関西子どもとおでかけ遊び場情報ーグリーンパーク山東・オートキャンプ場ー
グリーンパーク山東・滋賀県米原市、大きな運動施設の中にあるキャンプ場「グリーンパーク山東」の紹介です。

HOME > キャンプ場編 index > キャンプ日記index  
キャンプ日記 vol.57  
2013年3月9日(土)~3月10(日)
今回も前回のキャンプからちょうど1ヵ月。行き先は滋賀県にある「
グリーンパーク山東」です。
グリーンパーク山東・オートキャンプ・コテージ グリーンパーク山東・オートキャンプ・コテージ 比較的近場なのと、inが14時と遅めなので、出発も11時半頃と少し遅め。

途中、「多賀SA」に立ち寄り、お昼休憩です。
多賀SAは初めて寄ったのですが、食事施設は、フードコート、レストランが2軒と、中くらいの規模と言ったところ。スタバがあるのは、大人はうれしいかもしれませんね。

フードコートで、ラーメン定食、牛しぐれ定食、お子様ランチを頼み、お腹いっぱいになったところで、キャンプ場へと移動です。
定食は結構ボリュームがありました。
グリーンパーク山東・オートキャンプ・コテージ グリーンパーク山東・オートキャンプ・コテージ
※多賀SA詳細は▶▶▶こちら
グリーンパーク山東・オートキャンプ・コテージ グリーンパーク山東・オートキャンプ・コテージ グリーンパーク山東・オートキャンプ・コテージ キャンプ場最寄りの「米原IC」からは約10km。
予定通り、ちょうど
14時に到着です。
キャンプ場の管理棟は無く、「ゴルフ場の受付」でキャンプの受付が行われます。こちらが受付している時も、ゴルフバッグを担いだ方が次々と来られていて、なんだか不思議な感じでした。
キャンプサイトは、フリーサイト、区画サイトがあり、さらに区画サイトは大中小の3つがあるようなので、行ってみてから場所を決めることにしました。
で、サイトに着いた第一印象は、「
普通の公園でキャンプ・・・?」という感じ。
この「グリーンパーク山東」という施設は、テニスコート、ゴルフ場、体育館、グラウンド、キャンプ場などからなる複合運動施設で、その中の一角にキャンプサイトがあるので、仕方ないと言えば仕方ないのですが、雰囲気という面ではかなりのマイナスかな~・・
グリーンパーク山東・オートキャンプ・コテージ
グリーンパーク山東・オートキャンプ・コテージ 特に、手前側にあるサイトにおいては、道を挟んで向かい側が駐車場、そしてその奥に体育館があります。
奥側にあるサイトの前にもかなり広い芝生広場があり、それはそれで便利なんですが、一般的なキャンプ場にある芝生広場とはまた違って、キャンプ場としてのくくりが無い分、普通に一般の方が遊びに来られます。
行った時は、キャンプをする(している)人より、遊んでいる一般の方の方が多く、プライベート感も何も無いような中、テントを張ることに、なんとなく抵抗を感じたりして、場所選びにかなり時間がかかりました。
さんざん迷った挙句、出した結論は、奥にある「フリーサイト」です。
こちらは、位置関係で言うと、芝生広場⇒区画サイト⇒フリーサイトとなるので、区画サイトよりは少しプライベート感もあります。難点は車の乗り入れが出来ないので、荷物を台車などで運ぶこと。
