関西子どもとおでかけ遊び場情報ー家族でお出かけ・レジャーに ー奈良・みのずみオートキャンプ場ー
みのずみオートキャンプ場・奈良県天川村にある、川がとてもキレイで夏場の川遊びには最高のみのずみオートキャンプ場の紹介です。
HOME > キャンプ場編 index > キャンプ日記index  
キャンプ日記 vol.66
2013年8月23日(金)~25日(日)
今年の夏休みは、本当に猛暑でした。雨も殆ど降らず、各地で水不足。わざわざ天気予報を見る必要もないくらい、毎日、晴れ
夏休み最後のキャンプは、子ども達のお楽しみ、
清流で川遊びがメインのキャンプだったんです。
なのに、、なんで、、どうして、、、
よりによってキャンプに行く、その三日間だけが、  もう、不運としか言いようがありません。

出発日はまだ雨も降っておらず、なんなら少し晴れ間もあったりして、もしかしたら、このままいけちゃうかも??なんて淡い期待を持ちつつ、10時過ぎに出発したのですが、空は一気に暗くなり、道中、ワイパー全開・・・ 
それでも、先に進むにつれ、天候も変わり、
12時半頃現地に到着した時には、幸い雨も降っていませんでした。
みのずみオートキャンプ場 みのずみオートキャンプ場・川遊び 今回の行先は、奈良県の天川村にある「みのずみオートキャンプ場」です。
実はこのキャンプ場、全てオーナーさんの手作りなんだとか。
管理棟、コテージやログハウス、全て立派な建物だったので、後から、「どこまで手作りなんですか?」とお尋ねしたところ、建物、サイト整地等含め、とにかく、全部オーナーさん(&ご家族)が作られたものなんだそう。改めてビックリです!
ササッと受付を済ませ、サイトへ移動です。
サイトは斜面に作られていて、我が家は一番上の段のサイトだったのですが、この坂道が結構怖く、かなり慎重に走りました。
というのも、段々畑のように、坂が、上り⇒平坦⇒上り⇒平坦となっている上、傾斜もキツイので、下を擦りそうなのです・・
車高の低い車なら、なおさら気を付けて進まないといけません(^^;
みのずみオートキャンプ場 みのずみオートキャンプ場・川遊び
みのずみオートキャンプ場 みのずみオートキャンプ場・川遊び 又、サイトは広さが、70㎡・80㎡・90㎡・100㎡の4種類あります。
(←左側写真は80㎡・右側は100㎡サイトです。)
我が家は、少しゆったり過ごしたいので、一番大きな100㎡サイトにしました。
地面は細かい玉砂利が敷き詰められていて、水はけはめちゃくちゃ良いです!
この三日間の間に、かなりの量の激しい雨が降ったのですが、水たまりどころか、しとしと降ってたのかな、としか思えないような濡れ具合で、かなり驚きました。
ただ、地面はちょ~っと硬かったようで、ペグダウン担当の息子はかなり苦労してました。
(^^;
雨がぱらぱらと降ったりはするものの、時々晴れ間も見えたりするお天気なので、設営を早々に終わらせ、お昼はカップ麺。川遊びへGO!
みのずみオートキャンプ場 みのずみオートキャンプ場 =14時半~ 川遊び=
オートサイトからは、道路を渡って管理棟側にある、コテージ横の階段を降りて行きます。
途中には二つ、デッキサイトがあり、その間を通って降りるので、サイトの方がいらっしゃると、なんだか「すみませ~ん」って感じがしました。
そして、川に下りてみると、、、
噂では聞いていたのですが、それそれはもう、めちゃくちゃキレイ!&冷たい!
浅いところも、深いところもあり、年齢問わず楽しめそうです。
みのずみオートキャンプ場 みのずみオートキャンプ場
みのずみオートキャンプ場 みのずみオートキャンプ場 みのずみオートキャンプ場 一足先に行った子ども達。娘は当然浅いところで、チャプチャプと遊んでいたのですが、息子はそりたった崖の上にいました。
結構高いので、どうするのかな?としばらく見ていると、ザッブ~~ン!!!!
飛び込み、ちょっとビックリ(>O<)
そのうち、その度胸を認めてもらったからなのか、上で遊んでいた高校生のお兄ちゃん(3人)と仲良くなり、何度も一緒に飛び込んだり、泳いだりして遊んでもらいました。
‌みのずみオートキャンプ場・奈良・川遊び ‌みのずみオートキャンプ場・奈良・川遊び ‌みのずみオートキャンプ場・奈良・川遊び
‌みのずみオートキャンプ場・奈良・川遊び ‌みのずみオートキャンプ場・奈良・川遊び 地元のお兄ちゃんかな?と思っていたのですが、聞いてみると、そうではなくて、夏休みになると、3家族でいつもここに来ているそう。
お兄ちゃん達のおかげで、とても楽しい時間を過ごせました。ありがとうね~♪
その間、娘ちゃんはというと、、
寒い~と震えながら、シュノーケルを楽しんでおりました。
魚もたくさんいるらしいので、娘にカメラの水中撮影を頼んでみることに。
何度か練習して、ちゃんと魚が写っている撮影に成功。グッジョブ!
動画はこちら

