関西子どもとおでかけ遊び場情報 ~兵庫・丹波篠山渓谷の森公園・キャンプ場~
関西子どもとおでかけ遊び場情報・兵庫、大阪にあるアウトドアスポット・オートキャンプ場の紹介です。

HOME
> キャンプ場編 index > キャンプ日記index
 
キャンプ日記 vol.17

2011年3月26日(土)~27日(日)
春目前、3月最後のキャンプは我が家にとっては、記念すべきキャンプデビュー地である「丹波篠山渓谷の森公園です。

前日まで、春模様のぽかぽか良いお天気だったのに、行く日に限ってまた冬に逆戻りしたような寒い日になってしまいました。キャンプ場間近の山道は完全な雪景色・・(>o<)
そして、キャンプ場も、この時点では芝生に雪が積もっています。
丹波篠山渓谷の森・オートキャンプ 丹波篠山渓谷の森・オートキャンプ
丹波篠山渓谷の森・オートキャンプ・チルドレンズミュージアム 丹波篠山渓谷の森・オートキャンプ・チルドレンズミュージアム でも、とりあえず、一旦キャンプ場を通り過ぎて、向かった先は・・・
=10時=
篠山チルドレンズミュージアム」、略して「ちるみゅー」です
ここは廃校になった中学校の校舎を利用して作られた、子供の為のミュージアムで、昔懐かしいおもちゃの展示や、工作や料理の体験などができたりするんです。
ママの小学校は当時、木造校舎だったので、建物に入ってみるとなんとも懐かしい感じがします。
=11時 パン作りに参加=
この日、ワークショップ棟での体験は「桜ぱん作り」子供達二人で参加です。
5歳以上から参加受付となっていましたが、実際は2歳くらいから参加されているお子さんもいて、工程はいたって簡単でした。あらかじめ作ってあるパン生地をのばして、白あんを桜の葉でつつみ、パン生地を包み丸める、という作業です。
4歳の娘も、まるで粘土で遊んでいるように、こねこね、くるくる、、、
息子においては、テーブルで最年長だったこともあり、代表で運んだり、持ってきたりという役を買って出て、一応活躍しておりました(笑)
丹波篠山渓谷の森・オートキャンプ 丹波篠山渓谷の森・オートキャンプ
丸めが終わったら、発酵タイム。
その間、少し外をお散歩しましょう、と出ることになったんですが、実は直前まで外は猛吹雪・・
丹波篠山渓谷の森・オートキャンプ パン作りをのぞきながら、この後控えるキャンプのことを考えると心中穏やかではないママでしたが、一応雪はやみ、お散歩となったのです。が!寒いことには変わりなし・・屋内だと思っていたので、上着は車に置きっぱなし(^^;)
桜のつぼみを見つけましょう♪とスタッフの方が色々説明して下さるのに、内心「あ~早く室内に戻りたい~」なんて不謹慎なことを思っていたり・・とりあえず、場内を一周回って帰り、発酵が終わったパンを窯で10分ほど焼き、待望の試食タイムとなりました。
桜もちのような、独特の桜の香りが漂って、とっても良い感じ♪
実は、参加前は、おみやげ用のパンがあったりして、あわよくばこれでお昼ご飯!?(ニヤリ)なんて思っていたのですが、実際はパン生地1個分のみ。
お昼御飯どころかおやつ代わりにしかなりませんでした(苦笑)
さて、肝心のお味は?というと、、
あんぱんには目が無い息子ではありますが、ママの予想通り、独特の桜風味はあまり口にあわず、「普通のあんパンの方が良かったな」でした。
それでも、息子は完食、娘はあんを除いたパンのみを食べておりました。
ママは端キレをちょこっと食べたのですが、なかなかおいしかったです♪ やっぱり焼き立てはいいな~。
久しぶりに家でも食パンじゃなくて、こういうパン、作ろっと♪


