関西子どもとおでかけ遊び場情報 ー淡路島・じゃのひれオートキャンプ場ー
じゃのひれオートキャンプ場/兵庫県の淡路島にあるじゃのひれオートキャンプ場の紹介です。

HOME
> キャンプ場編 index > キャンプ日記index
 
 
キャンプ日記 vol.14

2011年2月11(金)
三連休なので、2泊でキャンプに行く予定にしていたのですが、初日は予想以上の悪天候(>o<)
前日の夜から降り出した雪が朝まで続き、身動きとれず、仕方なし断念です。
でも、この冬初めてのまともな雪に、子供たちは大喜び♪とりあえず、手っ取り早くベランダに出て、雪合戦。
午前中の間はしっかり降っていましたが、天気予報通り、午後には晴れてきて、少しづつ溶けてきました。

でもって、二日目以降のお天気は晴れの模様。
じゃ、一泊で行っちゃう?

2月12日(土)~13日(日)
ってことで、約1カ月半ぶりの冬キャンプは淡路島にある「じゃのひれオートキャンプ場」です。
お天気も朝から晴れて良い感じ♪
家を9時過ぎに出発し、キャンプ場に行く前に、寄り道です。

10時半=灘黒岩水仙郷=
500万本の水仙の花が見ごろということで、「水仙郷」に行ってみました。
10時半だというのに、駐車場は既に満車。
とりあえず、パパが車に残り、ママ達3人で先に入ることにしたのですが、結局その後、車もスムーズに前に進んでくれ、トイレに行っている間に合流できました。
行ってみると、見ごろとは言え、ホームページやカタログで見るよりは、花の密度が薄いというか、少ない感じ。見られるのは12月末から2月末くらいまでだそうなので、2月中旬だとその辺は仕方ありませんね。それでも、下に降りると、かなりキレイで、斜面にたくさんの花が咲いていました。
時々、風に乗って水仙の甘い香りが漂ってきて、とても心地が良かったです。
30分ほど滞在し、移動です。
「灘黒岩水仙郷」詳細は▶▶▶こちら
11時過ぎ=淡路島モンキーセンター
ここから車で5分のところに、テレビでもよく紹介されている「淡路島モンキーセンター」があるというので、行ってみることに。
看板に5分と書いてあったのですが、実際はもう少しかかったような気がします。
淡路島モンキーセンターは野生のサルを見られる施設で、こちらも水仙郷同様、時期が限られており、実りの多い秋には殆ど見られず、冬は逆にたくさんサルを見ることができるようです。来て早々、サルを見つけ、後をつける子供達。
当然、逃げるように去って行ってしまいました。
上の方に歩いて行くと、人間が檻に入り、サルが外から覗いています。なんだかおかしな光景ですね。
中に入って餌(栗、サツマイモ等)を買い、網越しに手渡しであげます。
ここのサルは中からしか餌がもらえないことを知っているので、外にいても餌をねだったりすることはないそうです。
滞在時間は40分程かな。
「淡路島モンキーセンター」詳細は▶▶▶こちら
水仙郷にいた時は、お天気は快晴、風も穏やかで暖かかったのに、モンキーセンターにいる間に、雲行きが怪しくなり、風も冷たく寒くなってきました。
なんだか嫌な予感、、、
とりあえず、キャンプ場までは少し時間がかかりそうだし、時間は12時でお腹もすいてきたし、ということで、、

今回のお昼ごはんも車中です。
しかも、巻きずしを作る予定で、寿司飯、具を用意していたので、途中で車を停車し後のドアを開け、クーラーボックスをテーブル代わりに巻き巻き。
道路脇の少し広いスペースに停めたので、当然普通に横を車が通り過ぎでいきます。
まさか、
こんなところでお寿司を巻いているとは誰も思ってもないでしょうね(笑)
でもま、とりあえず、お腹も満たされ、キャンプ場まではスムーズに移動できるってもんです。

と、ここで、
重要なことを忘れていたのを思い出しました・・・


キャンプ場に予約、まだ入れてなかった(^^;



このシーズンなので、いっぱいってことも無かろうし、そう焦ることも無く車中で予約の電話。
さすがに当日、現地近くで予約を入れたことは今回が初めてでしたが、予想通りOK。

12時50分=「じゃのひれオートキャンプ場」到着
管理棟で受付です。

今日は我が家以外には2組なので、どこでも自由にどうぞ、ということでした。
キャンプ場全体はかなり広く、各サイトも基本12m×12mなので、ゆったりテントが張れそうです。
今回は炊事棟に比較的近そうな、奥の方(海側)のサイトにしました。

