関西子どもとおでかけ遊び場情報ー家族でお出かけ・レジャーに ーキャンプ場編ー
関西子どもとおでかけ遊び場情報・兵庫、大阪にあるアウトドアスポット・オートキャンプ場の紹介です。

HOME > キャンプ場編 index > キャンプ日記index  
キャンプ日記 vol.29  

2011年9月23日(金)~2011年9月25日(日)
前回のキャンプから空くこと3日
シルバーウィーク二回目の三連休の行先は、
大遠征です!新潟です!決定は2日半前、前回のキャンプから帰った翌日、火曜の午後のことです。

実は、その三連休にColemanの主催する「全国ミーティング」というのが新潟で行われることになっていたのですが、場所が新潟ということや、パパの休みの都合がつかなかったこともあり、行くことは考えていませんでした。
それが、前回キャンプ出発の前日、パパが次の三連休も休みになったので、こんなことなら一度どんなイベントなのか行ってみたかったね、という話になりました。「みたかった」と過去形にするのは、締め切りはとっくに終わっていたからです。
6月のColemanイベントでは、前日に娘の発熱で、参加できなかったママ。
今回は「全国」ということもあり、普段blogのコメントなどでやり取りしている方とお会いできると思うと、ちょっと楽しみになってきまして。。。
締め切りはと~~っくに済んでいるので、無理とは思いつつ、電話をかけてみると、当然のことながら却下。
行けないとなると、余計に行きたくなるというのが、人間心理というもので(?)、な~んだな~んだ、とちょっと残念に思って、キャンプに行きました。

そして、キャンプから帰った翌日火曜日の午後。
突然、パパから「イベント行けることになった。」とメール。
なんとパパがもう一度電話してくれたらしいのです。
申込書も当然郵送では間に合わないのでメールでのやりとり、イベントプログラムはスタッフの方の控えをfaxしてもらい、出発当日を迎えました。
とにかく、バッタバタだったので、前日の夜でもまだ用意は殆どできておらず、明日の出発、大丈夫かなぁと心配するほど。
予定では朝の4時くらいには出よう、ということだったのですが、、
結局、大幅に出遅れ、
5時半出発です。

到着までの走行予想距離は、505km
夜明けとともに出た感じなので、走行中はずっと昼間。
景色があるので気分も随分楽でした。
子供達は出発の時には既に起きてしまっていたのですが、その後、また寝たり、起きたり、でなんとか道中を過ごしました。
朝ごはんは、出る前におにぎりを作って持ってきていたので、車内で食べました。

行くルートについては、道中ずっと悩みました。
日本海側の北陸道で行くのか、名古屋を通って名神、中央道で行くのか・・
北陸道はおそらく渋滞は無いので安全のような気がするのですが、距離が50kmほど長くなります。
名神、中央道で行くと距離は少し短いけど、どこかで渋滞しそうな気がしたりして、、
名神を走りながら、このまま中央道分岐まで走り続けるか、米原で北陸道へ入るか、、、
悩んでいたところ、立ち寄ったSAの道路情報で、北陸道の途中が雨の影響で通行止めになっているというアナウンス。
これで、悩みは解消!中央道に決定です。
長野に入り、ちょうど後100kmくらいで到着、というところにある「姨捨(おばすて)SA」に到着した時には、間もなくイベント受付開始時間11時の少し前、10時40分頃でした。
このSAの名前に「もしかして??」と思ったのですが、、
やっぱり、このあたりは、あの「
姨捨伝説」の中心地なんだそうです。
貧しい時代の口減らしの為といっても、自分の母親を野山において帰ってくることを想像すると、なんとも言えない気持ちになりますよね。おぶっていく道中の子供の心中、すべてがわかった上でおぶられている母親の心中・・
自分に置き換えて少し考えただけでも涙が出そうになりました。
そんな気持ちを知るはずもない我が家の娘ちゃん。
ポッチャマ持って、とっても良い笑顔です。
こちらのSAは街や山々を見渡せる、かなり見晴らしの良い場所でした。

