関西子どもとおでかけ遊び場情報ー緑ヶ丘キャンプ場・オートキャンプ・兵庫ー
緑ヶ丘キャンプ場・兵庫県朝来市にあるテントハウスもあるオートキャンプ場、緑ヶ丘キャンプ場の紹介です。

HOME
> キャンプ場編 index > キャンプ日記index
 
キャンプ日記 vol.24

2011年7月9日(土)~2011年7月10日(日)
前回は娘の体調不良で、家族そろってのキャンプを断念せざるを得なかったのですが、今回は大丈夫!
梅雨も明け、お天気は快晴!絶好のキャンプ日和です。
と言いたいところですが、お天気良すぎて暑い・・・・もうすっかり夏です。

チェックインが13時ということなので、家を出たのも遅めの10時半ごろ。
そして、向かった先は、兵庫県朝来市にある、町営の「
緑ヶ丘キャンプ場」です。

播但自動車道の「朝来IC」を降り、しばらく進むと、「あさご芸術の森」というアーチ、更に進むと、道沿いにオブジェのような作品がある「あさご芸術の美術館」がありました。
  
お風呂のある「みのり館」も、表記はありませんが、どうやらここにあるみたいです。
とりあえず場所はわかったので、中には入らず、キャンプ場へ向かいます。
山道を過ぎると、かなり古く怪しいトンネルが見えました。
当然、中に入る直前に車のライトをつけたハズなんですが、「え?ついてるよね?」ともう一度ライトを確認したくらい、暗くて先が見えず、目が慣れるまでかなり怖かったです。この時点で、夜、お風呂に行くのにこのトンネルを通るのはなんか嫌だな~と思った程。距離は短いので、出口も見えているくらいなんですけどね、、、
それからほどなくして、キャンプ場入口に到着です。
大きな鉄塔のようなものが建っていたので、「???」と思っていたら、キャンプ場の隣は「関西電力奥多々良木発電所」でした。
入口には写真(右)のように、きれいに手入れが行き届いた芝生や木々。
これは期待できるかも!?
(後から考えると、このスペースは関西電力さんの管轄だったのかもしれません。)
先に進むとセンターハウスが見えてきました。
=13時前 到着=
こちらのキャンプ場は町営なのでキャンプ場に管理人さんが常駐されているわけではなく、お客さんのいる時だけ、管理人さんが来られるんだそうです。
なので、13時よりも早く行き過ぎると、管理人さんがまだ到着されていなくては入れない、ということもあるんだとか。
それを聞いていたので、いつも早めに到着する我が家も、13時にあわせて到着したわけです。
早速センターハウスに行き、受付をします
実は予約の時から聞いていたのですが、その後も状況変わらずで、、
こんな良いお天気の週末に、久しぶりに「我が家貸切」だったので~す。
オートサイト、フリーサイトがあり、オートサイトには専用の流し台、電源(利用料込)がついています。
ただ、各サイトにはデッキスペースがあるので、テントやタープの種類、建て方によっては、ちょっと張りにくいということもあるかもしれません。今回はオートサイトで一番広そうな12番を予約していました。
で、実際行ってみると、確かに広いのですが、地面に石がゴロゴロとあり、、
結局、サイトを変更し、2番サイトにしてもらいました。
とりあえず、時間も時間なので、タープだけ張ってからお昼にしよう、ということで、ヘキサタープを張り始めたのですが、、
ウッドデッキがある為、ロープを思うように伸ばせず、ペグダウンにひと苦労。結構時間がかかってしまいました。テントとタープを連結させることはスペース的には難しいかな、と思います。
スペース的には、やっぱりウッドデッキにテント、残りにタープ、というの無難です。
というより、それしかないかもしれません、、
息子が車酔いしてしまったのか、ちょっとしんどいというので、今回お手伝いは無し。
大人達がタープを張っている間、虫かご持って、網持って、虫取りです。
子供達にとって、楽しい季節になってきました。
=14時前 お昼ご飯=
お昼は、家からソースを持ってきて、ミートスパです。
子供達は口の周りをオレンジ色に染めながら、パクパク。
そして、食べ終わったら早々に「お散歩行こーよー!」です。
いやいや、食後はちょっとゆっくりさせてよ~(>o<)
あまりに暑いので、テントは涼しくなってから設営することに。
なので、とりあえず子供たちに付き合って、場内散歩です。
「行くぞ~!」「お~!」
まずは、オートサイトの奥にある自由広場です。
うぉ!?かなり気持ちよさそうな芝生!
なんならオートサイトよりも地面の質が良い感じ。
ありゃ、こっちで張った方がよかったかな・・・ちょっと後悔。
でも、既にタープも張って、荷物もおろしてるし、仕方ないか・・
奥には、キャンプファイヤースペースがあったくらいで、特に変わったものはありませんでした。
そうそ、こちらは、オートサイト、フリーサイトそれぞれに写真のようなテントハウスもあります。
中は見れていませんが、外見はちょ~っと古い感じがしたかな。

