関西子どもとおでかけ遊び場情報ー家族でお出かけ・レジャーに ーキャンパーズ・イン チロリン村キャンプグランドー
チロリン村キャンプグランド・岡山県にあるオートキャンプ場、チロリン村キャンプグランドの紹介です。

HOME > キャンプ場編 index > キャンプ日記index  
キャンプ日記 vol.43  

2012年7月7日(土)~8日(日)
またしても、お天気がすぐれないとの予報の週末。
本来は海側のキャンプ場に行く予定にしていたのですが、不運なことに、ちょうどその地域が「大荒れの天気」の予報・・・

出発当日朝、天気予報を見てみても、やっぱりあまり変わらず。
初日が雨でも、せめて撤収日が雨でなければ、まだマシなのに、二日とも雨。しかも海で雨ってなぁ~・・・

そこで急浮上したのが、雨じゃない地域に変更案。
お天気は西から回復。だったら、西に行ったらいいんじゃないの?
ということで、、
10時過ぎ、急きょ、二日間とも雨マークの無かった、初の岡山県キャンパーズ・イン チロリン村キャンプグランド」に行先変更です。
我が家からは約180kmの道のり。

=10時半 出発=
元々、雑誌やオフィシャルサイトでは山陽道の「岡山IC」が最寄りのような感じで書いてあったので、そのつもりで走っていたのですが、ナビは「中国道ルート」で案内していたらしく、気づけば、山陽との分岐点を過ぎてしまっていました(^^;)
何せ、急いで出たので、ナビも信号待ちの間に設定し、てっきり、山陽道で案内してくれているものとばかり思っていたので、気づきませんでした。
通り過ぎてしまったものは仕方ありません。遠回りなのかどうかもわかりませんが、とにかく前に進みます。
その後、運転を交替し、パパがスマホ(GoogleMAP)で調べてみたところ、ナビでは「落合IC」を案内していたのですが、その手前の「院庄IC」で降りるのが良さそう、ということがわかりました。
帰ってからちゃんと調べてみましたが、山陽道の「岡山IC」、中国道の「落合IC」よりも、この「
院庄IC」で降りるルートが我が家からは一番近かったようで、結果オーライでした。

ところで、どうして、「院庄」ICを降りたことをここまで強調して書いているのか、、、実はそれには理由がありまして、、
ここで降りたことがいくつもの「
結果オーライ」な出来事を生んだのです。

時間は12時を過ぎ、どこかでお昼を済ませないとなぁ、、と言いながらICを降り、「コンビニくらいしかないか」と思っていたところ、ある「道の駅」が見えました。
その頃、パパは助手席でどこか適当な場所が無いかスマホで調べもの中。
道の駅でもいいかもな、、なんて心では思いながら、そのまま通り過ぎかけたところ、巨大なあるものが目に飛び込みました。
一応パパにも報告しておこうと、普通に、「パパ、見て~。○○やで~。」と言ってみると、すぐに反応し、ものすごい勢いで、

 「何してんねん!!○○やん!!すぐ戻って!!!はよ!
Uターンや!!!」

普段はUターンをするのを嫌うパパ。さらに言うと、チェックインの時間に遅れることも嫌がるパパ。
ただでさえ時間が押しているというこの状況で、Uターンの指示です。
ちょうど少し先に曲がれる広い場所があったので、急きょ道の駅に戻ります。

ということで、着いたところは「
道の駅久米の里

道の駅自体は、他とそう変わりません。
でも、ただ一つ、大きく変わるところは・・・・


ジャジャ~~ン!!

大きくそびえたつ、身長7m、1/3スケールの、巨大「Zガンダム像です。
(※写真クリックで大きくなります。)

ジャジャ~ン、と言っても、ママにはさほど興味が無いのですが、ガンダム世代のパパにとってみれば、これはもう大興奮もの。写真も撮りまくりです(笑)

でもね、これ、ほんとにすごいんです。
何がすごいって、ちゃんと二足歩行できるように色々考えて作られていて、それがすごいのはもちろんなんですが、これ、すべて中元正一さんという個人の方がたった一人で7年もの歳月をかけて作られたものなんです。

しかもその方、ガンダムが好きとかそういうのではなくて、「ものづくり」が好きで、いつか巨大なロボットを作りたい、と思われていたそうで、ある時たまたま見た雑誌に載っていたZガンダムに惹かれ、結果これを作ることになったんだそうです。
中元さんの「ものづくり」にかける情熱は並々ならぬものだったということですね。良いものを見せてもらいました。
予定通り、山陽道で行ったり、中国道でも落合ICで降りていたら、これには遭遇できなかったわけですから、
結果オーライですよね。

=13時前 道の駅にて昼食=
道の駅の中に食堂があったので、お昼はここで食べることに。
せっかくなので、こういう時はご当地ものを、ということで、パパは「ホルモンうどん」、ママは「雲海たまごセット」、子供達は普通に「お子様セット」を注文。
実は正直、それほど期待してなかったのですが、良い意味で大きく期待を裏切られました!

