関西子どもとおでかけ遊び場情報ー家族でお出かけ・レジャーに ー芝政ワールド・オートキャンプ場ー
芝政ワールド・オートキャンプ場・福井県坂井市、テーマパーク「芝政ワールド」内にあるオートキャンプ場の紹介です。
HOME > キャンプ場編 index > キャンプ日記index  
キャンプ日記 vol.65
2013年8月1日(木)~3日(土)
今回は、我が家のこの夏休みの一大イベント、世間より一足早くパパが夏休みを取って、2泊キャンプです。(正確には2泊キャンプ+2泊ホテル)
行き先は、一度行かなきゃな~と思いながらなかなか行けなかった、福井県の「
芝政ワールドオートキャンプ場」です。
我が家からは約260km、約3時間半コース。
幸い、出発はお盆でもない平日なので、道中、渋滞することなく、ほぼ予定通り13時半頃到着です。
芝政ワールドオートキャンプ場・福井 芝政ワールドオートキャンプ場・福井 芝政ワールドオートキャンプ場・福井 まずは、「芝政ワールド」の入場ゲートで、スーパーパスポートを購入し、その後、右手にある三本のレンガの門が目印のキャンプ場エリアに入ります。
※夏休み期間は、入場=スーパーパスポートになります。
こちらの管理棟、入るとなんとな~く違和感有り。
キャンプ場の管理棟にあるとは思えない、大理石と思われる椅子とテーブルがズラリ。えらく豪華なんです。
「何故????」
ちなみに、その謎は、翌日に解けます。
芝政ワールドオートキャンプ場・福井 芝政ワールドオートキャンプ場・福井
芝政ワールドオートキャンプ場・福井 それはさておき、こちらには、特に夏場にはありがたいサービスがあります。
それが←この、「冷凍・冷蔵庫 利用無料」というもの。

