関西子どもとおでかけ遊び場情報ーキャンプリゾート森のひとときー
森のひととき・キャンプリゾート-オートキャンプはもちろんのこと、コテージやデッキサイトなどの施設も充実している兵庫県丹波市、キャンプリゾート森のひとときの紹介です。

HOME
> キャンプ場編 index > キャンプ日記index  
キャンプ日記 vol.41

2012年5月26日(土)~27日(日)
気候も良くて、キャンプには一番良いシーズンだというのに、子供の体調不良やらなんやらで、気づけばGWキャンプから3週間が経ってしまいました。
GWキャンプはお天気もスッキリせず、それだけで気分的に盛り上がりに欠けた結果となりましたが、この週末は文句なしの晴れ!
ということで、絶好のキャンプ日和のこの週末は、
パパと息子にとっては約1年ぶり3度目、ママと娘にとっては1年半ぶり2度目、となる、「キャンプリゾート森のひととき」へ。  ※詳細はvol.23で。

一度行ったことのあるキャンプ場で、比較的近場、しかもママの実家近くと言うこともあって、初めて行く場所に比べると、少し気持ち的に余裕があります。
初めてのところは、何かにつけてあれもこれも、、と思ってしまうので何となく落ち着いていられない部分があるんですよね。
そんなことで、出発も遅め。チェックインの時間にあわせ、11時半を過ぎてからとなりました。

=13時 チェックイン=
ここは、高速のICを降りてから約10分というロケーションなので、とってもラク♪
やっぱり、高速降りてからすぐ到着するのと、そこから地道が長いのとでは、着いてからの疲れ方が違いますね。
とりあえず、早々に受付です。
一年半の間に、管理棟の中も色々と変わっていました。
でも相変わらず、販売品は充実しています♪
そうそう!ここでビックリすることがありました!
前に受付をされていたご家族が、なんと、息子の同級生、しかも同じクラスのSちゃんファミリーだったんです!
ママも、つい数日前に懇談会でママさんをお見かけしたところで、まさかこんなところで会うなんて!とお互いビックリ!!
Sちゃんファミリーは今日が初キャンプで、テントではなく新しいデッキハウスに泊まるんだそう。
また後で会うかな? とにかく本当にビックリしました。こんなこともあるんですね~。
さて、話は戻って、、、前回からゴミの処理方法も変わっていました。
基本持ち帰りで、キャンプ場で処理していただく場合は、有料(200円)で、専用のゴミ袋をもらって、管理棟前のゴミステーションに捨てることに。
細かい話ですが、我が家の地域は可燃ごみの回収が月曜でなく、火曜なので、今回は処理してもらうことにしました。
ゴミ袋を広げてみると、ビックリ!「森のひととき」オリジナルのゴミ袋でした(^_-)
アーリーチェックインをされたのか、前泊なのか、とにかく今回は既に多くのテントが設営されていました。
特にママは1度目の冬の
貸切キャンプ以来なので、この光景は新鮮です。
これまでの二回は広い方(A-Type)のサイトを利用したのですが、今回はちょっとケチって狭い方のサイトにしました。
こちらのサイトの特徴は、↓の写真でわかるようにサイト内にある段差。
オートキャンプサイト自体が斜面を利用して作られているので、全体的に傾斜があり、この盛り土が唯一フラットな部分なのですが、でも、毎回この盛り土がある為に、どう張ろうか頭を悩ませます。
しかも、狭い方のサイトが、想像以上に狭かった・・・(※←写真は広い方のサイトです。)
車を停めて、リビシェル張って、テント張ったら他のスペースはほぼ「0」
しかも、隣との間隔もほぼ「0」 ペグダウンもはみ出さないよう考えながらしないといけません。
更に今回は、両隣いらっしゃったので、プライベート感も「0」・・(^^;)
この時期になると、リビシェルもメッシュにしないと暑いし、先方のタープもメッシュになってるし、何かにつけてお互い、よく見える状態でした。でも、だんだんキャンパーさんも増えてくる時期なので、その辺は仕方ないのかもしれませんね。
=設営&フリータイム=
パパが設営、ママが荷物出しの間、子供達は水着に着替えて、川遊び。
というより、川は最初だけで、後はずっと水鉄砲を撃ち合って遊んでいました。

