関西子どもとおでかけ遊び場情報ーキャンプリゾート森のひとときー
森のひととき・キャンプリゾート-オートキャンプはもちろんのこと、コテージやデッキサイトなどの施設も充実している兵庫県丹波市、キャンプリゾート森のひとときの紹介です。

HOME
> キャンプ場編 index > キャンプ日記index  
キャンプ日記 vol.63
2013年6月1日(土)~2日(日)
前回キャンプからちょうど1週間。前回は本当に気持ちの良い気候だったのですが、その2日後、まさかの梅雨入り。。
この日ならまだ大丈夫だろうと前もって予約していた今回のキャンプは、曇天&雨の予報・・え~~、なんで~~~・・・・・

さて、今回は、4度目(ママ&娘は3度目)、ちょうど1年ぶりの「
キャンプリゾート森のひとときです。
行った回数を見てもわかる通り、こちらはハイマート佐仲同様、ホームのキャンプ場で、家からも70kmちょい、1時間ちょいという近距離です。
チェックインも13時なので、その前に、神戸三田のアウトレットに寄ってから向かいます。

=13時半 チェックイン=
何度も来ている場所なので、チェックイン手続きも早々に、サイトに向かいます。
実はこの4月にサイトの改修工事が完了し、以前あった段差がフラットになっているとのことだったので、どんな感じが楽しみだったのです。
場所的に山の斜面にあるサイトなので、一面全体をフラットにすることが無理なので、イメージとしては、段々畑のように、区画ごとに全体がフラットになっているのかな、と思っていたのですが、そういうわけでもなく、まだ段差が残っている場所もあり、フラットな面積が大きくなった、という感じ。
キャンプリゾート森のひととき キャンプリゾート森のひととき
キャンプリゾート森のひととき キャンプリゾート森のひととき 我が家は、山側の大きい方のサイト(Type-A)です。
初回もこのあたりのサイトだったのですが、確かに、フラット部分が以前より多くなって、張りやすくなっていました。更に、芝生も増えてます。
心配していたお天気もなんとか大丈夫そうで、一安心。

さて、早々に設営しましょう。
この日は、15時~子ども達がめちゃくちゃ楽しみにしていた新しいイベント「水鉄砲バトル」があったのですが、ふと気づくと、15時!!
大慌てで子ども達を連れ、管理棟裏の芝生広場に行ってみたのですが、既に始まっている様子。それを見た子ども達、、一気にテンションダウン・・・
まだ始まったばっかりだから行っておいで、と何度促しても「もういい。」と言って、行こうとしません。
確かに、誰でも「出来上がった輪の中に入る」のって難しいもの。
結局、その後、参加することなく、ずっと横で座って見てました。
幸い、明日の朝もあるそうなので、それでもいいかな。
キャンプリゾート森のひととき キャンプリゾート森のひととき
キャンプリゾート森のひととき キャンプリゾート森のひととき 水鉄砲バトルの後は、横の川で「アマゴのつかみ捕り」もありました。
ここのつかみ獲りのうれしいところは、捕った後、その場でちゃんと食べられる状態までやってくれること。他でもこの手のつかみ捕りイベントはありますが、串はもらえたりするものの、とりあえず捕まえて、後は各自調理が基本。でも、ここは串で刺して、塩をつけ炭で焼くところまでやってくれるので、後はおいしくいただくだけ。BBQの網や炭火、塩が無くても大丈夫なんです。日曜の午前中にこのイベントがあるのも納得。
我が家の子ども達はこれも見てるだけ、で帰ってきました。