スーパーの袋などに食材を入れて、マジックで名前を書いておくだけ。マジックまでおいて有ります。
ただ、その後は自己責任。こんなことは無いとは思いますが、無くなってもどうにもなりません。
写真を撮った時は、冷蔵庫もこんな感じでしたが、翌日、見た時には、庫内は満タン状態でした。
=14時前 設営=
真夏の8月、とにかく昼間は暑い!
早く設営を終えて、プールにザッバ~~ン!!と入りたい!みんなで協力して設営です。
芝政ワールドオートキャンプ場・福井 芝政ワールドオートキャンプ場・福井 芝政ワールドオートキャンプ場・福井
芝政ワールドオートキャンプ場・福井 多分、この後、何度も書くことになると思いますが、こちらのキャンプ場、とにかく芝がキレイなんです!
もしかして、名前の「芝政」は芝に関係ある??
気になったので、帰ってからWikipediaで見てみると、「芝政ワールド」の大元、母体となっている㈱芝政という会社は、芝生の販売や育成を行っている会社なんだそうです。やっぱり!!!と納得。
滞在中はサイト内を裸足で過ごしたくらい、キレイに手入れされたフカフカの気持ちの良い芝生でした。
さて、サイトレイアウトはいつもと変わらず、当然のことながら「ダイニング&キッチン外仕様」です。変化は、(また)一つ、新しいアイテムが増えたこと。
ロールにして収納できる、高さ44cmと少~し高い、スツール
(背もたれの無い椅子)です。もちろん、色は「赤」!でも、我が家の使用目的は、本来の「椅子」として、ではなく、「クーラーボックススタンド」として。というのも、ここのところ、スチベルをピルツ内に置いていたのですが、やっぱり外キッチンの時は、何かと不便。かといって直置きも抵抗があるので、、、というのが理由です。スチベルの赤と似たようなあずき色で、見た目もなかなかGOOD!でした。
芝政ワールドオートキャンプ場・福井 芝政ワールドオートキャンプ場・福井
芝政ワールドオートキャンプ場 芝政ワールドオートキャンプ場 =15時過ぎ プール・カリビアンラグーンへ=
なんとか設営も一段落したので、やっとお待ちかねの「プール」です!
歩いて行ければいう事ないのですが、かなり敷地が広いので、サイトからプールまでは徒歩で15分くらいは近くかかるそう。なので、殆どの方は車移動なんだとか。
プール自体はかなり充実しているらしいので、楽しみです♪
でもその前に、、、
子ども達をパパにお願いして、ママは先に施設撮影です。これがキツイ!!
みんなが気持ちよさそうにプールで遊んでいる横で、長袖ラッシュガードを身にまとい、水にも入らず汗だくで、撮影・・早く水に浸かりたい~~!と思いながら写真を撮っているのです。
プールはスライダーも充実。「カリビアンビーチ」という造波プールは、本当の海のようです。キレイな芝生スペースもたくさんあり、人気が高いというのも納得!
芝政ワールドオートキャンプ場 芝政ワールドオートキャンプ場
芝政ワールドオートキャンプ場 芝政ワールドオートキャンプ場 身長が110cm強の娘、スライダーは身長制限があるものが多く、まっすぐな滑り台がメイン。でも制限をクリアした息子は滑り放題。くるくる回るスライダーやチューブ型のスライダーは今年初体験の息子ですが、かなり楽しかったようです。幸い、平日の、しかも普通の人ならそろそろ帰り出すような15時過ぎに行ったもので、あまり並ぶことなく滑ることができました。とは言え、プールは17:00迄、厳密には16:45にはあがらないといけなかったので、実際に遊んだ時間は1時間半くらいでした。
ママ以外、プールからそのまま水着で帰ってきたので、シャワーです。もちろんプールにもシャワールームはあったのですが、1分100円だったのでやめました。
で、キャンプ場のシャワーはというと、管理棟の大理石応接セットに比べると、随分簡素な作り・・プレハブタイプのシャワーで、3分100円でした。ちなみにトイレも水洗で洋式と和式がありますが、同じようなプレハブタイプです。 芝政ワールドオートキャンプ場 芝政ワールドオートキャンプ場 芝政ワールドオートキャンプ場
芝政ワールドオートキャンプ場 芝政ワールドオートキャンプ場 ママはその間に夕飯の用意を。ふと見ると夕日がめちゃくちゃ大きくてキレイでした。
シャワーを終えた後、しばらくパパがいないな~と思っていたのですが、夕日の写真でも撮りに行ってるのか思っていたら、「めちゃ気持ち良いところあるからちょっと来て」と呼びに来ました。てくてく歩くこと1分弱。坂を上ったところにあらわれたのは、ビックリするほど広くてキレイな芝生広場!子どもでなくても、寝転んだり走り回ったりしたくなります。
こんなにきれいな芝生スペースは見たことがありません。
本当に広いのに、芝は見事に刈りそろえられています。
広場と言うよりゴルフコース、しかもかなり手入れの行き届いた、グレードの高いゴルフコースです。大声あげて走り回ったり、こけたり、ブリッジしたり?(笑)
思いがけず、楽しくて気持ちの良い時間を過ごすことができました。
芝政ワールドオートキャンプ場 芝政ワールドオートキャンプ場
芝政ワールドオートキャンプ場 芝政ワールドオートキャンプ場 =19時半 夕飯=
さて、初日の夕飯は、煮込みハンバーグです。多分、初日は夕飯準備の時間があまりないだろうな、と予想して、ハンバーグの種までは作って持ってきており、後は焼いて煮込むだけの状態。「お腹すいた!!」を連呼していた子ども達なので、あっという間に見事に完食。その後、「もう一回行きたい!」という息子
(ママも同感)の意見を尊重し、再度芝生広場へ。
そうそう、今回からもう一つ仲間入りしたのがありました。それがこの「ヘッドライト」です。ず~っと息子が欲しいと言っていた代物。ヘッドライトというと、自分が見たい方向が照らされ、両手が使えるというのが大きな特徴ですね。色んなメーカーからたくさんの種類が出ているのですが、我が家が選んだのは、ヘッドライトを発明した「ペツル」製で、遠近の照射が切り替え一つで出来、更に、遠近両方を照らすことが出来る「「ピクサ3」という商品です。単三電池というのが決め手でした。というのも、うちにある充電式の電池は単三なもので、、、
芝政ワールドオートキャンプ場 芝政ワールドオートキャンプ場
結局初日は、21時半過ぎに就寝

