関西子どもとおでかけ遊び場情報ー家族でお出かけ・レジャーに ー兎和野高原野外教育センター・オートキャンプ場ー
関西子どもとおでかけ遊び場情報・兵庫、大阪にあるアウトドアスポット・オートキャンプ場の紹介です。

HOME
> キャンプ場編 index > キャンプ日記index  
キャンプ日記 vol.26
2011年7月30日(土)~2011年8月1日(月)
久しぶりの二泊キャンプは、我が家から約3時間の道のり、兵庫県美方郡にある「兎和野高原野外教育センター」です。
こちらは名前で想像がつくように、学校の校外学習や、スポーツの合宿、子供会の利用など、どちらからというと団体向けの施設ではあるのですが、もちろん個人でも利用可能で、オートキャンプ場は19サイトあります。

チェックインは13時からということなので、お昼は外で済ませていくことに。
事前に、道中に
良い感じの道の駅があることはチェック済み!
でも実は、この「チェック済み」が甘かった!!

キャンプ場まで大分近くなってきた頃、「あ!?今のそう違う?」 と運転中のパパ。そして、通り過ぎた大きな大きな道の駅「但馬楽座」。
「え?でもそんな名前じゃなかったよ?」とナビ役のママ。
「???」 ←二人・・・・・

そうこうしている間にも、どんどん車は進み、、話しているうちに発覚!
どうやらパパとママとの意思疎通がちゃんとできておらず、思っていた場所が違うらしい、、、
パパが思っていた道の駅はさっき通り過ぎてしまったし、ママが思っていた道の駅は、キャンプ場よりかなり先らしい、、
パパは運転中、ナビはママ。
どうしよう?どうしよう??焦るママ、、、
追い打ちをかけるように、後部座席の息子が「お腹すいた~!お腹すいた~!」と暴れだしました。

おそらくキャンプ場手前最後になる道の駅に一縷の望みを託すも、、到着して、「・・・・」(^^;
お昼を食べるにはちょっとこじんまり、、
仕方ない、それじゃ、キャンプ場を通り過ぎてみよう!と、先に進むと、ちょっと良い感じの「道の駅」発見!
ママ、ホッ・・・と胸をなでおろします(^^;
=12時半 道の駅村岡ファームガーデン到着=
牧場を思わせる雰囲気の建物と、実物大くらいのモーモー君の銅像が目印。
ここなら何かおいしそうなものが食べられそうかも~♪
入ってみると、、
高級なメニューのレストランと、中には「但馬牛」や但馬牛関連の食品がズラリ。
後でわかったのですが、ここ香美町は高級ブランド牛である
「但馬牛」発祥の地だそうで、、、なるほど、だからあの↑牛ね!と納得です。
おいしそうなのはよ~くわかったんですが、お昼を食べるには、ちと贅沢すぎるお値段だったので、あら、困った、、と思っていたら、、
我が家にピッタリのメニューを見つけました♪
出来立て「但馬牛バーガー:500円」「但馬牛コロッケバーガー300円」!
但馬牛が味わえて、リーズナブル♪一石二鳥です。
で、肝心のお味の方はと言いますと、、
まず、注文してから作ってくれるのでアツアツなのですが、バンズもオリジナルなのか、柔らかくておいしくて、お肉もジュ~スィ~!!goodです♪
もう一個いけちゃいそうなくらいでしたが、ぐぐっと我慢。
コロッケバーガーもおいしかったです。
外には、干物やサザエなどの海の幸の販売と、野菜等の販売があります。
娘の大好きなキュウリ、息子の好きなトマト、採れたて新鮮なものを丸かぶりさせてやりたくて、キュウリ、トマト、ぶどうを購入です♪
ちなみに、このキュウリ、数日前に買った我が家近くのスーパーでは特価で一本35円だったのですが、ここでは
5本入って100円!安い~♪
せっかくならば但馬牛も!と、張り込みたいところですが、、
今回は
一番リーズナブル(笑)な、たれ付肉をお買い上げ~♪
  ※道の駅村岡ファームガーデン詳細は▶▶▶こちら 
さて、お腹も満たされたし、買い足しも済んだし、キャンプ場に向かいますか!ということで、道の駅を出ました。
元来た道を戻る方法もあったのですが、こっちからも行けるんじゃない?と、「村岡高校」のあたりの道を入って行ったのが、これが大間違い・・
車のすれ違いができそうにない田んぼ道を進み、更に細い今度こそ絶対すれ違いができないだろう民家の間を抜け、また山道を進み、、ナビをあてにしても、途中で黙る始末・・
そんな道なのに、「路線バス」が通っていたのにはびっくり!!
幸い、最初の方の、比較的広い道だったので大丈夫でしたが、進めば進むほど、「あのバス、、、この道通ってきたん??」とビックリするほど狭かったです。同時に、こんなところですれ違わなくてよかった、、とも。
=13時15分 兎和野野外教育センター到着=
途中、何度か不安になりながらも、いや、実際迷いながら、やっとこさ、キャンプ場のある、兎和野野外教育センターに到着です!
ちなみに、国道沿いから「兎和野高原口」の信号を入っていれば、迷うこともなく、又、広い道で来れます。
道沿いから少し入って(降りて)、グラウンド前にある赤い屋根の建物「管理棟」で受付です。♪
事前のチェックでわかってはいたのですが、実際清算してみて改めて実感。
とにかく、
安い!!
大人二人+子供二人で二泊、電源付、お風呂付(※)で、、、、なんと3,920円なんです!!!!
電源付サイトの方が広かったので、電源付にしましたが、もし電源無サイトなら、二泊で2,920円!!
がつくほど破格ですよね??
一泊でもこの値段なら安いな、と思う程なのに、二泊で、しかも、お風呂まで無料(※)で入れるんですから、ほんとビックリです!
但し、お風呂については補足があって、キャンプ場の宿泊客の他に、団体さんの宿泊棟での利用がある場合に限り、入れるというシステムなんです。
なので、運悪くキャンプ場の方のみの宿泊だった場合、外のお風呂(ハチ北温泉・村岡温泉:いずれも車で約15分)に入りに行かないといけません。
我が家は、土曜、日曜の宿泊でしたが、幸い夏休み期間だったこともあり、合宿の方もいらっしゃったので、二泊とも入ることができました♪ラッキー♪
入浴時間は受付時に知らされますので、その時間内に入らないといけません。

