関西子どもとおでかけ遊び場情報ー家族でお出かけ・レジャーに ー赤穂海浜公園オートキャンプ場ー
赤穂海浜公園・兵庫県赤穂市にあるちょっとしたリゾート地に来たような雰囲気のあるキャンプ場・赤穂海浜公園オートキャンプ場の紹介です。

HOME
> キャンプ場編 index > キャンプ日記index
 
キャンプ日記 vol.36
2012年2月4日(土)~2月5日(日)
年越しキャンプ以来、1か月ぶりのキャンプは、子供達もずっと行きたがっていた「赤穂海浜公園オートキャンプ場」です。
前回来たのはちょうど一年前
公園には小さいけれど、遊園地や大型遊具もあるし、そして、キャンプ場の中にも遊具があったりするので子供達は大のお気に入り!
キャンプ場はリゾート地みたいな風景だし、冬場でも炊事棟では熱湯に近いお湯も出るし、子供だけでなく大人も快適なのです♪

さて、そんなキャンプ場のある「赤穂」と言えば「
牡蠣」でも有名なのですが、兵庫県民の割に、実はあまり知りませんでした。
ということで、今回は「牡蠣」を堪能したく、また冬にここでキャンプをすることになったわけです。
でも、チェックインは14時。それまでの時間がもったいないので、キャンプ場に行く前に少し寄り道です。

=11時半 赤穂大石神社 到着=
赤穂大石神社と聞いてピンときた方もいらっしゃるかもしれませんが、ここはあの「忠臣蔵」の主人公でもある大石内蔵助をはじめとする赤穂四十七士が祀られている神社なのです。そして偶然にもこの日2月4日はその義士達の命日だったそうで、神社では「義士自刃御命日祭」が行われていました。
午前中には義士鎮魂の47本の大ロウソクの点火もあったようです。
境内では厄除け大根もふるまわれていたので、我が家もいただきました。地元の大根を使って用意されていたんですが、大根がびっくりするほど大きい!息子も厄除けということで一人前いただいたのですが、実はあんまり大根が好きではなく、おあげさんだけいただいて、大根は一口のみ。大きくて分厚く切った大根が二切れ。
一人前でもお腹が膨れそうなのに、それを二人前食べることになったママ。お腹いっぱいでした。
そして、前日が節分だったこともあり、大きな鬼と豆が置いてあり、赤鬼に思い切りぶつけてやっつけましょう!なんて書いてあったので子供達はこれでもか!と言わんばかりに豆を投げつけていました。あまりに投げすぎて、豆が無くなり、巫女さんが補充に来られていたほど、、
そして「忠臣蔵」といえばこの太鼓ですね。もちろんこんな大きなものではありませんが、記念撮影用です。ちなみに、物語ではこの太鼓を打ち鳴らして討ち入りに行ったという風になっていますが、実際にはそんなことはなかったそうです。
一つ珍しいものがあったのでやってみました。
「一文字流し」というものです。日頃の悩みや忘れたいこと、嫌なことなどを一文字に表し、それを紙に書いて水につけると、不思議なことにきれいに消えてしまうのです。「水に流す」とはまさにこのこと、という感じです。我が家も子供達がやってみました。息子はやっぱり勝負事には勝ちたいので「負」、娘はいつも楽しくいられるように「悲」。書いて水につけると、じわじわ~っと紙が水に浸って、溶けるように無くなっていきます。
そのままでもいいのですが、せっかちな息子は横に置いていたかきまぜ棒でグルグル。溶ける紙を使っているだけといえばそれまでなのですが、文字の一部が水の流れに沿って、消えて行く様はなんとも不思議な光景でした。本当に嫌なことが流れていく感じでスッキリします。