さて、良い景色も見てリフレッシュ休憩したし、最後のドライブ行きますか!
最後はママの番です。
でも、後100kmと思えば、気持ちも楽らく~♪
キャンプ場最寄りの「妙高高原IC」を降りると、残りは約20km。
平坦な道であれば、そう苦ではない距離だと思うのですが、何せ道中がずっと峠道なんです。延々とほぼ20kmずっと。
最後の最後にこれは疲れましたね~(^^;
しかも、なんとなく天気もいまいち、というか、霧とかかかってるし、車で外気温を見てみると、どんどん気温が下がってる。
海抜1,300mということなので、ある程度涼しいことは予想していたのですが、、
もしかして、予想以上??嫌~な予感がします。
キャンプ場までもう少し、というところに、とっても大きな「笹ヶ峰牧場」がありました。
ここだけちょっと雰囲気が違って、ともすれば外国?というような景色でした。
牛も放牧されていました。
帰って調べてみると、牧場には120頭くらい牛がいるそうです。
牧場を過ぎ、しばらくして、やっとこさ目的地「笹ヶ峰キャンプ場」に到着です。
ちょうどぴったり
12時でした。
とりあえず、駐車場スペースに設置された受付場所で受付します。
受付開始は11時だったのと、我が家はフリーサイトだったこともあり、場内は既にいっぱい。結局一番奥のフリーサイトの隅っこにかろうじて場所があったので、そこにテントを張ることにしました。
ちなみに、今回の参加者プレゼントはと言いますと、、
Coleman110周年記念のステッカー、お酒、升(←翌日これに焼印するコーナーがありました)、ピンバッチといったところです。
さて、今回は「ColemanOutdoorClub」の全国ミーティング(イベント)なので、テントの殆どは当然のことながら、「Coleman」ですね。
見事なまでの、グリーンベージュ村。
そんな中、別メーカーであるスノーピークのテントを張るのは正直抵抗がありました。
しかも、スタッフの方がすぐそばにいるというのに、、、
そうはいっても、我が家にはもうスノーピークのテントしか残っていないんですよね・・
仕方がありません!思い切ってどんどん張っていきます。
でも、正直なところ、隅っこが空いていてよかったです(^^;


さて、その間、息子は何をしていたかと言いますと、、
知らぬ間に年の近そうな男の子達とサッカーをしていました。
すごいですよね~。一瞬で、友達です。
ちなみに、お昼ご飯はというと、子供達は持ってきていた「ドーナツ」で済ませ、大人はその後、カップめんを。
少し落ち着いてから、ぐるっと場内散歩です。
実は、つい先日「イベントには参加しませーん」とblogに書いていた手前、どうしたらいいものか、と悩んでいたママなのですが、前回のイベントキャンプでお世話になった方や、どうしてもお会いしたかった方に、わかる範囲でこそっとご挨拶させていただきました。
この見事なランタンコレクションを見てください!
Colemanといえばランタン!やっぱりColemanファンの方はこういう風にいくつもランタンをコレクションされている方が多いみたいです。
他にも、「あ、写真で見たことがある!」というような方も結構いらっしゃったのですが、小心者故、こちらからお声をかけることはできませんでした。
おかしい、、それをするためにこのイベントに来たはずなのに、、(^^; ダメですねぇ・・・

前もって受け取ったプログラムでは、この日は受付した後、夜の前夜祭まで特にスケジュールは無し。
夕方、各自でサイトを回ってお気に入りのコールマン製品を聞き、ユーザー同士でコミュニケーションをはかるというサイトラリーはあったのですが、きっと110周年記念のイベントだし、サプライズというか、隠れスケジュールがあるのかと、実はちょっと期待していたのですが、特にそういったことはなく、プログラム通り。
ちなみに、翌日も大きなイベントは夜の110周年パーティくらいで、、
升に記念の焼印ができたりするのはあったのですが、交流型のイベントはやっぱり無しで正直、かなり拍子抜けです。
他の方との交流を楽しむのが全国ミーティングの醍醐味でもあるんでしょうが、小心者、かつ新参者のママ、既に何度も参加されている常連さんの中に入っていくことはなかなかしづらい雰囲気もあり、メンバーの方に声をおかけすることも殆どできなかったので、他との交わり一切無し(苦笑)!
いつものファミリーキャンプとなんら変わりありません(^^;
そんなこともあり、適当な時間に夕食の準備をして、18時過ぎリビシェル内で食べます。
今回は、栗ご飯と初の揚げ物、串カツです。
串カツは、出来上がったらその場でどんどん食べていけるので、パパ・ママには好評。
子供達はというと、串カツは殆ど食べず、栗ごはんばかり食べてました(^^;