その後、駄菓子コーナーで子供たちに100円づつ渡し、好きなお菓子を買うことに。
10円で買える駄菓子でもたくさん種類があって、100円あれば、結構買えるものです。
比較的決断力の早い娘は、ペコちゃんの棒のキャンディーを6本、こんぺいとうを1つ、棒のゼリーを2本、と、なかなか上手に買っていました。
対する息子はというと、おもちゃ系をあれやこれや色々悩んで、なかなか決まりません。
結局、60円のカブトムシのキーホルダーと、棒のキャンディーを2本、棒ゼリーを2本、に落ち着きました。
普段、子供がお金を持って買うということをさせていないので、今回はとても楽しそうでした。

時間も13時近くになり、お腹もすいてきたので、ここでお昼を、、とも思ったのですが、家で「いなりずし」を作って持ってきていたので、車中で食べつつ、キャンプ場へ移動することに。その間も、雪は降ったりやんだり、、
吹雪の中の設営は避けたいところ。晴れ、、とまではいかなくてもとりあえず雪はやめてくれ~~、と願いながら移動します。

=13時半 チェックイン=
朝通った時には雪景色だったキャンプ場の雪も、着いた時にはすっかり消えていました。受付でチェックインしてみると、予想通り?キャンプは我が家一組。
案内されたサイトは炊事場のすぐそばだったんですが、隣のバーベキューハウスに学生の団体さんが来られていて、ちょっとにぎやかだったので、場所を変えてもらいました。
雪も止んで、晴れ間が出ると少しだけ暖かさを感じられるくらいになったので、早々に設営です。

ここは、隣のサイトと高低差があるので、独立していて、プライベート感がちゃんと保たれているのが良いところ。
ただ、サイトに寄っては広さがまちまちで、前回はテントのみだったのであまり感じなかったのですが、タープを張ると、ちょっと狭く感じるところもあるのではないかと思います。
実際、今回張ったサイトでは、外で移動する時に「自在ロープ」の存在を邪魔に思うことが多々ありました。
いつもはそういったことを感じることが無いので、それだけサイトに余裕が少ないということかな、と。
でもま、テント、タープを張れないわけではないので、贅沢言わなきゃ大丈夫だと思いますが・・・
大きめのテントやタープをお持ちの方は一応そのあたり伝えて、少しでも広目のサイトを、とお願いした方がいいかもしれませんね。多分、サイトの指定は出来ないので、と言われるとは思いますが、ある程度は考慮してくださるような気がします。
丹波篠山渓谷の森・オートキャンプ
丹波篠山渓谷の森・オートキャンプ 丹波篠山渓谷の森・オートキャンプ =17時半 夕飯=
暖かくなってきたので、そろそろ外で火を起こして、、と思っていたのに、この日はまた冬並みの寒さだったので、今回もホットプレートで焼き物です。
ジャーマンポテト、海老&イカ炒め、豚生姜焼き、、、
家の夕飯をそのまま外で食べてる感が否めません、、(汗)
言い訳するわけじゃないんですが、こうもキャンプが立て続けにあると、食事のネタもつきるわけで、、
しかも、外が寒いのでタープの中で、となると、ホットプレート&鍋となり、できるメニューも結構限られてくるわけで、、、
春になって、火を起こして食事の用意をするようになったら、アウトドアらしいメニューで頑張りまっす!
多分、頑張るでしょう、、、、頑張らねば、、、、、頑張るかも?、、、頑張って!(←誰が?)


=20時 お風呂⇒就寝=
そんなこんなで(←強引)、夕飯を終え、しばらくしてからお風呂(場内・有料)です。
この日は、コテージのお客さんと我が家のみ。
てっきりコテージのお客さんもお風呂に入るのかと思いきや、コテージにはちゃんとしたお風呂がついているので、管理棟のお風呂には入らないんですって。
なので、本当に我が家だけ。
なんだか、すみませ~ん、って感じです(苦笑)
そういうことなので、今回は「女風呂」のみお湯を沸かしてくださり、家族風呂、となりました。
こんなことはまずないので、とってもラッキー♪