=7時前起床 朝食=
昨夜は、海風がよく通って寝苦しさはなく、快適に寝ることが出来ました。
芝政ワールドオートキャンプ 芝政ワールドオートキャンプ この日の朝はちょっとしたお楽しみがあり♪
普段はまず食べることが
(出来)無い、京都「グランマーブル」のデニッシュ。いつもは、何かのお礼に利用するばかりで、自分の家の分を頼んだりしないのですが、急に予定が変わって、お礼用が余ったので、キャンプに持ってきました♪やった~!(笑)
ちなみに、商品名は「高級デニッシュ」。そのまんまですね(笑)
焼かずにそのまま食べると、しっとりして、ほの甘くて、本当においしい!
約100円プラスになりますが、かなりしっかりした箱入りにしてもらうこともできるので、ちょっとしたお礼に、かなり重宝するんです。
だって、こんな箱に入った食パンなんて、そうそう見ることがないと思いますので、インパクト大!そういう意味では「お値段以上」の価値があるように見えます。
他にも、もっと小ぶりで、抹茶やショコラ、いちご等、いろんな種類のマーブルデニッシュや、ラスクのような焼き菓子もあるので、贈答用にピッタリかな。
興味のある方はこちらでご確認くださいね。
芝政ワールドオートキャンプ 芝政ワールドオートキャンプ
芝政ワールドオートキャンプ場 芝政ワールドオートキャンプ場 =夕飯準備=
今日も一日中遊びそうな予感。
ということで、朝のうちに夕飯準備です。
今回は子ども達に定番の「カレー」を作ってもらいます。
じゃがいも、にんじん、玉ねぎを二人で順番に切って、、、

お肉炒めて、野菜炒めて、ルー入れて、、
今回は、ダッチオーブンを持って行っていなかったので、野菜が柔らかくなるのに少し時間がかかりましたが、約1時間半で、なんとか形になりました。
後はご飯を炊いてサラダ作ればOK!
これで、夕飯ギリギリまで遊んでも大丈夫です。
芝政ワールドオートキャンプ場 芝政ワールドオートキャンプ場
芝政ワールドオートキャンプ 芝政ワールドオートキャンプ 芝政ワールドオートキャンプ =10時 遊園地へ=
この後は、子ども達お楽しみの遊園地へ!
平日とは言え、車はどんどん入ってきます。でも、午前中はやっぱりプールに行く方が殆どなので、遊園地はガラガラ。ちなみに遊園地のアトラクションは3.4個のみ。かなりこじんまりしています。
一通りアトラクションに乗った後、室内の「キッズエリア」に移動。
ここは3階建てで、メリーゴーランドやふわふわ、ごっこ遊びなどが全て無料で遊べるスペースです。
芝政ワールドオートキャンプ 芝政ワールドオートキャンプ 芝政ワールドオートキャンプ
芝政ワールドオートキャンプ 芝政ワールドオートキャンプ 夏限定、「世界のカブトクワガタふれあい」コーナー(有料)もありました。
息子はこれが楽しみだったようです。
ヘラクレスやアトラスなど、メジャーどころの海外のカブトムシはいるものの、規模的にはかなり小さく、あっという間に見終わります。
それでも、カブト、クワガタ好きな息子なので、30分くらいはここにいました。
その後、ゴーカートやアーチェリーなどあるエリアに移動。
ゴーカートも時間によってはかなり並ぶのですが、何せ、暑い暑い12時過ぎ。
殆ど誰もいません。なので、乗り放題です。
係の方のお話では、プールから上がってから遊びに来る人も多く、15時くらいから混み始めるんだとか。
芝政ワールドオートキャンプ 芝政ワールドオートキャンプ
芝政ワールドオートキャンプ 芝政ワールドオートキャンプ お昼も過ぎているし、どうしようか迷ったのですが、一旦戻ってお昼を食べて、またここに来る方が面倒くさいな~ということで、全部やっちゃいます。
ボートに乗って、最後は、「パークゴルフ」を。大きなボールなので、子どもでもやりやすいみたいです。他に、「パットゴルフ」もあるのですが、こちらは本物のパターとゴルフボールでする本格的なパターゴルフです。
にしても、やっぱり芝生が最高にキレイ!とても遊園地にあるパターゴルフ
(パークゴルフ)とは思えません。
18ホールですが、半分くらいでやめようか、と言って始めたものの、やっているうちに面白くなり、結局18ホール全部回りました。暑かったのですが、芝生もキレイだったので、とても気持ち良くプレーできました。所用時間はちょうど1時間、終った時には14:45でした。
 ■「遊園地エリア」詳細は▶▶▶こちら