それでも区画サイトよりはいいかな、ということで、受付に戻り、手続きをしてきたのです、、、が、、、
グリーンパーク山東・オートキャンプ・コテージ
グリーンパーク山東・オートキャンプ・コテージ グリーンパーク山東・オートキャンプ・コテージ 戻ってみてると、公園での一般の方もいらっしゃらなくなり、又、明日のお天気が怪しいので、台車で荷物を運ぶのも大変かも、となり、再度、受付に戻り、奥の方にある「区画サイト」に変更してもらいました。
我が家はピルツのみなので、小区画でも十分。
一般の方が帰られた後は、広い広い芝生広場を貸切状態。
キャッチボールやサッカー、一輪車で遊びます。
実は、この一か月で誰の手助けもなく、自力で一輪車が乗れるようになった娘。兄も小学校に入る前に乗れるようになったので、そろそろ、と思い、一輪車を娘の高さに合わせてセットしてあげたのですが、これまで兄がスイスイ乗っているのが、楽しそうに思えたんでしょうね。時間さえあれば、自ら進んで練習。結果、一か月もしないうちに乗れるようになったのです。これにはみんなビックリ!子どもの可能性って本当にすごい!ちなみに妹に一輪車を取られてしまった兄には、大きな一輪車を新調してあげました。
グリーンパーク山東・オートキャンプ・コテージ グリーンパーク山東・オートキャンプ・コテージ
グリーンパーク山東・オートキャンプ・コテージ さて、今回のピルツ内レイアウトです。
大きく変わったのは、火元はIGTをセットせず、剛炎MUKAストーブを単体で並べて置いたこと。
これにより火元が省スペースになりました。
そして、新たにテーブルが仲間入り。
テーブルと言ってもかなりコンパクトなものなので、あくまでサブテーブルになるのですが、、
ハンドメイド工房「Ciel Blue」のロールトップテーブルです。ネットで見つけて一目ぼれ♪
受注生産らしく、お値段もなかなか、、、そして納期も約一か月かかりましたが、木のぬくもりが感じられ、置いているだけでオシャレ♪とっても良いです!そして、下に敷いているPENDLETONのブランケットも仲間入りです。
グリーンパーク山東・オートキャンプ・コテージ
グリーンパーク山東・オートキャンプ・コテージ グリーンパーク山東・オートキャンプ・コテージ この日はお天気も良く、3月とは思えないくらいのぽかぽか陽気
夕方近くまで子ども達は半袖で過ごしていたくらいです。
せっかく暖かいので、テントにこもらず、外のテーブルを使って、夕飯の用意でも始めましょうか。娘がサラダを作るのを手伝ってくれました。
そうそう、話が少しそれますが、ここでちょっとご報告です。
実は、この日は我が家にとってはちょっと特別な楽しみがある日でした。
この日は我が家の愛読書、アウトドア雑誌「月刊ガルヴィ」の発売日。
今月号で、ガルヴィ主催の
キャンプ場ラリー2012の結果発表があったのです。
今回から、震災の復興応援ということで、ポイントが2倍になる東日本エリアのキャンプ場が多くあり、全国区での入賞はなかなか難しいだろうと思っていたので、狙いはやっぱり「西日本1位」!
事前連絡で、入賞したことは聞いていたのですが、何位に入賞しているかは本で発表ということだったので、開けるまでドキドキ!
グリーンパーク山東・オートキャンプ・コテージ


