関西子どもとおでかけ遊び場情報ー柤岡(けびおか)・柤大池キャンプ場ー
柤岡(けびおか)・柤大池(けびおおいけ)公園キャンプ場-兵庫県美方郡にある、柤大池(けびおおいけ)公園キャンプ場の紹介です。

HOME
> キャンプ場編 index > キャンプ日記index
キャンプ日記 vol.30
2011年10月15日(土)~10月16日(日)
10月は幼稚園、小学校の運動会が二週続きであったので、三週ぶり、すっかり「秋キャンプ」の今回は「
柤大池(けびおおいけ)公園キャンプ場」です。
数日前までは秋晴れの良い天気が続き、絶好のキャンプ日和が続いていたのに、この週末に限ってなんだかすっきりしない、今にも雨が降りそうなお天気。
このところ、あんまり天気に恵まれていないような気がします。

さて、こちらのキャンプ場、距離的にはこれまで行ったところとそう変わらないくらいなんですが、何せ高速降りてからが長い!
70km近くあるので、思いのほか時間がかかります。
9時半過ぎに出発したのですが、途中寄り道をしたこともあり、
到着は12時半でした。
こちらは予約不要で、管理棟「あけぼの山荘」で受付するとのことだったので、車を停めて行ってみたのですが、入口には鍵がかかってる、、、
「すみませ~~ん!」と大きな声で呼んでみても人の気配すらしません。
あら、困った・・・
ま、そのうち来られるでしょう、ということで、その間場内散策です。
こちらは一般道を挟んだ形で、コテージがある側と、管理棟がある側にわかれており、キャンプサイトはどちら側にもあります。
コテージは、二階建ての欧風フィンランドログハウスと、平屋建てのあけぼのの森コテージの二種類があり、特にログハウスはかなり良い感じでした♪
管理棟側。
ちょうど駐車場の下にキャンプサイトがあります。
そしてその前には大きな柤大池が。
池では何人かの方が釣りをされていました。
今回はこのあたりが候補地になりそうです。
そうこうしていると、管理棟にそれらしき軽トラックが一台入って行くのが見えました。
管理人さんに間違いない!急いで行ってみたのですが、こちらに用がある何かの作業中のおじさんで、、
不在の旨伝えると、「ちょっと家に帰ってるんじゃないかな?」というようなことをおっしゃられ、その後携帯でどこかへ電話。
ママ達は仕方なし、今度は、池の周りをぐるっと一周してみることに。
まぁ、特にこれといって変わったことはないんですが、、
自転車とかキックボードとかでまわったら楽しいかも、という感じです。
ぐるっと回ってまた一般道に戻ったあたりで、向こうから一台の軽自動車が!
これこそ間違いない!と思っていると、こちらに近づくにつれスピードダウン。そして窓が開き「キャンプのお客さん?」と聞かれました。先ほどのおじさんから連絡があったので、来られたそう。何やらこちらでは明日お祭りがあるそうで、今日はコテージの予約も取っていないんだとか。
言えば、「お休み」ってことだったようで・・なんだか申し訳ないですねぇ・・(^^; 
とりあえず、受付を。テント&タープ1張りで2,500円!安っ!
そして、自転車のレンタルもしていただきました。
通常は1時間200円だそうなんですが、今回は我が家だけということや、明日、管理人さんとお会いできるかわからないので、ということもあって、特別に無料でお貸出しいただきました!ありがとうございます!息子は今、小さくなってしまった16インチの自転車のサドルを一番上にあげて乗っているので、大きな自転車には憧れがあり、一目で気に入って楽しそうに乗っていました。
無事、チェックインもできたので、設営です。
場所は先ほど散歩中にほぼ決めていた、管理棟側の広いサイトです。
今回もリビシェルとランブリをトンネルで接続。
前回も思ったのですが、接続部分のトンネル内が広っ!!これはかなり快適です♪
でも、アイテムが増える=設営に時間がかかるのがネック、、最近結構時間かかってます。荷物も全部片付いて落ち着いたのは16時前でした。
なんだか小腹も減って来たな~、ってことで。
ここで登場したのが、三田の有名なケーキ屋さん、「パティシエエスコヤマ」の「バームクーヘン」と有名な「コヤマロール」。行きに寄り道したのはここ。
住宅街にあるのに、いつも長蛇の列ができる有名なお店なのです。
行った時も開店後すぐの10時過ぎでしたが、既に長蛇の列でした。
エスコヤマといえば、栗がたっぷり入った「コヤマロール」が有名なのですが、バームクーヘンもやっぱり有名で、息子は絶対こっち!というので、今回は初バームクーヘンもお買い上げ~。この入れ物がまたかわいい!辞書みたいにケースになってるんです。
でもキャンプなのに、なんで急にケーキを?
実は、キャンプ二日前はママの誕生日だったのですが、当日は何も無かったこともあり、パパがサプライズでこのお店に立ち寄ってくれたのです。ありがとう♪
そしてこちらが有名な「コヤマロール」
ロールケーキがあまり好きでないパパが初めて「おいしい」と言ったロールケーキです。
久しぶりに食べるのでワクワク♪
誕生日祝いということなので、遠慮なく分厚くケーキをカットして、贅沢にいただきます♪
スポンジはふわふわ、クリームの中には栗がたっぷり!
久しぶりに食べましたが、やっぱりおいしい!!
バームクーヘンももちろんおいしかったです♪ごちそうさまでした!
ケーキを食べ終えたら、サイクリングです。
少しまったりしたいママでしたが、「キックボードで一緒に行こ!」と誘われ、しょうがない、デザート後の運動につき合うか!と三人で池の周りをグルグル、です。
でもキックボード、なかなか楽しかったです!
=17時半 温泉へ=
さて、時間がすっかり遅くなってしまいましたが、こちらはお風呂が無いので、キャンプ場から約15分のところにある「湯村温泉」に行くことに。
向かっている途中、とてもきれいな夕焼けをみることができました。山の間に雲がかかって、とても幻想的な景色でした。
駐車場がわかりにくかったのですが、とりあえず東駐車場に停め、係の方に日帰り入浴でオススメの温泉を聞き、温泉街へ移動です。
川の下を覗くと足湯ができる場所があったので階段を下りてみます。
と、その前に、橋の横にあったお店で生卵の販売があり、お湯に入れてゆで玉子(※名物の荒湯玉子)ができるということだったので、5個入りを購入し、教えてもらった通り「なかの湯つぼ」に紐をぶらさげ待つこと11分!