みのずみオートキャンプ場 みのずみオートキャンプ場
まだまだ遊びたそうでしたが、大分肌寒くなってきたし、夕飯の用意もあるので、17時近くまで遊んで、初日の川遊び終了です。
子ども達はパパと先にシャワーを浴び、その間に、ママは大急ぎで夕飯の準備です。


=18時半~ 夕飯=
‌みのずみオートキャンプ場・奈良・川遊び ‌みのずみオートキャンプ場・奈良・川遊び 今日はピザ。生地から作りました。
ちょっと失敗したかと心配しましたが、出来上がりはまずまず。いつもは焚き火台の上に炭を置いてダッチオーブン、なのですが、今回は焚き火台は使用せず、上火用の炭はチャコスタで熾しておいて、下火は剛炎にお任せ。なので、かなりラクでした。
夜は少し肌寒いくらい。
暑い中にも段々と秋の気配が感じられます。

初日の夜は子ども達、
21時過ぎ頃就寝です。
みのずみオートキャンプ場 みのずみオートキャンプ場
大人も早いうちに寝ようと思ったのですが、空はすごい稲光。遠くの方ではゴロゴロと雷が聞こえます。
目をつぶっていても、気になって寝られません。
そのうち、ポツ、ポツ、、と雨の音がし始めたかと思うと、いきなり、
ザーーーーッ!!!!とものすごい雨、そして雷。 
テントなので、音もすごい!!
少し前に、他県で「経験したことの無い豪雨」という雨が降ったところだったので、さすがにちょっと心配になりました。
パパが外の様子を見に行ってくれていたのですが、オーナーのおじさんも見回りに来られていました。
天気予報はもちろん「
警報」。とにかくすごい雨でした。子ども達が寝た後で良かったです。
=8時起床・朝食=
この日も朝から、雨が降ったりやんだり・・
楽しみにしていた川遊びもできそうにありません。
とりあえず、朝ごはん、朝ごはん♪
今日は久しぶりに、イングリッシュマフィンサンドです。
朝食後は、前回に続き、子ども達に定番の夕飯(=カレー)の用意をしてもらいます。前回はママが色々と口出ししましたが、今回は口出しせず、二人に任せます。
なので、じゃがいもの大きさも、性格が出るというのか個性的。
息子は、え?こんな大きいまま?って感じだし、娘は逆に、小さすぎるんじゃない?ってくらいの大きさ。

みのずみオートキャンプ みのずみオートキャンプ ま、火が通ってれば、食べられるわけなので、あえて何も言わず、そのままスルーしておきました。
ちなみに、
10月のママの誕生日には、子ども達だけでカレー&パンケーキを作ってくれるんだとか。楽しみ~♪
さて、夕飯準備も一段落。
その間も、雨は激しくなったり、かと思うと、やんで空が明るくなり、このままあがるんじゃ?と思うような天気になったり、と、スッキリしません。
ピルツの跳ね上げ部分に溜まった雨もすごいことになってます。
子ども達、順番にエイッ!と押して、ザッパ~~ン!!!!