まずはホルモンうどん。
これ、もう
最高です!めちゃウマです!
ソースも旨けりゃ、ホルモンも旨い!
ホルモン一切れで白ごはんパクパクいけます!
「津山ホルモンうどん」と言えば、B級グルメで有名なことくらいはなんとなく知っていたのですが、これは食べないと損です!
ほんっとおいしかったです!
で、ママが頼んだ「雲海たまごセット」(写真左)
玉子かけごはんと、お漬物、ミニうどんのセットなんですが・・・
お値段聞いてきっとビックリしますよ!
なんと、このセットで、さ、さ、、さ、、さ、、さんびゃくえん(300円)!!
ちなみに、子供達が頼んだお子様セット(写真右)は450円。
めちゃくちゃお得なセットで、大満足♪
コンビニにしなくて良かった!で、結果オーライ

そして、息子にとってうれしかったこと。念願の「カメ」君を買ってもらいました。
一応、けん玉検定
準初段」合格のご褒美という名目で。
もちろん、これからも色々頑張るんだよ、という約束付きで。
道の駅に寄らなければ買えてなかったので、これも
結果オーライ
ということで、キャンプ場に到着するまでの話がえらく長くなってしまいましたが、この道の駅は、色んな意味で良い結果となった寄り道でした。
※「道の駅久米の里」詳細は▶▶▶こちら
=14時過ぎ チェックイン=
案内板もなく
不安になるほど細い民家の間の道と、山道をナビに案内され、それでもなんとか無事到着したのが、14時過ぎ。 (※大きな道から行けばあったそうです。)
やっと看板が見えて、上にのぼって行くと、なんともアメリカ~ンな風景が現れました。
とりあえず、チェックインです。
サイトが色々あるようなのですが、何せバタバタだったので、事前情報がありません。
一通り場内を見てから決めることに。

場内は、管理棟のある上のエリアと、そこから坂を降りたところにある下のエリアと大きく二つに分かれます
(厳密には更に分かれるのですが・・)
下のエリアには一般的なオートサイト(2区画分のラージサイト・レギュラーサイト、電源サイト)や、キャビン、トレーラーハウスなどがあります。
で、上のエリアはというと、屋根付きの流し台、椅子&テーブル、電源がついた、スーパーテントサイトとキャビンがあります。
迷ったのですが、お風呂や管理棟から近いこと、たぶん大丈夫だとは思うのですが、雨が降ったりした時に屋根のあるスペースがあると便利なことから、今回はこのスーパーテントサイトに決めました。今日はお客さんが少ないこと、それに天気が怪しいこともあり、キャンプ場のご厚意で料金を安くしてもらったのも決め手でした。先客は同じスーパーテントサイトに一組だけ。

最初は、屋根とテーブル&椅子があるなら、今回はレクタタープ、やめとく?という話も出たのですが、結局、やっぱりいつも通りにしよう、ということで、常設のテーブル&椅子を荷物置きにして、いつも通りタープとテントを張ることに。
と言っても、設営は殆どパパ一人。ママと子供達は場内散策へ出かけます。

=15時半~ スタンプラリー=
チェックイン時に一枚スタンプラリーのカードをもらっていたので、一枚追加(※有料)してスタンプラリーをすることに。
地図を頼りにポイントを探します。とりあえず、坂をおりて下のオートキャンプエリアへ。
我が家はやらなかったのですが、トレジャーハンティングもできるようで、専用の金属探知機を借りて、土に埋もれたコインを探すんだそうです。
で、そのポイントに応じて景品がもらえるんだとか。大きなお子さんでも楽しめそうですね。
さて、スタンプラリーポイントですが、ちょっとわかりにくいところがありました。
特に、謎の「神社」。
ここは、息子と二手に分かれて探したので、なんとか見つけられましたが、そうでなければ、わからなかったかも・・
もう一組の方も同じ時間にされていたのですが、後でお会いした時に、「見つけられなかった・・」とおっしゃっていました。

