関西子どもとおでかけ遊び場情報ーNEOキャンピングパーク・岐阜・オートキャンプ場ー
NEOキャンピングパーク・関西子どもとおでかけ遊び場情報・岐阜県にあるキャンプ場、NEOキャンピングパークの紹介です。

HOME
> キャンプ場編 index > キャンプ日記index  
キャンプ日記 vol.60  
2013年4月27日(土)~29日(月)
GW前半、三連休のキャンプは、初の岐阜県「NEOキャンピングパーク」。我が家からは約220kmの道のりです。
距離的には思ったほど遠くないのですが、何せ、地道が長い!高速降りてから、約60kmも地道なのです。
この日はGWということもあって、途中、渋滞も少し。
出発から
約2時間半後の11時半、キャンプ場まで後約30kmというところにある、道の駅「織部の里もとす」で休憩です。
ちなみに、ここに来るまでの道中にもう一軒道の駅があったのですが、こちらの方が規模が大きい感じでした。
NEOキャンピングパーク・オートキャンプ・コテージ NEOキャンピングパーク・オートキャンプ・コテージ 新鮮な野菜や果物もたくさん並んでいて、しかも安い。
ちなみに薪は350円!後で、キャンプ場で見ましたが500円でした。
キャンプ場に行く前に立ち寄って野菜や薪を買うのも有りですね。
お昼も近いので、ここで食べて行きます。
特にこれといって、名物の食べ物はなさそうなので、オーソドックスに「ざるうどん」を注文。思いのほかボリュームもあって、おしいしかったです。
 ※「道の駅織部の里もとす」詳細は▶▶▶こちら
=13時 到着=
道の駅を出て約1時間後の13時、キャンプ場に到着です。
センターハウスでチェックイン後、サイトに移動。
この日は、満員御礼状態。既に、サイトにはたくさんのテントが並んでいます。
我が家も早々に設営しますか!
NEOキャンピングパーク・オートキャンプ・コテージ NEOキャンピングパーク・オートキャンプ・コテージ
さて、今回から、ドイツ生まれのアウトドアブランド、「TATONKA」のnewタープ登場です!
この幕、コットンとポリエステルの混合で、肌触りも良く、軽いんです。
又、ポールやロープを通せる穴(ハトメ)が全部で16ヶ所もついているので、色んな張り方ができるのも楽しみの一つ。
とりあえず、今回はMSRの赤ポールを2本購入して、オーソドックスに三角屋根のような感じでたてることに。
NEOキャンピングパーク・オートキャンプ・コテージ でも、何せ、初めてなので、どのくらいのスペースが必要なのか把握できず、向きを変えたり、あーでもない、こーでもない、と、結構時間がかかりました(苦笑)
おまけに、雨もポツポツ、風も時々ビュービューと・・
結局、設営が全部終了し、←の状態になったのは、
15時過ぎ
さて、子ども達はというと、、
持ってきている、車輪もの=ローラーブレイドやキックボード、ブレイブボードで遊びます。
キャンプ場の通路はアスファルトで、坂もあったりして、子ども達の絶好の遊び場でもあり、我が家のみならず、たくさんのお子さんが、この類のもので遊んでいました。
NEOキャンピングパーク・オートキャンプ・コテージ NEOキャンピングパーク・オートキャンプ・コテージ NEOキャンピングパーク・オートキャンプ・コテージ
NEOキャンピングパーク・オートキャンプ・コテージ NEOキャンピングパーク・オートキャンプ・コテージ NEOキャンピングパーク・オートキャンプ・コテージ しばらく遊んだあと、夕飯の用意のお手伝い。
今日は、子ども達の大好きな、我が家定番でもある「手巻き寿司」。
自分達の好きな具、きゅうり、ソーセージを切ります。時々、つまみ食いなんかしちゃったりして、、(笑)
夕飯までまだ時間があるので、子ども達との遊びタイム。
息子と二人で、全く続かないバトミントン
(^^;)
ママ、この連休中にブレイブボードマスターするわ!と意気込み、子ども達に手を持ってもらって、初挑戦のブレイブボード。
既に乗れてる子ども達+パパに「なんで乗れないの~?」と笑われながら、黙々と練習しておりました。
NEOキャンピングパーク・オートキャンプ・コテージ NEOキャンピングパーク・オートキャンプ・コテージ NEOキャンピングパーク・オートキャンプ・コテージ NEOキャンピングパーク・オートキャンプ・コテージ
NEOキャンピングパーク・オートキャンプ・コテージ NEOキャンピングパーク・オートキャンプ・コテージ =18時半 夕飯=
ちょっと肌寒くはあったのですが、まだ明るいうちだったので、この日は外で夕飯です。
手巻きの時は、次から次へと手が伸びるので、ママは大忙し、、
写真を撮る余裕もありませんでした。

で、夕飯後は、お風呂です。こちらはお風呂がセンターハウスにあり、しかも無料なんです。うれしいですね。
でも!!この日のお風呂はすごかった!!満員なので、ある程度は覚悟していたのですが、ドアを開けてビックリ!