かなり楽しかったみたいです。
みのずみオートキャンプ場 みのずみオートキャンプ場 みのずみオートキャンプ場 みのずみオートキャンプ場
雨で川遊びもできず、やることもないので、息子は久しぶりにカメラ(デジカメ)をいじりだしました。
これまで触っていなかった、色々な面白い「モード」で撮影しているうちに、お気に入りのモードが見つかったようです。それが「ジオラマモード」。一部分だけが鮮明で、後は少しボケているのですが、それがなんとなくオモチャみたいな感じに見えるのが良いみたいです。
そのうち、たまたま持ってきていたポケモンの指人形を使って、何か一生懸命やり始めました。
以前にもやったことのある、「コマ送り」撮影のようです。
せっかくなので、ちょっとつなげてみました。

最後のツメが甘く、少し強引な終わり方になってますが、なんとなく、やりたかったことはご理解いただけるかな~と。
画像をつなげた動画はこちら
みのずみオートキャンプ場 みのずみオートキャンプ場 =13時・昼食=
お昼は、トラメジーノでお好み焼きです。
用意していたお肉を、ウッカリ、カレーに全部入れてしまったので、豚肉の代わりにウィンナで代用しました。
フライパンで焼くのとはちょっと違う食感?で、なかなかgood!
このところ、殆ど同じレイアウトなので、毎回あまり変わり映えしませんが、とりあえず、今回のサイトレイアウトです。
確実に雨とわかっていたので、水着やタオルなどをタープの中に干せるように、洗濯用ロープを両サイドのポールの一番上にひっかけました。
後、砂利サイトなので、最近いつも使っている「サーマレストのZライトソル」一枚では痛そう、ということで、子ども達はそれを二枚重ね、大人はインフレータブルマットにしました。
みのずみオートキャンプ場 みのずみオートキャンプ場
みのずみオートキャンプ場 みのずみオートキャンプ場 =14時・洞川温泉観光=
昼食後は、近くにある「洞川温泉」に行くことに。
キャンプ場からは約15分。標高約820mのところにあるので、川を渡ってから、山を上って行きます。
まずは、関西では最大らしい「面不動鍾乳洞」に行ってみます。
駐車場も数台だけですが無料であります。
鍾乳洞までは、徒歩でも行けるのですが、丸太の形をした「面不動モノレール・どろっこ」があるというので、乗ることに。。
ちょうど行ったところだったので、10分程待つと、下りてきました。
しかも、「
後ろ向き」で!
早速乗り込むと、予想以上に傾いてる・・傾斜がきつい・・・
上っている様はまるで、頂上に向かって進む「ジェットコースター」です。帰りは、かなり怖かった!!
みのずみオートキャンプ場
みのずみオートキャンプ場 みのずみオートキャンプ場 面不動鍾乳洞は年間通して洞内の気温が8度!涼しいを通り越し、寒い!
羽織るものを持ってくればよかった、と後悔したくらいです。


その後は、ぶらぶらと温泉街を散歩。
縁側のある旅館が立ち並び良い雰囲気でした。
温泉街は端から端まで、1kmくらいあります。
大分歩いて、そろそろ終わりっぽいし、引き返そうかな~と思ったあたりで、ママ達の前を歩いていた数名の方が、1軒の家に行き、何かを注文し、座って食べ始めました。
なんだろう??と気になって、のぞいてみると、「名水とうふ山口屋」と書いてあります。
更に、立てかけてあるホワイトボードには、「一皿150円」でお豆腐が食べられると。
せっかくなので、食べて帰ることに。
みのずみオートキャンプ場
みのずみオートキャンプ場 みのずみオートキャンプ場 いや~、これは本当においしかった!一皿なんてペロリです。
「あ~、あのお豆腐おいしかったな~」「もう一回食べたいな~」と後から何度も思う程、おいしいお豆腐でした。
その後、吊り橋やお寺に寄って、最後は温泉に。滞在時間は、お風呂含め3時間半でした。
※【洞川温泉】詳細は▶▶▶こちら
=18時半 夕飯・花火=
観光から戻ったら、子ども達が作ってくれたカレーで夕飯。
その後、雨はまだパラパラ降ったりやんだりでしたが、花火も持ってきていたので、やんだタイミングで、駐車場へ移動します。
(サイトではできないので・・)行った時は我が家だけで真っ暗でしたが、その後、次々と人が来られ、プチ花火大会になってました。その後、みんなで22時前に就寝です。
みのずみオートキャンプ場 みのずみオートキャンプ場
みのずみオートキャンプ場 そうそう、この花火で大活躍だったのが、「SOTO スライドガストーチ」です。
これまでは、、というより、花火の途中までは、ずっと「チャッカマン」を使っていたのですが、ガス切れとなり、少し前に購入していたこの「ガストーチ」のデビューとなりました。
使い勝手は、というと、、、どうしてもっと早くに買わなかったんだろう?と思えるほど、便利で、良い品でした。
特に今回は何度も何度も火をつける花火だったので、その威力が更に発揮されました。火をつける際にカチャッとするのも、チャッカマンに比べてラク、何より火の安定感は最強です!風が吹いても全然平気。イメージは、チャッカマンではなくバーナーですね。