広いオートサイトを通りぬけ、奥にあるのは「ミニブタ」さん、更に奥には「ヒツジ」さんがいます。
管理棟で餌を買ってきていたので、餌やりを。
こういった餌やりは過去に何度となくしている二人なので、ふれあい方も慣れたもの。
餌をあげ終えたら、次へ移動します。
ここまででも、結構歩いたのですが、別のポイントへはまた別の道があるようです。
しかも、まだ歩くの?と思う程、遠く感じました。
で、やっとこさ到着したポイントは「イカダ池」
その名の通り、ロープを引っ張って進むイカダ(大小2つ)がある池です。
ロープが半分以上水に浸かっているので、ちょっとためらいましたが、ここまで来たからにはやらないと。ということで、大小二つともやっておきました。

来た道を戻って山側に入ると、最初の神社あたりに戻ってきます。
そこには遊具もいくつかあるので、ひと遊び。
二人とも、丸いブランコがかなりお気に入りだったようです。勢いをつけると、ちょっとしたアトラクションの感覚?
結局、スタンプラリーのポイントをすべて周り、サイトに戻ったのはちょうど17時
設営は殆ど完成の状態。パパさん、お疲れ様でした!
今回は、椅子&テーブルに荷物を置いたので、タープ下はかなりスッキリ&広々していて良い感じです♪
=17時半 夕飯準備=
予定より戻るのが随分遅くなってしまいました。
急いで夕飯の準備にとりかかります。今回の夕飯は「ピザ」。生地から作ります。
バター要らず、発酵要らず、現地ですぐ出来る生地で、あまり失敗はありません。
材料混ぜて、手で捏ね捏ねするだけなので、出来るまで15分もあれば、って感じです。
※発酵要らず、簡単ピザ生地レシピは▶▶▶こちら
その間、子供達はというと、サイトの前の広い芝生広場で、フラフープやバスケットをして遊んでいます。(フラフープやボールはそこにおいてあります。)
まるで、自分の家のお庭のような感じ。
とりあえず、トッピングもできたので、火を用意して、ダッチオーブンに入れて焼きます。
でも、このダッチオーブンは深いので、こういう焼き物にはちょっと不向きかな・・
もっと浅いタイプならもっと効率よさそうなんですが、、
とにかく、下火、上火を強めにして、うちわであおぎます。
娘も、息子も手伝って、順番にパタパタパタ。
=18時半 夕飯 =
子供達の協力もあって、一枚目が焼けました。
かなりお腹が空いていた息子は猫舌なのにも関わらず、出来上がり早々からがっつきます。
で、一気に食べて、「お腹いっぱい~~!!」
娘は、冷めた頃に、ぼちぼち、と。
一枚目は子供達が食べてしまったので、二枚目、三枚目を順に焼き、出来上がり次第、大人が食べます。
結局、この日はみんなが揃って食べることなく、バラバラな感じで夕飯が終わってしまいました。(^^; 
残り火で、「さつまいものケーキ」も焼いておきました。
我が家では子供達が大好きで家でよく作っていたのですが、久しぶりに作ったらちょっと失敗。また、レシピ見直して、うまくいったらレシピ編でアップする予定です。
夕飯を食べ終えた子供達はというと、もう一組のサイトのお子さんと、いつの間にやら一緒に楽しそうに遊んでいます。
毎回思いますが、こういうところは、子どもってすごいですよね。
さて、そうこうしているうちに、あたりはすっかり暗くなってきました。
夕飯が遅かったので、気づけばもうすぐ20時。
お風呂は遅くても20時くらいまでには、と言われていたので、早々にお風呂に入ることに。
受付に行ってみると、既に、先客ありで、我が家的には別に一緒でも全然オッケーだったのですが、管理人さん(奥さん)が気を利かしてくださり、遅くなっても大丈夫だから、ちょっと待ってみる?といってくださったので、じゃ、そうしよっか、いうことで、少し待つことに。
受付には、たくさんのランタンコレクションが並んでいるのですが、何となくその話を管理人さん(おじさん)にふってみると、、、、まぁ止まらない止まらない(笑)
すごく丁寧に、ランタンの話から、海外のキャンプ場の話まで、色んな話をしてくださいました。
若かりし頃の思い出や、キャンプにかける熱い思い、そんなのがひしひしと伝わってきたお話でした。
結局、その後、お風呂に入れたのは20時40分・・・
予定外に遅くなってしまいました(^^;
ま、貸し切りだったので、ゆっくり入れたといえば入れたんですけどね。
お風呂からあがったら、
21時過ぎでした。