後、ゴミについてですが、基本はすべて持ち帰りになります。
夏場の二泊なので、生ごみは嫌だな~と思っていると、指定ゴミ袋(大・小サイズ有)を購入し、決まりを守れる場合は回収してくれるということだったので、小さい方の袋を購入しました。
「決まり」というのはいたって簡単。捨てて良いのは「生ごみ」と「紙」だけ、ということです。
少しでも違うもの、たとえばラップやビニール袋等が入っていると、業者から引き取ってもらえないらしく、受付でも返却されるそうです。

一通り説明を聞いて、サイトに移動です。
サイト全体風景を見て、ちょっとした違和感。
事前に実際行った方のブログなどを拝見していたのですが、確か各サイトにデッキがあったハズ、、それがすべて無くなっていました。見ると片隅に積み上げられてる。
我が家にとっては、逆にある方が建てにくいので、ちょうどよかったです。
我が家は3番サイト、一本端に木があり、奥は林です。
19あるサイトで、今回泊りは我が家含めて3サイトのみとのこと。
今回もゆったり過ごせそう♪
とりあえず、車から降りて、荷物を降ろしていこうと思ったら、、、車が停まった途端、蜂とアブのお出迎えです・・・・(^^;
夏場は仕方ないと思うのですが、蜂はちょっと勘弁してほしいな~、、、しかも、車の周りをブンブン飛び回ってる。
当然、子供達(特に娘)はキャーキャー言いながら、早々に車に避難。結局、この蜂とアブ、滞在中、ずっとウロウロしてました。なんとも鬱陶しい、、、、
=14時過ぎ 設営=
蜂の存在を気にしながらも、とりあえず設営開始です。
今回も、「テントは涼しくなってから」のパターンで、先にタープだけちゃちゃっと建てちゃいます。そして、当然、今回も登場!子供の遊びスペースでもある「Colemanポップアップシェード」。
ゴムを取ってポンッ!で完了。何度やってもやっぱりかなり便利です♪
その後、残りの荷物、レイアウトはパパに任せ、場内にあるアスレチックへ行くことに。
=15時 アスレチックへ=
とりあえず、地図をたよりにテクテク歩いていくと、すぐに芝生広場に着きました。
ちょうど、管理棟の裏あたりです。
この桜の木の下がデイキャンプサイトらしいです。
そこには、「フィールドアスレチック」の注意書きの看板も。
地図よりもかなり近いなと思いながら、そこにあったターザンロープでひと遊び。
更に下におりる坂があったので、行ってみたのですが、行き止まり。
やっぱり、ちょっと違うみたい。ちょうど先ほど受付していただいた職員の方がいらっしゃったので、アスレチックの場所を聞いてみることに。
「兎和野高原野外教育センター」の入り口から道を挟んで向こう側、左手斜めあたりの山の中にあるそうで、歩いて10分くらい、とのことでした。山道への入り口がちょっとわかりづらかったので、聞いておいてよかったです。てくてく、舗装されていない山道を歩きます。
あっているとわかっていても、不安になりそうな道のりでした。結構歩いて、木の看板が出てきた時は、内心ほっとしたほど。何せ、ママはかなりの方向音痴なもので、、、(汗)