時間が経つにつれ、ビックリするほど気温が下がってきました。
出発直前、パパ情報で、厚手の上着を持って行った方がいいかも、と急きょ追加したのですが、その厚手上着を着てもまだ寒い。
そんなこともあってなのか、行きの道中で疲れたからなのか、まだ19時を過ぎたばかりだというのに、娘が「眠いからテントに行きたい」と言い出しました。
こちらのキャンプ場はお風呂施設が無かったので、シャワーのみだったのですが、何せ、シャワーしたら絶対風邪をひく!ってくらい寒かったので、この日は入るつもりはありませんでした。
なので、このまま寝てくれても全然大丈夫なのですが、時間も時間だし本当に寝るのかな~?と思っていると、そのうち「ス~ス~zzz」と寝息が・・
本当に寝ちゃいました。

その後、寝ている娘を置いて行くのは少し気がかりではあったのですが、そろそろ前夜祭が始まる時間なので、サイトを離れ、イベント会場へ移動です。
=20時 前夜祭=
冬並みに寒いというのに、会場には当然のことながら、既に多くの方が集まっておられました。ちゃんと椅子まで持って・・
我が家はというと、、椅子まで考えていなかったので、ずっと立ちっぱなしです(^^;)

会場では快適生活研究家の「田中ケン」さんがイベントの司会進行をされていました。
みんながブルブル震える中、一人だけ短パンなのが印象的でした。
ちなみに後で人に聞いたのですが、この時の気温、なんと3度だったんだとか!!
本当に、めちゃくちゃ寒かったんですよ!
夕飯を食べた後だったので、お肉があっても食べる気になれないし、ラム酒専門BAR「SCREW DRIVER」さんによる「アウトサイドバー」があっても、冷たい飲み物を飲む気にもなれないし、、
なんとなく、乗り切れないままその場にいるだけ、って感じでした。
寝ている娘のことも気になるので、パパは一足お先に退散。
ママと息子は一応、終了の21時までいました。
サイトへの帰り道、フリーサイトに一際目立つ、まるで本当の屋台のような設備&テント、おまけにお祭りのような「のぼり」まで立てておられる団体サイトさんを見つけました。
そして、そこにはビニールプールに入ったヨーヨー釣りのセットも。
しかも、「タダだよ~、やってく?」というお兄さんの声に、当然息子も反応するわけで・・
なぜかこんな時間に、ヨーヨー釣りです。
本当は一つだけ、ということなのですが、寝ている妹の分、ということで、二つヨーヨーをいただいて帰りました。ありがとうございました。でも一体あの方たちはなんだったんだろう?
しかし、本当に寒い!寒すぎる!
外に比べるとタープ内は少し暖かいとは言え、暖房器具があるわけじゃないし、やっぱり冷えます。
何もする気が起きません。
そんなこともあり、結局初日は、
21時半頃に就寝です。

=二日目 朝6時過ぎ起床=
昨晩、7時半ごろに寝てしまった娘。
なので、朝は一番早起きです。しかも「ママ、トイレ~」と。
トイレまでは少し歩くので、ママおんぶで大急ぎです!
その後、すぐにパパも起きてきて、トイレに行ったので、帰りはパパにおんぶしてもらってます。ほんと、最近甘えん坊さんです。
ま、しっかりしているとは言え、まだ4歳半ちょいなので、当然かもしれませんね(笑)
息子も起きて来たので、7:20朝食です。
この日は昨日の残りの栗ご飯と玉子焼き、ベーコン、スープ、梨です。
栗ご飯は、昨日の寒さもあって、びっくりするほど冷たかった~~(^^;
=二日目 朝6時過ぎ起床=
ママが食後の後片付けをしている間、子供達とパパは朝の散歩に出かけます。
今日はなかなか良いお天気みたい。
本日のプログラムは、サイトラリーがメインで、後は升の焼印、夜のパーティくらい。ちなみに、このサイトラリー、1~50サイト回るのと、51サイト以上回るのとプレゼントが二種類あるんだそうですが・・・
う~ん、そっか~。昨日も思ったんですが、なんというか、正直なところ「ユーザー任せ?」って感じだなぁ、という印象を受けました。
しかも、これがメインイベントとなると、なおさら、、、
これをしなかったら、
朝から夜までの間に升に焼印するだけ(※)??
もっとこう、みんなでわいわい参加するようなイベントで、他の方とつながるという感じのを期待していたママは、本音をいうと、ちょっとガッカリ・
(※実際は、毎年大好評、大行列らしいColeman製品のアウトレットコーナー「プチショッピングモール」はありました。
  他にも、後で知ったのですがクラフトなんかもやっていたみたいです。事前の告知が無かったので知りませんでしたが・・)

