関西子どもとおでかけ遊び場情報ー国営讃岐まんのう公園オートキャンプ場・ホッ!とステイまんのうー
ホッ!とステイまんのう・国営讃岐まんのう公園内にあるオートキャンプ場、ホッ!とステイまんのうの紹介です。

HOME
> キャンプ場編 index > キャンプ日記index  
キャンプ日記 vol.51
2012年10月20日(土)~10月21日(日)
二週続けての
今回の行先は、香川県仲多度郡にある「
国営讃岐まんのう公園オートキャンプ場・ホッ!とステイまんのう(※長っ!)」です。
我が家からは200km以上と距離が長いのと、大きな公園があるので、出来れば二泊で行きたいと思っていたところなんですが、この週末行こうと予定していたキャンプ場が予約でいっぱいになってしまった為、急きょ、変更です。
キャンプ場までは約220km、3時間半の予定。
出来るだけ早く到着したいので、早くに出発したかったのですが、限界があり、
出発は8時半
いつもなら、淡路島経由、「鳴門大橋」で徳島に入るパターンなのですが、今回は、岡山経由、初の「瀬戸大橋」で香川に入ることに。
ホッ!とステイまんのう・国営讃岐まんのう公園オートキャンプ場 ホッ!とステイまんのう・国営讃岐まんのう公園オートキャンプ場 ところで、「瀬戸大橋」って「明石海峡大橋」や「鳴門大橋」のように一つの橋だと、今までず~っと思っていたんですが、本当は違うんですね(^^; 
本州(岡山)と四国(香川)の間の海峡部分9.4kmに渡って架かる
6つの橋の総称なんだそうです。全然知りませんでした。
そして、もう一つ知らなかったこと。というか、ビックリしたこと。
それは、高速道路なのに、「信号」があったのです! 
何せ9.4kmもの長い距離が海の上なので、気象の急変などで海峡部の通行に支障が生じた場合に、与島PAで一旦待機する為に信号機を設置しているんだそうです。なので、よほどのことが無い限りは、「ずっと青」の信号というわけですね。
にしても、高速道路に信号があるのを見た(知った)のは初めてだったので、かなりビックリでした。
=11時半到着=
出発からちょうど3時間で到着です。
「ようこそ国営讃岐まんのう公園へ」のゲートをくぐってしばらく行くと、料金所があります。駐車料金、公園入園料をこちらで支払って入るのですが、キャンプ利用者はその旨伝えると、料金を払わず、そのまま入場することができます。
ホッ!とステイまんのう・国営讃岐まんのう公園オートキャンプ場 ホッ!とステイまんのう・国営讃岐まんのう公園オートキャンプ場
ホッ!とステイまんのう・国営讃岐まんのう公園オートキャンプ場 ホッ!とステイまんのう・国営讃岐まんのう公園オートキャンプ場 =チェックイン=
通常チェックインは14時~なのですが、今回は追加料金を支払ってアーリーチェックインです。(9時半~入場可能)
一般カーサイトのみになりますが、mont-bell会員だと、このデイ料金が割引になるそうです。
又、管理センターにはカップめんの販売、お湯のサービス(ポット)や電子レンジもありますので、早く着いた時等には便利ですね。
キャンプ場内はかなり広く、右写真のように、一般カーサイトもいくつかの場所に点在しています。我が家のサイトは、おそらく一般カーサイトのメインと思われるエリア。(右写真・このエリアの場所)
管理棟からは約1kmあるそうで、ちょっと管理棟まで、という距離ではありません。
なので、お風呂や何か買いに、という時は車で移動することになります。
この点は、ちょっと面倒くさいかな、と。
ホッ!とステイまんのう・国営讃岐まんのう公園オートキャンプ場 ホッ!とステイまんのう・国営讃岐まんのう公園オートキャンプ場
ホッ!とステイまんのう・国営讃岐まんのう公園オートキャンプ場 ホッ!とステイまんのう・国営讃岐まんのう公園オートキャンプ場 又、サイトもオフィシャルページには「芝」となっていますが、我が家のサイトは芝は殆どなく、湿地に生えるような草がたくさん生えていました。
後から他サイトを見て回ったのですが、入場ゲートを出て右手に進んだところにあるサイトが日当たりもよく、芝生がキレイでした。
(上・左写真※1)
逆に、左手に進んで最初にあるエリアのサイトは、山の中なので、少しじめっとした印象を受けるサイトでした。(上・左写真※2)日陰が多いので、夏場は涼しくていいのかもしれませんが、、
=12時 設営=
さて、到着早々、すぐに設営にとりかかります。
テントは前回から登場した「ピルツ15Ⅱ」。
このテントの良いところの一つは、設営がシンプルなので、子どもでも手伝えること。
これまで同じような感じで使っていた、リビングシェルはポールの組み方も少し難しく、それを説明するより、慣れたパパ一人でやった方が楽
(※決して楽なわけではないのですが・・)、という感じだったので、ママも子ども達も、殆ど手伝っていませんでした。でも、このピルツは、子ども達でも、十分「力」になれるんです。というより、手伝ってくれた方が早く済むんです。
ホッ!とステイまんのう・国営讃岐まんのう公園オートキャンプ場 ホッ!とステイまんのう・国営讃岐まんのう公園オートキャンプ場
ホッ!とステイまんのう・国営讃岐まんのう公園オートキャンプ場 ホッ!とステイまんのう・国営讃岐まんのう公園オートキャンプ場 前回は持っていたテントとのサイズがあわず、ピルツ内にテントを立てずそのまま寝たわけですが、さすがに、これから冬を迎えるにあたってそれは寒いだろう、ということで、専用のハーフインナー(テント)を購入しました。
またまた説明、感想が長くなってしまいますが、、、これ良いです!ほんとに!
「ピルツ買うなら、インナーもセットで!」
多分、他メーカーの小さいテントの中にはピルツ内にたてられるものもあるかと思います。
でも、やっぱり、ピルツ内の空間が、最大限に生かせるのはこれかな、と。
それに、ピルツ同様、設置がめちゃくちゃ簡単でラク!ポールも無いので、5か所の隅にフックを引っかけ、最後にセンターポールの上部のフックに引っかけるだけなんです。
こんなに「設置の楽さ」を知ってしまうと、他のテントに戻れなくなってしまいそうで怖いくらい・・(苦笑)
寝る時以外はファスナーをオープンしておくと、広く感じますし、中のテントの存在が気になりません。
又、幅が広いので、サイドに荷物を置くことができます。
お値段もとってもリーズナブルで、テントの素材、肌触りも良い!「ファスナー」もかなりしっかりしています。