場所も場所なので、正直あまり期待していない、というか、老朽化しているようなちょっとしたアスレチックコースだと思っていたのですが、着いてみると、結構本格的なコースだったのでビックリ。しかも一年前にリニューアルされたそうで、施設自体もキレイでした。
山の中なので、夏でも涼しいのが良いですね!
内容は、小学生がちょうどいいかなという感じで、年中の娘にはちょっと難しいものが多かったかな。
それでもところどころに、娘にもできるターザンロープやシーソーなどもあったので、一応参加することはできました。
最後のゴールあたりにあるシーソーで遊んでいると、セッティング完了したパパから連絡有り。
一旦下に降りて合流です。
     ※フィールドアスレチック詳細は▶▶▶こちら 
=16時半 兎和野の大かつらへ=
その後、歩いて10分くらい、きれいな湧水が出ているらしい、「兎和野の大かつら」に行ってみました。場所的には、「兎和野高原口」の交差点からキャンプ場に来た場合、キャンプ場よりも少し手前、左手側にあります。
山の中に入ってみると、マイナスイオンたっぷりの山道が。
少し進むと、側溝に水が勢いよく流れていたのですが、その水のキレイなことキレイなこと!ためしにちょっと水を触ってみると、、、つ、、つ、、、、、、
冷た~~~!!!
そして、歩くこと約5分。
目の前にそびえたつ巨木・・・それはそれはすごいです!
なんでも、樹齢約500年なんだとか・・・なんとも幻想的な雰囲気です。
そして、その下から湧き出る水。めちゃくちゃきれいで冷たい!
子供達、手をつけて「キャ~~!!!」→ママ、足をつけて「ギャ~~~!!!!」
冗談抜きで5秒も入っていられません!冷たすぎ!出た後はしばらく足がじんじん・・・(^^;
涼んだ後は、ジャグに満タンお水を入れて、えっちらおっちらサイトに戻りました。
=17時半 夕飯準備=
サイトに戻ってみると、、、あれれ?当初予定していたレイアウトと随分違う。
今回は前が誰もいないということもあり、こんな感じにしてみたそうです。
驚くのは、一旦レイアウトを全て完了させた後、やっぱりなんだか気に入らないということで、また荷物を全部動かして、再度このレイアウトにしなおしたそう、、(^^; 
ご苦労様でした。でも、その甲斐あって、いつもとはまた雰囲気も違って良い感じ♪
そして、夕飯用に、道の駅で買ってきた新鮮トマトとキュウリを、「snowpeakジャンボキャンプシンク」で冷やしておきます。そろそろ夕飯の準備をしないと、、
ママと娘は夕飯担当、息子は例のごとくサッカー練習です。
今日の晩御飯もダッチオーブンを使うので、以前のように失敗してはいられません!
ダッチオーブンの中はスペアリブ。
火力は強め!を心がけ、いつも以上に炭をガンガンにします。
うちわであおぐ係は娘ちゃん。なかなかの手つきであおいでくれます。
その間に、ママはフライパンで餃子&道の駅で買ってきた「但馬牛」を焼き焼き。
=18時過ぎ 夕飯=
初日のメニューは、餃子、スペアリブ、砂ずり、但馬牛の味付焼肉、野菜丸かぶり、、
肉系ばっかりですね(^^;