その間、子供達は足湯に浸かったり、歩き回ったり、川に足を入れてみたり、、
そう、この川なんですが、余った温泉が流れ出ることもあって、お水ではなくお湯のように温かい部分もあるんです。そして、そんな中、鯉が泳いでいるのにはビックリでした。
さて、そうこうしている間に荒湯玉子が出来上がりました。
でも出来上がりは相当熱い!殻をむくのに一苦労です。そして剝いた後は、今度はアツアツの玉子と格闘です。「あつっ!!」「おいしぃ」「あつつっ!」ってな感じで・・
でも、とってもおいしかったです。息子においては2個半食べても、もっと食べたい!でした。とはいえ、時間も遅くなるし、ポツポツと雨も降りだしてきたので、とりあえず、先にお風呂にしよう、と、教えてもらった「薬師湯」に行きます。こちらはリーズナブルな共同浴場。シャンプーや石鹸類はおいて有りません。スーパー銭湯系のお風呂に慣れてしまっていたので、今回はそのあたり持参しておらず、、、しまった~!!でした。
帰りに、もう1セット(5個入り)玉子を買って、荒湯玉子を作ってから車に戻りました。川の上にかかる橋がライトアップされていてとてもきれいでしたよ。
湯村温泉詳細は▶▶▶こちら
時間もすっかり遅くなってしまい、駐車場から出るときにはもう20時前になっていました。 
一度通った道とは言え、真っ暗な中の山道を帰るのは結構怖かったです。人里離れるというか、どんどん奥地に入って行くので、余計に。やっぱり、明るいうちにお風呂も済ませておいた方がいいかもしれませんね。
時間も遅く、お風呂に入って気持ちよかったんでしょうね、娘ちゃん、到着前に撃沈zzzです。
=20時半 夕飯=
この日は遅めの夕飯になるとわかっていたのですが、さすがに20時を過ぎるとは思いもしませんでした。でも、大丈夫!今回は息子大好きな手巻き寿司。酢飯は持ってきてるし、材料も切ってあるのですぐです。しかも、手巻きと言っても、息子が好きなのは「玉ソー」⇒玉子焼きとソーセージ+マヨネーズのみ。手巻きというよりコンビニのおにぎりみたいですが・・それが大好きなんですよね。ちなみに寝てしまった娘は「玉きゅう」⇒玉子とキュウリです。
大人はサーモン、甘海老、貝割れなんかも一緒に巻いてわさび醤油で。なかなかgoodでした!