初期投資は、チャッカマン(もしくは同等品)に比べると高いのですが、カチャカチャしないと点かない、ついてもすぐ火が消える、という煩わしさから解放されますし、ガス切れになっても、カセットコンロのガスボンベのガスを充てんできるので経済的。これは良い商品でした!
=7時 起床・朝食=
最終日、朝食は子ども達、朝カレー、大人はご飯です。
雨は相変わらずパラパラ降ったりやんだりが続いています。
昨日の夜も雨だったので、テントやタープは当然のことながら、びしょ濡れ。朝からのお天気もスッキリしないので、さすがに今回は乾燥撤収は望めそうにありません。
みのずみオートキャンプ場
みのずみオートキャンプ場 みのずみオートキャンプ場 みのずみオートキャンプ場 outは11時厳守(後がつかえているので)なので、食後は早々に撤収です。
車をタープの近くに移動させて運び入れをしましたが、幸い、昨日のように、激しい雨は無く、時々パラパラと降っただけ。この三日間のお天気を考えると、ラッキーなくらいでした。
さて、普通なら、これで帰るところなのですが、川の様子を見に行った子ども達が「水がキレイになってる!!遊びたい!」と戻ってきました。
晴れてはいないけど、雨が降っているわけでもないし、、、
ということで、急きょ、撤収後、少しだけ川遊びすることに。
みのずみオートキャンプ場 みのずみオートキャンプ場
みのずみオートキャンプ場 みのずみオートキャンプ場 運よく、初日に遊んでもらったお兄ちゃん達もいて、またご一緒させていただきました。
ただ、この日は初日に比べ、水温も更に低く、小雨も降ってる。
「ギャ~~!!」「さっぶ~~!」「冷た~~!!」「無理無理~~!」男子なので、雄叫びに近い声が聞こえます。娘は、浅瀬でちょっとだけ遊びましたが、唇も紫になって、ガタガタ震えてました。
あまり無理はいけないので、一時間ほどで引き上げです。
川遊びを楽しみに来ていた我が家(皆さんそうだと思いますが)にとっては、不運としか言いようがないお天気の三日間ではありましたが、それでも少しはキレイな川で遊ぶことができ、予定になかった、洞川温泉観光もでき、なかなか充実した楽しい夏休み最後のキャンプとなりました。
特に息子は、お兄ちゃん達と一緒に遊んだことも相当楽しかったようで、「また来年も来たい!」と言っていたくらいです。

さて、最後にキャンプ場の感想です。
最初にも書きましたが、全てオーナーさん手作りのキャンプ場、というのが大きな特徴です。
大きなキャンプ場ではありませんが、オーナーさんのお人柄も良く、行った時は、夜にすごい雨が降っていたのですが、遅い時間にも関わらず、オーナーさんが見回りに来られていて、それだけでも、気持ち的に安心できました。
オートサイトは、広さが4種類ありますので、テントやタープの大きさや張り方によって、選ばれると良いかと思いますが、やはり70㎡はかなり狭いです。
地面は小さな玉砂利で、ペグダウンには少し固めですが、水はけはかなり良い方です。

川はビックリするほど水がキレイで、そして冷たい!
浅いところや、飛び込み出来るほど深いところ、岩場もあり、魚もたくさんいるので、お子さんの年齢問わず、楽しめると思います。

特に夏の川遊びに人気のキャンプ場で、サイト数も多くないので、夏休み中は、平日でもいっぱいになることが多々あります。
週末や連休、お盆などは特に早めに予約された方が良いと思います。

      ▶▶▶vol.67

 


キャンプ場日記一覧へ

Copyright(C) since 2008 関西子どもとお出かけ遊び場情報 All Rights Reserved.