まずは、新鮮な野菜をがぶりっ!といっていただきましょう!息子はトマト、娘はキュウリ。
ちょっと塩をつけて、、息子初のトマト丸かぶり!なかなかの食べっぷりです。
不思議なもので、切ったトマトとはまた違った食感、味わいになるんですよねぇ。
パパはもともとトマトが好きなのですが、夏になると、こうやってトマトを丸かぶりするのが大好きなんです。そして、娘。キュウリは大好物で、夏になると、おばあちゃん家から送ってくれるキュウリを丸かぶりしていたので、慣れたもの。今回も道の駅の新鮮なキュウリに舌鼓♪
結局、他のメニューはそこそこに、キュウリを二本お召し上がりになりました~(笑)
子供達は好きなものだけをあっという間に食べ終わり、こんな時間から遊びタイムに突入です。
娘が竹馬をやりたい、というので、息子が手伝って、竹馬の練習、、、
を、していたのは最初だけ。
途中から、わざとこけて大笑い、へと変更したようです。
飽きもせず、延々と、ケラケラ笑いながら、「わざとコケ」をしておりました。
=20時半 お風呂=
少しゆっくりしすぎました。受付で言われたお風呂の時間が20時から21時だったのですが、時間は既に20時半ちょい前。そろそろお風呂に入るとしますか。
お風呂は食堂棟にあるのですが、入口は隣の体育館からになります。
入口手前には、入浴時間の予定が張ってありました。
実はこの時、ちゃんと時間を見ていなかったのですが、この日は、20時半から次の団体のお客さんの入浴スケジュールが入っていたのです・・・
とりあえず、お風呂に入ってみると、、さすが、団体さん向けの施設だけあります。
脱衣場の広いこと!お風呂の広いこと!!
先客は当然ながら、同じオートサイトの方で、ちょうど入れ違いであがられるところ。
おっ!ラッキ~、貸切だ♪と思ったのもつかの間、、
脱衣場がなんだか騒がしい・・・
次々とお母さんとお子さんという組み合わせの方が入ってこられました。
女性用のお風呂はそれでも、10人強くらいだったのですが、男性用のお風呂は、15以上あるシャワーが満員、湯船も満員御礼状態、だったそうで、、
パパと息子は結局、湯船につかることなく、逃げるように早々にあがってきたんだとか、、(^^;
あがった後も、続々とお風呂に入って行く、親子連れ。
もういちど、ちゃんと入浴予定表を見てみると、20時半からの入浴は「ボーイスカウト」の方と「初めての親子キャンプ」の参加者でした。
どうりで、女性用より、男性用が満員になるわけです。
明日は気を付けないと、、、
お風呂からあがると、子供達は花火をする気満々!
でも、よくよく考えたら、花火をして良いかどうか聞いてなかった(^^;  受付でもらった用紙にも何も書いてない。
とりあえず、電話してみると、一応はつながったのですが、本来の係の方ではなく、そのあたりの詳細はよくわからない様子。
「そんなことは聞いたことがありませんけど・・」と言われてしまい、、、
子供達のブーイングの嵐をなんとかなだめ、今日のところは、花火無しでということで、、
=21時半 就寝=
キャンプの友、それぞれポケモンのぬいぐるみを抱き抱き、就寝zzzです。
=7時過ぎ 起床 8時朝食=
今日の朝食は和食。
ライスクッカーでご飯を炊き、鮭を焼いて、キュウリ、トマト、ぶどう、そして玉子スープです。
そして、朝食後、午前中はサイトで過ごします。
まずは娘。ママのお手伝いです。二日目の夕飯はカレー。
過去に何度かカレーはありましたが、現地で一から準備するのは今回が初めて。
野菜の皮をむいたり、切ったりを娘に担当してもらいました。まだまだ目が離せないところはあるものの、手伝う手つきも少しずつ上手になってきました♪
この調子で、どんどんうまくなって、そのうち子供達だけで食事の準備をしてくれるようになってほしいものです。
はい、できました~!
野菜類は全部、娘が準備してくれました。
そして、終わった後は洗い物まで・・ありがとね~
この時は、まだシンクの台によじのぼっていましたが、この後、たくさん置いてあるレンガを見つけ、自分でズルズルと動かし、踏み台にしてました。やるな~(笑)