=15時 川遊び=
川遊びができると思っていたのですが、動物対策なのか、川に面している場所はすべて針金の柵で出られないようになっていて、キャンプ場側では遊ぶことができませんでした。
そこで、今度はオートサイトに戻り、というか、通り過ぎ、反対側の広場へ行ってみることに。
こちらには、下に降りれる川があり、水もかなりキレイ。
早速、三人で下りて、水に足を付けると、、「冷た~~!!!!!!」
冗談抜きで、最初は足が凍るかと思うくらい冷たかったです(^^;
耐えに耐えていると、そのうち冷たさにも慣れてきて、程よい冷たさになってきました。
沢ガニでもいるだろう、と軽く考えていたのですが、なかなか見つかりません。
それでもかろうじて、三匹見つけたのですが、こんなに苦労するとは、、と思うくらいでした。流れが早かったからかな、、
川でひと遊びした後、「日時計広場」に立ち寄ってみました。
この日時計は自分の身長の高さのところに立つと、頭の位置が時間になるそうで、、
ためしに、まず息子が120cmのところに立ってみると、15時と16時の間くらいに頭のてっぺんが、、、
で、実際の時計を見ると、時間は15時40分。
次はパパが立ってみると、やっぱり15時と16時の間。続いて娘、ママも同じ結果。
どういう仕組みになってるんでしょう???不思議。
サイトに戻ってくると、しばし、デッキで遊びタイム。
なんだかよくわかりませんが、デッキの上がステージらしく、そこで歌ったり、踊ったりしていました。
ま、楽しそうでようござんす。
パパから上(自由広場・フリーサイト)の様子を聞かれ、「結構良かったよ、あっちの方がよかったかも」、、と答えると、パパも気になり、見に行くことに。

で、結果は、というと・・・

やっぱりパパも同意見らしい。
とはいっても、もう既にタープは設営済み、荷物も全部出して、テーブルやら椅子もセッティング済みです。
そして時間はすでに、16時半近い。これから、移動&再セッティング??? 二人でかなり迷いました。
でもやっぱり、広々としたスペースはかなり魅力的♪

ということで、、、

ここにきてまさかの、
サイト移動です(^^;
子供達と、車を駆使して、出している荷物を徐々に上に移動させます。その間に、パパはタープを撤収。

自由広場はスペース的にはかなり広いのですが、緩やかに傾斜があり、フラットな場所は限られてる感じ。
ま、今回は我が家のみなので、手前側のフラットのスペースを使い、再セッティングです。
基本的には、フリーサイトは車横づけ不可で、荷物の搬出入の時だけ可能だそうです。
でも、今回は一組なので、横づけさせていただきました。
こんなことなら、最初にオートだけじゃなく、フリーサイトも見てから場所を決めればよかった、と後悔。
不要な労力を使っただけじゃなく、料金も少し安かったのに、、大失敗です(^^;

