関西子どもとおでかけ遊び場情報ー国営備北丘陵公園 備北オートビレッジー
備北オートビレッジ・国営備北丘陵公園・広島県庄原市にある国営の備北丘陵公園内にあるオートキャンプ場「備北オートビレッジ」の紹介です。冬には公園でイルミネーションも開催されます。

HOME > キャンプ場編 index > キャンプ日記index  
キャンプ日記 vol.53  
2012年11月23日(金)~11月25日(日)
11月の三連休。
天気予報はあまりよくありませんでしたが、当然のことながら、我が家はキャンプです。
ただ、初日の金曜は、小学校の「音楽会」だった為、午前中は学校。息子以外は先にお昼ご飯を済ませ、息子のお昼は車中です。
12時半下校で猛ダッシュで帰ってきてくれた息子のおかげで、
出発は13時

ただ、今回の行先は、初の
広島県。国営の備北丘陵公園内にある「備北オートビレッジ」です。道のりは270kmとかなり遠い!
備北オートビレッジ・イルミキャンプ 備北オートビレッジ・イルミキャンプ 幸い、最寄りのICからキャンプ場までは約4kmと短いので、ほとんどが高速道路の走行となります。そうは言っても、おそらく3時間はかかりそう。
子ども達にも、道中が長いから寝ておいた方が良いよ、と言っておいたのですが、一番先に寝たのは何を隠そうママ・・((+_+))
普段からの睡眠不足で、早々に落ちてしまいました・・
子ども達もその後ほどなくして寝たようです。
その後、岡山の「美作追分PA」で運転を交替、キャンプ場に向かいます。
この時点で14時45分。残り約100km。
先を急ぎたいのですが、ここから先は、高速道路とは思えない「50km」制限のカーブ連続エリアもあり、予想以上に時間がかかり、結局キャンプ場に到着したのは出発から2時間50分後の
15時50分です。
早々に管理センターでチェックインを済ませ、サイトへ移動。
日が短いので、ここから先はちゃっちゃと動かないと、暗くなってしまいます。
元々、こちらの一般カーサイトは100㎡と広いのですが、我が家のサイトは一番奥で、サイト以外のフリースペースもかなりある、どちらかというとお得なサイト。
それ故、テントの位置をどこにするか、少し迷ってしまいましたが、結局、オーソドックスに駐車スペース横に張ることにしました。
備北オートビレッジ・イルミキャンプ 備北オートビレッジ・イルミキャンプ
備北オートビレッジ・イルミキャンプ 備北オートビレッジ・イルミキャンプ 今回も子ども達が大活躍。
二人も大分慣れてきて、次の動作が早くなってきました。
この調子で、パパの指示無く、全部自分たちで出来るようになってほしいものです。
この日は、夜にある場所に行きたかったので、早々にご飯にします。
=17時45分 夕飯=
今日は、煮込みハンバーグです。
バタバタ必至だったので、ハンバーグは種を作ってきて、焼いて煮込むだけです。
大急ぎで用意し、わずか20分で出来上がり(^_-)v
備北オートビレッジ・イルミキャンプ 備北オートビレッジ・イルミキャンプ
備北オートビレッジ・イルミキャンプ 食後のデザートタイム。
この日は朝から親子ともに、色々とバタバタだったので、ここでやっと休憩です。
ママはこの後、運転しないといけないので、アルコールは無しで・・
=19時 備北丘陵公園イルミネーションへ=
休憩後は、今回のメインイベントでもある、「ウインターイルミネーション」へ。
最寄りの第一駐車場までは車で移動です。
満車だったらどうしよう、と思いましたが、この日は大丈夫。
てくてく歩いて行くと、橋のあたりから、イルミネーションが♪
とってもキレイでテンションあがります。
で、橋を渡り終え、メインの「中の広場会場」に着いてビックリ!