いつもなら、この後、早々に就寝となるのですが、娘がどうしても「花火したい!」というもので、、、ま、そのつもりでさっき売店で買ったんだし、やろうか、となりまして。
そうは言っても、21時過ぎてるのに花火は迷惑かな、という気持ちがあったのと、もう一組のサイトのお子さんがまだ起きてらっしゃったので、それなら一緒にやったらどうかな、と子供達に誘いに行かせました。
すると、お子さん達も喜んできてくださり、急きょ二家族合流の花火大会となりました。
そして、パパさんが、ワインや特製スモークを持ってきてくださったので、合わせて大人はプチ飲み会の始まりです。
念のため、
誤解の無いよう、補足しておきますが、、
いつもこの日記をお読みいただいてる方ならおわかりいただけると思いますが、普段の我が家は子供達は基本、21時前には就寝、その後大人も静かに過ごしています。
過去に、何度か夜中の大宴会で寝られず迷惑したこともありますので、非常識なキャンパーにならないように、普段から心がけているつもりです。
ただ、この日は我が家ともう一組ご家族の二組だけ。他には誰もいません。
ロケーションも山の中、子供達もチビちゃん含め4人ということもあり、それほど騒ぐこともないだろう、と実施に至ったわけです。
子供達も、普段なら早々に寝かせられるのに、今日は特別。
夜の散歩に出かけたり、子供達だけでポップアップシェードの中で遊んでみたり、、
初めての夜更かしを大いに楽しんでいます。
中でも楽しかった(うれしかった)のは、クワガタを見つけたこと。
しかも、メスと、ノコギリクワガタのオス!これには息子も大喜び♪

大人は大人で色んな話に花が咲き、向こうのパパさん製のおいしいスモークにお酒もすすみます。
普段のキャンプでは、翌日の撤収のことを考えチューハイ2本まででセーブしているパパですが、向こうのパパさんが超ハイペースで飲まれるもので、気づけば一緒にビックリするくらい飲んでました。
そして、驚いたのは、うちのこのホームページをご存じだったこと!
こんな風に、見ていただいている方とお話しできるなんて、うれしい限りです。
親子ともに、本当に楽しくて、あれよあれよと時間が経過。
気づけば、なんと、日付が変わろうとしていました。もちろん、子供達全員、こんなことは初めて!
さすがにもうお開きにしないと、、ということで、
深夜0時過ぎ、解散です。
テントの中のマットにまだ空気を入れていなかったので、パパが大急ぎでテント内を準備してくれいている間に、コットに横たわった娘。一瞬で撃沈です。息子もその後、早々に撃沈zzz 
そりゃそうですよね。ちょっと羽目をはずしすぎました。こんなことは
今回のみ、ってことで。
そういえば、この日は七夕だったのですが、本当にビックリするほどきれいな星空でした。織姫様と彦星様はきっと会えたハズ!よかったよかった!
その後、ママは出しっぱなしの夕飯の洗い物を済ませ、パパは夜のサイトや風景の写真を撮り、
1時半就寝です。遅っ!
7月とは言え、夜は結構涼しくて、一時は肌寒いくらいでした。
朝早い時間には、ランタンのグローブも真っ白、テントのフライシートからはポタポタと、滴が流れ落ちていたほど。
立地的に山の中ということもあるんでしょうね。

=7時半過ぎ 起床=
昨日、あんなに遅くに寝たというのに、いつもとあまり変わらず、しかも娘が先に起きてきました。逆に、いつも早起きの息子が一番最後。
さすがにお疲れのようで・・・
=9時過ぎ 朝食=
爽やかで、気持ちの良い朝です。
鮮やかな緑に、ランタンのオレンジ。
そんな風景にも「なんかいいな。」と思える朝です。
今日の朝食は、昨日のピザの残りとトースト、サラダ、ウィンナ、サツマイモケーキ、コーヒーです。
アウトは12時ですが、「ゆっくりしてくれていいよ」と言っていただいたので、撤収もボチボチと。子供達はすっかり仲良しになった、NちゃんとKくんと一緒にシャボン玉をしたりして遊んでいます。

楽しみにしていたプールも、水が張られ、お天気もなんとか晴れてきたので、入れそうです。待ちきれない子供達は、「プールまだ~?」と何度となく聞いてきます。

=11時半過ぎ プールへ=
片づけも大分落ちついて来たので、子供達はお待ちかねのプールです。
プールは大小2つあり、大きい方は水深が1mくらい、小さい方は膝下くらい。
娘はまだ110cmも無いので、大きなプールは一人では無理。
不服そうですが、小さなプールで遊ぶことに。
息子は、今もスイミングに通っているので、普通に泳ぎます。