大きなお風呂に贅沢なくらいたっぷりあつあつのお湯。
家ではもちろんあるのですが、大きなお風呂で娘と息子が一緒にお風呂に入ることはあまりないので、子供達はキャーキャー言いながら、お湯をかけあったり、一緒に並んで体を洗ったり、、、なんとも贅沢な家族風呂に、大満足なひととき♪ ありがとうございました!
外は寒かったのですが、体がぽかぽかあったまるくらいしっかりお湯につかったので、湯冷めすることなく、また、前回のようにうるさい外野もおらず、場内がし~んと静まり返っていたので、ママもぐっすり眠ることができました。
=7時 起床=
珍しく、今回の一番早起きはパパ。 6時前には起きていたらしいです。
実はパパ、去年くらいから、花粉症を発症し、ここのところ、毎日鼻水とくしゃみと格闘している日々なのですが、当然、森林の中のキャンプは花粉が舞う舞う~ってことで、明け方には鼻がつまって寝苦しかったんだって。
で、この日は、この冬のキャンプで一番の冷え込みだったらしく、車だけでなく、テントもタープも外側は凍ってて、タープの中でストーブを付け始めると、それが溶けて中にぽたぽたしずくが落ちてくる程だったそう。
でも、おかげで、ママ達が起きた時にはタープ内はぽかぽかで、そんな冷え込みを感じることもありませんでした♪
サンキュー、パパ♪
丹波篠山渓谷の森・オートキャンプ
丹波篠山渓谷の森・オートキャンプ 丹波篠山渓谷の森・オートキャンプ =8時 朝食=
今回は、ちょっと久しぶりのホットサンド。
今日は娘がお手伝いしてくれました。
具はいたってシンプルなチーズとハム。それとスープにヨーグルトです。
=9時 場内散策=
昨日はテント周りから殆ど動かなかったので、今日は場内を散策。
実は山上に「アスレチック」があるのですが、基準を満たしていないという理由で、今は使用禁止となっているのです。結構色々あったので、使えたらよかったのに、と残念でした。
登り切った後、下りる道は一応あるんですが、急だったり、細かったりでなかなか大変で、下りた時には汗をかいているほどでした。
丹波篠山渓谷の森・オートキャンプ 丹波篠山渓谷の森・オートキャンプ
丹波篠山渓谷の森・オートキャンプ 丹波篠山渓谷の森・オートキャンプ これはコテージ横にあるハンモック。
なかなか気持ち良いんですが、三半規管の弱いママは、少しゆらゆらするだけで、もうダメ・・
子供たちは「ちょっと揺らして~」と気持ちよさそうに乗っていました。
チェックアウトは11時なんですが、お天気も良く、家からも近いしこのまま帰るのもなんかもったいないね、ってことで、結局いつものようにデイをつけて(キャンプの延長は+1,000円)、ゆっくりすることに。
この日は、日曜でまずまずのお天気だったので、3組ほどデイキャンプに来られていました。
丹波篠山渓谷の森・オートキャンプ 丹波篠山渓谷の森・オートキャンプ 丹波篠山渓谷の森・オートキャンプ
丹波篠山渓谷の森・オートキャンプ 丹波篠山渓谷の森・オートキャンプ 大人が撤収作業中、子供たちは遊びタイム。
久しぶりのシャボン玉。
娘は当然のことながら、もうすぐ2年生になる息子でもたまにやると面白いみたい。
後は、上の駐車場で、ブレイブボードや自転車を。二人ともすっかり上手になったものです。結局、その後14時過ぎまで遊んで、14時半撤収です。

こちらのキャンプ場は設備もきれいで、お風呂もあるし、お気に入りです。
何より我が家からはかなり近い場所にあるので、また来るかも?
高速道路からは距離があるのがちょいネックですが、とても良いキャンプ場なのでオススメですよ♪
丹波篠山渓谷の森・オートキャンプ 丹波篠山渓谷の森・オートキャンプ
    ▶▶▶vol.18 
 
 


キャンプ日記indexへ

Copyright(C) since 2008 関西子どもとお出かけ遊び場情報 All Rights Reserved.