関西子どもとおでかけ遊び場情報 ー淡路島・FBI 船瀬ビーチイン オートキャンプ場ー
FBI・船瀬ビーチイン/兵庫県の淡路島にある眼の前が海水浴場というロケーションにあるオートキャンプ場、FBI(船瀬ビーチイン)の紹介です。

HOME
> キャンプ場編 index > キャンプ日記index  
キャンプ日記 vol.76
2014年7月5日(土)~7月6日(日)
早いもので、2014年も半分が過ぎ、折り返しに入りました。
梅雨がまだ明けきらない7月最初の週末。約1ヶ月ぶりのキャンプは、久しぶりの淡路島、
「FBI/船瀬ビーチイン」
です。
「FBI」とは、なんともすごいネーミングですが、「
First class Backpackers Inn.」の略で、同時に「Funase Beach Inn」の略でもあるそうです。
以前は「船瀬海水浴場」「船瀬キャンプ場」だった場所に、新しくオープンしたキャンプ場なのです。

予約はしたものの、平日はずっと暑くて晴れだったのに、週末に限ってお天気が怪しいのが気になったのですが、「淡路島はあまり雨が降らない」「信頼している天気予報では大丈夫!」というキャンプ場スタッフのお兄さんの心強い言葉を信じて、前日キャンセルはせず予定通り行くことに。

出発当日。お天気はというと、我が家のある地域は、朝から曇り・・・
更に、出発時には雨も降り出し、なんなら途中、どんどんひどくなり、さすがに不安に・・
そんなお天気でも、例の天気予報でキャンプ場の天気を見ると、雨どころか「晴れ」の予報。
「ほんとに~~!???」
結局、淡路島に近い神戸途中あたりで雨がピタッとやみ、淡路島に入ってからは、雨が降った形跡すらありませんでした。

さて、キャンプ場までの道中ですが、とりあえず、
キャンプ場の案内看板はどこにもありません。
最終的には県道から海側へ降りるのですが、その下り口にも看板はなく、しかも、目立たない細い道なので、初めてだと
素通りしてしまう可能性大です。
FBIキャンプ・船瀬ビーチイン・船瀬キャンプ場 FBIキャンプ・船瀬ビーチイン・船瀬キャンプ場 FBIキャンプ・船瀬ビーチイン・船瀬キャンプ場 そこで目印として、オフィシャルサイトでも紹介されているのが、船の形の喫茶店「宝船」さんです。と言っても、船の形が見えるのはお店を通り過ぎる時なので、見えたらすぐ、反対車線にある細い道におりる、と思ってくださいね。
詳細は写真ページでご確認ください。
=13時 チェックイン=
基本14時inですが、空いていれば早く入っても大丈夫です。
受付をすると、防水タイプの「リストバンド」が渡されます。これが受付済みの証明になるんだそう。
FBIキャンプ・船瀬ビーチイン・船瀬キャンプ場 FBIキャンプ・船瀬ビーチイン・船瀬キャンプ場 FBIキャンプ・船瀬ビーチイン・船瀬キャンプ場
FBIキャンプ・船瀬ビーチイン・船瀬キャンプ場 FBIキャンプ・船瀬ビーチイン・船瀬キャンプ場 さて、管理棟 レストラン・カフェ・バーの「ビーチハウス」はとってもオシャレ♪異国の雰囲気漂う小物や家具に、どこかのリゾート地に来たような気分になります。キャンプに来たということを忘れそうなくらい。
このキャンプ場イチオシのすごく居心地の良い空間でした。
=13時半 お昼ご飯=
お腹も空いたので、お昼はこちらで食べることに。
お天気は残念ながら、「晴れ」というより「曇り」だったのですが、せっかくなので、海を見ながら食べよう、と外の海側の席へ。
でも、待っている間に日がさしてきて、「あ、、暑い、、((+_+))」となり、結局中の席へ移動です。
FBIキャンプ・船瀬ビーチイン・船瀬キャンプ場 FBIキャンプ・船瀬ビーチイン・船瀬キャンプ場
FBIキャンプ・船瀬ビーチイン・船瀬キャンプ場 FBIキャンプ・船瀬ビーチイン・船瀬キャンプ場 息子はお子様カレー、娘は素麺、ママはアフロカレー、パパはタコライスを注文。レストランと言っても、コックさんが別にいるわけではなく、スタッフの方が多分、1人で作っておられるので、料理も一度ではなく、順番に出てきます。
一番に来たのは、息子のカレー。見た目以上にボリュームはあったようですが、育ち盛りの息子にはちょっと足りなかったみたい。でもおいしかったそうです。
素麺、アフロカレー、タコライスも出てきました。素麺に玉ねぎのトッピングとは、淡路島って感じ。アフロカレー(=キーマカレー)は、後からピリッと来ますが、大人にはちょうどくらいの辛さ(甘さ)。タコライスは、アボカドたっぷりでご飯の量もボリュームあり。どちらもおいしかったですが、個人的にはアフロカレーが好きでした。 FBIキャンプ・船瀬ビーチイン・船瀬キャンプ場 FBIキャンプ・船瀬ビーチイン・船瀬キャンプ場 FBIキャンプ・船瀬ビーチイン・船瀬キャンプ場
FBIキャンプ・船瀬ビーチイン・船瀬キャンプ場 お店の外にはコットンのハンモックもあるのですが、これがまた気持ち良い!
このままゆっくりまったりしたいくらいですが、まだテントも張っていません。
せっかくなので、海にも入らなければ!!
ということで、食後は早々にサイトへ移動です。


