関西子どもとおでかけ遊び場情報 ー休暇村南淡路・シーサイドオートキャンプ場ー
関西子どもとおでかけ遊び場情報・兵庫県・淡路島エリアの遊び場の紹介です。

HOME
> キャンプ場編 index > キャンプ日記index
 
キャンプ日記 vol.18

2011年4月9日(土)~2011年4月10日(日)
本来なら、二泊でキャンプの予定が、初日が大雨だったので、急遽一泊目を「ウェルネスパーク五色」のコテージに変更。
我が家のキャンプ生活のきっかけともなった、去年の夏休みの「湯の原温泉オートキャンプ場」以来のコテージに子供達も大喜びでした。
10時にチェックアウト後、次のキャンプ場へ移動する前に、ちょっと寄り道です。

=11時過ぎ 淡路島牧場=
ここは近くにある「イングランドの丘」とは規模もタイプも違う素朴な牧場です。
イメージは、「小さな個人の牧場」といった感じ。
入口には、関西では馴染みの「淡路島牛乳」巨大パッケージがお出迎えです。
牧場内は、たくさんの牛や馬が、、ということもなく、小牛が二頭ほど、ポニーが二頭ほど、それに、乳搾り体験用につながれた牛が一頭。
特に見て回るところもないので、乳搾り体験をしてみました。
息子は過去にあるものの、娘は初めて。
かなりこわごわとやっていましたが、おじさんに手伝ってもらったこともあり、なんとか絞ることができました。
息子はさすがに経験者ということもあり、手助けなしでOK。
他にもバター作り体験がありましたが、それはせず、滞在時間は40分程度でした。
 淡路島牧場詳細は▶▶▶こちら 
時間も時間だったので、早々にキャンプ場に移動です。
ということで、今回のキャンプは
「休暇村南淡路」 です。
=12時50分 到着=
大きな宿泊施設、本館で受付です。
休暇村は全国の国立公園や国定公園の中にあって、気軽に利用できる宿泊施設ということで、行った日も多くの団体さんやグループの宿泊者がたくさんいらっしゃいました。
こちらでキャンプ場へのゲートを開ける為のカードを受け取りチェックインです。
ここではこのカードの保証金(3,000円⇒out時返却)のみ
を支払います。
カード払いの場合はこちらで清算もしてしまいます。
その後、車を動かし、下のキャンプ場管理棟で再度受付です。
サイトは
受付順で選べます
案内図では、サイトの大きさに大きな差があるのですが、実際はそういうわけではないようです。海側のサイトでは、目の前で釣りができるので、人気のようでしたが、今回は海沿いではなく、一段上がったところにしました。
この日はお天気も良く、既に5、6組の方が到着されていました。

=13時過ぎ 設営&お昼=


とりあえず、サイトに移動です。
海がこんなにすぐそばにあるサイトは今回が初めて。
昨日とは打って変わって良いお天気で、気持ち良い♪
コテージで作ってきたサンドイッチを頬張りながら大急ぎでテント&タープを設営です。
昨日は雨で、遊びらしい遊びは出来てないし、一日しかいられないし、早く早く!!
で、張ってみると、、あれ?ちと狭い?
手前に付けて横並びに張ったのですが、幅が結構かつかつでした。
=14時半 フリータイム=
今回のキャンプの一番の楽しみは、やっぱり海が目の前ということで、「釣り」です。
仕掛け、エサ、釣り竿の釣りセットを購入(竿はレンタル)しに管理棟まで行くと、係の方がサイトまで来て、どんなふうに釣るのが良いか、どの時間帯がよく釣れるかなど、丁寧に教えてくださいました。
とりあえず、今は干き潮の時間帯なので、なかなか釣れないかも、、とのこと。
でも、せっかくなので、一応糸を垂らしてみます。
しばらくすると、おしゃれな大きな船が通っていきました。
聞くと、これが「うずしおクルーズ」の船なんだそうです。
いつかはうずしおを見に行こうという話もあるのですが、三半規管が以前よりかなり弱ってきたママは船酔いしてしまうかも、、と思うとなかなか実行に移せずです、、

さてさて、釣りの方はというと、係の方がおっしゃる通り、浮きはピクリとも動かず、静まりかえっている状態。
なので、餌を付けた状態で、竿を置き、しばらくそのまま釣りは休憩です。
で、サイトの前の道で、娘はキックボード、息子はブレイブボード。
コーンを持ってきていたので、スラロームというのか、グネグネできる?と試しに置いてみると、、
いやいや、すごい!器用にコーンに当たらず、グネグネとやっているではありませんか!
これにはちょっとビックリです。 キャンプの時くらいしかやってないのに、、お見事!
こちらのキャンプ場はサイト毎に流し台がついています。
海を見ながらの食事の用意というのもなかなか良いものです♪
時々、↑の船が通ったりすると、なんとも良い雰囲気。
冬の間はタープの中での食事だったので、ホットプレートやカセットコンロを使って用意していたのですが、いよいよ気候も良くなり、外での食事解禁です!
ということで、久しぶりに我が家の愛用品、UNIFLAMEのチャコスタ君、登場♪
これからのシーズン、しっかり働いておくれよ~(笑)
=17時半 夕飯=
夕飯は、グリル使用シーズンでは、定番メニューでもある、「塩焼き鳥」です。
やっぱり、ホットプレートとは違い、炭火で焼く「焼き物」は良いですね~!
とりあえず炭火、というだけで何を焼いてもおいしそうに見えます。
これぞまさに
炭火マジ~ック!!