そんなこともあって、本当はもっと早くから取り掛かりたかった夕飯準備が大幅に遅れ、、、

=17時半 夕飯準備開始=

早いときは夕飯を食べだしている時間です。
実は、遂に「ダッチオーブン」を購入しまして、、
と言っても、巷でよく見るキャンプ!って感じの、鉄製のもの(いわゆるブラックポット)ではなく、お鍋?と思うような、ステンレス製のものです。実際に家のIHでも使えるので、、大きな鍋ですね。で、今回はそれを使っての初めての調理なので、たぶん段取りも悪いし、時間がかかるだろうと思っていただけに、この遅れは痛い・・(>o<)
焚き火台も持って行っていたのですが、炊事棟にかまどがあったので、とりあえず、今回はそれを利用。
まずは着火剤を使ってチャコスタで火熾し・・
と思ったら、、持ってきたハズの
着火剤が見つからない、、、
当初BBQグリルを持って行こうとしていて、結局焚き火台に変更したので、BBQグリルの中に入れたまんまだったのかも、、

げげっ・・
時間のないこういう時に限って、、出鼻くじかれた。

仕方ないので、管理人さんのところへ行って、新聞紙をわけてもらうことに。
後は、そこらじゅうに落ちている「松ぼっくり」を利用です。松ぼっくりは勢いよく燃えて、結構長持ちするので、着火剤代わりには適役!
着火剤以上の働きをしてくれたので、炭にも順調に火が付き、着火剤を使っているのとなんら変わりありませんでした・・・良かった・・・自然万歳!(笑)
今回は現地作業が多かったので、娘にはサラダを作るのを手伝ってもらいました。
ナイフできゅうりを切って、レタスやトマト、キュウリ、ハムなどをトッピング。
最近、家でも「お手伝いする~」と言ってくれる娘。
洗い物はなかなか手際よく、洗濯物を畳むのは大人顔負けなくらいきれいに畳んでくれるので、お世辞抜きに助かることがよくあります。頼もしい♪
息子も、炊事棟で火の番をしてから、サイトに戻ってテントのペグダウン、で、又、炊事棟に来てじゃがいもを切ったり、サラダを盛り付けるのを手伝ったりと、大活躍です!
で、今回のメニューはというと、、、
パエリア風、カレーピラフ?と、フライドチキン&ポテト byダッチオーブン!

出来栄えに感動!
 
と言いたかったのですが、、、、

まず、ピラフを焦がしてしまい、底にびっちりご飯がこびりつき、、
そのまま水につけておくとたぶん、きれいになるのですが、何せ後に「フライドチキン」が控えてるもので、ある程度こびりつきをとった状態で、やむを得ず油を入れて揚げ物にうつりました。でもね、やっぱりこれはダメでした、、(涙)
油がドロ~ンとなってしまい、本来カラッとあがるはずのお肉が、ベチョ~って感じに、、
その後いくら時間をかけても、回復の兆しなく、、
結局、お肉とポテトを一旦取り出し、アルミホイルを敷いて、少し火にかけることに、、
おかげで、少しはカラッとしたものの、やっぱり出来はいまいち、、
時間をかけた割に、初回は大失敗の巻きでした、、(汗)
ちなみに、帰って家のIHでリベンジしてみたのですが、きれいな油ですると、ちゃんと外はカリッと中はジューシーにできました! むむむ、、残念。
=19時半 夕飯=   
今回はキャンプを始めて最も遅い夕飯となりました。
やっぱり、手間かけると時間もかかるってことかな・・
次回こそ、もっとゆとりを持って用意に取り掛かろっと。
ご飯は柔らか目だったものの、味はカレー味なので、まずます。
残ったら翌日の朝ごはんに回すつもりでいたのですが、息子がかなりたくさん食べてくれて、ほとんど残らず、でした。
作った側にしてみると、残るよりなくなる方がうれしいものです。良かった良かった。