=15時 夕飯準備=
一通り、サイト内が片付いたら、ちょっと休んで、少し早めの夕飯準備です。
え?いきなり????
はい、いきなりです(笑)
というのも、今回は、
子供達にカレーを作ってもらうことにしたのです。
お米を研いで、ピーラーで野菜の皮をむいて、包丁で切って、、
切った野菜やお米も自分たちで運び、サイトに戻ってきてからは、二人で交替してお肉や野菜を炒めます。
全体に火が通ったらお水を足し、しばらく煮てからルーをポトン。
これで準備完了!
少しはママも手伝いましたが、殆ど、子供達がやりました。
さて、夕方にはおいしいカレーが出来るかな?
働いたので?休憩タイム。「みたらし団子」です。
息子は大好きなのですが、娘はあんこのついているお団子の方が好み。
「とりあえず、一回食べてごらん。」と促されて口に持って行きますが、、、
「なんかドロッとしてるぅ~((+_+))」
いやいや、そのとろみがあっての、みたらし団子なんですよ!

娘、お口にあいませんようで、、、
その後しばらく、リビシェル内でゆっくり過ごします。
持ってきていた本、「ポケモンファン」を見たり、娘においては、コットで横になって休んでいるパパの上に乗っかって、飛行機!
それを横目にボソッと息子、「いいな~。」
ごめ~ん、さすがに娘+10kgの飛行機はパパの体が壊れます・・・
でも、ほんと、大きくなったもんです。
この日は、イベントとして「オリジナルペンダント作り」、「キャンプファイヤー」がありました。
ペンダント作りは、石や鹿の角で作るというちょっと珍しいもの。
15時~17時だったので、一通り場内を散策してから、作りに行って、終わったら先にお風呂に入ることに。

こちらのキャンプ場には、他にはあまり見かけない「デッキハウス」というのがあります。
一番最初に来た時にはそれも無かったのですが、どんどん進化して、来るたびに何かが増えてる感じ。すごいですね。
で、今回も森の中に新しいデッキハウスができていました。
聞くと、ついこの間のGWにリニューアルオープンしたばかり!そして、新しいデッキハウスには二段ベッド付き
なんだそうです。(布団無・マットレスのみ)

さて、そんな感じで、ちょっとゆっくりと場内を見て回っていると、16時にサイトを出たのに、フロントに着いたのは
16時45分
「ペンダント作りをしたいんですが、、、」
「、、、今から、、ですか??」 

あ、、まずい展開かも・・・


すみません、、、この時間からはちょっと、、、、、」

はい、撃沈・・・(/_;)
勝手に、15時から17時受付、なんて思い込んでいたのですが、15時からスタートで17時まで、、だったそうです。
=17時半 お風呂=
仕方ない、またサイトに戻りますか・・(^^; 
涼しくなってから、と、一人でテント設営中のパパと合流してから再度、管理棟のお風呂へ。
時間が早かったこともあり、女湯は途中まで貸切、男湯も少なかったそうです。
でも、無料でお風呂に入れるのはありがたいですね~。
=18時過ぎ 夕飯=
と、その前に、200Aランタンのマントルが破損したので、新しいのをセット、空焼きです。
初めて、息子君が挑戦。
ま、挑戦と言っても、まんべんなく火を点け焼くだけなんですけどね。
なんでも、経験させてみることも大事、ってことで。
で、その後、お待ちかねの夕飯です。
子供達が作ってくれたカレー、気になるお味は?