さて、境内には「義士資料館」として四か所の資料館があります。こちらはその一つ、「大石邸庭園・長屋門」の一部。

江戸城内の松の廊下にて赤穂藩藩主「浅野内匠頭」が「吉良上野介」を切りつけたこと(=松の廊下事件)を知らせる早打ち状を読み上げる「大石内蔵助」
この事件の後、浅野内匠頭は、即刻切腹となったのに対し、吉良上野介はおとがめなし。その結果を不服とする大石内蔵助はじめ赤穂義士達47人が、吉良邸へ討ち入り、藩主の仇をうちました。その後、義士達は切腹。そして、この一連の流れを総称して「忠臣蔵」と呼ばれているわけです。 
※赤穂大石神社詳細は▶▶▶こちら
色々としっかり見ていると、気づけばもう13時!そろそろ移動しなければ、、、
ということで、次に向かった先は、キャンプ場ではなく、「海の駅・しおさい市場」です。
そうです!今回のキャンプのメイン、「牡蠣」を仕入れに来たのです♪
でも、駐車場は満車。別の駐車場に行こうとしたのですが、遠い!あまりに遠すぎる。なので、Uターンして、ママと子供達は先に降り、パパだけ駐車場の列に並ぶことに。その後、15分程待ってようやく入れたようです。駐車場の横の作業場は、
牡蠣の山
ものすごい数の牡蠣が積み上げられていました。
市場には○○水産、という感じでいくつかお店があります。
基本的には牡蠣はどこも同じ価格。
一軒だけ、バケツ販売をしているお店があったくらいです。
どれくらい買おうかと迷った結果、殻つきを2kg、むき身を500g購入しました。
市場の向かい側には、食事ができる「くいどうらく」があります。牡蠣の食べ放題もあり、長蛇の列ができていました。牡蠣だけでなく、海の幸のバーベキューなどもあるそうです。
とりあえず、時間も時間なので、外の売店で子供用のお昼ご飯、から揚げと焼きおにぎりを購入し、キャンプ場へ向かいました。
大人は結局お昼抜き・・・大根いただいてて良かった~((+_+))
※海の駅・しおさい市場詳細は▶▶▶こちら
=14時 チェックイン=
今回もフリーサイトです。
前回の記事
にも書いていますが、こちらのフリーサイトは「
ほぼオートサイト」で、場所によっては電源もあるとても便利なフリーサイトなのです♪
早く公園や遊園地で遊びたい子供達。その気持ちをよ~く知っているパパさんが今回も一人で設営してくれるということなので、お言葉に甘え、ママと子供達は公園へ。
子供達のお気に入りの場所というだけあって、一度来ただけなのに、場内のことをよく覚えています。さっささっさと歩き、遊具を通り越して遊園地エリア「わくわくランド」へ直行。それぞれお気に入りのものがあり、いつも「赤穂」の話をすると、「今度行ったら○○する!」と話していた子供達。
まずは息子のお気に入り「迷路」です。
多分、、いや、間違いなく「迷路」が、というより、終わった後にもらえる景品が良かったからなんでしょうが、今回も前回と同じような「剣」を選んで大満足。
続いては娘のお気に入り、サイクルモノレールです。
これ、結構怖いんです。ママが・・・
そんなことはありえないんですが、なんとも不安定に思えてしまって・・・
おまけに意外と高い・・・
しかも、一人で自転車のようにこがないといけないので、しんどい・・・でも、娘はキャーキャー言いながら大喜びしていたので良しとします。
遊ぶのはそれぞれ1,000円分づつね、と言っていたので、残りは400円。
ちなみに、キャンプ場で1,000円分のチケットが800円で買える割引券がもらえますので、行かれる際にはもらって行ってくださいね。
息子が次に行きたいのが「動物ふれあい村」です。確か乗り物券は使えなかったような気はするけど、、、

最近、やたらと犬を気に入って「飼いたい」と思い続けている息子にとって、前回、膝の上にちょこんと乗ったワンちゃんたちのことは忘れられないみたい。
ということで、そこに行ってみると、なんとも様子がおかしい。入口は閉まっていて何か張り紙がしてある。
施設老朽化の為のリニューアル工事中なんだとか・・・残念!!
ということで、残りの400円は、くまさん列車とボールハウスに消えました。
ボールハウスは2人だけだったということもあって、思いのほか楽しかったようです。
とりあえず、チケットもきれいに使い切ったので、遊園地エリアはおしまいです。
遊園地エリアわくわくランド詳細は▶▶▶こちら
次は遊具のある「わんぱく広場」へ。
滑り台で遊んだり、難破船のような大型船で遊んだり、、
子供達はまだまだ遊び足りなかったのですが、ママは初めての牡蠣の下準備のことも気になるし、とりあえず当初の予定を少し過ぎた
16時過ぎに撤収!
キャンプ場に戻ります。
遊具エリアわんぱく広場詳細は▶▶▶こちら
=16時半過ぎ 牡蠣下準備=
ママも殻つきの牡蠣を調理するなんて初めてのこと。
とりあえず、たわしでゴシゴシ洗ってから、ネットで事前に調べたやり方で、殻の端をキッチンバサミで切って身を取り出してみます。
殻つきは2kg購入したのですが、多分25個くらいあったかと思います。
その間、子供達はというと、キャンプ場内の遊具で遊んでおりました。
これ、小さな子供連れには助かるんですよね。
子供達だけで遊びに行っても場内なので、安心です。
後、こちらの夕日は結構キレイです!
前回同様、キレイな夕焼け&夕日を見ることができました。
=18時~夕飯=
さて、なんとか牡蠣の処理も終わり、夕飯です。
子供達は牡蠣を食べられないので、先に子供用の食事を。
焼きそばと前回好評だったエビピラフです。
子供達の食事も終わり、お次はいよいよ今回のキャンプのメインでもある「牡蠣フルコース」です!
まずは「殻つき牡蠣の香り蒸し」
牡蠣に醤油としょうがで下味をつけ大葉の上に牡蠣、ネギを乗せて蒸します。
もう一つは「牡蠣のホイル包み」
ホイルの中に玉ねぎやえのき、わかめを敷き、牡蠣を乗せて包んで蒸します。
更には「むき身牡蠣のバター炒め」。
えのきやしめじなどと一緒にバターで炒めます。
こちらのキャンプ場は焚火禁止なので、焼き牡蠣はパス。
でもとにかく、牡蠣、牡蠣、牡蠣!
ママは他に少しピラフも食べましたが、パパにおいてはこの牡蠣のみ!
本当に「牡蠣三昧」の夕飯となりました。
こんなにたくさんの牡蠣を食べたのは人生初です(笑) 赤穂の牡蠣は身が大きくてぷりっぷり!とってもおいしかったです!!