ただ!
残念ながら、全てがいいことづくめ、というわけではありません。(但し、下記にあてはまらない方には良いことづくめなんですが、、)
我が家はパパ、ママともに身長は高くなく、また子供達も小さいので大丈夫なんですが、特に身長の高い大人の方にはひっかかってくる要因・・・それはテントの形(大きさ)です。
テントの床面は八角形をちょうど半分に切った形になるので、いびつです。
よって、右図でもわかるように、一番長い部分で210cm(or 420cm)だとしても、だんだん狭くなります。
我が家の場合は、インフレータブルマット(183cm×51cm)を4枚横に並べて寝たのですが、本当にカツカツで、かろうじて並べられるといった感じ。
なので、その上にシュラフを置くと、頭と足元はテントにつかえています。(※←写真クリックで拡大します)
ホッ!とステイまんのう・国営讃岐まんのう公園オートキャンプ場 これは、背の高い大人の方にはちょっと窮屈かな、と。
又、特に冬場はテントとの接触、結露によって、シュラフが濡れてしまうこともあるかと思います。
メーカー表記は「4人用」となっていますが、これはあくまで、直に寝る場合なんでしょうね。
4人の内訳(大人4人とか、大人と子供で4人とか)にもよりますが、マットを置いた場合は、我が家のような構成(大人×2、小学生以下の子ども2人)パターンでないと、ちょっと厳しい感じがします。
とりあえず、大人は出来るだけ中心で寝る方が良いということですね。
(※インナーテントはハーフだけでなく、フルサイズのタイプもあります。)
さて、ハーフインナーの説明はこれくらいにして、日記に戻りますね。
子ども達も大活躍してくれ、又、初めてのインナーテントもとてもスムーズに設営でき、今回は比較的短時間でお座敷スタイルセッティング完了です。
テントによる圧迫感も無く、広々した感じ♪
まだ早いかな、と思いつつ、一応、レインボーストーブも持参しましたが、結局、今回はつけずに済みました。ちなみに、今年の発売モデルは電池不要・「ランタン型」でさらにカッコいいです(^_-)
ホッ!とステイまんのう・国営讃岐まんのう公園オートキャンプ場 ホッ!とステイまんのう・国営讃岐まんのう公園オートキャンプ場
=13時過ぎ 昼食=
ホッ!とステイまんのう・国営讃岐まんのう公園オートキャンプ場 ホッ!とステイまんのう・国営讃岐まんのう公園オートキャンプ場 お昼は、カップ麺と栗ご飯おにぎり、串団子。
で、食後は、定番のキャンプ場内散策。
と言っても、今回はサイトが点在している上に、移動距離が長いので、車でざざ~っと写真だけ撮ってまわっただけ。
何せ、この後、公園遊びが控えているので、出来るだけ早く!ということで。
=14時半過ぎ サイクリング・公園へ=
名前にもあるように、キャンプ場は大きな公園の敷地の中にあります。
公園へは車で移動するくらいの距離なんですが、せっかくなので、マウンテンバイクのレンタルをすることに。
しかし、こちらの自転車、ビックリするほど質が高い!!
パパが借りた自転車においては、数日前に入荷したばかりのSHIMANO最新モデル♪
子ども用大人用ともに、どれも新品に近いくらい新しくてキレイなものばかりでした。
ということで、ピカピカの自転車を借り、気分良く出発です。
ホッ!とステイまんのう・国営讃岐まんのう公園オートキャンプ場
ホッ!とステイまんのう・国営讃岐まんのう公園オートキャンプ場 ホッ!とステイまんのう・国営讃岐まんのう公園オートキャンプ場 ホッ!とステイまんのう・国営讃岐まんのう公園オートキャンプ場 公園内には専用のサイクリングコースがあるので、移動も安心。
対面走行、一方通行があり、カーブや坂等、気を付けないといけないポイントには、地面に大きく、「ブレーキ」「これより下り坂」と言った注意を促す文字が書かれています。
出発後、約10分で、公園内の遊具エリア「竜頭の里」に到着です。
こちらには、ふわふわドームやネットのジャングルジム、クライミングウォールなどがあり、おそらく、ここが、この公園のメインの遊び場だと思われます。
ふわふわドームを見つけると、子ども達、すぐさま靴を脱いで、走って行きました。
ホッ!とステイまんのう・国営讃岐まんのう公園オートキャンプ場 ホッ!とステイまんのう・国営讃岐まんのう公園オートキャンプ場
ホッ!とステイまんのう・国営讃岐まんのう公園オートキャンプ場 ホッ!とステイまんのう・国営讃岐まんのう公園オートキャンプ場 ちょうど季節は「コスモス」の時期。
園内では8品種45万株のコスモスが、まさに見頃を迎えていました。
とってもキレイで見ているだけで癒されます♪
次に子どもたちが遊んだ場所は芝生広場。
ここには、大きなゴムボールがたくさんあって、自由に使っていいそうなんです。
こんなので遊ぶのは初めてなのですが、肝心のボールが空いていません。順番待ちです。
ホッ!とステイまんのう・国営讃岐まんのう公園オートキャンプ場 ホッ!とステイまんのう・国営讃岐まんのう公園オートキャンプ場 ホッ!とステイまんのう・国営讃岐まんのう公園オートキャンプ場
ホッ!とステイまんのう・国営讃岐まんのう公園オートキャンプ場 ホッ!とステイまんのう・国営讃岐まんのう公園オートキャンプ場 幸い、二人ともすぐに人に譲ってもらい、大喜びで転がしたり、乗っかったり、、
確かに、見ている以上に楽しくて、ママも一緒になって遊びます。
最後には、人が少なくなったのを良いことに、4つも、、
結局、閉園ギリギリまで、ずっとこのボールで遊んでいました。
園内に流れ始めた「蛍の光」を聞きながら、駐輪場に移動。
自転車でキャンプ場に戻ります。
管理センターに着いたころにはちょうど日が沈む時間で、夕焼け空がキレイでした。