そんなこともあり、この後、我が家はサイトラリーに参加せず、
外に出てちょっと新潟観光してきました。
夕方、せっかく外に出たことだし、どこかの温泉に入って帰るつもりだったので、キャンプ場へは直接戻らず、看板を頼りにICから一番近い「妙高温泉」というところに行ってみます。
というのも、主催者側からこういった情報(お風呂、ガソリンスタンド等)は全くなかったので、自力で探すしかありません。
小さ目の温泉街があり、失礼な話ですが、たまたま見つけた「高橋旅館」というところで日帰り入浴が可能かどうか聞いてみると、大丈夫とのこと。
早速入らせていただきました。(大人:700円 子供:350円)

中はとても雰囲気のある旅館の温泉という感じで、幸い貸切、これから寒い寒いところへ戻らなきゃいけないこともあり、ゆったり浸かってから出てきました。  
さて、しっかり温まったし、キャンプ場に戻りますか!
峠をグネグネ、どんどん山を登って行きます。
牧場のあたりで、まるで「雲海」のような景色に遭遇しました。
それだけ標高も高いってことなんですね。
車内の「外気温」を確認するボタンを押すたび、気温はどんどん下がります(>o<)
この時点の最後は「9度」でした・・・・寒っ!
=18時 キャンプ場到着&夕飯=   
当初の予定では昼間の間に下準備しておいて、焚火台とダッチオーブンで夕飯を作るつもりでいたのですが、時間も遅くなり、下準備が全くできなかったこともあり、子供達は寄せ鍋つゆでうどんを、大人向けにはフライパンで出来るようなメニューで済ませました(^^;
=19時半 110周年記念パーティ=   
昨日の前夜祭では寝てしまい参加できなかった娘ですが、今回はさすがに大丈夫。
ただ、とにかく寒いんです!お酒やジュースもふるまわれているんですが、氷を見るだけでブルッと震えそうなくらい寒いんです。
そんな中、大盛り上がりでパーティは進んでいきます。
まだ未発表の新製品の展示、クライマックスは豪華景品が当たる大抽選会!

代表者の名前が入った箱があり、それをランダムに引いて当選が決まるというシステム。
実は今年は何かとキャンプ絡みで運が良かった我が家。今回もひょっとしたら、、?なんて淡い期待を持ちながら、発表を待ちます。

結果は!!!!



ドロドロドロドロ・・・・・


残念!かすりもしませんでした(笑) 世の中そんなに甘くありませんよね。

そんなことで、大盛り上がりの抽選会も終わり、一旦お開きです。
正確にはこの後、またお話し会とかあって、お開きというわけではなかったのですが、時間も時間だし、何よりめちゃくちゃ寒く、子供が風邪をひいてしまっても困るので、我が家はこれにて帰ってきました。
=21時過ぎ 就寝=
とにかく、今回のキャンプはあまりの寒さに参りました。
全国的にこの数日は気温が低かったことも手伝ってか、真冬並み?の寒さでした。
何もする気になれず、タープ内で毛布にくるまってガタガタしている時もあったほどです。
子供が寝た後も、結局まったりすることもなく、早々に大人も就寝です。
ただ、夜中に外に出て星を見たときは、ビックリするほどきれいで、感動しました。

明日はまた長距離ドライブが待っているので、しっかり睡眠をとりたかったのですが、結局ママが寝れたのは夜中の1時半過ぎ(>o<;)
幸い、子供達とパパはスースー寝ていたのですが、朝起きて聞いてみると、途中、何度か目が覚めたりしたそう。
ただ、眠気が勝って完全に起きるまでには至らなかったんだとか。
それには色々と理由があるのですが、そのあたりは諸事情により今回は詳細を控えることにします。(/_;)
=3日目 朝7時起床&朝食=   
昨晩、雨が降ったわけではないのですが、夜はかなり冷え込んだので、朝起きるとテントやタープからは滴が落ちるほど濡れていました。乾燥撤収できるのでしょうか・・
ちょっと不安です。
朝食はいつもと変わらず、トースト、目玉焼き、サラダ、スープ、ヨーグルトです。