さて、その頃、息子とパパは、というと、日陰になっているサイトで、汗だくになりながらサッカー練習です。
くつろぐ主のいないコットには、ちゃっかりポケモンぬいぐるみ達が仲良くお昼寝zzz??
ママは、娘がカレーの準備をしてくれている間に、前回のキャンプで大失敗した「パン」のリベンジです!
おそらく、火が弱かったことが失敗の原因だろうと思われるので、今回は上も下も、炭多めを心がけ、うちわでもパタパタ仰ぎます。
やっぱり、鉄のダッチオーブンに比べ、ステンレスのダッチオーブンは少し時間がかかりますが、しばらくして蓋を開けてみると、今度はなかなか良い感じ。
まだ焦げ目がついていないので、さらに上を中心にうちわであおぎ火力を強めます。
約5分後、再び蓋を開けてみると、、、
おぉぉお!!!!求めていたものはまさしくこれ!!!
ちょっと焦げ目が強かったものの、今回は作りたかったお花パンができました~!ママ感激!!
二回目は、ダッチオーブンがしっかり温まっているので、ものの5分くらいで出来上がり♪
=11時半過ぎ お昼ご飯=
少し時間は早いですが、パンもうまく焼けたことだし、焼き立てパンでお昼にします。
昼食メニューは、、焼き立てパンとコーヒーで、、、(^^;
でも、パンはとってもおいしかったです!
ダッチオーブンを買ったら絶対作りたかったので、ママ大満足♪子供達もたくさん食べてくれました~。
オーブンで焼いてもおいしいのですが、やっぱりダッチオーブンだと格別ですね。
時間のある時のキャンプでは定番となりそうです♪
=13時過ぎ 木の殿堂へ=
キャンプ場から車で約5分くらいのところに、「木の殿堂」という施設があります。
夏休み期間はそこでクラフト工作をやっているというので、行ってみました。
「木の殿堂」というだけあって、建物はもちろん木でできているんですが、なんというか、とにかくすごい迫力です!「安藤忠雄氏」の設計なんです、と係りの方に言われて、実はいまいちピンと来なかったママですが、帰って調べてみると、テレビなどでも見かけたことのある有名なお方で、、大変失礼いたしました!
とりあえず、受付をします。
ちなみに、この施設、総工費はかなりかかっているハズなのに、入場料は無料です。
入口にある見本を見ながら何を作るか決めます。
結局、息子は木の枝などで自由に作るクラフト工作、娘はバードコールというものを作ることにしました。料金も、200円、300円とリーズナブル♪
中に入ってみると、奥の方には木のおもちゃコーナーがあって、ここでもいろいろ遊ぶことができます。
一通り遊んで、工作室へ移動です。
「よろしくお願いしま~す。」
中に入ると、優しそうな先生が「待ってたよ~」と迎えてくださいました。
中には電動糸ノコがずらりと並んでいます。
とりあえず、息子は手作り工作なのですが、せっかくなので、娘の分を切るのを手伝わせてもらいました。
娘の分のバードコール(写真真ん中)はママと息子の共同作業で完成。
ママ、糸ノコに結構ハマっちゃいました!
ウサギの型を取った後の木が残っていたので、何かもう一つできないかと考えていたところ、先生がご厚意で大きめの板と交換してくださり、象の親子の組み木を作ることができました。
これも、かなり真剣に、熱中して完成です!
息子は木の枝などを使って、クワガタを完成!夏休みの自由研究はこれでいいかな♪
工作は予想以上に楽しくて、時間があったらもっともっと作っていたかったほど。
その後は、しばらく木のおもちゃコーナーで遊びます。ビー玉を使ってコロコロ、、二人でかなりハマっていました。
たとえばキャンプ中に雨が降ってやることがないな~って時とか、我が家のように二泊して、時間が空いた時なんかにお邪魔したら、とても楽しくて有効的な時間が過ごせると思いますよ。
結局、思っていた以上に滞在時間が長く、施設を出たのは16時過ぎ。実に3時間もいたってことです!
※兵庫県 木の殿堂詳細は▶▶▶こちら 
=16時半 瀞川(とろかわ)山へ= 
時間もすっかり遅くなったので、一旦サイトに戻ったのですが、やっぱりどうしても行っておきたいところがある(byパパ)というので、そのまま車で目的地へ。