さて、そんな夕飯も終わり、お風呂と言いたいところなんですが、、、
我が家にとって、ここのキャンプ場の一つだけ残念なところ。それは場内にお風呂が無いこと。
近くに温泉はあるのですが、当然車で行くわけで、、、夕飯後に行こうとすると、誰かは
アルコールを我慢しなければならないのです・・(;;)
お風呂を我慢するか、アルコールを我慢するか、、って感じですね。
どちらも我慢したくない場合は、先に夕飯ですよ!
ということで、今回も、前回パパが「低温サウナ」が心地よかったという、「赤穂ハイツ」に行くことに。

=20時過ぎ お風呂へ=
前回同様、玄関には「日帰り入浴終了」の看板。でもキャンプ場利用者は大丈夫、ということを知っているので、気にせず受付に行きます。
堂々と「キャンプ場利用者です。四名お願いします。」と伝えると、
予想外のちょっとビックリしたような、困ったような顔のフロントの方
「あ、はい、、、えっと、、わかりました。」と、なんだかスッキリしない対応で、やっぱり様子がおかしい。
確かに、前回遅めに来たとき大丈夫だったけど、それが何時頃だったか覚えてないな~、、、、、まさか、、、(・_;)

「もしかして、、もう終わってました?」
恐る恐る聞いてみると、申し訳なさそうな笑顔で
「あ、はい~、、、、」とのお返事。
通常の日帰り入浴は17時半までで、キャンプ場利用でも19時半までだったらしいです。(※前回は20時迄だったんですが、、)

ひゃ~~~!!!!!!ごめんなさ~~い(+o+)

「21時頃にはお風呂から出ていただけますか?」
「もちろんです!!!」
ということで、入れていただきました。ありがとうございます~!

この時、確か時間は
20時10分過ぎ。ま、大丈夫でしょう、とお風呂に入ったわけなんですがーー。
意外や意外、結構時間かかるものですね。
ママと娘が少し急ぎ目で体を洗い、一通りのお風呂に浸かってふと時計を見ると、「20時45分過ぎ」。
少し時計が進んでいたらしいのですが、そんなことは知らない
ママ達は大慌て!急いでお風呂から上がります。
だって、、21時にお風呂から出ないといけない、という以前に、
キャンプ場の門が21時に閉まってしまうのですから!!

受付の時にも念を押されてたんです。
「21時に閉まると朝まで開きませんので、お風呂などに行かれる際はくれぐれも気を付けてくださいね。」と。

かなり焦りました。
でも、4歳の娘も事情を説明すると、見たこともないスピードで着替えてくれています。
多分、お風呂で時計を見た時から5分以内には着替え終わってお風呂場を出たハズ!!!
当然、パパたちが「遅い!!」と待っていると思ったのですが、、、いません!!!
この時、時計は
20時50分
ママは無理なので、娘に男湯の様子を見に行ってもらいます。

パタパタパタ、ともどってきた娘に「パパ達、着替えてた?」と聞いてみると「
ううん、いなかった」・・・・・(@_@;)

え~~~!!!
○○ちゃん!大きな声で、もう9時になるよ!早くして!!って言ってきて!」とお願い。
忠実に指示に従ってくれる娘。
時間は刻一刻と過ぎて行きます。
20時55分になった時は、正直、もうダメだ、、、とあきらめました。