=21時前 花火=
食べ終わって少しゆっくりしていたら、もう21時!
今回は今年初花火の予定で、手持ちを持ってきていたので、数も少ないし、我が家だけしかいないし、ということで、ちょっと遅いですが、花火です。
約1年ぶりの花火に、子供たちは大喜び♪
50本近く入っていましたが、あっという間に終了・・
さて、今年は一体どれくらいの花火を消費するんでしょうか・・
ちょっと数えてみたい気分(笑)
=21時過ぎ シャワーへ
場内は我が家の為だけに、街灯がこうこうと、、なんだか申し訳ない気分(苦笑)
でも、とっても良い雰囲気でした♪
シャワーはセンターハウスにあるのですが、入ると脱衣場があり、お風呂??と思うくらいでした。これはなかなか珍しいのではないでしょうか。3分200円。
でも、最初の1分は殆ど水だったので、隣の男子シャワーでは息子の「ギャ~!!」という声が、こちらでは娘の「キャ~~!!」という悲鳴があがります。
寒い時期にはちょっとつらいかもしれません。
ま、コインシャワーはどこでもこういうものなんでしょうけどね。
=21時半 子供達就寝=
この時点でテーブルの上だけでなく、炊事棟も片づけていないので、子供たちはパパに任せ、ママはお片付け。
時間も時間なので、子供たちはすぐに寝たそうです。
今回はいつも以上にバタバタと忙しく、洗い物が終わってやっと落ち着きました。
空を見上げると、それはそれは見事な満天の星空!!ものすごい数!!!
これまで見た中で一番多かったと思います。
星を見ながら、チューハイ飲んで、やっと一息・・・この時間が最高なんですよね♪
結局、大人が眠りについたのは、23時半ごろ
家ではクーラーをつけないと眠れないくらいの暑さも、キャンプ場ではほどよい涼しさ。
我が家だけなので、外からの声は何も聞こえないし、、
今夜は気持ちよく眠れそう♪

では、おやすみなさ~いzzz


と、なるハズだったのですが!!!


突如、聞こえた

ピンポンパンポ~ン!!


え?何!?こんな時間に?


「関西電力奥多々木発電所からのお知らせです。関西電力はただいまより発電を開始します。池の水が増水することが予想されますので、池には近づかないようお願いします。事故防止の為、皆様のご協力をお願いします。」

ピンポンパンポ~ン

そうなんです。
そういえば昼間にもこんなアナウンス、してたような気がします。
たぶん、タイマーでセットされているんだと思います。

しかも、

3回繰り返し!


いやいやいや、、
いくらなんてもこんな夜中に「池」に近づく人はいないですよ、、ね???

仮に!
そんなおかしな人がいたとしても、、
静まりかえったこんな時間。

1回聞けばわかりますから~!!

どうしてもこの時間に流さないといけないなら、1回でセットしていただけると助かります~(^^;
本当にドキッ!とするほど大きな音だったので、寝てる子供が起きないか、ハラハラでした。
=翌朝7時半起床=
昨夜は寝るときにインナーテントの小窓をすべて開けて「メッシュ」にして寝たのですが、明け方には「寒っ!」と思うくらい涼しかったです。とはいえ、起きた時にはもう既にお日様ガンガン!夏日のスタートです。
朝食の用意ができるまで、パパと子供たちはひと遊び。
今回、もう一つ増えたクッキング便利アイテムがこれ、UNIFLAMEの「fan5-DX
片手鍋、ライスクッカー(2~5合炊き)、大なべ、ざる、フライパン。
これらすべてのアイテムがコンパクトに全部収納できるようになっているんです。収納された大きさは、大きめのお鍋くらい。ほんと、これ、めちゃくちゃすごいです!知らなければ、この中にこれだけのものが入っているとは絶対思わないハズ。知っていても、やっぱりビックリするほどのコンパクト設計!かなりオススメです♪
=8時半 朝食=
そんなことで、今回は、キャンプで初めて朝食が「ごはん」、、そして「初炊飯」です。
オムレツ、ハム、ウィンナ、サラダ、フルーツ、ヨーグルト、ご飯。
特別変わったものはありませんが、我が家にとっては豪華な朝ご飯となりました。
こちらのキャンプ場のチェックアウトは11時
あまりゆっくりしている時間はありません。
朝食を食べ終わると、ママたちは早々に撤収作業にとりかかります。
パパが息子に「せっかくだから二人で探検に行っておいで」、と言うと、息子は全然乗り気じゃなく、「え~いいわ~」との返事。
「もしかしたらカブトムシとかいるかもよ?」と言っても、なかなか重い腰があがりません。
そうはいっても、何もしないものもったいないので、何度かしつこいくらいに声をかけてみると、しぶしぶ、といった感じでやっと動き出しました。
妹を引き連れて、網と虫かごを持って、とりあえず一番近い木に行ってみました。

