関西子どもとおでかけ遊び場情報ー家族でお出かけ・レジャーに ー赤穂海浜公園オートキャンプ場ー
赤穂海浜公園・兵庫県赤穂市にあるちょっとしたリゾート地に来たような雰囲気のあるキャンプ場・赤穂海浜公園オートキャンプ場の紹介です。

HOME
> キャンプ場編 index > キャンプ日記index
 
キャンプ日記 vol.13
2011年1月8日(土)~2011年1月10日(月)
え~っと、、つい先週年越しキャンプに行ったところです。
ま、今の我が家には特に珍しいことでもないんですが、冬休み三度目のキャンプは
「赤穂海浜公園オートキャンプ場」
です。
以前から知人に「ここは良いよ~!」と勧められていたのですが、我が家からは少し遠いのと、遊び場が充実しているらしいので、せっかくなら二泊できる時に、ということで三連休を利用して行くことしました。

=12時半 到着=
ゴルフ場かリゾート地を思わせる入口です。
こちらのキャンプ場は14時チェックイン。
それまでに入場したい場合は1時間400円で延長ができます。
到着前にお昼ごはんをすぐ近くのコンビニで買いこみ、車内で食べて、1時間だけ延長し、チェックインすることに。センターハウスの中は自動販売機の他にテレビもあり、キャンプ中のお子さんが何人かテレビを見たりしてました。
今回は、電源付きのフリーサイトにするか、電源流し台つきのファミリーサイトロイヤルにするか迷ったのですが、少しでもリーズナブルにするために、フリーサイトで予約。
車からの距離も気になるところだったのですが、サイトに行ってみると、指定された電源の場所は、駐車場のすぐ奥。オートサイトと何ら変わりがありません。こんな条件の良いフリーサイトとはビックリ!一番離れていても、20mくらいしかないんだとか、、
こんなオフシーズンは、フリーサイトで十分です!
=13時~ 設営=
今回も大人が早々に設営です。高大な敷地に、テントは数組。
多分、気候の良いシーズンにはいっぱいになるキャンプ場なので、なんとも贅沢な空間!という感じです。
しかも、広くて整備されている高規格のキャンプ場というだけじゃなく、海外にあるようなリゾート地を思わせる雰囲気なので、なおさらそう感じました。

=13時半~ 場内散策=
テントとタープを張るだけ張って、細かい設置はパパに任せ、ママと子供たちは場内散策。
といっても、子供たちは既にどこかの遊具で遊んでいるので、ママ一人、取材(笑)兼ねつつ、ぶらぶらです。
まずは、コテージエリア。
う~ん、良い感じ♪
街路樹の横にあるランプもかわいくて、きっと夜になると良い雰囲気を醸し出すこと間違いなし!
お次は、ファミリーサイトロイヤル(写真右)。
こちらのキャンプ場のサイトはこのファミリーサイトロイヤル、ファミリーサイトエコノミー、フリーサイト(↑)と三種類あり、一番お値段が高い(と言っても5000円)ロイヤルには、電源の他、専用の流し台がついています。
そして、ロイヤルサイトは全て海側にあり、木も多く、夏場でも一番日陰が多く出来るようになっています。さすが「ロイヤル」!
ちなみにエコノミーには電源がありますが、流し台はありません。
で、我が家が利用したフリーサイトにも電源がありますが、数に限りがあるので予約の時に注意が必要です。
そして、お子様連れにうれしいのが、場内に4カ所ある、ちょっとした遊具。
滑り台や、タイヤのブランコ?、展望台など。
親の目が届く範囲、というか、場内にあるので、子供だけで安心して遊ばせることができます。大きな遊具でもないんですが、それでもあると助かります。

子供たちと合流し、更に散策。
一番奥の方には展望台がありました。上って見ると、海が目の前に!
こちらは赤穂唐船(からせん)サンビーチといって、潮干狩りや海水浴が出来ます。
遠浅の海で、特に潮干狩りシーズンには多くの人でにぎわうようです。