やっぱり、愛情たっぷり込めて作ってくれたカレーは
超おいしい♪(←親ばか・笑)
でも、将来的にはママの手助け無しで作ってくれたら本当にうれしいな~(*^o^*)

ちなみに、パパのおつまみはこれ。
焼いて切って並べただけです。
写真アップにするほどでもございません。
今日のメインはあくまで「
子供達が作ってくれたカレー」ってことなのでー。
=19時半~20時半 キャンプファイヤー=
この日は夜のイベントとして「キャンプファイヤー」がありました。
子供達は待ちきれず、時間になる前から会場に行って、ご丁寧にちゃんと4つ席まで取ってきてくれました。
たまたま、我が家のサイトのすぐ奥がキャンプファイヤー場だったので、様子は全部聞こえていたのですが、何やら始まる前から盛り上がっている様子。
とりあえず、時間になったので、会場に移動です。
キャンプファイヤーと言っても、たぶん、焚き火を囲んで、歌を歌ったり、ちょこっとゲームしたりくらいだろうな、とそれほど期待していなかったのですが、、、、
完全に、裏切られました!
もうね、
人生でこれほどまでに楽しいキャンプファイヤーを経験したのは初めてです!!
ほんっとにほんっと~~~~に、めっちゃくちゃ楽しかったんです!
裏方さんは他にもいらっしゃいましたが、司会、進行などは、すべて、スタッフの方=「さかもっちゃん」が一人でされていて、この「さかもっちゃん」が最高に楽しいのです!子供はもちろんですが、大人もお腹を抱えて笑っちゃうくらい。
何がどう楽しいか、というのは、行かれる方のお楽しみとして、ここではあえてコメントしませんが、ママは子供以上にはしゃいで、盛り上がって、汗かきました!
お客さんの多い気候の良いシーズンはほぼ毎週されているようなので、もし行かれる時にキャンプファイヤーがあれば、ぜひ参加してくださいね。

ちなみに、今日が初キャンプのSちゃんファミリーは、というと、我が家同様、本当に楽しかったそうで、大喜びでした。
やっぱり何でも最初の印象って大きいもの。そういう意味でも、このキャンプファイヤーは良かったと思います。
後でママさんとお話しする機会があったのですが、「キャンプ」に対しての印象がものすごく良くなったみたいで、なんだか私までうれしくなりました。
なんと、来月早々にもう一度泊まるように予約をして帰られたんだとか!
でも、周りにキャンプ話できる人がいないので、ちょっとうれしかったです♪

で、そんな楽しい楽しいキャンプファイヤーが終わったのが
20時半過ぎ
もちろん、子供達、「まだまだ遊びた~い!」と言っておりましたが、時間も時間なので、サイトに戻り、
21時過ぎ就寝です。
=6時半 起床=
朝はさすがに少し肌寒いものの、日差しも出てきて、なんとも気持ちの良い季節になってきました。
キャンプ場で迎える朝って、清々しくて結構好きなんですよね。(冬は別・・)
=7時半 朝食=
今回の朝ごはんは飽きもせず、フライパンdeトースト(^_^.)
で、一緒に写っている黄色いものはというと、、、
ロールペーパーホルダー」と言って、中にトイレットペーパーが入っているのです。実は、我が家はいつもティッシュの代わりにトイレットペーパーを持参しているのですが、むき出しでテーブルに置くのもなんだかな~と常々思っていたところ、ロールペーパーホルダーなるものがあることを知り、便利そうなので買ってみました。
陶器製でかわいいものもいくつかあったのですが、キャンプに持って行く条件として、壊れないものというのが最優先なので、布製であえてシンプルなデザインのものを選んでみました。
使い勝手もそれなりによく、又、これに入れることによって、トイレットペーパーを卓上に置いていても、違和感が無くなり、それだけでも買って良かったなと思います。