ものすごい数の靴が所狭しと並んでいます。(厳密には「転がっています。」)
で、脱衣所を見て、またビックリ!!そう広くない脱衣所には人が溢れ、どうにかこうにか入ったお風呂も、人がいっぱい!こんな状態のお風呂は初めてでした(>o<)。因みに男風呂はもっとすごかったらしく、湯船につかるスペースも無かったそうです。連休など、人の多い時期は、入る時間を考えないといけませんね。
NEOキャンピングパーク・オートキャンプ・コテージ
NEOキャンピングパーク・オートキャンプ・コテージ NEOキャンピングパーク・オートキャンプ・コテージ =20時半 就寝=
夜は結構冷えました。
お風呂で温まった後は、早々にシュラフにin!就寝です。
平日は遅寝早起きな毎日なので、キャンプの時にたっぷり睡眠補給!
ホットカーペットをしないようになってから、寒い日は、インフレータブルマットを並べた上にペンドルトンの毛布を敷いた状態で、シュラフで寝ているのですが、これが予想以上に暖かい!たった一枚敷くだけで変わるものですね(^o^)
=2日目 7時過ぎ 起床=
この日は朝から良いお天気♪
特にキャンプ場から出る予定もないので、気持ちもゆったりです。
子ども達はセンターハウスが開く8時になるのを待って、自転車のレンタルをしてきました。息子は変わった形のスクーター?、娘はそれだと足が届かないので普通の自転車を。1時間300円ですが、1日だと1,000円なので、1日レンタルに。
NEOキャンピングパーク・オートキャンプ・コテージ NEOキャンピングパーク・オートキャンプ・コテージ
NEOキャンピングパーク・オートキャンプ・コテージ NEOキャンピングパーク・オートキャンプ・コテージ NEOキャンピングパーク・オートキャンプ・コテージ =8時半 朝食・場内散歩=
外で気持ちよく朝食を食べた後は、場内を一通り散策に。
場内はA~Fまで57のサイトがあります。
遊び面で言うと、センターハウスではクラフト製作、広場横の釣り堀では魚釣りもできます。そして、キャンプ場横に流れる川は、浅瀬で流れも緩く、夏は水遊びに最適♪景色も良くとっても気持ち良いです。
サイトに戻り、フリータイム。
息子はパパとキャッチボール、娘は自転車でグルグル、ママは洗濯、、
その後、昨日から息子が「魚釣りがしたい!」と、あまりにも頻繁に言うので、釣り堀へ。
NEOキャンピングパーク・オートキャンプ・コテージ NEOキャンピングパーク・オートキャンプ・コテージ NEOキャンピングパーク・オートキャンプ・コテージ
NEOキャンピングパーク・オートキャンプ・コテージ NEOキャンピングパーク・オートキャンプ・コテージ =12時前 魚釣り=
センターハウスで釣りセットを一式レンタルし、芝生広場横の釣り堀で魚釣りです。
本当にたくさんの魚が泳いでいるので、簡単に釣れるだろうという予想通り、ほんとに簡単に釣れちゃいます。これは楽しいだろう、と思うのですが、何せ「キャッチ&イート」、釣った魚は全て買い取りなので、そんなにバンバン釣られても困るわけで、、
とりあえず、人数分の4匹釣った時点で、終了~!あっという間でした。
釣れたのはニジマスだそう。
とりあえず、流し台で洗って、塩をふりふり、割り箸で口からブスッ!と。