ホッ!とステイまんのう・国営讃岐まんのう公園オートキャンプ場 ホッ!とステイまんのう・国営讃岐まんのう公園オートキャンプ場
ホッ!とステイまんのう・国営讃岐まんのう公園オートキャンプ場 ホッ!とステイまんのう・国営讃岐まんのう公園オートキャンプ場 時間も時間だし、せっかく管理センターまで来たんなら、お風呂も済ませて帰りたいね、ということで、ママが車でブ~ンとサイトに戻り、お風呂セットを取りに。
こう考えると、やっぱり、お風呂に入るのにわざわざ車で、というのはちょっと面倒かな、、管理センターが近くにないのはいかがなものかと、、
で、その間、子ども達は、というと、おいしそうに「アイス」中でした(;一_一)
=18時半過ぎ 夕飯=
お風呂からあがった後は、サイトに戻って夕飯です。
秋になり、鍋がおいしい季節になってきました。
ということで、今日の夕飯は「すき焼き」です。おいしいお肉も調達しました。
でも、やっぱり、うちの子どもたちはお肉は食べず、「うどん」と「豆腐」
しかも、すき焼きの醍醐味と言っても過言ではない玉子付けも無し!
あ~あ~、、もったいない。(^^;
ホッ!とステイまんのう・国営讃岐まんのう公園オートキャンプ場 ホッ!とステイまんのう・国営讃岐まんのう公園オートキャンプ場
でも、対照的に、パパは「肉!肉!肉!ちょい野菜。で、肉!」
ということで、用意していたお肉はあっという間に、なくなりました(笑)。久しぶりのすき焼きはとってもおいしかったです♪
ホッ!とステイまんのう・国営讃岐まんのう公園オートキャンプ場 ホッ!とステイまんのう・国営讃岐まんのう公園オートキャンプ場 ホッ!とステイまんのう・国営讃岐まんのう公園オートキャンプ場 食後はママと子ども達、そしてぬいぐるみ達も一緒に遊びます。普段はこんな風に遊んであげる余裕が無いので、特に娘はうれしそう。何度も「もう一回やって!」とせがまれました。
結局この日は、21時過ぎ就寝です。
=7時過ぎ起床 8時朝食=
この日は早朝(たぶん6時頃?)から、近くのサイトのお子さま方が、とっても賑やかで、一旦は目が覚めたのですが、それよりも眠気が勝ち、結局ちゃんと起きたのは7時頃でした。
朝食は、8時過ぎです。
ホッ!とステイまんのう・国営讃岐まんのう公園オートキャンプ場 ホッ!とステイまんのう・国営讃岐まんのう公園オートキャンプ場
ホッ!とステイまんのう・国営讃岐まんのう公園オートキャンプ場 ホッ!とステイまんのう・国営讃岐まんのう公園オートキャンプ場 ホッ!とステイまんのう・国営讃岐まんのう公園オートキャンプ場 朝食後は、撤収に向けて、色んなものを干し干し。こちらのサイトはあまり日当たりがよくなく、テントも結露でかなり濡れていました。
とりあえず、日がさしている間が勝負です。
その間、子ども達はリフティングや竹馬を。