=14時過ぎ 設営&海へ=
こちらのキャンプ場には、海に近い「ビーチサイドエリア」、浜辺の「ビーチエリア」、海が見える「シービューエリア」があり、浜辺のビーチエリア以外は車の横づけが出来るオートサイトです。
今回は、海が見える「シービューエリア」。基本的にはどこのエリアも「区画割り」はされていません。ただ、このエリアのみ段々畑のようになっていて、事実上は区画割りされているのと同じ感じ。我が家のサイトは海に向かって縦に長く、結構広かったのですが、混雑時期は、二つに分けられることもあるそう。場所により形は異なりますが、縦長サイトだと、横ではなく、海に向かって奥と手前にサイトが分かれるので、知らない人同士だと、ちょっと微妙な距離感かな~、、 FBIキャンプ・船瀬ビーチイン・船瀬キャンプ場 FBIキャンプ・船瀬ビーチイン・船瀬キャンプ場
FBIキャンプ・船瀬ビーチイン・船瀬キャンプ場 FBIキャンプ・船瀬ビーチイン・船瀬キャンプ場 タープだけはみんなで協力してたてたのですが、海で早く遊びたい子ども達を見て、パパ、「後はやっておくから海で遊んでおいで。」と。
明日のお天気もちょっと怪しいこともあり、今回はパパにお願いし、子ども達は海へ。
と言っても、子ども達だけ海に行かせるわけにもいかないので、ママも取材がてら一緒に海へ。パパさん、後はお願いします。
そうと決まれば、早速水着に着替え、海へGo!
実はこのビーチ、かなりの遠浅らしいので、息子にどこまで行けるか確認してもらったのですが、結構遠くまで行けていました。
ライフジャケットも着てることだし、浅いから一緒に行こう、という息子に対し、嫌だ~と言って浜辺でチャプチャプ遊ぶ娘。二人の意見があいません。
FBIキャンプ・船瀬ビーチイン・船瀬キャンプ場 FBIキャンプ・船瀬ビーチイン・船瀬キャンプ場
FBIキャンプ・船瀬ビーチイン・船瀬キャンプ場 FBIキャンプ・船瀬ビーチイン・船瀬キャンプ場 仕方ないので、持って来ていたボートを二つ、汗だくになりながら足でキコキコ空気を入れ、持って行ってやることにしたのですが、それでも娘は行きたがらず。
兄の苦肉の策「俺の足持って合体!」でやっと行く気になった娘。
二人連なって、少し遠くまで行きましたが、やっぱり娘は嫌らしく、その後は浅い浅い場所でボートに浮かんで遊んでました。なかなかうまくいきませんね。
今回は、ママ、ビーチサンダルを持ってきておらず、カヌーのサンダルで浜辺まで行ったのですが、やっぱり浜辺には不向きでしたね。(^^; 砂がいっぱい入って、歩きにくい、、
ん?この前のサンダルは?と気づかれた方はかなりの「日記通」!
前回のは男女兼用モデルで、かつ、ちょっとゆったり目サイズを購入したので、履き心地を気に入ったパパ用に。
ママは、もうちょっとかわいらしいタイプのに買いなおしました。
FBIキャンプ・船瀬ビーチイン・船瀬キャンプ場
FBIキャンプ・船瀬ビーチイン・船瀬キャンプ場 FBIキャンプ・船瀬ビーチイン・船瀬キャンプ場 FBIキャンプ・船瀬ビーチイン・船瀬キャンプ場 さて、一時間半ほど海で遊んで戻ってくると、サイトは殆どセッティング完了。残りのテントの中はママがセッティング。ま、今回はインナーテントも張らず、マットとブランケットだけなので、簡単だったんですけどね♪
=16時半 夕飯用意=
着替えたら、夕飯の準備です。
今日はハンバーグと即席のパエリア。パエリアは素があるのでご飯を洗って混ぜるだけですが、ハンバーグは一から。玉ねぎのみじん切りに苦戦しながらなんとか二人でやり終えました。
FBIキャンプ・船瀬ビーチイン・船瀬キャンプ場 FBIキャンプ・船瀬ビーチイン・船瀬キャンプ場 FBIキャンプ・船瀬ビーチイン・船瀬キャンプ場
FBIキャンプ・船瀬ビーチイン・船瀬キャンプ場 FBIキャンプ・船瀬ビーチイン・船瀬キャンプ場 =17時半 お風呂=
キャンプ場にはシャワーしかないのですが、車で約10~15分のところに温泉が二つあります。県道に出て左
(来た道を戻る)に進むと、「ウェルネスパーク五色/ゆ~ゆ~ファイブ」、右に進むと「うずしお温泉ゆとりっく」なのですが、ゆ~ゆ~ファイブは以前、同じ施設内のキャンプ場を利用した際に入ったので、今回は「ゆとりっく」に行きました。
規模的にはかなりこじんまりしたお風呂ですが、海水浴帰りやキャンプの際に入る程度なら十分かな、と思います。
隣には大きなスーパーもありますので、連泊の際等、お風呂に出たついでに、買い出しも併せて出来るのが便利ですね。