備北オートビレッジ・イルミキャンプ 備北オートビレッジ・イルミキャンプ
備北オートビレッジ・イルミキャンプ 備北オートビレッジ・イルミキャンプ 正直、こんなに大がかりなものだと思っていなかったのです。
すごい~!キレイ~!の連続です。
関西に住む我が家なので、イルミネーションと言えば「神戸ルミナリエ」ですが、こちらのイルミもなかなかのもの!ゆったり雰囲気を楽しみながら見られるのが良いです。
何しろ、ルミナリエは、自由に歩くことすら困難、途中で抜けることも困難、というほどすごい人なので、、
で、到着早々から、すれ違う人(特にお子さん)がみんな持っていると言っても過言ではない程、たくさんの方が持っていた気になるアイテム「光るあめ」に子ども達が食いつきました。でも、なんと1本400円!!
買ってあげたい気持ちは山々なのですが、何せ食べると消えてしまうので、渋っていたところ、息子が、ミッキーの耳のような光るグッズ(飴と同じ400円でボタン電池式)を見つけて来ました。これなら使い捨てというわけでもないので、二つ購入です。
備北オートビレッジ・イルミキャンプ 備北オートビレッジ・イルミキャンプ
備北オートビレッジ・イルミキャンプ 備北オートビレッジ・イルミキャンプ 「中の広場」を抜け、「ひばの里」の方に歩いて行くと、大きな大きなドラゴン!
そして、なんだかとっても良い雰囲気の田舎の家。
更に、入口には「あったか~い里山ぜんざい」という魅力的な文字。
もちろん、「in」です♪
他にもうどんやおそば、おでんなんかもありましたので、ここで夕飯をすませるのも良いかもしれませんね。
シンプルなぜんざい、いちご、栗の3種類を注文。
田舎のおばあちゃんの家のような、畳の部屋(場所によりこたつも有)でいただきます。食べている様子は、ほんとに、里帰りしてぜんざいを食べているかのよう。
お味は、甘すぎずでとっても良い感じで、どれもおいしかったですが、ママ的には一番シンプルなぜんざいが好きかな。。200円と一番リーズナブルだし♪
大満足のひとときでした。 
備北オートビレッジ・イルミキャンプ 備北オートビレッジ・イルミキャンプ
※備北丘陵公園ウィンターイルミネーション詳細は▶▶▶こちら
備北オートビレッジ・イルミキャンプ 備北オートビレッジ・イルミキャンプ 気づけば時間も21時前になっていました。
2時間近く滞在したにも関わらず、息子はまだまだいたかったようですが、そろそろ引きあげです。
その後、21時半過ぎにはシュラフに入った(入れられた)子ども達ですが、さすに二人ともお昼寝をしていたので、なかなか寝付けない様子。
結局、22時過ぎまで起きていたような気がします・・
ママの方が先に寝てしまったので、、
=8時過ぎ起床・朝ごはん=
2泊なので、中日
(なかび)は撤収もなく、ちょっとラク♪
何せ、ゆっくり寝られるのはキャンプの休日のみなので、ついつい起きるのが遅くなってしまいました。
今日の朝食は、ちょっと久しぶり、子ども達が大好きなトラメジーノでパンケーキです。
その後、子ども達は外遊び。
最初はサイトの近くで遊んでいたのですが、気づけばいない。管理センター横の遊具まで行って、お友達と一緒に遊んでいたようです。

備北オートビレッジ・イルミキャンプ 備北オートビレッジ・イルミキャンプ 備北オートビレッジ・イルミキャンプ
備北オートビレッジ・イルミキャンプ 備北オートビレッジ・イルミキャンプ その間に洗い物を終わらせ、ママ達は場内散策です。
行った時期が良かったというのもあるのですが、まぁ場内の雰囲気が良い!
枯葉がじゅうたんのように落ちているのですが、それに、色とりどりのテント、葉っぱがすっかり落ちてしまった木、、これぞ秋から冬のキャンプ!という感じ。
お散歩も気持ちが良かったです。
これが、春から夏にかけてだと、きっと芝生が青々で、気持ちが良いんでしょうね。
その後、子ども達と合流し、公園へ行くことに。