さて、サイトに戻ると、ここに来た時恒例の「ゲスト」が到着していました。
ママの方のおじいちゃん、おばあちゃん、中学生のいとこ君です。
久しぶりの再会に、子ども達(特に娘)は大喜び。
息子が、娘の隣に座ろうとすると、「お兄ちゃん、
せっかくだからおばあちゃんの隣に座ったら。」なんて、小学一年生とは思えない言い回しで、皆を笑わせたり、、
キャンプリゾート森のひととき
キャンプリゾート森のひととき キャンプリゾート森のひととき その後、子ども達3人で、広場へ。
中学1年のいとこは小学生の時から野球をしていたのですが、この春から入った中学でももちろん野球部に。
せっかくだから現役野球部にキャッチボールの相手してもらったら?
ということで、今日は息子vsいとこでキャッチボールです。
さすが、ちゃんと手加減したり、調整したり、良いところに投げてくれます。
=17時 お風呂=
おじいちゃん達には少しサイトでゆっくりして待ってもらって、お風呂へ。
夕飯後のお楽しみの為に、先にお風呂は入っておかないと!
時間も早いので貸切でした♪
そうそう、一つ変わっていたこと。洗濯機が無料じゃなくなってました(^^;
キャンプリゾート森のひととき キャンプリゾート森のひととき
キャンプリゾート森のひととき キャンプリゾート森のひととき =18時 夕飯=
お風呂からあがったらみんなで夕飯です。
今日は久しぶりのBBQ。しかもゲストもいるのでいつもの倍のお肉です!
お刺身とおばあちゃんお手製「豆ごはん」の差し入れ。
肉嫌いの息子用に焼きそばをしようと予定していたのですが、ちょうど良かった。焼きそばは無しにして、息子にはおにぎりとウィンナーあたりを食べてもらいましょう。
いつもは食べる側のパパですが、今日は焼く側。
ゲスト優先で、お肉やら野菜やらを焼いて、「もうお腹いっぱい!!」というくらいまで食べてもらってから、いただきます。いやいや、しかし今日は食べた食べた!さすがにおじいちゃん達も年なのでそう「肉」ばっかり食べるわけではなく、子ども達もそんなに。ということで、いつも以上にパパやママの口にたくさんのお肉が入りました。みんなちょうど良いくらいにお腹も膨れて野菜もお肉もキレイになくなりました。良かった良かった。、
キャンプリゾート森のひととき キャンプリゾート森のひととき
キャンプリゾート森のひととき キャンプリゾート森のひととき そろそろ暗くなってきたので、ランタン点火。
この日は、多分、初めてランタンを見たであろう、いとこのお兄ちゃんがランタン点火に挑戦。パパからレクチャーを受け、そつなくこなします。さすが中学生ともなると、飲みこみが早いです。
=19時半 キャンプファイヤー=
洗い物を済ませ、一息つく間もなく、
お待ちかねの「キャンプファイヤー」が始まりました。子ども達だけでなく、ママ達大人もこれが楽しみだったんです!
前回、大笑い、大はしゃぎ、大盛り上がりだったキャンプファイヤー。
今回もエンターテイナー「さかもっちゃん」の登場です。
キャンプリゾート森のひととき キャンプリゾート森のひととき
前回の内容+新しいのも入って、今回も大人も子供も大盛り上がり!
お風呂に入ったというのに、汗が出るほどよく動きました。
翌日、二の腕が筋肉痛。どうしだろう?と考えてみると、思い当たる節はこれしかありません。それくらい動きました。あ~楽しかった~。
最後は穏やかに歌を歌って終わるんですが、次がラストです、と聞くと、娘「え~~もう終わり~~」とブーブー。
でも、幼稚園の時からのかわいい歌い方、「大きな口を開けて、大きな声で」、一緒に歌って、楽しいキャンプファイヤーは終了です。
ちょうど終わるくらいに雨がポツポツしてきたのですが、なんとか最後まで持ってくれ、20時半、無事お開きとなりました。
キャンプリゾート森のひととき 我が家含め、みなさんがゾロゾロと帰って行く中、さかもっちゃんはギター片手に、BGMのように歌っているんですが、それにつられ、さかもっちゃんファンの娘が「もっと聞きたい!」と戻って行きました。
ママも好きな曲だったので、一緒に戻ると、さすがに残っている人は殆どおらず、我が家だけ。
しばし、トークタイムです。
実は、さかもっちゃん、うちのサイトをご存じで、ここの記事だけでなく、他のキャンプ場の記事まで見て下さっているそう。これにはビックリ!(#^.^#) 研究熱心なさかもっちゃんでした。また楽しい企画、考えて盛り上げてくださいね~。
(あれ?おばあちゃん達は?⇒遅くなるので、20時過ぎに帰ってしまいました。でもたぶん明日も来てくれるかな?)
さて、時間は21時過ぎ。そろそろ就寝なんですが、、ここにきてnewアイテム「サーマレストZライトソル」登場!
簡単に言うと、パタパタと折り畳みができるマットです。
寝心地はというと、やっぱりインフレータブルマットに比べると劣りますが、十分寝られます。それに何より、アコーデオンのような感じなので、設置は広げるだけ、片づけは畳むだけ。いつものように空気を入れて膨らましたり、抜いて丸めて畳んだりという手間がありません。特に一泊の場合はかなり便利です!
ただ、息子はいつも、うつ伏せで寝るのですが、表面が凸凹しているので、顔が痛いらしく、下にタオルを敷いて寝ることに。他は特に問題なく、朝までぐっすり寝ることができました。
キャンプリゾート森のひととき キャンプリゾート森のひととき
キャンプリゾート森のひととき 森のひととき・キャンプリゾート =7時 起床=