で、早速テントを張ろうと車を降りたら、タイミング悪く、雨が降り出し、強風が・・・
とりあえず、子供たちは車内で待機。
大人二人でテントを張ろうとするのですが、とにかく風がものすごくて、ポールを持っていないと本当に吹き飛ばされてしまいそうなほど(>o<)
ペグで固定しようにも、地面が硬くなかなか打ちつけられない!打ちつけても、風で抜ける、、、雨はひどくなってくる、、
今回の設営はこれまでで一番大変でした!!
雨が少し落ち着いて、テントとタープを張れたので、いつものように後はパパに任せ、子供たちと場内散策。
と、その前に、海釣りができる釣り堀があるらしく、息子はそれを楽しみにしていたので、行ってみることに。
サイトからてくてく海側へ歩くこと約5分。
海に囲ってある釣り堀がありました。
奥の方では本格的な釣りスタイルの大人の方達がたくさん釣りをしています。
受付らしいおじさんに料金やらどういったプランなのか説明を聞いてみます。
一番安いファミリーコースでも子供一人3,000円、竿やエサ一式で4,500円だそうで、、
釣れる魚は鯛やぶり、ハマチ、カンパチ、等大きな魚だそうなんですが、、
釣りに関して何の知識もないママは軽~い気持ちで、1,500円くらいで出来るのかな、と思ってたものだからかなりビックリ(>o<)
「やりたい~!」という息子に即答できず、「ちょっと一回サイトに戻ってパパと相談しよう」、と息子を説得し、パパのところに。
結局、天気も悪く寒いこともあり、やるのはいいけど、明日にしよう、ということで落ち着きました。
=14時半 フリータイム
釣りが無くなったので、娘のたっての希望でサイト内にある遊具スペースへ移動。
大きなものではありませんが、滑り台やブランコがついている遊具があるので、そこでしばらく遊びます。
娘は特にブランコがお気に入りで、お兄ちゃんやママに押してもらって、かなり長時間ブランコで遊んでいました。シートベルトがついていて、それも珍しくて気に入ったようです。
息子は去年の誕生日プレゼントでもらった「ハマーのラジコン」で遊びます。
スピードもそこそこ出て、大人がやっても楽しいくらい。
時々娘にも貸してあげながら、空いている広い芝生サイト内をブンブン走らせてました。
=17時 夕飯=
お昼の巻きずしが思いのほか少なく、お腹も空いてきたので、早めに夕飯。今回は「トマト鍋」です。(また鍋かい!)
少し前にテレビで、この鍋だと子供たちがたくさん食べるというのをやっていて、「次のキャンプはこれにしようか」というと、息子も「そうしよう!」と言っていたくせに、鍋を見るや否や「あんまり好きじゃない」と、、おいおい、おいしそうって言ってたじゃん!
その話をしてみても「そんなん言ってない」だと。。
とにかく、好きでも嫌いでも、しっかり食べてもらいますよ!!
ママ的にはおいしかったのですが、結局子供達にはいまいちのようでした。
ほんっと、何度も言いますが、好き嫌いが多くて困ります~。
1か月以上ぶりのキャンプということもあってか、細々と何点か忘れ物をしてしまったりしたのですが、その忘れ物の中に、子供達にとってはかなり重要なアイテム、「トランプ」&「カルタ」が入っていたので、さぁ大変。
食後の楽しみを奪ってしまったもので、二人からぶーぶー文句を言われてしまいました・・・ごめんちゃい。次は忘れません。
っていうか、自分達が遊ぶものなんだから、自分たちで用意しなさい!って話ですよ。ほんとに。
そんなことで、食後のカルタ&トランプタイムもないので、適当にテントの中でドタバタ、ゴロンゴロン遊んで、お風呂へ。


=19時半 お風呂「南淡路リフレッシュ交流ハウスゆーぷる」=
お昼間、トイレに張ってあった紹介チラシに「滑り台があるお風呂」とあったので、どんなんだろう?とちょっと期待して行ってみました。でも、滑り台があるのは片方だけで、毎日日替わり。この日は女風呂が滑り台のお風呂とのこと。
小学生になったくらいから、パパと男風呂に入るのが常となっていた息子。
今日は滑り台があるし女風呂に一緒に連れて入ろうかな、一年生くらいなら大丈夫かな、と思ったんですが、最近入ったお風呂で息子くらいの男の子を女風呂で見かけなかったってこともあり、結局いつも通り男女分かれて入ることに。
入ってみると、どう見ても息子よりは大きいであろう男の子も入ってる・・
ここで、少し後悔。
でもま、滑り台もしょうもないかもしれないし、、と洗い終えて内風呂に一通り入ってから、滑り台のある露天に移動して、大きく後悔・・・
結構すごい滑り台な上、水深90cmもある、プールのようなお風呂。当然、娘はキャーキャー言いながら、何度も何度も、裸で滑り台を堪能。
確かに、あれは楽しいだろうな、と思います。嗚呼、、こんなことなら息子も一緒に連れてきてあげればよかった・・・
近所のお風呂ならまた今度ね、って言えても、こんな遠くにあるお風呂、もう2度とこないだろうに・・・本当、かなり後悔しました。お兄ちゃん、ごめんね。
=21時 就寝=
今回もいつものように21時頃就寝。ママ達大人も
22時頃には就寝
我が家のキャンプの夜は早いです(笑)