今回、久に登場アイテムはもう一つ。
冬キャンプではあまりの寒さ故、しばらくご無沙汰しておりました「ステンレスファイヤープレイス」です。

しばらく出していない間に、あらら、、真っ黒・・・
元々、既に焦げで黒くはなっていたのですが、更に錆びついていた様子(^^;
ま、ぼーぼーと火が燃えるわけですから、いつまでもキレイな状態、というのも無理でしょう。


で、今回初めての試み「其の壱」。 それは、息子に焚き火の準備をさせること。
せっかく、キャンプに来ているんだから、色々と覚えていってもらわないと!
ま、焚き火の用意と言っても、焚き火台もあるので、新聞紙を敷いて薪を並べるだけ。
簡単っちゃ簡単なんですが、それでも新聞紙や薪はなるべく空気が入るように並べる(置く)とか、そういうコツは必要なので、そのあたりを重点的に伝授。
パパに指導を受けながら、用意し、着火!
おぉおぉ!ちゃんと点きました! ボ~ボ~と燃えております。
息子が焚き火の用意をしてくれている間に、夕飯も出来上がりました♪
焼き鳥に、焼きちくわ、ウインナ他焼き物づくし、、(^^;

いや~、見た目だけじゃなく、やっぱり炭火焼き鳥はうまいっす!!
息子も焚き火の番をしながら、串を持ってガッツリ!
そうこうしているうちに、辺りも薄暗くなってきました。
そろそろランタン点灯、なんですが、、
ここで、初めての試み「其の弐」です。
もうおわかりかと思いますが、、、、
そうです、息子にランタンの準備をさせてみようと。。
過去に、ガソリンの入れ過ぎだったのか、「ボンッ!!!」といったことがあるので、かなりドキドキだったんですが、パパと一緒に挑戦です。
ポンピングをシュパシュパシュパ。
スイッチを押しながら、ガスのバルブ?を調整し、火を点けます。
見ているママの方がドキドキ・・・

ふ~~っ・・・特に問題なく、すんなりと火がついてくれました。
これで、経験値が少しパワーアップしたかな。
次からは焚き火、ランタンの準備を頼んだよ、息子君!
=18時半~ 釣りタイム=
昼間と比べ、潮が満ちてきて、かなり高い位置まで水かさが増えていました。
昼間、聞いた時は、この時間帯が一番釣れますよ、と言われたのですが、
さてさて、どうなることやら・・?

ところで、最近、こちらでは「ハオコゼ」という魚がよく釣れているそうです。
で、この「ハオコゼ」なんですが、背中に毒を持っている魚で、直接手で触らないように、と受付にも注意書きがありました。
で、肝心の釣りは、というと・・・
ビックリするほどあっさり、釣れちゃいました!
でも、魚の種類がよくわからないママ達は、これが一体何の魚なのかよくわかりません。
とりあえず、観察してみると受付で見た「ハオコゼ」になんとなく見えないこともない、、、
暗闇の中、デジカメで撮った↑の写真を見て確認してみます。でも、よくわからない・・
もしそうだったら、、と思うと怖いので、とりあえず二重に手袋をはめ、直接魚に触らないように針を外し、海へと返します。
その後、ほどなくしてまた釣れた魚もどうやら同じ魚。
ハオコゼなんだろうか?違うんだろうか?
気になって仕方ないので、思い切って近くで釣ってらっしゃった方に聞いてみると、、
「あ、これはメバルですね。」との回答。
な~んだ、そうだったのか~、ビックリした~。
ちなみに気になっていたハオコゼは「もっと真っ赤で、すぐわかります」と教えていただきました。
ということで、多分、さっき海に返した魚も「メバル」だったというわけです。
結局計3匹釣れたところで時間は、
20時タイムアウト!となりました。
というのも、この日は20時から宿泊棟にある「天文台」で星空観察会があったのです。
お天気も良いし、今夜は星がキレイにみられるだろうな♪
サイトからてくてく歩いて、上ります。
一応、近道の階段を上るものの、これが結構キツイ!
=20時 星空観察会=
着いた時には既に20時を10分ほど過ぎていて、中の「コスモホール」で色々な説明をされているところでした。
その後、屋上にあがり、↑の写真で写っている全国でも珍しい「大型望遠鏡」で順番に「土星」を見ます。
望遠鏡で星を覗くこと自体、初めての経験。
ドキドキしながら、見てみると、、
見えました見えました!輪っかが特徴の土星が!でも、なんだか、おもちゃみたい、、(^^;
想像してた感じと随分違いました。
子供達も「まる(○)書いて線(-)だった!」と言っていたのですが、まさしくその通り。
全体的に黄色く発色したような、「丸書いて線」、でした。