明け方は雨が結構降っていましたが、一応朝にはやんでいました。
ママが朝ごはんの用意をしている間、パパと子ども達は散歩に。
しばらくして息子だけ先に帰ってきたので、「パパたちは?」と聞くと、「展望台に行った。」と。展望台があるなんて知らなかったので、へ~という感じで聞いていたのですが、「1.25km」もあると聞き、「え!?そんなに」とビックリ。
で、なんで息子だけ帰ってきたのかというと、山道なので、昨日アウトレットで買ったばかりの靴が汚れるのが嫌だから、という理由でした。なるほど。
その頃、娘とパパは、朝食前の散歩にしては過酷な「登山」に近い「ハイキング」をしていたそうです。
確かに、写真で見ても、なかなかすごい。
キャンプリゾート森のひととき キャンプリゾート森のひととき
キャンプリゾート森のひととき 森のひととき・キャンプリゾート 1.25kmと言っても、平坦な道じゃないので、かなりキツイですよね。
やっとの思いで展望台に着いた時には、出発から30分以上経過していたそう。
しかも、展望台で景色を見ようと思ったら、大きな蜂が何匹もブンブン!
とりあえず、パパだけ行って、景色を見るまでもなく、写真だけパシャッと撮って引き返したんだとか。苦労して上ったというのになんたる結末!
あまりに帰ってくるのが遅いので、息子に様子見てきて、とお願い。
一人、パパたちを迎えに行ってくれました。
結構な距離を戻って行ってくれたみたい。しかも道中走って。
結局、みんな揃ってサイトに戻ってきたのは、散歩に出てから1時間後。
朝ごはんの用意も出来、いつでも食べられる状態になったと同時に帰ってきました。
キャンプリゾート森のひととき 森のひととき・キャンプリゾート
キャンプリゾート森のひととき 森のひととき・キャンプリゾート 森のひととき・キャンプリゾート =9時 朝食=
パパはほとほと疲れ果て、朝食を食べる気力もないくらい。ほんとお疲れ様でした。
娘がねぎらいの「肩もみ」サービスです。
さ、早くご飯食べ終らないと、イベント始まるよ!
=9時半 水鉄砲バトル=
昨日、出遅れて出来なかった水鉄砲バトル!
今日こそは参加です。今日は昨日より人数が多いみたい。
水鉄砲の前に、まずは手拭いを後ろにつけた「しっぽ取り」バトルから。
娘もすばしっこく動き回りますが、前も後ろも気を付けないといけないので、なかなか難しく、あっという間に取られてしまいました。
森のひととき・キャンプリゾート 森のひととき・キャンプリゾート
森のひととき・キャンプリゾート 森のひととき・キャンプリゾート しっぽ取りを二回戦ほどしてから、いよいよお待ちかねの水鉄砲バトルです。
頭に金魚すくいで使う「ポイ」を装着し、破れないように気を付けながら水鉄砲でバトルします。何があっても「泣かない」がお約束。
濡れてる子はびしょびしょだし、まったく濡れない子もいる。
息子は殆ど濡れてないけど、娘は見事にびしょ濡れ。
頭につけた「ポイ」はと言うと、息子は二回ともほぼ無傷。
娘は二回とも、紙の跡形もないくらい、見事に無くなってました。
でもこれ、ほんっと楽しそうでした。
この日はお天気も良くなく、濡れた娘は「寒い~~」と言っていましたが、暑い夏には最高ですね!濡れてもすぐ乾くし、気持ち良いくらいだと思います。
たっぷり1時間楽しんできました。
森のひととき・キャンプリゾート 森のひととき・キャンプリゾート
森のひととき・キャンプリゾート 森のひととき・キャンプリゾート =10時半 川遊び=
サイトに戻り、着替えた後は、子ども達だけで川遊び。
ママ達は撤収作業です。
11時チェックアウトですが、レイトアウトをつけて13時まで。
お昼前になって、おじいちゃん達がまたまた来てくれました。
今回も、
お昼ご飯の差し入れを持って。
毎度毎度、ありがとうございます。
時間通りアウトされる方が殆どで、11時を過ぎると、場内もスッキリ。
でも、この方々、きっちり乾燥撤収できて良かったですね。
というのも、この後、雨に降られ、テントもタープも結構濡れてしまったのです。
森のひととき・キャンプリゾート 森のひととき・キャンプリゾート
森のひととき・キャンプリゾート 森のひととき・キャンプリゾート お昼を食べて、様子を見たのですが、その間も降ったりやんだりで落ち着くことが無く、13時前、仕方なし、濡れた状態で畳むことにしました。
(濡らすと帰ってからが大変なんですよねぇ・・涙)


最後に、入口でおばあちゃん達と記念写真を撮って、今回の楽しいキャンプは終了です。

さて、最後に感想です。
施設については、過去の記事を参考にしていただくとして、今回は以前から変わった点について、コメントします。
まず、本文中でも何度か触れていますが、オートサイトの段差が随分なくなりました。
全面フラットとまではいきませんが、平らな部分が広くなったことは確かで、広い方のサイトは、比較的楽にテント・タープが張れるようになりました。
又、管理棟近くに「レイクコテージ」が5棟新設されました。
後、デッキハウスにはミニ冷蔵庫が設置、バンガローには1棟に1台づつ台車があるようになったそうです。
遊び面では、夏用のイベント「水鉄砲バトル」も新たに追加。人数が多い週末には楽しく遊べると思います。
   ▶▶▶vol.64

 スポンサードリンク


キャンプ場日記一覧へ

Copyright(C) since 2008 関西子どもとお出かけ遊び場情報 All Rights Reserved.