でも、昨日から水を張り始め、今朝までかかっていたので、まだ水が冷たい・・しかもお天気も曇り出し、結構寒い!唇も紫色に近くなっています(^^;
風邪をひかれても困るので、とりあえず30分近く入ったところで、一旦終了。
息子は、NちゃんやKくんと一緒に遊びたかったらしく、あがるのを渋っていましたが、パパさんに聞いてみると、撤収⇒昼食後にみんなで入りますよ~とのことだったので、後からもう一回入って良いから、と伝え、あがってきました。
=13時 昼食=
その後、お昼ご飯がお互いカップめんだとわかり、パパさんから「よかったら一緒に食べませんか?」とお誘いいただいたので、前の芝生広場にある常設のテーブル&椅子で、みんなで楽しくお昼をいただきました。昨日getしたクワガタ君も一緒です。
=14時前 再びプールへ=
さて、食べ終わったら、再びプールです。
良い感じに晴れて暑くなってきました。
我が家は子供達だけでしたが、Nちゃんファミリーは皆さんで入られていたので、厚かましくも、パパさんやママさんにたくさん遊んでもらいました。本当にありがとうございます!
おかげでとっても楽しかったようです。
さて、その間、ママはキャンプ撤収時恒例、愛車君を拭き拭き。
そうそう、話は全然変わるのですが、今回、パパ、かなり足を虫にやられてました。
くるぶし周りを集中的に十か所くらい・・・・時間が経つと、熱を持って全体的に腫れていたので、おそらく、例のアイツ、ブユじゃないかと思います。
虫よけスプレーもしていたんですが、やっぱりヤツには効かないみたいです(^^;
そういえば、フロントに売ってあった虫よけスプレーが、虫の多い海外で自衛隊の人も使ってる、という代物でした。
強力なのかな?買っておけばよかったかも。。
14時半、まだまだ遊び足りない子供達。
とは言え、昨日は遅寝、明日から学校だし、体調崩してもいけないので、そろそろ帰ることにします。
Nちゃんファミリーにお礼を言って、プールからあがり、管理人さんにご挨拶をして、
15時前、チェックアウトです。
さすがに疲れたのか、車に乗ってすぐに二人ともお昼寝zzz 

特に帰り道も渋滞することなく進み、
17時半過ぎ、帰宅です。

さて、全体の感想です。
とにかく、施設が広いです。
こちらでは、勝手に、「上のエリア」「下のエリア」と紹介しましたが、とりあえず、管理棟から坂を下りた「下のエリア」がとっても広い!
「上のエリア」は屋根つきの流し台などがあるサイトが5つとキャビンなので、多い時期は、この「下のエリア」がメインになると思います。

下のエリアのオートキャンプサイトは、実は段々畑のようになっていて、一番上の段には二区画のラージサイトとキャビン、トレーラーハウス、二段目は電源サイト、三段目にレギュラーサイトという構成になっています。それぞれ水道つきです。
水道の下にはシンク?があるのですが、流し台という感じではないので、洗い物をそこで済ませようと思うと、ちょっと腰が痛くなりそうです。
では、炊事棟を利用すれば、、となるのですが、実は炊事棟はだたっぴろい敷地の真ん中あたりにある一か所だけなので、特に一番下の段のサイトからだと、ちょっと不便かもしれません。
ま、水道が無いというわけではないので、なんとか洗えるとは思うのですが・・・
後、トイレも両端に二か所だけなので、ちょっと不便なサイトもあると思います。
我が家の利用した上のエリアの「スーパーテントサイト」は、管理棟、お風呂、トイレ、コインランドリー、プールに近いのでやっぱり便利でした。
その分、料金も高いんですけどね、、、

遊び場面で言うと、場内をぐるっと回るスタンプラリーは毎日あります。
結構歩きますので、参加される方はそのつもりでスタートしてくださいね。暑い時期はドリンク必須です!
後、「トレジャーハンティング」なるものがあり、専用の金属探知機をレンタルし、地面に埋まったコインを探し、合計ポイントで景品がもらえるというものなのですが、小学生くらいのお子さんが楽しめるかな、という感じです。
後は、ちょっとした遊具、夏にはプール・虫捕りも楽しめます。

とっても大きな施設なのに、ご家族で経営なさっているというのにちょっと驚きました。
特に、お父さんは昔、アメリカや海外でキャンプ場を巡ったり、働いたり?されていたので、その時の色んなお話が聞けたり、これまでに収集されたランタンコレクションもあったりしますので、オールドコールマンファンには魅力的かもしれませんね。
▶▶▶vol.44

 スポンサードリンク


キャンプ日記indexへ

Copyright(C) since 2008 関西子どもとお出かけ遊び場情報 All Rights Reserved.