原温泉やぶっちゃ・キャンプ 島ヶ原温泉やぶっちゃ・キャンプ 島ヶ原温泉やぶっちゃ・キャンプ
ということで、和菓子好きの祖父母へのおみやげに、追加で1パック買って、12時半過ぎ、キャンプ場を後にしました。

それでは、最後にキャンプ場の感想です。
まず、こちらのキャンプ場の大きな特徴は、同じ施設内の「やぶっちゃの湯」で、サウナや露天風呂などもある天然温泉に入れることかなと思います。
中でも「かけ流し源泉風呂」は加水や循環が一切無い100%の天然温泉です。
以前、この「やぶっちゃの湯」を利用した時もそうだったのですが、施設前の駐車場には県外ナンバーの車がたくさん停まっており、お昼12時過ぎでも、どんどん車が入ってくるという感じで、かなり人気の温泉なんだなということがわかります。
そんな本格的な温泉が施設内にあるというのは、かなり魅力的ですね。
ただ、残念ながらA、B、どちらのサイトを利用しても、徒歩ではちょっとしんどい距離なので、車移動になるかと思います。

今回我が家は電源、流し台付のAサイトにしたのですが、やはり、個別トイレの存在はかなり大きかったです。
和式トイレ
(水洗)なので、苦手なお子さんもいらっしゃるかもしれませんが、我が家の場合は問題無しでした。
駐車スペースや流し台・トイレのある建物、テーブルなどを含んではいるものの、サイトの広さが平均約200㎡とゆったりしており、隣サイトとも植え込みがあるので、プライベート感もあります。
全体的には良いサイトなのですが、すぐそばに線路があり、電車の音がかなり大きいこと、目の前が川なのに、岩場が多く危険な為、川遊びができないのは少し残念なところ。
(※夏季限定で有料の水遊び場有り)
又、二列に並んだ山側のサイトの場合、バックで車を入れることになるので、お風呂の帰り
(夜)に駐車するのがちょっと面倒かな、と思います。

Bサイトは電源無し、共同トイレ、共同炊事棟になります。
サイトは広さが約80㎡なのですが、場所によってはLの字になっているところもあり、少し狭いかな、と思うサイトもありました。
トイレ、炊事棟はキレイなのですが、サイトの場所によってはトイレが少し遠く感じるところもありました。

その他施設詳細については、写真ページをご参照いただければと思います。
  • mixiチェック
  • 島ヶ原温泉やぶっちゃ/オートキャンプ・三重
  •     ▶▶▶vol.81 

     スポンサードリンク


    キャンプ日記indexへ

    Copyright(C) since 2008 関西子どもとお出かけ遊び場情報 All Rights Reserved.