=8時半~ 川遊び=
朝食後は子供達のリクエストで川遊びです。
チェックアウトは11時なのですが、少しゆっくりしたかったので、あらかじめレイトチェックアウトを申し込んでおきました。(13時まで1,050円)
キャンプ場の周りには小川が流れており、しかも森の中なので、とても涼しいのです。
このあたりは、浅いので大きな魚はいませんが、沢ガニや小さな魚はちらほら。
息子も何匹かカニを捕まえていました。
「もっと向こうの方が魚がいそうだよ」
ということで、オートサイト側よりもう少し下流、管理棟のあたりまで移動です。
長くなりそうだったので、子供達は一旦パパに任せ、ママはサイトに戻ってシュラフを干したり、マットを畳んだり、ある程度のことをやってから合流です。
こちらは魚が結構いて、息子だけでなくママまでもが本気になって、魚を捕まえます。めだかに近いくらいの小さな魚や、ちょっと大きめの魚まで、気づけば10匹以上カゴに入っていました。どれを持って帰ろうか選り好みができるくらい・・
でも、結局、その後しばらくしてほぼ全滅・・・
せっかく家の水槽で育てようと思っていたのですが、やっぱり川じゃないとダメなんですね。かわいそうなことをしてしまいました。
=10時半~ 撤収=
一通り川遊びを堪能したら、サイトに戻って撤収作業です。
リビシェルもしばらくはお休み、次回からはレクタの出番です。
乾燥撤収には文句なしの良いお天気!おかげでキレイに乾きました。
その間、子供達はお気に入りの木陰で休憩。
この木陰、テントやタープでできる日陰と違って、めちゃくちゃ涼しく、子供達が気に入るのも納得。
何もせずぼ~っと昼寝でもしたら気持ちいいだろうな~と思える場所でした。

そうこうしてると、
サプライズゲストが到着です。
ま、サプライズゲストと言っても、ママが
無理やり呼び出したんですが、、
=11時半 おじいちゃん&おばあちゃん到着=
冒頭でも書いていますが、ここ丹波市にはママの実家があります。
GWに一度帰ろうと思っていたのですが、予定があわず、結局行けずじまいだったので、ちょっと久しぶりの再会に、子供達も大喜び。
しかも、
お寿司といちごの差し入れ付きでママも大喜び!
お昼はカップめんの予定だったので、とってもありがたかったです♪
=12時半過ぎ お昼ご飯=
おじいちゃん、おばあちゃんも一緒に、差し入れてもらったお寿司をいただきます♪
こうやってキャンプで一緒に食べるのは、ちょうど一年ぶり
やっぱり、たくさんで食べるとおいしい&楽しいね♪
子供達も張り切って、いつもよりもたくさん食べてました。ご馳走さまでした~!
とりあえず、13時は間に合いそうにないので、もう1時間延長してもらいます。
基本的には、延長は13時までだそうですが、後の予約が無い場合はこんな感じで延長も受けていただけるようです。(1時間@525円※’12.5現在)
子供達の相手はおじいちゃん達にお願いして、少しずつ片づけていきます。
ちょっとのんびりしすぎて、最後は駆け足状態でしたが、なんとか14時数分前に積み込み完了。
14時ちょうどにチェックアウトです。

おじいちゃん達とは、キャンプ場で一旦バイバイしたのですが、その後、遅れて出たママ達が追いつき、信号待ちしていると、おじいちゃんが車から降り、
「○○(←スーパーの名前)でなんか買ってあげるから、一緒に入り。」と。
お言葉に甘え、スーパーに寄って食材まで買ってもらっちゃいました。
毎度のことながら、お米はもちろんのこと、お昼の差し入れ、更に今回は夕飯の食材まで買ってもらい、ありがたい限り!感謝感謝です!

ということで、今回は、久しぶりに良いお天気の中でのキャンプで、終始気持ちよく過ごせました。
夜のキャンプファイヤーもとっても楽しかったし、短い時間ではあるものの、久しぶりにおじいちゃん、おばあちゃんとの再会もあって、とても充実したキャンプとなりました。
施設も、以前来た時に比べかなり変化(進化)していて、ビックリ。
後はオートサイトの段差、斜面がなんとかなったら言うことないのにな~と思ってしまうママなのでした。
 ※’13.4補足 改修工事により、サイト内の段差は無くなったそうです。
   ▶▶▶vol.42

 スポンサードリンク


キャンプ場日記一覧へ

Copyright(C) since 2008 関西子どもとお出かけ遊び場情報 All Rights Reserved.