 ※「うずしお温泉ゆとりっく」詳細は▶▶▶こちら

=19時前 夕飯=

お風呂から帰ると、夕飯です。
ご飯を炊いて、ハンバーグを焼いて、ソース絡めて出来上がり♪
FBIキャンプ・船瀬ビーチイン・船瀬キャンプ場 FBIキャンプ・船瀬ビーチイン・船瀬キャンプ場 FBIキャンプ・船瀬ビーチイン・船瀬キャンプ場
FBIキャンプ・船瀬ビーチイン・船瀬キャンプ場 FBIキャンプ・船瀬ビーチイン・船瀬キャンプ場 FBIキャンプ・船瀬ビーチイン・船瀬キャンプ場 元々、ハンバーグは大好きなのですが、それに自分たちで作ったということもプラスされて、ビックリするほどたくさん食べました。
多いから明日の朝の分になるかな、と思いながら焼いたのですが、そんな心配は無用。逆にママやパパが足りないくらいでした。良かったよかった。
さて、面倒くさくならないうちに、食器の片づけを。
いつもつい娘に「手伝って~」と頼んでしまいがちなママ。この日も娘に言ってみたところ、「え~いやだ~」と拒否・・・
すると、息子が「俺いこっか?」と。
今回は食器が結構多かったのですが、全部キレイに洗ってくれたのです。
おかげで片づけもすぐに終わりました。ありがとね~。
FBIキャンプ・船瀬ビーチイン・船瀬キャンプ場
FBIキャンプ・船瀬ビーチイン・船瀬キャンプ場 FBIキャンプ・船瀬ビーチイン・船瀬キャンプ場 =20時過ぎ バーへ=
さて、お昼にご飯を食べたビーチハウスですが、夜にはまた良い雰囲気になるよ、と聞いていたので、ちょっとのぞいてみることに。
キャンプ場にバーというのは初めてのパターン。
なかなか珍しい、というか、ちょっと無いですよね。これは。
しかも、確かにかなり良い感じ!
せっかく来たんだし何か飲む?ってことになり、パパは「コロナビール」、ママは「カクテル」をオーダー。娘は市販の「アイスクリーム」、息子は、「水」でいい、と。
ちなみに、カクテルは、普通のバーと同じで、オーダーができます。
ママはお酒には弱い方なので、「フルーツ系で甘め、アルコール弱め、炭酸シュワシュワ~な感じ」でお願いしたのですが、
出てきたカクテルは、フルーティーで程よい甘さ、とってもおいしかったです♪