20時57分、頭がまだびしょ濡れの状態でパパ達が出てきました。
猛スピードで駐車場まで走り、乗り込むと、時報に合わせてある
正確な車内の時計は「20:55

ヤバすぎです。ほんとにヤバすぎです。
とにかく、安全運転で、でも急いで車を走らせます。
幸い信号につかまることもなく、スムーズに進むことができ、ぎりぎりの
20:59、キャンプ場に到着です!
駐車場のゲートをくぐった瞬間、21時の時報でした。
ま、最悪、ゲートが閉まったら朝まで車だけ外に停めてって方法もあったんでしょうけど、、、、でも今回はかなり焦りました(^^;
=21時過ぎ 就寝=
大慌てで出てきたので、湯冷めしないように、子供達はそのままシュラフに入り、早々に就寝です。
大人はその後、先ほどのドタバタを取り戻すべく、コーヒー飲んでまったり♪
やっぱりキャンプの夜はこうじゃなくっちゃね。
=翌朝 8時半過ぎ 朝食=
今回の朝は、いつもと変わらず、フライパントーストとクロワッサン、目玉焼き、ウィンナにスープです。
そういえば、昨夜は寒かったのか、朝たまたま手にした「オリーブオイル」が、、、、凍ってました。ゴマ油は大丈夫だったので、なんで???って感じですがビックリしました。
さて、朝食後、子供達は恒例の、です。
で、こちらも恒例の、です。
お天気が良かったのでついでに、ポケモン達も日向ぼっこです。アウトは11時ですが、今回もデイをつけて16時まで延長。
ざっくりと片づけた後、せっかくなので「牡蠣まつり」の様子を見に行くことにしました。我が家がキャンプ場で過ごしている間、駐車場にはどんどん車が入って行くのが見えていたのですが、、、

=11時40分 牡蠣まつりへ=
会場になっている公園に行ってみてビックリ!!ものすごい人です!
昨日は人もまばらだった公園には、あふれんばかりの人!人!人!
「牡蠣の直売」は終了していて、無料の焼き牡蠣のコーナーには「
長蛇の列」が・・・

ここでお昼も済ませたら楽かな~なんて気軽に考えていたのですが、とてもとても、、、、
並ぶ気にもなりません。一通りどんな感じが様子だけ見て、退散です。
赤穂かきまつり詳細は▶▶▶こちら
もうお昼だし、サイトに帰ろうとしたのですが、子供達が遊びたい!というので、ちょっとだけ遊ぶことに。昨日も遊んでいるので、今日は二人で1,000円分だけね。
牡蠣イベントに合わせて、昨日は無かったスーパーボールすくいや射的なんかもやっていました。しかものりもの券が使えるらしい。
その中の一つに、すぐ前に斜めになった桶があって、そこにボールをポンと投げ入れ外に出なければOKというものがあり、息子がチャレンジ。でも、残念ながらあっけなく敗退。200円がうまい棒に代わってしまいました。
それを見ていたパパ。ちょっとやってみよかな~と。
係の方に聞いてみると、てっきり大人は後ろから、と言われると思ったら、同じ場所からでいいですよ、とのこと。
え?なんか簡単すぎるんじゃない?と思ってみていると、やっぱり!!パパ、あっさりと2個とも桶にボールを入れ、見事特大ガチャピンgetです!!
これはかなりおいしいぞ!
ということで、次は娘の分に再度挑戦⇒で、やっぱりあっさりget!息子のうまい棒と違って、とってもお得な200円でした(^o^)/
当然、子供達も大喜び!そして「パパ、ありがとう!!」とパパの株もぐぐ~んと大幅上昇です♪
その後、昨日やりたかった、おもしろ自転車へ。
色んな形の自転車があって、とっても楽しかったみたいです。
20分間、しっかり堪能して、大満足で遊園地を後にしました。


=13時半 お昼ご飯=
お昼は、カップめんも持ってきていたのですが、時間もまだあるし、昨日の残り物も色々あったので珍しく調理ものです。
と言っても、子供達は昨日と同じで焼きそばとエビピラフ。
でも、大人は夕飯並み!?牡蠣としめじ、えのき等残り野菜のバター炒め、ウィンナ、厚揚げと豚肉のにんにく醤油炒め。ちょっと足りないのでトーストを。
これだけあれば十分!
そして、最後はママ、愛車を「拭き拭き」です。
キャンプに来る時はいつも「ふきん用」と「台拭き用」に小さなタオルを持って行っているのですが、それが撤収時には雑巾となり、そして、その雑巾を捨てる前に車を拭いたのが始まりで、今ではこの流れが恒例となりつつあります。
時間が無いときは別として、余裕があれば、毎回。
いつもお世話になっている車なので、せめてもの恩返しです。
結局そんなことをしていると、ちょうど良い時間となり、16時撤収です。

やっぱり、我が家にとって、こちらのキャンプ場は親子ともども快適で楽しいと思えるキャンプ場です。
スケジュール的に予定があって無理でしたが、来週も行きたいくらいだね、なんていう話が出たくらい。
特に今回大人は「牡蠣」をたっぷり堪能することができたので、大満足のキャンプとなりました!
   ▶▶▶vol.37

 


キャンプ日記indexへ

Copyright(C) since 2008 関西子どもとお出かけ遊び場情報 All Rights Reserved.