わかりにくそうだったので、木の殿堂の帰りに係りの方に行き方を聞いていたこともあり、迷うことなく山道に入れたのですが、まぁそれは見事な凸凹道、、、それが延々と続きます。
運転していて嫌になるほど長い、、、まだ?まだ?という感じです。
で、こんな思いをしてまで行きたい場所ってどこ?
ってことですが、、答えは「瀞川
(とろかわ)山」の山頂です。
登山コースもあるようなのですが、車で山頂直前まで行けて、そこから徒歩10分程度で山頂、ということで、見晴らしもよさそうだし、せっかくなら行ってみよう、となったわけです。10分くらい走らせると、展望台がありました。
見晴らしは? 
まずまず、と言ったところ(^^;  ま、周りは山がほとんどですから、こんなものかな。
で、娘が台に立っていたので、写真撮るよ~!というと、このポーズ。
なんでしょうね~。笑っちゃいます。
そこからさらに約10分。
まっすぐな一本道を少し下った先に、登山口の看板、向かい側に車を停めるスペースがありました。でも、溝があってそのままは入れない様子。少しだけ先に進んでみると、入口と思われる砂利の広場?がありました。そこから入って、登山口前のスペースに車を停めます。
車を停めた途端、またしても奴が、、、そう、蜂です。
車の周りをブンブン、、さらにはその後車にペタッと止まっています。
なんなんでしょうねぇ、、、蜂って暖かいのが好きなんでしょうか?それとも車が好き??
蜂に注意しながら、ささっと外に出て、ささっと登山口へ。
木の殿堂の方に、動物が出てくる可能性も、、なんて言われたので、とにかく声を出しながら歩いて進みます。
たった10分あるかないかくらいの道のりなんですが、、これが結構キツイ、、
大人、完全に運動不足です(^^;
しばらく歩くと、やっと山頂が見えてきました!
やった~~~!!!到着だ~~~!!!(←たぶん10分歩いてない・・・)
でもね、、山頂からの景色、、、これです。
霧でな~~~んにも見えませーん。
実は、少し前の展望台を出た後、霧が出てきているのが見えて、ちょっと嫌な予感はしたんですよね。
でも、目の前に霧が出てるわけじゃないし、実際山を歩いている時も大丈夫だったし、、
ま、大丈夫かな、なんて淡い期待を持ってたんですが、、、やっぱりダメでしたねぇ。
さっきはめちゃくちゃクリアな視界だったのに、、、、山の天気は変わりやすいってことです!残念!
あきらめてサイトに戻りましょう!
=18時前 夕飯=
午前中にパンの火の残りを使って、カレーもしっかり出来上がっていたので、後はご飯を炊くだけなので、あっという間。
カレーも、もう一度火をおこして温めるのも面倒だな~と思っていたら、まだほんのり温かく、ご飯が炊きたてなので、子供もパパも猫舌だし、このままでいっちゃえ!ってことで、完成~!
今回のカレーはほぼ娘が作ってくれたもの、といっても過言ではありません。
おいしかったよ~!ありがとね♪
=19時 お風呂=
今日の入浴時間は19時~20時。
昨日のこともあるので、今日は早めに行きます。例の表を見てみると、今回はダブっている時間がありません。
よかった~!貸切だ~!(※キャンプ客は我が家ともう一組だけで、もう一組の方はまだサイトで夕飯中だったので、、)
今日はゆっくりたっぷりつかることができました♪
=20時 花火=
昨日の夜、楽しみにしていた花火ができなかったので、今日は早い時間に電話で確認。
すると、「U字溝がおいてあるあたり(バーベキュースペースらしいですが)なら大丈夫ですよ」とのお返事。
これで、ちゃんと確認が取れたので、今日は花火有りです!
二日やるつもりで少し多めに持ってきていたので、今回は豪勢に花火大会!
夏はやっぱり花火ですね!
でも、たくさん持ってきていた手持ち花火も、二人の子供にかかればあっという間でした(笑) 
とは言え、時間は既に1時間近く経過。何せ、息子は「線香花火」が大好きなもので、、、、
最後の最後に、一本づつ、どれだけ長く続けられるか、毎回、自分自身で格闘しています(笑)
そんなことで、花火が終わったのは21時前。

