関西子どもとおでかけ遊び場情報ーキャンプリゾート森のひとときー
森のひととき・キャンプリゾート-オートキャンプはもちろんのこと、コテージやデッキサイトなどの施設も充実している兵庫県丹波市、キャンプリゾート森のひとときの紹介です。

HOME
> キャンプ場編 index > キャンプ日記index  
キャンプ日記 vol.8

2010年11月13日(土)~14日(日)
今回のキャンプは、丹波市市島町にある「キャンプリゾート森のひととき」
土曜は神戸で息子のサッカーの試合があり、それが終わったのが12時半。
その後、神戸三田のアウトレットに寄ってから、舞鶴若狭自動車道で「春日IC」まで。


春日ICを下りたのがちょうど15時
国道に入ってすぐの大きな道の駅「丹波おばあちゃんの里」で、今回のサプライズゲスト(笑)と合流です。実はここ、丹波市にはママの実家があるんです。
ということで、子供たちには内緒で、おじいちゃん、おばあちゃんを呼んでみました。
合流した時は、ちょうど子供たちは車内で爆睡中zzz・・・ そのまま二台で現地に向かいます。
=15時20分現地到着=
春日ICから約10分。現地到着です。車を停めるとすぐに、息子が目覚ました。
おばあちゃんたちを見つけると、ビックリ&照れ笑い。でも、とってもうれしそうでした。
娘はまだ起きていないので、とりあえずママ達は受付へ。
管理棟の、中に入ってみると「わぁ、キレイ!」
受付にある「Colemanの提携施設」であるというボード。
「コールマンの会員なんですが、何か特典はあるんですか?」と聞いてみたところ、「あぁ、、
予約の時に言ってもらったら割引があったんですが、、」とのお返事。
うぅぅう!なんということだ!! 先に知っておけばよかったぁ!!(;;)
一通り説明を受けてお支払い。
行った日は芝生サイトはなんと我が家一組。
実はこの時期、鹿がよく出るらしく、お客さんが少ない場合は「バンガロー」を案内している、と予約時に説明を受けていたのです。
到着がいつもよりかなり遅くなったことも有り、今回はバンガローでもいいかな、とも思ったのですが、幸いおじいちゃん達もいてくれるので、少し手伝ってもらったらいいし、「熊」ならともかく「鹿」くらいなら大丈夫だろうと、結局予定通り、芝生サイトにテントを張ることに。
そんな相談や色々話をしていると、受付に結構時間がかかり、いつの間にやら外でキャッキャ言ってる娘の声。起きたみたいです。
=15時40分 テント設営=
時間も時間なので、受付を済ませ、早々にサイトへ移動。
芝生サイトは、全体的に緩い斜面に作られているので、完全フラットではなく、サイトごとにテントスペースに土が盛ってあり、そこの部分は水平になっています。※’13.4補足 改修工事により、サイト内の段差は多少無くなりました。
狭い方のサイトではタープとの連結がしづらいところもあるかもしれません。
とりあえず、子供たちはおばあちゃんに任せ、初参戦のおじいちゃん、パパ、ママとで設営します。
一組なのでどこでもどうぞ、と言って下さったので、真ん中あたりのサイトへ。
後から考えると、入口側、森林サイト側の炊事エリア、どちらからも少し遠かったので、どちらかに寄ればよかったかな(^^;
写真で見ると、ほんとに「ポツーン」って感じですね(苦笑)
サイト内のあちこちにコロコロの鹿のフン。
本当に鹿がここまで来るんだなぁと改めて実感です。
10月に知人が来た時も、今回と同じように一組で、夜、お風呂帰りに鹿に遭遇したと言っていたのですが、はたして今回はどうかな?
=16時 遊びタイム=
「お散歩行こう!」「鬼ごっこしよう!」
今回は、やっぱり、おじいちゃん、おばあちゃん引っ張りだこです。
おじいちゃん、今年で75歳なんですが、まだシルバー人材センターに登録してバリバリ力仕事を頑張っているくらい元気なんです!
遊んでいる間に、ママはせっせと夕飯の準備。そして、パパは焚き火の準備。
11月に入って、ますます日が暮れるのが早くなってきました。
17時過ぎにはもうこんな感じ。
昼間は比較的暖かかったのですが、それでも夕方になるとやっぱり冷えてきました。
焚き火もバッチリOK!さぁさ、晩御飯の用意ができましたよ~!
=17時半 夕飯=
今回のメニューはいつもよりちょっと品数が多かったかな。
過去に好評だった、ジャーマンポテト、焼きそば、ナゲット、スペアリブ、厚揚げの味噌田楽、鶏胸肉の味噌マヨ炒め、イカフライ。
おばあちゃんからは栗ご飯おにぎりの差し入れもあり、なかなか豪華でした。
でも今回は大人が4人なので、ちょっと足りないくらいだったかな。
子供たちもいつも以上にたくさん食べてくれました。
=19時 焚き火タイム=
前回のキャンプ「ちいさな森のキャンプ村」から始まった「焚き火タイム」
今日はおじいちゃん、おばあちゃんも一緒なので、にぎやかです。子供たちはまたしてもせっせと「焼きマシュマロ」を作っていました。
お腹もいっぱいになって、焚き火で暖まって、とっても良い感じ。なんだかんだと、あっという間に20時。
楽しい時間ってほんと早く過ぎるものですね。でも、今回はまだちょっとしたお楽しみが残っています。
といっても、いつもとは違うこと、めったにないこと、という意味でのお楽しみ。
=20時過ぎ お風呂=
息子はパパとおじいちゃん、娘はママとおばあちゃんと一緒にお風呂に入ることです。
元々おじいちゃん達はそのつもりはなかったのですが、子供たちの熱い要望に応えることに(笑)
お風呂は管理棟にあり、歩いて行けないことはないのですが、お風呂上がりに湯冷めして風邪ひいちゃっても困るので、車でぶ~んと移動。ラッキーなことに、男湯、女湯ともに先客無し。ゆずが浮かんでいて、お湯加減もとっても気持ち良かったです♪
後からオフィシャルのブログを拝見すると、ゆずの木にたくさん実がなっている写真があったので、あのゆずは施設内で採れたものだったんだろうと思います。
後、利用はしませんでしたが、脱衣場に全自動洗濯機&洗剤がありました。
聞くと無料で利用できるのだとか。夏場や連泊する時には便利ですね。無料というのもうれしい限り♪ 
※’13.6追記 現在は乾燥機も有り、どちらも有料になっています。