閉会式は11時からなので、それまでにできるだけ撤収作業をすすめます。
少しでも早く帰らねば、、
息子はペグ抜き、娘は抜いたペグを洗って拭いてを手伝ってくれました。
今回も丁寧に、丁寧に、です。
幸いお天気も良くなってきて、テント、タープも良い感じに乾いてくれそう♪
まだ半分くらいしか片付いていないのですが、そろそろ時間なので、イベント会場へ向かいます。
=11時 閉会式=   
三日間にわたっての全国ミーティングでしたが、この閉会式をもって終了です。
ママ達は楽しめたんでしょうか・・・
昨晩の件もあるので、正直、少し疑問が残るのですが、blogつながりの方とご挨拶したり話せたりできたことだけは楽しかったと言えます。
後、おめでたいこともありました!やっぱりblogつながりなんですが、ある方がこのイベント中に彼女にプロポーズされたのです。
実は彼女が見ていないということで、blog上でこの話題をされていたこともあり、当日はどうなるかとこちらまでドキドキしていたのですが、無事彼女さんからOKをもらわられたそうで・・司会者の方から呼ばれ、そのあたりの報告をされていました。よかったですね!本当におめでとうございます♪
閉会式も終わり、後は撤収作業を残すのみ。
とはいえ、もうお昼なので、お腹がすいてきました。
お昼ご飯はカップめんで済ませ、残りの作業にとりかかります。
息子はお友達と最後のサッカーを楽しんでいました。
その間、娘はどうしていたかというと、、、
積極的に、撤収作業の手伝いです。兄の分まで頑張ります。
「これ持って行って」「あれ取ってきて」「これ洗ってきて」etc・・・
ありとあらゆる雑用を一手に引き受けてくれます。
これにはママ達も本当に助かりました!
ありがとうね♪
=13時過ぎ 撤収=
なんだか、色々ありましたが、3日間にわたる初の全国ミーティングはこれにて終了。
比較的早く片付けが終わり、周りの方に「お先に~」と言ってキャンプ場を後にしました。

今回、初めて全国ミーティングというものに参加してみたのですが、他の方とのコミュニケーションも殆ど取ることができなかったというのもあり、いつものファミリーキャンプと変わらずで、我が家に限って言うならば、参加するなら、やっぱりアクティビティメニューが色々あるイベントの方があってるんだな、ということがよくわかりました。

さて、また500kmの道のりを頑張って帰りますか~!
三連休の最終日。気がかりは渋滞だけ。
名古屋あたりまでは大きく混むことはなかったのですが、それでも車は前回に比べかなり多く、思うようにスピードが出せません。
そして、名古屋で、完全渋滞にハマり、更にスピードダウン。
この先、京都、滋賀あたりでもかなり渋滞している情報もあり、16時半頃、愛知県に入る手前に立ち寄った恵那SAで、少し早い夕飯をとることにしました。
そこで時間が少しずれたことが幸いして、その先の渋滞は解消されていき、そこを通る時には完全に渋滞がなくなっていました。
結局、渋滞にハマったり、夕飯を食べたこともあり、出発から7時間半後の20時40分帰宅です。
明日から普通に学校や幼稚園、仕事が始まるので、荷物の運びだしだけやって、早々にお風呂→22時前に就寝です。

今回は少し強行スケジュールだったこともあり、子供達の体調だけが心配でしたが、翌日はいつも通り起きてきて、いつも通り元気に機嫌よく学校や幼稚園に行ってくれたので安心しました。

さて、全体の感想です。
といっても、正直なところ、今回はいつもと違って、施設自体をあまり堪能してないということもあり、一般的な意見しか書くことができませんが、、
とりあえず、かなり広いキャンプ場です。
特に、フリーサイトは相当広いと思います。ただ、平地という感じではなく、森の中という感じの場所が多く、それはそれでよい良い雰囲気でした。
ところによっては斜面が多く、フラットな場所が少ないところもありました。
オートサイトは電源有区画が5サイトのみ、又、7×7mと狭いサイトもありましたので、事前確認の上予約された方が良いと思います。
遊び場的な部分では、キャンプ場を出たところに広場や水遊び場になるような場所があるようです。
本文中でも何度か書いていますが、標高が高いこともあり、平地との気温差がかなりあります。
夏場は涼しい避暑地になると思いますが、後半は朝晩はかなり冷えることもありますので、防寒対策はしっかりとして行かれた方がいいと思います。
又、休暇村妙高(本館)とはまったく場所が違いますので、行かれる際はご注意くださいね。
    ▶▶▶vol.30




キャンプ日記indexへ

Copyright(C) since 2008 関西子どもとお出かけ遊び場情報 All Rights Reserved.