=21時半 就寝=
 です。

=翌朝7時半過ぎ 起床・朝食= 
朝食は、キャンプ初登場の「トースト」です!
サンドイッチやホットサンドはしたことがあるのですが、トーストが食べたいな~と思って調べてみたところ、専用の器具を買わなくてもおいしいトーストができることがわかったので、やってみることに。
やり方はいたって簡単。食パンの両面にマーガリン(バター)を塗ってフライパンで焼くだけ!
これがね、かなりおいしいんです!いけるんです!
なんというか、喫茶店で食べたトーストのような感じ、とでもいうのでしょうか。とにかく、外はカリッ、中はもっちり、でオーブントースターで焼くトーストとはまた違ったおいしさがありました!
これはキャンプだけでなく、家でも定番になりそうです♪
写真を撮り忘れたのですが、今回のメニューはこのトーストに卵焼き、サラダ、フルーツ、ヨーグルト、いつもより少し豪華な洋食の朝ごはんでした。
その後、子供たちはしばしフリータイム。
専用子供部屋に入って、二人でポケモンぬいぐるみと一緒に遊んでるみたい。
見るとやめるので、こそっとファスナーを開けて、レンズだけを入れて撮ってみました。
下の娘はまぁともかく、上の小2の息子もこういったぬいぐるみが大好きなんですよねぇ。
普段は生意気言うようになってきたのですが、かわいいところもあるもんです。
=9時半頃から撤収作業開始=
チェックアウトは本来12時なのですが、次がいないということもあり、16時くらいまでなら大丈夫ですよ~!と確認していたので、撤収もゆっくりめ。
設営は殆どパパがやってくれたので、撤収はママ担当です。
こんな形で洗濯物やタオルケットを干している様子はまるで家の庭先のよう、、(笑)
息子とパパが空いてる芝生サイトでサッカー練習、娘が縄跳びしている間に、コツコツと片づけていきます。

さすがに炎天下長時間の縄跳びはきついので、娘が涼みにやってきました。
以前から、縄跳び練習をしていてなかなか上達しない状態が続き、最近やっとちょっと跳べるようになってきていたのですが、この1.2週間で、驚くべき成長を遂げた娘。
なんと、先日240回を記録しました!
しかも、「い~ち、に~い」という、ゆっくり目の跳び方ではなく、ボクサー仕様(笑)の早い「1.2.3.4..」の跳び方で、です。
なかなかやります!
息子のサッカー練習も一通終わり、ママの撤収もずいぶん進んだので、二人休憩タイムです。コットを占領して、何やら遊んでいます。
そうそう、昨日の夜、子供たちが寝てから、ランタンの明かりに誘われて突然やってきた、「カミキリムシ」。
逃がしてやればいいのに、例のごとく「持って帰る!」と言ってきかないので、お持ち帰りです。
このカミキリムシは生態がクワガタに似ているとかで、食べ物もゼリーやバナナの皮などを食べるらしいです。また我が家の玄関先の昆虫が増えました・・(^^;
お昼は、昨日の残りのカレー、トースト、カップめん、残っているものを適当に食べ、しばらく休憩した後、退散です。

帰りに管理棟により、ゴミのチェックをしてもらい、

=14時過ぎ チェックアウト=です。
帰りもやっぱり3時間くらい。結構疲れました~。
でも、今回はキャンプだけでない楽しみもあったり、ゆっくりできる時間もあって、とても楽しく過ごせました♪

さて、全体の感想です。
まず、はっきりと言えることは、、、とにかく「安い」です!
本文でも言いましたが、二泊で電源付、運が良ければお風呂も入れて、家族4人で、4,000円いかないんですから、お財布にとてもやさしいキャンプ場と言えます!
各サイトには流し台がついていますし、電源付のサイトもあります。
ただ、サイトとサイトの間には仕切りがありませんので、ピーク時にはプライベート感が無いかもしれません。
お風呂は他に団体客がいる場合という条件付きですが、無料で入ることができます。
子供向けの遊び面でも、フィールドアスレチックや木の殿堂もありますので、充実していると言えるのではないでしょうか。 
   ▶▶▶vol.27  

 スポンサードリンク


キャンプ日記indexへ

Copyright(C) since 2008 関西子どもとお出かけ遊び場情報 All Rights Reserved.