=22時就寝=
=8時前起床・朝食=
ちょっとゆっくり寝てしまいました(^^:
さて、朝食は、子供達は昨日の残りの「手巻き寿司」、大人はいつものようにトーストやサラダ、コーヒーです。
そして、少し休憩してから、食後の運動。
まずは、サッカー&ホッピング
そして、一輪車&竹馬
やることいっぱいです。(^^;
その間、大人は撤収作業。
お天気が良いので、干して干して干しまくり~。
ずっと干しそびれていたレクタタープも持参して、ついでに干します。
適度に風も吹いて良い感じ♪
娘の自転車を先に車に積み込まないことには荷物の積み入れが進まないということもあり、二人で最後のサイクリングへ。
チェックアウトは基本13時らしいですが、好きな時にどうぞ、ということだったので、時間気にせずゆっくり目に撤収。

=13時 お昼ご飯=
お昼は簡単に煮込みうどん、デザートは、昨日のロールケーキ。とってもおいしゅうございました♪
さて、お昼ご飯も食べたし、最後の片づけといきますか!
いつものように、子供達はペグ洗い&拭き担当。
今回は最後に使った食器もあらってもらいます。
結局、完全撤収できたのは
14時過ぎ
=14時20分 但馬牧場公園=
その後、近くに動物とのふれあいもできる「但馬牧場公園」があるので、行ってみました。
特に息子はヒツジが大好きなので、大喜び。
こちらはとても広い牧場&公園なのですが、なんと入場料などもかからず、動物のふれあいですら無料!ビックリです。
当然のことながら、息子は一目散にヒツジのいるところへ行き、そこからずっと動きません。
ヒツジやヤギの他にもうさぎやワラビーなんかもいます。
でも、このうさぎちゃん達、まったく人に慣れていない様子で、少しでも近づくとササッと逃げてしまい、よしよしと触ることすらできません。ワラビーにおいても同様で、近づくとピョ~ンピョ~ン!とあっという間に向こうに行ってしまうのです。息子も、後ろからそ~っ同じポーズで近づきますが、やっぱりピョ~ン!でも、最後の最後には一瞬触れました。
建物内では、干し草を買って(100円)、ヒツジ、ヤギに餌をあげることもできます。
息子はこういうのが大好きなので、ガンガン餌をあげるのですが、娘はまだちょっと苦手。
それでも、少しづつですが手渡しであげることができました。
一通り動物とふれあった後、リフトに乗って頂上へ。
ここは冬にはスキー場になるようです。
頂上までの所要時間は約10分。結構長時間でした。
でも、なかなかリフトに乗る機会もないので、子供達も楽しかったようです。
頂上の第二展望台からの景色はなかなかのもの。
そして、斜面に並ぶ花々も。
今回は残念ながら、季節柄、咲いている花も少なかったですが、オフィシャルページのフォトギャラリーを見ると、ピークの時はかなりキレイらしいです。
一応、上からの景色も見えたのですが、せっかくなので、第一展望台(東屋)からも見てみようと、階段をテクテクあがって東屋へと向かっていたのですが、、
ちょっとしたことがきっかけで娘がスネて、その場から動かなくなってしまいました。しばらく待っても来ないので、お兄ちゃんが迎えに行って、連れてきてくれました。
いじける娘。 どうしたの? おいで。
でも娘の機嫌は簡単にはなおらず、久しぶりにあんなに泣いたな、ってくらい号泣しました(^^;
相当泣いてからやっと落ち着き、双眼鏡で景色を見ます。