公園を全然回れていないこともあり、延長デイキャンを付けて、延長することに。
なので、お昼ご飯を食べる用意だけ残して、出来るところまで片づけて行きます。
前回同様、グランドシートもはずし、椅子スタイルにした状態で、公園へお出かけです。今日も、もちろん、移動はマウンテンバイク。
ホッ!とステイまんのう・国営讃岐まんのう公園オートキャンプ場 ホッ!とステイまんのう・国営讃岐まんのう公園オートキャンプ場
ホッ!とステイまんのう・国営讃岐まんのう公園オートキャンプ場 ホッ!とステイまんのう・国営讃岐まんのう公園オートキャンプ場 ホッ!とステイまんのう・国営讃岐まんのう公園オートキャンプ場 =11時半 公園へ=
子ども達は昨日のボールで遊びたがっていたのですが、時間の都合上、却下。遊具エリアで遊びます。
クライミングウォール、輪投げ、ストラックアウト等・・
一通り遊んだら、場所をかえ、「自然生態園」へ移動です。
昔の学校の校舎のような平屋の建物があり、昔遊びが出来たり、本物の井戸で水汲み体験が出来たりする施設だったのですが、子どもたちには、ちょっと退屈だったかも、、(^^;
ホッ!とステイまんのう・国営讃岐まんのう公園オートキャンプ場 ホッ!とステイまんのう・国営讃岐まんのう公園オートキャンプ場
ホッ!とステイまんのう・国営讃岐まんのう公園オートキャンプ場 ホッ!とステイまんのう・国営讃岐まんのう公園オートキャンプ場 とりあえず、ささ~っと一通り見て回ってから、また移動。
最後は、「エックススライダー」と言って、二本のスライダーがある遊具エリアです。
でも、楽しそうだったのは、娘だけ。
小3の息子には、滑り台はもう魅力的じゃなくなったみたい。
それだけ成長した、ってことでしょうか。
最後まで「あのボールで遊びたかったな~」とボヤいておりました。
一応、これで、公園の主要どころは一通り行きました。
時間も既に
14時を過ぎていたので、これにて退散。キャンプ場に戻ります。  
 