ちゃんとした潮干狩りは、全員未経験なので、又是非挑戦してみたいな~っと。
更に行くと、何やら小屋のようなもの発見!
何だろう?と行ってみると、ま、なんというか、休憩できるようなベンチがある小さな建物があるだけでした。「散策デッキ」だそうです。
でも、何もないところでも、子供たちは遊びます。
二人で向こうから「かけっこ」してきてママの目の前でゴール!
特に娘の方は何が楽しいんだか、これを何度も繰り返してました(笑)
=14時半~=赤穂海浜公園へ
大きな遊具のある公園があると知っているので、早く行きたい子供達。
場内探検も終わったことなので、行ってみることに。
場内にある遊具もさることながら、少し歩けば大きな公園があるというのもこのキャンプ場の魅力!
さすがに子供達だけで、というわけにはいきませんが、最近、何もないキャンプ場が続いていたので、今回のこの施設は子供たちにとってもかなり魅力的のハズ。
まずは、キャンプ場側の入り口「風の門」から入ってすぐにある広場で凧上げです。
前回のキャンプでは、あっけない幕切れの凧上げでしたが、今回は大丈夫!(のハズ)
前回のように引っかかる障害物は何もなし。風も良い感じで吹いてる。はやる気持ちを抑えつつ、糸を伸ばし、凧をかまえ準備OK!
よーい、ドン!の合図で凧を放すママ。少しだけ走る息子。
凧は面白いほどぐんぐん上がって、あっという間に糸を全部出し切ってしまいました。
カメラを縦に構えても写らない程。
今回は子供達も面白かったようで、時間を決めて順番交替して遊んでいました。
やっぱり前回は凧自体もよくなかったのかもね。
しばらく凧あげを楽しんだ後、てくてく歩いて遊具のある「わんぱく広場」へ移動です。
砂浜に打ち上げられた難破船。奥にあるヤシの木。
キャンプ場もそうでしたが、公園の中もやっぱり海外のリゾート地をイメージして作られたのかなと思わせるような風景でした。

公園を抜け、突然現れた砂浜。そして、珍しい形の遊具を見つけ、子供達は大喜びで砂浜を走って行きます。
大きな難破船の遊具は勿論ですが、意外と楽しんでいたのが、写真の小さな船。
何の変哲もないタダの船というと言い方が悪いですが、でもそうなんですよね。あっちに乗ったり、こっちに移動したり、その上で走り回ったり、、
子供は遊びの天才とよく言いますが、なんだろう、どう楽しいのかわからないけど、とにかくその場を楽しもうという気持ちが自然と働くのかな、、日頃よく思います。今回のこの船もそんな感じ。ま、なんであろうと、楽しければ良し!ということで。
砂場に面して、じゃぶじゃぶ池というのもあります。そして、シャワー。
そう、ここは水遊び場になるんですね。結構広いです。
ただ、流れている水ではなく、池にたまっている水なので、そこがちょっと気になるところですが、、
ま、楽しいのは楽しいでしょうね。
更にはちょっとしたアスレチック遊具も。
息子は当然、余裕でクリア。
娘は、ま、一部を除いてという感じ。
でも、これといって難しいものはありません。
木製の砦。最後には滑り台もあります。
娘は滑り台が好きなお年頃(笑)
無駄にキャーキャー言いながら、楽しそうに滑り下りてきます。息子はさすがにそろそろ卒業かな。
このあたりで、時間は16時半
この後、少し進んで、遊園地エリア「わくわくランド」へ下見に。営業は終了していたので、雰囲気だけ。
う~ん、、規模はかなり小規模。キャンプや公園に来たおまけのお楽しみというのが正直な印象でした。
「またここは明日来ようね。」と約束し、奥にある広場で再度凧上げをすることに。ちょうどそのころ、パパからの電話で、こっちに向かっているとのこと。
「広場で凧上げしてるから。」と電話を切って、さぁ、凧上げしよう!と凧の入っていたビニール袋を開けたところ・・・

無い・・・・・
無い・・・・・・・

中心に取り付けるべき肝心の棒が、、、

な~~~~~~~~っい!!!!!!(;;)

どうやら、どこかで落としたみたい。。。(ToT) これが無いと凧じゃない・・・

今来たところを戻ると言っても、あまりにも範囲が広すぎて探しようが無い。でも、そうは言っても、凧上げしたいだろうし、、とかなり戻って探してみたけど、風も強いし、当然見つかるはずもなく・・またしても「凧上げ」あっけなく終了です。チ~ン・・

子供たちよ、ごめん!!!