すると、息子が

「パパ~!!」と呼んできました。
すぐ近くなので、「何?」と聞くと、「いいから来て!!!」との返事。
行ってみると、「これ何?」と指さすので、見てみると、、、
「いやいやいや、これ何って、、、思いっきし、クワガタやん!」

そうなんです。
なんのことはない、サイトの目の前にあった桜の木に、
夜更かししている不良の「クワガタがいたのです。しかもオス!
これはもうラッキーとしか言いようがありません。
偶然クワガタを見つけ、気をよくした息子は、今度は意気揚々と場内にある木をくまなく見て回りましたが、時すでに遅し・・
9時をとっくにすぎた炎天下の中では、さすがにもう何も見つかりません。
でも、自然のクワガタは初めてなので、相当うれしかったようです。

時間がたつにつれ、じりじりと焦げるような暑さの中、撤収作業が続きます。
少し動くだけで、ビックリするほどの汗!
下を向くとポトッ、ポトッと汗が流れ落ちるほど・・
やっぱり、
夏場の撤収は嫌~~!!!!
良いことと言えば、冬場に比べ、シュラフなどの干すものが減ったこと、湿気ていたテントたちがすぐ乾くことくらい。
これからしばらくの間はこういう時期が続くのかと思うと、、、、嗚呼、、、早く秋よこ~~い、、と思ってしまうのは大人だけでしょうか?

どうにかこうにか、
11時ちょっと過ぎ、チェックアウトです。

あまりに汗だくになったので、シャワーを浴びて帰るつもりだったのですが、結局11時過ぎていたので、おじさんにも悪いかな~という遠慮の気持ちもあり、シャワーは浴びず、「みのり館」でお風呂に入ることにしました。
でも、キャンプ場を出てすぐ、ちょっとした不安・・「こんな時間にお風呂やってるかな、、」
やってなかったら、最悪!お願い、お風呂やってて~~!!!!
・・・・・・

そんな切実な願いむなしく、お風呂は「13時から」で、まだお風呂のスイッチが入っていない、とのお返事・・・
仕方がないので、Tシャツだけ着替え、そのまま帰ることにしました。

あ~あ、、、こんなことなら、キャンプ場でシャワーして来ればよかった(涙)もちろん、家に帰って即、シャワーしたことは言うまでもありません。
気を取り直して、全体の感想です。
まず、かなり穴場のキャンプ場だと思います。
好天気のベストシーズンの週末に一組ってことは、なかなかないかと、、
サイトも流し台付、電源有り、お風呂はありませんが、きれいなシャワーがありますので、キャンプ場としては良い条件だと思います。
たとえ、泊りが一組であろうと、夜通し管理人さんがいてくださるのも安心です。
川遊びや、運が良ければクワガタなども見つけられることを考えると、特に夏場はお子さんも楽しめるキャンプ場なのではないでしょうか。
しいて言えば、夜中の関西電力のアナウンスが気になるところですが、その時間さえ我慢すれば、その後流れることはありませんので、それ自体は大きな問題ではないと、、
管理人さんとのスケジュール調整があるようなので、予約は少なくとも2日前までにした方がよさそうです。
  ▶▶▶vol.25 

 


キャンプ日記indexへ

Copyright(C) since 2008 関西子どもとお出かけ遊び場情報 All Rights Reserved.