ちなみに、朝、売店に行った時は、いくつかあった「食卓塩」ですが、夕方には「売り切れ」でした。魚釣り以外にも、日によってはつかみ取りもあるようなので、塩は持って行っておいた方がいいですよ。
NEOキャンピングパーク・オートキャンプ・コテージ NEOキャンピングパーク・オートキャンプ・コテージ
NEOキャンピングパーク・オートキャンプ・コテージ NEOキャンピングパーク・オートキャンプ・コテージ =13時半過ぎ お昼ご飯=
遅くなりましたが、お昼です。この日のお昼は、そうめん。
この頃には、気温も暑いくらいになっていたので、そうめんを食べるにはちょうど良く、久しぶりにスルスルっと、おいしかったです♪
そうめんが似合う季節になってきたな~って感じ。
お昼ご飯の後は、ママ、久しぶりのパン作り
寒い時期はなかなか発酵してくれないので、作っていませんでしたが、そろそろ暖かくなってきたので大丈夫かな。
いつものように、手で生地を捏ね捏ね、丸めてラップをして発酵させます。
NEOキャンピングパーク・オートキャンプ・コテージ NEOキャンピングパーク・オートキャンプ・コテージ
NEOキャンピングパーク・オートキャンプ・コテージ NEOキャンピングパーク・オートキャンプ・コテージ その間に、チャコスタで炭を熾し、先ほど釣ってきた魚を焼き焼き。
網を持ってきていないので、どうやって焼こう?と色々考えた結果、チャコスタの上に、ダッチオーブンの底網を置いたらいけるかも!とやってみたところ、、、
残念!炭の火が強すぎて、生焼けなのに、表面焦げ焦げ!(>o<)
真っ黒になってしまう前に、焼き方変更です。
ダッチオーブンでパンを焼いている横の炭(熱)で焼き上げることにしました。
約40分かけてやっとこさ食べれそうな状態になったので、青空、緑の山をバックにガブリっ!
お味はもちろん、good!
パンも少し焦げちゃいましたが、焼きあがり~♪
NEOキャンピングパーク・オートキャンプ・コテージ NEOキャンピングパーク・オートキャンプ・コテージ NEOキャンピングパーク・オートキャンプ・コテージ
NEOキャンピングパーク・オートキャンプ・コテージ NEOキャンピングパーク・オートキャンプ・コテージ =16時 クラフト=
センターハウスでは、殆どの週末に、色々な工作が出来ます。
多い時は、朝、昼、夜でメニューが違ったり、、
色々作りたいのは山々ですが、とりあえず、これだけは外せない、と息子が心に決めていたのが、「まがたま作り」。珍しいですよね。
勾玉の元になる「かっせき」をやすりで削り、形にするんだそうです。
息子は、これぞ勾玉!という形を選び、ママは娘用にピンクのハート型を選び、製作にとりかかります。その間、娘はというと、好きな形の木にマーカーで色塗り&お絵かきし、それをLEDライトにくっつける、LEDライトキーホルダーなるものを製作。
息子は黙々とひたすら削り続け、開始から1時間後、一人で全部作り終えました。
NEOキャンピングパーク・オートキャンプ・コテージ NEOキャンピングパーク・オートキャンプ・コテージ
NEOキャンピングパーク・オートキャンプ・コテージ =17時過ぎ 夕飯=
クラフトから戻ると、少し早いですが、夕飯です。
この日の夕飯は、先ほど焼いたパンと、ビーフシチュー風にハヤシライスのルーを、、
ん?でもなんで、シチューじゃなくてハヤシライスのルー??
それはですね、パンを焼く余裕が無かったらご飯にしようと思っていたから!