=11時 MBレンタルで備北丘陵公園へ=
広い公園なので、移動は徒歩では難しそう。園内には全長約7kmのサイクリングコースがあるようなので、管理センターでマウンテンバイクをレンタル。
が・・・これが予想以上に高かった!!
大人用×2+子供用×2の計4台で2時間1,500円。追加料金も1時間で4台900円・・
つい先日、同じ国営の「まんのう公園」内のキャンプ場「ホッ!とステイまんのう」で、最新のマウンテンバイクをレンタルしたところで、そこでは同じ自転車構成で2時間700円、追加料金も1時間4台で400円だったので、それと比べると倍以上。・・・
でもま、自転車が無いと動きにくいし、仕方ないか、としぶしぶ納得。
したのですが!!
後で公園に行ってみると、公園の自転車の料金の方が大幅に安い!!
料金が違うなんて聞いてないよ~)TOT(
それなら駐車場まで車で行って、公園で自転車を借りればよかった~、、
更に言うならば、キャンプ場から公園の一番近い駐車場までは、気持ちの良い下り坂なんですよね。行きが下りということは、帰りは・・・・?
そう考えても、やっぱり公園で借りた方がいいかな、と。
備北オートビレッジ・サイクリング 備北オートビレッジ・サイクリング
備北オートビレッジ・サイクリング 備北オートビレッジ・サイクリング さて、気を取り直して、話は公園に戻ります。
いやまぁ、、ほんとに広い!園内を一周まわるのも一苦労です。
とりあえず、お子様むけではメインの遊び場と思われる「大芝生広場」に立ち寄ります。ここには大型複合遊具もあるのですが、子ども達が真っ先に飛びついたのは、案の定「ビッグボール」!まんのう公園のと比べサイズは小さかったですが、それでもやっぱり楽しかったようです。
しばらく遊んで、「大芝生広場」から、「みのりの里エリア」に移動です。
ここの上りもなかなかキツかった・・・
マウンテンバイクだったので、一番軽いのにしましたが、それでも立ちこぎしないと無理でした(。_。;)
ちなみに、公園でレンタルすると、高くはなりますが、電動自転車も借りられます。
みのりの里エリアは、今特に何かあるわけでもなく、ガラ~ンとしています。
エントランスセンターに立ち寄ってみると、、
備北オートビレッジ・サイクリング 備北オートビレッジ・サイクリング
備北オートビレッジ・サイクリング 備北オートビレッジ・サイクリング クラフト製作コーナーを発見!しかも無料。
製作好きの息子がこれをしないわけがない。
ということで、早速工具キットを借り、何やら製作にとりかかります。
結局、息子が作ったのは、小さなぬいぐるみ用のブランコでした。
工作が終わると、また自転車で移動です。
次の目的地は、「つどいの里」エリアにある「きゅうの森」です。
こちらにも複合遊具と、ふわふわドームがあります。
中でも子ども達が楽しそうだったのは、ターザンロープ。
このターザンロープ、他では見ない、四角いレール式で、ガクン!ガクン!とカーブを曲がります。勢いがついていたら、それで振り落とされてしまいます。
なかなかゴールまで行けず、何度もチャレンジ。
備北オートビレッジ・サイクリング 備北オートビレッジ・サイクリング
しばらくやって、先に娘、続いて息子が成功。これでやっとこさ移動できます。
この時、時間は14時過ぎ。レンタルマウンテンバイクは、既に1時間延長・・・・・たかだかレンタル自転車に一体いくらかかる???
こんなに延長時間を気にしないといけないなら、やっぱり、公園で借りればよかった~~~!!と痛感。
備北オートビレッジ・サイクリング 備北オートビレッジ・サイクリング そうは言っても、ゆっくり遊べるのは今日しかありません。
腹をくくって、更に遊び場移動です。
最初に行った大芝生広場(遊具とは反対側)の林間アスレチック。
全部で30種類(うち6種は中止)あり、どれもそう難しいものはありません。