さてさて、結果はいかに!?




グリーンパーク山東・オートキャンプ・コテージ じゃじゃ~~ん!!
狙い通り、「
西日本満喫賞1位=西日本1位」をgetです!!やった~~!!!
我が家はこれをめざし、昨年一年間、対象になるキャンプ場を巡ってキャンプに行っていたので、本当にうれしかったです!
=18時半 夕飯=
さて、報告も終わったので、話はキャンプに戻って・・
今日の夕飯は、ダッチオーブンで唐揚げ&ジャーマンポテト&燻製&サラダ。
なんだか「肉肉」したメニューとなってしまいました(^^;

グリーンパーク山東・オートキャンプ・コテージ グリーンパーク山東・オートキャンプ・コテージ
グリーンパーク山東・オートキャンプ・コテージ グリーンパーク山東・オートキャンプ・コテージ その後、キャンプサイトからは見えているけど、でも、夜に歩くにはちょ~っと遠いかな、というくらいの距離にある「鴨池荘」にあるお風呂へ、車で移動です。
こちらには、スキー帰りのお客さんが流れてくることも多く、時間帯によっては混雑したりするそうなんですが、特にそういったこともなく、のんびり浸かることができました。

そして、この日は、
21時半頃就寝です。
=7時半過ぎ 起床・朝食=
そういえば、芝生広場が目の前でした。朝も早くから、野球少年達が野球を・・・
大きな声で目が覚めたパパ。ママは気にせず寝てましたが・・(^^;
チェックアウトも11時と早いので、ママも起きて早々に朝食です。
この日は、お昼くらいからが降り出すらしく、濡らす前に片づけたいところ。
とりあえず、食後は早めに片づけを、、と思っていたのですが、、、
グリーンパーク山東・オートキャンプ・コテージ グリーンパーク山東・オートキャンプ・コテージ
グリーンパーク山東・オートキャンプ・コテージ お昼前どころか、10時くらいには、雨がポツリポツリ、、、、そしてそのうち、ザーザー降りへと変わりました。
え~~~、、また雨~~~勘弁してほしいな~

とりあえず、中を全部片づけて、様子を見ながら、荷物を入れて行きます。
その後も雨は降ったりやんだり、、
なんとなく、一旦落ち着いた感じになったので、テントを外から拭き拭き、雨のしずくを落とす息子。また降ってきて、、落ち着いたら拭いて、、と、「イタチごっこ」です。
前にも確か、こんなことあったなぁ~・・・
でも、ピルツを倒す時はほぼ雨がやんだ状態だったので、前々回のマイアミ浜の雨に比べると、ピルツの濡れ方も汚れ方も全然マシでした。
グリーンパーク山東・オートキャンプ・コテージ グリーンパーク山東・オートキャンプ・コテージ
結局、全部片づけ終わったのは、11時10分くらい。
久しぶりにお昼も食べず、こんな早い時間の撤収となりました。でも、雨撤収は帰ってからの作業が多いので、これで良かったのかもしれません。
帰りの道中で、お昼を食べ、
13時半頃帰宅となりました。

さて、キャンプ場の感想です。
ちょっと今回は辛口になってしまいますが、、、
こちらは、キャンプ場というより、公園の中にある、キャンプもできる施設、という感じです。
キャンプ場としてゲートがあるわけでもないので、一般の方も普通に通られますし、公園遊びもされますので、プライベート感はあまりありません。
区画サイトの目の前には広大な芝生広場が広がり、遊ぶには申し分
(ぶん)ないのですが、何せ、何度も言うように、一般の方も遊びに来られる場所なので、自分のサイトの近くで早朝や遅くまで遊ばれることもあると思います。
実際、行った日は、翌日朝6時半頃から、野球少年達が大きな声で野球されていましたし、ご近所の方らしき方がおしゃべりしながら、グルグルと同じ場所をウォーキングされていて、何度もサイトの前の広場を通られました。
同じようにキャンプをされている方であれば気分的にまだ良いのですが、これが一般の方だと思うと、何とも居心地が悪いというか、そんな風に感じてしまい、キャンプをしているという気分にはなれませんでした。また、区画サイトの場合、施設の割に、サイト料が高いかな、という印象も受けました。

オートではないフリーサイトでもOKならまだ良いのですが、オートの区画サイトでアウトドア感たっぷりのキャンプをしたい方にはあまりオススメできません。
ただ、遊び場面で言うと、幼稚園のお休みの時には大きな複合遊具で遊べますし、全長100mのローラーコースターもあり、更には、冬期期間以外であれば、アスレチック(有料)もありますので、お子様には楽しいかと思います。
又、トレーラーハウスやコテージなどは、良い感じのように見えましたし、スキー場が比較的近くにあるようなので、スキー帰りにコテージに泊まって帰る、という意味では、良いかな、と思います。
 ▶▶▶vol.58
 

 
 

キャンプ場日記一覧へ

Copyright(C) since 2008 関西子どもとお出かけ遊び場情報 All Rights Reserved.