でも、結局は焼けたので、パンをルーにちょんちょんつけながら食べました。
=18時 家族風呂=
家族風呂の予約が18時しか取れなかったので、慌ただしく先に夕飯にしたわけですが、昨日のお風呂を考えると、そんな文句も言ってられません。
ちなみに家族風呂は1人300円で、一か所のみ、GWやお盆等の人が多い時には、チェックインの時に予約を取っておかないと入れない可能性大です。
とは言え、男女別の無料のお風呂はあるので、人が多くなければ家族風呂にすることもないと思うんですけどね。
シャワーは2ヵ所、湯船も十分な広さがあって、気持ち良かったです♪
NEOキャンピングパーク・オートキャンプ・コテージ NEOキャンピングパーク・オートキャンプ・コテージ
NEOキャンピングパーク・オートキャンプ・コテージ NEOキャンピングパーク・オートキャンプ・コテージ NEOキャンピングパーク・オートキャンプ・コテージ 夕飯を終えて、お風呂からあがってもまだ時間は19時。
暖かくして、外でまったりしてから、明日は早いので全員
21時前には就寝です。
=最終日6時半 起床=
最終日は6時半起床。
冬キャンプの間は特に、アウトが予定より遅めでも大丈夫だったりするので、そう時間に迫られることは無かったのですが、こちらは11時out。しかもGWなので、道が渋滞するのも嫌だし、予定通りに出たいところ。早々に朝食を済ませ撤収準備にとりかかります。
NEOキャンピングパーク・オートキャンプ・コテージ NEOキャンピングパーク・オートキャンプ・コテージ
NEOキャンピングパーク・オートキャンプ・コテージ NEOキャンピングパーク・オートキャンプ・コテージ NEOキャンピングパーク・オートキャンプ・コテージ 芝生サイトは気持ちが良いのですが、その分、晴れでもテントが露で濡れてしまうんですよね。
幸いお天気も良く、カラッと乾燥撤収ができそうです。
みんなで協力して、片づけたおかげで、10時半にはタープと椅子だけの状態にできました。チェックアウトまで、ほんのちょっとですが休憩タイムです。
子ども達はまたしても「アルプス一万尺」。サイト中に響き渡るほどの大きな歌声で大盛り上がりでした。
NEOキャンピングパーク・オートキャンプ・コテージ NEOキャンピングパーク・オートキャンプ・コテージ NEOキャンピングパーク・オートキャンプ・コテージ
ということで、そろそろ時間となりました。予定通り11時、チェックアウトです。
帰りは、IC手前にあるマックでお昼を食べ、その後はパパの運転でノンストップ。
早く出たおかげで、途中渋滞につかまることもなく、total3時間弱と、スムーズに家に到着することができました。

さて、全体の感想です。
とても人気のあるキャンプ場ということもあり、設備も、遊び面も充実しており、特にファミリー向けオートキャンプにはピッタリ!
場内の道路はアスファルトで、とてもキレイに整備されたAC電源付の高規格サイトです。
サイトは、隣との境が植え込みなどで仕切られてはいませんが、平均120㎡とかなりゆったりしていますので、それほど気になりません。
流し台は無く、共同の炊事場(二ケ所有・うち一ケ所は小規模)になるのですが、キャンプ場自体が広いので、サイトの場所によっては、少し遠く感じます。
お風呂は、センターハウスに有り、無料で入ることができます。
ただ、本当に混んでいる時期は、有料の家族風呂を予約して利用しても良いかと思います。
我が家は、初日に無料のお風呂、二日目は家族風呂に入りました。
行った日がGWで満員だったこともあり、無料のお風呂は人がいっぱいで、入った気がしない程。有料でも家族風呂の方が良かったです。
混雑時にゆっくり入りたければ、チェックインの時に家族風呂を予約しておいた方が良いと思います。

遊び面では、キックボード、ローラーブレード、ブレイブボード等、車輪ものがあれば持って行った方が楽しいと思います。
芝生広場にはちょっとした遊具やバスケットゴールもありました。又、週末は色々なクラフト製作ができますし、魚釣りやつかみ取り、夏には川遊びもできます。
残念ながら時期的に、まだ川遊びはできませんでしたが、なんだかんだと遊ぶものがあり、まだ遊び足りないくらい楽しいキャンプ場でした。
  ▶▶▶vol.61





キャンプ場日記一覧へ

Copyright(C) since 2008 関西子どもとお出かけ遊び場情報 All Rights Reserved.