パパと合流し、子供たちには平謝り・・・m(_ _)m  時間も時間なのでテントに戻ることにしました。
=16時50分 キャンプ場へ=
サイトに戻ってくると、海側の林の向こうに夕焼けが・・
きっと、展望台だと夕陽がキレイに見えるハズ、とパパと息子が行ってみると、、
やっぱりかなりキレイな夕陽が海に沈むところだったようです。
明日も良いお天気なのかな。
=17時半~ 夕飯=
さて、パパ達が夕陽を見に行っている間に、ママと娘は夕飯の準備です。
今回はホットプレート持参で、簡単に焼きそばとお好み焼き。家で下準備をしてきているので、焼くだけ。あっという間に完成です。
子供たちは焼きそばもお好み焼きも好きなので、食べるのもあっという間。
その後、テント内でカルタをしたりして、少し遊び、お風呂へ。こちらのキャンプ場にはシャワーがあるのですが、お風呂が無いのです。
でも、近くに日帰り入浴ができるところがいくつかあるので、そう困ることはありません。今回は、割引がある「赤穂ハイツ」に行くことにしました。
=19時半~ お風呂=
え?え?キャンプ場で20時までって聞いてたんですけど、、、
不安に思いながら、中に入って受付で聞いてみると、「キャンプ場利用者は20時までOK」だったそうで、一安心。宿泊客のみの入浴時間だったこともあってか、お風呂はほぼ貸し切り。ゆっくりのんびり浸かることができました♪
=21時~ 就寝=
夜はこの季節にしてはそう寒くなかったので、帰り道で体が冷えることもなく、ぽかぽかのままサイトに戻ってきました。
そして、お風呂に入った後は、子供達は就寝タイム。
キャンプに来ても、家での就寝時間は崩さず、です。
もちろん、子供たちはいつまでも起きていたいんですが、この辺りは親の方針です(^^;
=8時 起床・朝食=
いつも早起きの息子でも、さすがにこのところの冬キャンプでは8時に起きるのも珍しくなくなってきました。
キャンプ二日目の朝食はホットプレートでパンケーキ。
ママが用意していると、小1息子が、「焼いてくれる」と言うので、我が家に「パンケーキ職人誕生」です。細かい作業はまだまだで、いろんなところに粉をこぼしていましたが、焼くのは楽しいようで、結局殆ど全部を一人で焼いてました。
パンケーキが大好きな娘。
小さな職人からお皿に次々と大量に盛られるパンケーキをペロリ。お見事です!いつもこうだと良いのにな~(^^;
朝食の後、少し休んでからは、キャンプ恒例?リフティング、縄跳びの練習です。
これが終わると、子供達お楽しみの「遊園地」。
頑張れ~!
=10時過ぎ~公園内わくわくランドへ=
一通り済んだので、公園内にある遊園地エリアへ。
結構な距離を歩くので、移動は息子がブレイブボード、娘は自転車です。
前回のキャンプで驚くべき成長を遂げていたブレイブボードですが、今回もやっぱりす~いすい!
地面がでこぼこしたような道だったので、少しやりづらそうでしたが、それでも上出来!なかなかすごいっ!
遊園地エリア「わくわくランド」に到着し、一通り遊具を見てから、何に乗りたいか?を決めます。
遊具もそう数が無い割りに、子供たちは迷いに迷い、それぞれに決めました。
まずは、息子はゴーカート。娘はぐるぐるドーナツ。
ゴーカートは息子の年齢では一人で運転できず、パパが全部運転したので、息子にとって楽しかったのかどうか、、微妙です。
娘のドーナツはぐるぐる回って、上昇するというものだったのですが、意外と楽しい。しかも長い!これでもかってくらい回りましたので、最後の方は目が回ってきました。
その後サイクルモノレールやクマさん列車に乗ったりして、一通り遊び、「動物ふれあい村」へ。
息子の大好きなヒツジもいました。
娘はハムスター?にニンジンを。
最後のワンちゃんコーナー。
ベンチの上で日向ぼっこしているワンちゃん達の真ん中に息子が座ると、その膝の上に、ちょこん、と座ってきたワンちゃん。めちゃくちゃかわいい♪「動けないよ~」と、うれしそうに笑う息子。確かに、そんなことされたらかわいくて動くのがかわいそうになっちゃいますね。そんなこともあって、このワンちゃんコーナーだけに30分近く滞在しました。
まだまだいたかったようですが、この時すでに
13時過ぎ
お昼ご飯ももちろんまだなので、これにて退散、テントに戻ります。
=14時~お昼ごはん=
あれ?昨日の写真と同じ?
えぇえぇ、そうです。昨日の晩御飯と同じ「お好み焼き」です。
大量に作っていたのに思いのほか減らなかったので、お昼に回しました。
それと、ついでに、おやつ用のパンケーキも作っておきました。中にあんこを入れてどら焼き風です。お昼がこんな時間になっちゃったし、明日のおやつに食べればいいかな。
=15時半~赤穂市立海洋科学館・塩の国へ=
遅いお昼を食べてから、再度公園に戻り、「赤穂市立海洋科学館」へ。
ブレイブボードの移動がしんどくなってきた息子は妹の、というか元自分の自転車に乗り、くるくる回っています。今の息子の体に12インチの自転車はあまりにも不釣り合いで、三輪車にでも乗っているみたい。さて、入館すると、すぐに「塩」の試食があります。
又、入館のチケットを購入するとお土産用の「塩」をいただけます。
科学館は我が家の子供達には少し難しかったかな。
16時で塩作り体験が終了になるので、科学館はささ~っと見て終わり。
一旦建物の外に出て塩づくり体験の手続きへ。
ま、おじさんにやります、というだけなんですが、、
時間もちょうど最終の16時だったこともあり、体験は我が家一組だけ。
係のおじさんに丁寧に楽しく説明をしてもらいながら、塩を作っていきます。
作り方はいたって簡単。濃度が海水より6倍も濃い塩水(かん水というそうです)を煮詰めていって、水分がなくなったら塩が残る、というものです。
熱いのでやけどをしないよう気を付けながら、息子、娘(ママと一緒)、順番に専用の棒でかき混ぜて行きます。
最初に入っている水の量が結構多いので、無くなるまで煮詰めるとなると相当の時間を要するのかと思っていたのですが、普通の水と違うので、水分が飛ぶのも早いみたいです。お話を聞きながら、沸騰してから多分10分くらいでほぼ水分が無くなり、白い粉になっていました。鍋にくっついたのをとってもらい、固まったような状態になった出来たての塩を更にかき混ぜるとサラサラの塩に。
まだ熱い塩をなめてみると、、、、か、、か、、辛い!!出来たての熱い塩はとても辛いんだそうです。
でも、冷めるとまろやかな味になり、普通に食べている塩とは違った味でした。
ちなみに、作った塩はスプーン3倍分、おみやげにいただくことができます。
科学館の入り口でおみやげの塩をいただいたのに、ここで作った塩もまたおみやげだなんて、なんだか得した気分♪