お風呂からあがると、残念ながらおじいちゃん達とはお別れです。
でも明日も来ると言ってくれたので、気持ちよく「ばいば~い!お休み~!」
さて、体が温まっているうちに、ママ達も寝るとしましょ。
=21時過ぎ 子供たち就寝=
さすがにもうシュラフに入っても「暑い!」ということもなくなり、むしろ入っていないと「寒い」、入っているとちょうど気持ち良い季節になってきました。
寝像が悪いのは相変わらずですが、シュラフから出ることはなくなり、見張っていなくても大丈夫に。

さて、子供たちも寝たので、大人タイムです。
先週は飲み過ぎて、すぐにダウンしてしまったこともあり、ママは今回の夕飯ではアルコールはお預け。なので、焚き火に火をつけ、チューハイをパパと半分。
周りに遮るものが何もないので、満点の冬の星空が見えるかと期待していたのですが、この日は夜もずっと曇りで、星がまったく見えませんでした。残念!

=23時過ぎ 大人就寝=
 
=翌朝7時過ぎ 起床=
毎度のことながら、一番早起きは息子。
娘も比較的すぐ起きて、テントからひょこっと顔を出してきました(笑)。
朝ご飯まで子供達は、サッカーとキックボード。
 
=8時半 朝食=
今回は電源付きサイトだったので、ホットサンドメーカーを持って行って、ホットサンドと普通のサンドイッチ。
一度にできるわけではないので、一枚できては後ろから誰かが持って行って、写真の状態になるのに随分時間がかかりました。
きれいにお皿に並んだ時には、子供たちはもうごちそうさま(笑)
さて、朝ご飯が終わったら、撤収に向けてのお仕事です。我が家一組なので、木は使いたい放題。ロープを何本もつなげて、干しまくり。干すものが多いので、この作業もなかなか大変(>o<)

=10時 おばあちゃん達合流=
そうこうしてると、おばあちゃん達がやってきてくれました。採れたての野菜やお米など、たくさんの差し入れを持って・・

野菜やお米は、いつも家に送ってもらったりしているのですが、本当に毎回助かります!ありがとう!!
朝の焚き火は子供たちが拾ってきた木や杉の葉。
もちろん、それだけではありませんが、十分に気をつけながら、二人して順番に杉の葉を入れていきます。
杉の葉も「バチバチバチ!」と燃えて楽しそう♪
せっせと撤収作業を進めている間、子供たちはおじいちゃんと野球したり、お散歩したり。
本来チェックアウトは11時と我が家にとっては少し早目なので、2時間延長をつけて13時にしてもらいました。
それでも、なんだかんだと時間がかかり、あっという間に12時。
おもちとおにぎりを差し入れてもらったので、お昼ご飯はそれにしました。
久しぶりに食べたお餅はとってもおいしかったです♪
=13時 チェックアウト=
今回のキャンプはおじいちゃん、おばあちゃんに久しぶりに会えたこともあって、子供達にとってはいつも以上に楽しかったみたい。
来てもらって良かったね。

さて、全体の感想ですが、、
最近、色々とリニューアルされたようで、施設もとってもキレイ♪
施設内には、芝生のオートサイトの他、涼しそうな※森林サイト、木製テントのバンガロー、コテージ、大人数収容できるキャビンがあります。
※森林サイトの横には川が流れていて、夏には森の中の涼しい場所で水遊びができそうです。
他にもマイナスイオンたっぷりの森林浴、6月には蛍も見られるそうです。
土地柄、季節によっては鹿などの動物が出ることもあるようですが、危害を加えられるわけではないので、逆に自然の鹿を見られるのも有りかな、なんて思ったりします。
お掃除やスタッフの方の気配りも行き届いていて、とても気持ちよく利用できました。
施設の一部を、新しいものに作り替えたり、改修されたりと、とにかく利用者の方が楽しめるように色々考えておられるようです。
なので、これからも良い方向にどんどん進化するキャンプ場なのではないかな、と思います。

※'11.6補足 
森林サイトですが、'11.4にテントと屋根つきのデッキスペースがある「デッキハウス」としてリニューアルされました。
テントもタープも不要、寝具さえあれば夏場でも涼しくて快適なキャンプが楽しめますよ♪

※’12.6補足
オートサイトの大きな段差は、全面にというわけではありませんが、改修され、フラットな部分が以前より広くなりました。
   ▶▶▶vol.9

 スポンサードリンク


キャンプ場日記一覧へ

Copyright(C) since 2008 関西子どもとお出かけ遊び場情報 All Rights Reserved.