結構歩くので、一緒について回っている大人も、良い運動になります。
大急ぎで回ったので、最初から最後まで約40分で回りました。
最後は、ちびっ子ゲレンデです。
これ、無料なので、とってもありがたいのですが、時間制限があるわけではないので、飽きない限り、時間の許す限り、ずっとやり続けられるわけです。
ということは、、、、、そう、待てども待てどもソリが空かない・・・
ということで、子ども達にはかわいそうではありますが、引き上げです。
時間は15時20分
備北オートビレッジ・サイクリング
備北オートビレッジ・サイクリング 備北オートビレッジ・サイクリング イルミネーションに近い第一駐車場はこの時間で既に満車となっていました。
そして、イルミネーション開催中はサイクリングコースの利用は16時までらしく、キャンプ場へ続くゲートが閉まっていましたが、警備の方に開けていただき、「急いでね~」と言われながら、最後の難関、キャンプ場までの上りを、力を振り絞り、自転車をこぎます。でも、緩い上り坂って本当にキツイんですよね。特に幼稚園児の娘にはちょっとかわいそうでした。それでも頑張って自分で自転車を押して上りきりました!
結局、キャンプ場に着いたのは、15時40分。マウンテンバイクのレンタル時間は、4時間半でした・・(>o<;)
=16時半過ぎ 夕飯=
疲れました!そして、とにかくお腹がすきました!
というのも、お昼ご飯抜きだったのです・・厳密に言えば、朝の残りのホットケーキや、持ってきていたスナックパンを食べて、なんとかしのいだ感じ(^^;
なので、早いのですが、中途半端に食べるのもなんなので、夕飯にします。
しかも、お昼用に持ってきていた、レトルトのミートスパで手早く簡単に。
備北オートビレッジ・サイクリング 備北オートビレッジ・サイクリング
備北オートビレッジ・備北丘陵公園 備北オートビレッジ・備北丘陵公園 夕飯後はフリータイムです。
何せ、時間が早いので、外はまだ明るい。
子ども達は、テントの周りで、枯葉を集めて、埋もれてみたり、何かを作ってみたり、遊んでました。
ママも早々にお片付け。
皆さん、これから夕飯の用意だろう時間に、我が家は片づけです(笑)
=17時半過ぎ お風呂=
こちらのお風呂は日によって営業時間が異なるので、要注意です。
時間が早かったこともあって、貸切でした♪
備北オートビレッジ・サイクリング 備北オートビレッジ・サイクリング
備北オートビレッジ・備北丘陵公園 備北オートビレッジ・備北丘陵公園 備北オートビレッジ・備北丘陵公園 お風呂でしっかり温まった後は、しばらくまったりタイムです。
息子はこの日もイルミネーションに行きたい、と言っていたのですが、この日は、イベントでキャンプファイヤーがあり、せっかくならこれに行こう、ということで・・
=19時半~ キャンプファイヤー=
やっぱりイルミネーションと時間的に重なっているということもあり、参加している方は少な目でしたが、それでも、円が出来るほどの人数は十分集まっていました。
スタッフの方が二人で交替しながら、次々とゲームや歌で盛り上げてくれます。
全体的にはそれなりに盛り上がってはいたのですが、我が家の場合は、「森のひととき」のキャンプファイヤーを経験しているので、どうしても比べてしまうのです・・
頑張っておられるスタッフさんには申し訳ないのですが、やっぱり、「森のひととき」のキャンプファイヤー&進行さかもっちゃんはすごかった!
もし、キャンプファイヤーか、イルミネーション、どっちに行こうか迷うことがあれば、まずは「イルミネーション」をオススメします。
備北オートビレッジ・サイクリング 備北オートビレッジ・サイクリング
備北オートビレッジ・備北丘陵公園 でも、参加している方の中には、イルミに行ってからキャンプファイヤーに来ている方も多くいらっしゃいましたので、早めに行けば1日でどちらも参加することは可能です。