高台などによくあるこの双眼鏡、普通は100円を入れると見れるようになっているんですが、こちらでは、無料なんですよね。これまたビックリです!
さて、娘の機嫌も直ったことなので、リフトに乗ってまた下まで降ります。下りは子供達二人で仲良く乗ってました。もちろん、パパとママも仲良く二人で乗ったんですけどね♪
結局閉園の
17時近くまでいて、牧場を後にしました。
明日からはまた一週間が始まるし、これから2時間かけて家に帰ってあれやこれやするよりは、いっそのこと、お風呂も食事も済ませて帰った方が、寝てくれるかもしれない、ということもあり、二日続けての外風呂です。
今回も、キャンプ場から15分ほどのところにある「ふれあい温泉おじろん」。昨日の湯村温泉と逆方向にあります。
キャンプ場からの道のりは少しわかりにくく、地元の方向けといった雰囲気のお風呂です。
こちらはボディーソープとリンスインシャンプーもあったので、一安心。(^^; 露天風呂もありました。
1階に手打ちそば屋さんがあったのですが、営業時間が18時迄で、お風呂から上がった時には既に閉店・・
なので、2階にあるレストランに。
行ってみると、なんというか、レストランというより雰囲気はカラオケスナック。
実際に月間のカラオケ高得点者の名前が大きく張り出されていたくらいで、、
お客さんは我が家のみ。とりあえず、無難にカレーと生姜焼き丼を。
時間も遅かったので、早々にいただいて帰りました。
この時点ですでに19時
2時間くらいはかかるので、帰宅予定は21時と、かなり遅くなってしまいました。
結局、特に混んだわけではないのですが、予定の2時間を大幅に超え、家に着いたのは
21時半近くでした。
予定通り、子供達は車中で寝てくれたので、とりあえず睡眠時間は確保できました。
今回は、キャンプ以外に温泉や牧場に行ったりしたので、変化に富んだ内容の二日間で楽しかったです。

さて、キャンプ場の感想です。
まず、予約不要なので、期間内であれば、好きな時に行けるというのが大きなメリットです。
施設面では、サイトはフリーで芝生、テントを張れる場所が場内に何か所か点在する感じです。
炊事棟、トイレは一か所づつ、それぞれが違う場所にあり、炊事棟はコテージ側、トイレは管理棟側になります。
コテージ側エリアと管理棟側エリアは、間に道を挟みます。
この道は一般道路なので、近くのゴルフ場に行かれる車やその他の車がそこそこのスピードで通り抜けることがあります。
なので、お子様連れの方は少し注意が必要です。
コテージは、特に二階建てのログハウスがキレイでした。
遊び場面で言うと、大きな池があるので、釣り好きな方には楽しいかと思います。
子供向けでは、残念ながら場内には特に遊び場的なものはありません。
ただ、自転車の貸し出しがあり、我が家のように池の周りをグルグルとサイクリングするのは楽しいと思います。
他には、車で約15分のところに「湯村温泉」や無料で遊べる「但馬牧場公園」がありますので、そちらに行かれると十分楽しいと思いますよ。
  • mixiチェック
  • 柤岡(けびおか)・柤大池(けびおおいけ)公園キャンプ場
 ▶▶▶vol.31 

 スポンサードリンク


キャンプ日記indexへ

Copyright(C) since 2008 関西子どもとお出かけ遊び場情報 All Rights Reserved.