FBIキャンプ・船瀬ビーチイン・船瀬キャンプ場 FBIキャンプ・船瀬ビーチイン・船瀬キャンプ場
FBIキャンプ・船瀬ビーチイン・船瀬キャンプ場 FBIキャンプ・船瀬ビーチイン・船瀬キャンプ場 BGMは、南国の夜をイメージさせるような心地よいmusic。
隅に置いてある打楽器
(名前は不明)をちょっと叩いてみると、これまた、イメージ通りの音。BGMに合わせてデタラメに叩いてみてもなんとなく良い感じ♪
子どもの扱いがとても上手なスタッフのお兄さんとも楽しくお話しさせていただき、キャンプ中とは思えない、素敵な雰囲気、楽しい時間を過ごしました。
=21時過ぎ 就寝=
気持ち良くバーから戻ってきたら、21時過ぎ。歯磨きをして就寝です。
インナーテントを張らず、マットとブランケットだけで寝たのですが、明け方はちょっと肌寒く、もう一枚ブランケットをかけてくるまって寝てました。
FBIキャンプ・船瀬ビーチイン・船瀬キャンプ場 FBIキャンプ・船瀬ビーチイン・船瀬キャンプ場 FBIキャンプ・船瀬ビーチイン・船瀬キャンプ場 =7時半起床 朝食=
皆さん、朝の早いこと・・
多分5時とかそれくらいから声が聞こえてました。それでも気にせず、我が家はいつも通り、7時半頃起床。少しだけ海へお散歩してから朝食です。
=9時過ぎ 海へ=
朝起きた時は結構晴れていて、今日はお天気がいいのかな?と期待したのですが、段々曇り空に、、しかも午後から雨になるかもしれないので、少しだけ海へ。
今回はパパも一緒。その間にママは片づけを進めます。
FBIキャンプ・船瀬ビーチイン・船瀬キャンプ場 FBIキャンプ・船瀬ビーチイン・船瀬キャンプ場
FBIキャンプ・船瀬ビーチイン・船瀬キャンプ場 1時間ほど遊んで、パパと子供達が海からあがってきました。
とりあえずビーチハウス下にある水のシャワーでさっと流し、サイトに戻ります。
一旦、着替えて撤収、シャワーはその後で。
途中、雨がポツポツ降りましたが、最後までザ~ッと降ることは無かったので、テントは濡らさず、ちょうど
12時チェックアウトです。
シャワーはビーチハウス横の道を挟んで向かい側、黄緑色のかわいい縦長の建物です。
シャワーブースは表と裏に2ヵ所あり、10分300円。
でも、この10分、途中で止めることが出来るので、かなりしっかり浴びることができます。
シャンプーや体を洗っている間も出しっぱなしではなく、お湯を止めておけるのは大きいですね。
ママ以外の三人で入ったのですが、途中でパパと娘が出てきて「ママも入ったら?」と言われたくらい、まだ時間が残っていたそうです。
FBIキャンプ・船瀬ビーチイン・船瀬キャンプ場
FBIキャンプ・船瀬ビーチイン・船瀬キャンプ場 FBIキャンプ・船瀬ビーチイン・船瀬キャンプ場 FBIキャンプ・船瀬ビーチイン・船瀬キャンプ場 シャワーを浴びてすっきりした後は、ちょっと小腹がすいたので、「アメリカンドッグ」と「フライドポテト」をテイクアウト。でも結局そのままバーで食べ、12時半過ぎ、キャンプ場を後にしました。

ということで、最後にキャンプ場の感想です。
まず、大きな特徴は、施設の中にカクテルやお酒が飲めたり、食事ができるバーがあることです。
アルコールの自販機や売店での販売はよくありますが、キャンプに来ていてバーでお酒を飲めるというのはまず無いと思います。
しかも、そのバーが南国リゾートの雰囲気でとっても良い感じ♪又、昼と夜では雰囲気も異なり、かなり素敵な空間でした。
又、海のそばなので、夏には海水浴が楽しめること、そして、その海が遠浅なことも良いですね。

キャンプサイトエリアについては、写真ページで詳しく紹介していますが、特にシービューエリアは、トイレや流し台が南国風の建物になっていて、キャンプ場全体を「リゾート風」にされているんだろうな、という感じがします。
ただ、特に流し台は、手作り感がうかがえるつくりで、排水が下の溝に流れるのですが、詰まっていたのか、うまく流れておらず、その水が足元に流れてきたりして、気持ち的にちょっと、、、という面があったのは正直な感想です。

ただ、昔からあったキャンプ場がつぶれてしまい、新たに今のスタッフの方が荒れたキャンプ場をほぼ一から作り直されている、という経緯があるのと、スタッフの方の人数も少ないので、ある程度は仕方ないのかな、とも思います。
スタッフの方もとても元気で感じの良い方ばかりでしたし、これからの展開
(予定)を楽しそうに話してくださいましたので、この先色々良くなっていくのかな、と。

後、特に夏場は、海が近いということもあり、来られる方の層が、単独ファミリーよりも、カップル、若い方のグループ、親子の複数グループ、が多くなると思われます。実際、我が家が行った時も、夏本番ではありませんでしたが、そんな感じでした。
スタッフさんもそのあたりは配慮されて、サイトの振り分けをされるそうですが、夏に行かれる場合は、ある程度は賑やかになると思っておく方が良いと思います。
あまり騒がしい場合は、ちゃんと注意してくださるそうなので、そこまでひどいということは無いかもしれませんが、、

後、天気予報は、メジャーなYahoo天気とかではなく、オフィシャルサイトのTOPページにあるMapionの天気予報サイトが結構当たるそうなので、事前にお天気をチェックされる際はこちらで確認された方が良いですよ。
  ▶▶▶vol.77 
 スポンサードリンク

キャンプ日記indexへ

Copyright(C) since 2008 関西子どもとお出かけ遊び場情報 All Rights Reserved.