でも、明け方、実は
事件が起こっていたんです・・・
=7時半 起床=
毎度のごとく、一番に起きた息子。
トイレに行った後、またシュラフに戻ってきたんですが、ぼそっと「パン、誰か食べたん?」と聞いてきました。
前日、大好きなスティックパンを一本食べかけていたのですが、朝、一番に起きるハズの息子がすぐに食べられるようにとタープの中のテーブルの上に置いていたんです。
「え?○○ちゃん(←息子)の食べかけじゃないの?」と聞くと、「うん、なんか誰かが食べたみたいに袋が開いてるけど・・」と。

????


???


誰も食べてないし、開けてないんだけど?


でも、なんだか嫌な予感がして、飛び起き、タープを覗いてみると、、


テーブルの上に置いたパンの袋が破け、確か、6,7本入ってたパンも、3本くらいしか残っておらず、しかも、
明らかに何ものかが食い荒らした残骸が・・・

するとパパが
「そういえば、明け方、なんかタープの中かかなり近くで、バサバサいう音が聞こえてたわ・・」と。


どうやら、何かがタープに侵入し、パンを食べたらしい。


子供用の朝ご飯にと用意していたのに、見事に全滅・・(;;)
タープの中だからと安心してたのに、甘かった・・

しかし、一体何の仕業だったんだろう?

悔しいですっ!!!

=8時過ぎ 朝食=
気を取り直して、朝食です。
大人用にと用意していたパンと、料理レシピサイト「cookpad」で見つけたレシピを参考に、ジップロックでオムレツです。作り方はめちゃくちゃ簡単。
お鍋にお湯を沸かしておいて、卵を溶いて、ジップロックに流し込み、好きな具を入れ、チャックをしっかり締めます。後は、しばらくお湯にかけるだけ。
卵が固まってきたら、お皿に出します。くっつくこともなくツルンと出てきます。
チーズを入れたんですが、食べるとトロ~リと良い感じで出てきて、フライパンで作るよりうまくできました♪
子供たちにも大好評!パンもなんとか足りて、無事みんな朝食にありつけ、一安心・・
ちなみに、家に帰ってから、この方法でオムライスを作ってみたんですが、これまた良い感じにできました。
普通に包む作り方と比べ、卵は多めにした方が尚良し、です。
=9時過ぎ 撤収作業開始&釣り=
昨日の約束通り、パパと息子は朝食が終わったら「じゃのひれフィッシングパーク」へ釣りに。待っているだけだと娘も寒いだろうから、娘は残ってママのお手伝い。
昨日は結局、キャンプ場についてから雨が降ったり止んだりのあいにくのお天気でしたが、二日目は、まずまず。恒例の「干して干して干しまくりタイム」です~。
でも、撤収作業の途中で娘が「パパのところへ行く~」と言い出し、一人で行くにはちょっと距離があるので、ついていくことに。
お~い、釣れたか~い?
・・・・・
全然かからな~い、と少々飽き気味の息子。
釣りって、釣れると楽しいけど、釣れない時間って待ってるだけなので、なかなか難しいですよね。
ママも娘を送り届けたし、またテントに戻って撤収作業の続きを、、と思っていたのですが、パパは息子についているし、娘がチョロチョロ動き回るので、目が離せず、で、少しの間だけ残ることにしました。
お天気はまずまず、といっても、海の上で、風も吹いているので体感温度が低く、寒い~(>o<)
待ってるだけってのもつらいもんだな~と思っていたら、、
何度かつんつん、浮きが動いたりしだしてまして、、

開始約30分。どうやら、魚が食らいついてくれたみたいです。
慣れないリールと格闘しながら、一生懸命引き上げます。

そして、ついに!
一匹目、get~~!!
大きな鯛が釣れました!
最初は、本当に釣れるのかなぁ?と正直半信半疑だったりしたのですが、その後、ほどなくして、更にもう一匹釣れちゃいました!
ファミリーコースでは、2時間の間に2匹まで釣ることができ、それ以上釣る場合、釣った魚は買い取りというシステムになっています。
もう少しやりたそうではありましたが、でもま、立派なのが二匹釣れたし、ってことで、撤収。
有料ですが、その場で三枚おろしや刺身用にさばいてくれるのですが、このまま持って帰りたいというので、血抜きだけしてもらうことに。   
ま、キャンプなので、ちょうどクーラーボックスもあるしね。
でも、昨日じゃなく、帰る日に釣りして良かったです。