サイトに戻って、カップ麺でお昼ご飯です。しかも大急ぎ。
芝政ワールドオートキャンプ 芝政ワールドオートキャンプ
芝政ワールドオートキャンプ 芝政ワールドオートキャンプ 食後はまたプールへ。
行った時間は昨日より更に遅く、
15:45・・1時間しかありません。((+_+))
この日は、何度か滑り台を滑った後、昨日行かなかった、造波プールに行って、ビーチボールで遊びました。短い時間でしたが、満喫できたようです。
 ■プール「カリビアンラグーン」詳細は▶▶▶こちら
昨日と同じで、プールから帰ってきたら、そのままシャワー。
何せ夕飯の用意はできているようなものなので、今日も芝生広場へお散歩。
昨日とは逆のところにも芝生があるようなので、そちらに行ってみます。
海もよく見えて、やっぱり気持ちが良い!
芝政ワールドオートキャンプ 芝政ワールドオートキャンプ
芝政ワールドオートキャンプ 芝政ワールドオートキャンプ 芝政ワールドオートキャンプ 昨日の場所よりも開けた感じがあるというのか、海がよく見える場所でした。
昨日に続き夕日が見えるかと期待したのですが、あいにく雲が多く、どんどんお日様が沈んで行きます。
でも、最後にミラクル!一瞬雲が途切れ、大きな太陽が見えました♪

帰り際、草むらの奥で偶然見つけた白い看板。
「松島NO.2 PAR-5」と書いてあります。「!!!」これで、すべての謎が解けました!
管理棟の待合室が、キャンプ場とは思えない程豪華だったこと、まるでゴルフコースのフェアウェイのように広くて長く、キレイな芝生スペース。
芝政ワールドオートキャンプ 芝政ワールドオートキャンプ
ここはもともと、ゴルフ場だったのです。
キャンプ場の施設の為に、わざわざこの広大な芝生スペースを作ったの?何のために?とずっと感じていた疑問も、元がゴルフ場とわかれば、納得です。
フェアウェイだったキレイな芝生をそのまま手入れされているんですね。あ~スッキリ!
芝政ワールドオートキャンプ 芝政ワールドオートキャンプ 芝政ワールドオートキャンプ =19:30 夕飯・就寝=
ご飯を炊いて、サラダ作って、子ども達の作ってくれたカレーをいただき、最終日の夜は早々に就寝です。
=6時過ぎ 起床・朝食=
真夏でしたが、ここは風通しがよく、二日間とも少し厚手のペンドルトンのバスタオルがちょうどでした。普通のタオルケットでは明け方肌寒かったかも、、
最終日は早めに起床。
7時朝食です。
芝政ワールドオートキャンプ 芝政ワールドオートキャンプ
芝政ワールドオートキャンプ 芝政ワールドオートキャンプ 日が高くならないうちに撤収したいので、みんなでせっせと撤収作業です。
朝もまだ早い時間でしたが、やっぱり暑い!汗だくです。
それでもなんとか、予定通り9時過ぎ撤収完了、
9時半チェックアウトです。
その後、車で約1時間のところにある、「福井県立恐竜博物館」に行き、子ども達へのサプライズで、「ホテルハーヴェストスキージャム勝山」で2泊、と、total4泊の楽しい楽しい夏休みキャンプとなりました。
 ■「福井県恐竜博物館」詳細は▶▶▶こちら
 ■「ホテルハーヴェストスキージャム勝山」詳細は▶▶▶こちら
芝政ワールドオートキャンプ 芝政ワールドオートキャンプ
さて、長くなりましたが、最後にキャンプ場の感想です。
キャンプ場の施設としては、至ってシンプルです、
お風呂は無く、シャワーやトイレは、プレハブタイプで、流し台も、管理棟近くの一か所を除いては、長時間の洗いものには、腰が痛くなるくらいかなり低い位置にあります。
ただ、遊園地やプールに行くのに、こちらを利用される方が殆どだと思いますし、サイトの芝の質の良さや、景色、芝生広場の気持ち良さで、十分カバーできると思います。
しいて言えば、コインランドリーが無かったことが残念でした。
特に夏には我が家のように連泊するお客さんがいそうなので、それくらいはあってほしいな~というのが正直な感想です。

     ▶▶▶vol.66




キャンプ場日記一覧へ

Copyright(C) since 2008 関西子どもとお出かけ遊び場情報 All Rights Reserved.