その後、外に出て、今度は一般的な?天体望遠鏡で「月」を見ることに。

いやいやいや、これが、、もう、、なんといっていいのやら、、
いや、写真などでよく見る「月」そのもの、ではあるんです。凸凹したクレーターもはっきり見えたりして、、 でも、それが、なんとも神秘的!!
それを写真ではなく実際の目で、まさしく今、見ているということに、ママなかなり感動! しばらく興奮気味でした(笑)
ほんっと、良いもの見せてもらった、って感じです。
そうこうしてる間に、時間はもう21時前。
お風呂が閉まる時間なので、大慌てで下に降り、お風呂へ。

=21時 お風呂=

こちらは大きな露天風呂もあり、前には海も見えるので、かなり開放的で、気持ちが良かったです♪

さて、お風呂からあがったら、階段を駆け下り、サイトへ戻ります。
ちょうど、桜の花が満開で、ランタンの灯りを向けると、良い感じにライトアップ。
とってもキレイな夜桜が楽しめました。
真っ暗な夜道を歩くのに重宝したのが、以前紹介した、4つに分かれて使えるマイクロクアッドLEDランタン。1個は手のひらの1/4くらいのサイズなんですが、写真でもお分かりの通り、かなり明るいんです。
しかも街灯も無いので、あたりは真っ暗。そんな中でのこの威力!
白く丸いのはマンホールのような、何かの蓋。そんなものまではっきり見えちゃうんですから、すごいですね。しかもそれぞれが持てて便利♪かなり重宝してます。
=22時 就寝=
今回は天体観測があり、お風呂も遅かったので、我が家にしては就寝時間は遅め。
親子共に22時就寝です。
ママは毎度のごとく、なかなか寝付けず、結局12時近かったかな(^^; どうもダメですねぇ・・・

で、朝!

実はここのキャンプ場、海が近いのはとても良いのですが、明け方、多分漁に出られる船の「ポンポンポンポン」という音がかなり、、騒々しい。。
その音で目が覚めるほどで、しかも、一隻が通り終えるまでの音がかなり長いんです(^^;結局6時くらいには完全に目が覚め、でもシュラフからは出られず、の状態でした

=7時 起床=
一番早く外に出たのはやっぱり息子。
とりあえず、朝ご飯までの間、釣りタイムです。娘は朝ご飯作りのお手伝い。
朝ご飯は、チキンフィレサンド。
市販のチキンフィレを軽く焼いて、レタス、チーズ、きゅうりをはさんで出来上がり♪
後はヨーグルトとスープくらいです。
今回は久しぶりの11時チェックアウト。
お天気も良かったので、もう少しゆっくりしたかったのですが、残念ながら追加デイは出来ないとのこと。
仕方ありません。撤収作業開始です。
久しく11時チェックアウトなんてなかったので、結構バタバタ(^^;
ほんっと、ギリギリちょうど11時に片付きました~。
さて、お天気はめちゃくちゃ良いし、時間は11時過ぎだし、なんだかこのまま帰るのももったいない気がするね~。
ということで、急遽寄り道です。
最近は車内ではいつも狭いのに寄り添って一つの座席に座る二人。でもってCDにあわせてカラオケタイム♪
これが大人の曲なのに、結構上手なんですよね~。

で、行く前に腹ごしらえ。
お昼御飯は我が家の定番、「タラッタッタタ~ン♪ I'm lovein'it!」のマクドナルドでございます。
お腹も満たし、目的地へ移動です。
行き先は
、「サンライズ淡路・淡路ふれあい公園です。
ここの公園の特徴は、水上アスレチック。
写真でもわかるように、大きな浅い池の中に遊具があるんです。
難易度もそこそこあり、運動神経は悪くないだろう、我が家の4歳の娘でもちょっと難しいかな、、という感じだったのですが、兄のを見よう見まねで、最後にはほぼすべてをクリア。
毎度のことながら、なかなかやります、我が娘。着替えの予備はもう無かったのですが、予想通り、二人ともハマってびしょ濡れ・・結局、公園内の散歩を含め、約2時間の滞在。
子供たちは相当楽しかったようです。
 「サンライズ淡路・淡路ふれあい公園」詳細は▶▶▶こちら
さて、キャンプ場の感想ですが、、
サイトは少し狭めなものの、個別に流し台がついていますし、何より海が目の前というロケーションなので、とても見晴らしがよく気持ちが良いです。
釣りをするにも、歩いて数秒から、一番遠いところでも、1、2分程度というのもうれしいですね。
そんなこともあって、ここはリピーターの方が多いみたいです。
ただ、海が近いのは良いのですが、明け方の船の音は相当大きいですので、その辺はちょっと覚悟?が必要です。
それと、海側のサイトは日よけになる木や山が周りにありませんので、夏は相当暑いかな、と。
夜の星空観察は不定期のようですが、望遠鏡を使って月や星を見る機会はそうそうないことなので、ある時は是非参加してみてくださいね。
 
  ▶▶▶vol.19

 


キャンプ場編indexへ

Copyright(C) since 2008 関西子どもとお出かけ遊び場情報 All Rights Reserved.