 公園詳細は▶▶▶こちら

=14時半過ぎ 昼食・撤収=
管理センターにはレトルトカレーもあったのですが、後片付けが面倒なので、カップ麺を買って、サイトで戻って食べます。
食後の撤収はみんなで力を合わせて。
息子がペグを抜き、娘が拾い、息子が洗って、娘が拭いて・・二人とも大活躍です。
ホッ!とステイまんのう・国営讃岐まんのう公園オートキャンプ場 ホッ!とステイまんのう・国営讃岐まんのう公園オートキャンプ場 ホッ!とステイまんのう・国営讃岐まんのう公園オートキャンプ場
ホッ!とステイまんのう・国営讃岐まんのう公園オートキャンプ場 一仕事終えたお二人さん。
道を挟んで向こうサイトの奥にある崖の上にのぼって、「エセ忍者」ごっこをしておりました。
「○×※でござる」「×※○でござるよ」
なんで急に忍者??子どもの遊びはよくわかりません(笑)
ということで?
16時、チェックアウトです。
自宅から遠く離れた香川県に16時・・・単純に考えて、帰宅は19時は過ぎる・・・・これはかなりマズイ展開です。
帰りは、行き同様、瀬戸大橋を使うか、いつものように淡路島経由で帰るか、、
走っている最中もまだ決めていなかったのですが、実はママもパパも、淡路島の端から端をズド~ンと走るのが気分的にあまり好きじゃないということもあり、結局行き同様、瀬戸大橋から帰ることに。
時間が時間なので渋滞だけが不安・・
そして、その不安通り、兵庫県に入ってから、17km以上に渡る渋滞が発生しており、その区間の通過も70分との表示。
これはいかん!ということで、渋滞が始まる手前のインターで下り、別の高速に乗り換えて帰ってきました。
そんなことで、予定より大幅遅れの
19時半帰宅です。
キャンプ用品の荷下ろしはもちろん、夕飯準備もこの後。
二日ともサイクリングして疲れた体にこれはさすがに、疲れました~~~!(>o<)


ということで、最後に、キャンプ場の感想です。
高規格サイトで、地面も芝ということでしたが、場所によっては山の中のサイトや、湿地のようなサイトもあり、日当たりもあまり良い感じがしませんでした。
逆に夏場は涼しくていいのかもしれませんが・・
後、管理センターまで車で移動になるというのは、少し不便なような気がします。
お風呂やちょっとした買い物(お菓子等)も、車でわざわざ、と思うと、面倒かな~と。
又、広い公園なので仕方ないのですが、公園に行くにも、自転車か車で移動。
子ども達だけでちょっと行って遊ぶ、ということもできないので、必ず大人が一緒に行かないといけません。
お子さんが小さいうちはそれも当たり前のことだと思うのですが、我が家の場合、最近では、子ども達もそれなりに成長し、同じ敷地内であれば、二人で遊びに行ってくれる、ということが多くなってきて、その間に片づけたり、食事の用意をしたり、ということもできたのですが、ここではそれが出来ません。
それもちょっと不便でした。
とは言え、管理センターに行けば、ちゃんとお風呂も売店もありますし、公園は広くて楽しいですし、自転車専用の道路でサイクリングもできますし、楽しいことも、便利なこともたくさんありますので、細かいことを言わなければ(^^;)、十分良い施設だと思います。
 ▶▶▶vol.52
  • mixiチェック
  • はてなブックマークに追加
  •  スポンサードリンク

    キャンプ日記indexへ

    Copyright(C) since 2008 関西子どもとお出かけ遊び場情報 All Rights Reserved.