そんなことで、キャンプファイヤーは1時間弱で終わり、サイトに戻り、この日は21時過ぎ、就寝です。


=8時起床・朝食=
この日は朝から快晴!
いつものように、シュラフなどを干していこうと、椅子を出しかけたのですが、程よい寒さがまた心地よくて、「朝ごはん外で食べる?」、となり、急きょ、屋外で朝食です。
ここのところ、ずっとお座敷スタイルで、テント内で食べるのが続いていたので、外で食べるのは久しぶり。
備北オートビレッジ・サイクリング 備北オートビレッジ・サイクリング
備北オートビレッジ・備北丘陵公園 備北オートビレッジ・備北丘陵公園 でも、やっぱり、青空の下の食事は良いですね。
キャンプはこうじゃなくっちゃ、という感じです。
ま、これからのシーズンはなかなか厳しいとは思いますが・・・(^^;
朝食後は、少しづつ片づけて行きます。
子ども達は、その間、場内をキックボードとローラーブレードでタイムトライアルしたりして、遊んでいました。
チェックアウトは、ちょうどきっかり12時
備北オートビレッジ・サイクリング 備北オートビレッジ・サイクリング 備北オートビレッジ・サイクリング
備北オートビレッジ・備北丘陵公園 備北オートビレッジ・備北丘陵公園 この日中は公園利用は無料なので、最後に少し公園に立ち寄ります。
というのも、時間も時間なので、昨日の夜に行った「びばの里」で「そば打ち体験」が13時に出来ればちょうどお昼ご飯になるな~と都合よく考えていたのですが、残念ながら、14時~しか空いていないと言われ、泣く泣く諦め、「中の広場」にある、食事処で、お昼です。
で、シメは、子ども達のたっての希望で、ご当地もの「りんごソフト」。
「ソフト」というより「シャーベット」という感じ。
でも、ほんもののりんごの味がしっかり出ていて、とてもおいしかったです♪

そんなことで公園を出たのはちょうど14時
17時目標で、快調に車を走らせます。
備北オートビレッジ・サイクリング 備北オートビレッジ・サイクリング
三連休最終日の午後なので、兵庫に入ったあたりからはどこかで渋滞にひっかかるだろうなぁと覚悟はしていたのですが、普通渋滞の前に、やっかいな「事故渋滞」につかまってしまい、その間に中国自動車道上り線では恒例の渋滞場所「宝塚西トンネルを先頭に○kmの渋滞・・」の○kmが伸び、それより手前のICでおりることに。結局、帰宅は予定より大幅遅れの17時40分。行きより1時間も余計にかかりました・・・\(゜o゜)/

さて、2泊なので、すっかり長くなってしまいましたが、最後にキャンプ場の感想です。
こちらはキレイに整備されている上に、場内にたくさんある木々のおかげで自然をたっぷり感じることができ、とっても雰囲気が良いです。
行った時期ももちろんあるのですが、秋(冬)をすごく感じられるサイトでした。
芝生もキレイだったので、春から夏にかけては、これとは違う青々とした気持ちよいサイトになるのかな、と思います。
一般カーサイトは元々100㎡平均と広いのですが、場所によっては、更に裏にあるフリースペースが使えたりするとっても贅沢なサイトもあります。
我が家の利用したサイトもそんな感じでした。
サイトや設備においては、文句無しです。
遊び面でも、自転車や車で移動しないといけませんが、とてつもなく広い備北丘陵公園があるので、それだけでもう十分だと思います。
二泊しましたが、ゆっくりするにはもう一泊あっても良かったかな、というくらい。とにかく、行って「ハズレ」は無い、キャンプ場だと思います。
  ▶▶▶vol.54 
 



キャンプ日記indexへ

Copyright(C) since 2008 関西子どもとお出かけ遊び場情報 All Rights Reserved.