受付に魚を持っていく途中、ちょうど「ドルフィンファーム」のイルカ達が餌をもらうところに遭遇。もらった後、少しジャンプしたりするところが見れて、ちょっとラッキーでした。
このドルフィンファームでは小学生以上なら、イルカに餌をあげたり、背びれを持って一緒に泳いだり、という貴重な体験をすることができるそうですよ。
フィッシングパーク詳細は▶▶▶こちら ドルフィンパーク詳細は▶▶▶こちら
 
=11時 撤収作業続き=
娘を送ってすぐに戻るつもりが、結局釣りが終わるまでいてしまったので、撤収作業は途中のまま。
こちらのキャンプ場は、シーズンオフの期間、チェックアウトが14時までなので、時間にゆとりがあります。
というか、最近は延長してでも14時までいるんですけどね、、(苦笑)
途中までやっていたということもあり、結構早く片付きました。

それはいいんですが、撤収中、のら猫がミャーミャーミャーミャー鳴いていて、何度あっちへと追い払ってもすぐにサイトに戻ってくるんです。
エサをもらえると思っているのかな?あまり逃げないところを見ると、相当人慣れしている様子。

さては、今朝の
パン事件の犯人・・

この猫なのかも・・・

行かれる皆さんも、タープの中だからといって、食べ物をそのまま置かず、ちゃんとクーラーボックスやカバン等の中に入れておくようにして下さいね~。
っていうか、これってもしかしてキャンプをする人にとっては「常識」???

=12時 お昼ご飯?=
小腹も空いてきたし、時間もまだあるので、おやつに、と持ってきていた団子でも作ろうかな。子供たちは楽しそうにコネコネ、クルクル丸めます。
まるで、粘土で遊んでるみたい。ま、予想してた通りではあるんですけどね。

沸騰したお湯に入れて、待つこと数分。
沈んでたお団子がプカプカ浮かんできました。
娘の大好きなきな粉、息子の大好きなあんこをつけて召し上がれ♪
自分たちで丸めた団子は大好評で、あっという間に完食です。
結局、子供たちはこれがお昼ごはん(^^;
ママ達大人は、当然これで足りる訳もなく、追加でカップ麺です。

その後、少し芝生広場で遊んで、予定通り、
=14時チェックアウト
=おまけ=
家に戻ってきてから、釣った魚を計測。
写真のように、36cm、800gと34cm、700g!
釣り堀じゃなく、普通の海釣りでこれならかなりすごいんですけどね。
でも、ま、立派立派!
夕飯は鯛飯に鯛の煮つけ、と鯛づくし!新鮮なので、本当においしかったです♪ごちそうさま!

さて、全体の感想ですが、、
まず、釣り好きにはたまらないキャンプ場ですね。
立派な魚が釣れる釣り堀はもちろんですが、暖かい時期になると、堤防で糸を垂らす波止釣りでもたくさん魚が釣れるそうです。
残念ながら、リーズナブルに波止釣りするには適していない時期だったので、有料の釣り堀で釣りをしましたが、息子は相当楽しかったようです。
確かに、あんなに大きな魚が釣れるとうれしいですよね。

オートサイトはそれぞれが広くかなりゆったりしています。
隣サイトとは、低いですが垣根で仕切られているので、一応プライベートも守られるかな、と。
ただ、周りにまったくと言っていいほど木が無いので、夏場は日差しが相当こたえるような気がします。
芝生広場は、冬場に行ったにも関わらず、かなりふさふさして歩くのが気持ち良いくらいでしたので、春以降の良い季節の時期にはかなり気持ちの良い芝生になると思います。
管理棟にはバトミントンのセットやグローブ、ボールなどの遊び道具も置いてあって、貸出してもしていただけるようです。

一つ困ったのは、上記にも書いているように、のら猫です。
もしかしたら、たまたまだったのかもしれませんが、サイトの奥には草が生い茂っている敷地があり、なんとなくそこに住んでいるような感じがしました。
相当人慣れしているようだったので、もしかしたら猫が好きなキャンパーさんや子供が、エサをあげたりしたことがあるのかもしれませんね。
ま、見ていないので断言できませんが、おそらくパンを食べた犯人もこののら猫なんだとしたら、ちょっと厄介かな、と。

とにかく、就寝中や外遊び中にテント&タープが無人になる場合は、たとえ中であっても、食べ物をテーブル等に置きっぱなしにしないよう気をつけましょう。
  ▶▶▶vol.15へ 

 


キャンプ日記indexへ

Copyright(C) since 2008 関西子どもとお出かけ遊び場情報 All Rights Reserved.