=18時 お風呂=
塩作り体験を終えて、テントに戻ってきてから、お風呂が先か、ご飯が先か迷っていたのですが、結局今日は先に温泉に行くことに。
昨日と同じ「赤穂ハイツ」です。でも、まだ日帰り入浴が可能な時間帯だったので、昨日とは違い、たくさんの人が入っていました。


=19時半 夕飯=
お風呂から帰ると、すぐ夕飯の用意。今日はカレー鍋です。
この時期はやっぱり鍋!と思うのですが、子供たちはあんまり鍋が好きじゃありません。(好き嫌い多過ぎ!)
娘においてはカレーも本当は好きじゃないんですが、息子は大のカレー好きなので、今回は初カレー鍋。ママ達も食べたことがありません。
見た感じはなかなかおいしそう♪さて、お味は?
、、、
うん、なかなかおいしい♪子供達も大丈夫そう。
が!!!
実はお風呂から帰ってきてテントに入るなり、テーブルの上の「どら焼きパンケーキ」を見つけ、二人して全部食べちゃったのです・・・なので、当然、食欲はあんまりなく、、
お皿に入れた一回だけをなんとか食べきっただけ、、、なんじゃそら~!
食後は恒例のカルタ大会。
息子には「○○ちゃん(←妹)が多くとっても絶対怒らないでよ!」と念押しです。
いつもだいたい、最初は妹が優勢で、後半兄が取り返し、逆転、というパターンが多いのですが、今回も同様。
息子の顔色が変わってきましたが、一応約束しているので、怒るまではいきませんでした。
結果はやっぱりお兄ちゃんには勝てず、ですね。ま、まだまだ3歳。十分です。
=21時 就寝=
=最終日 8時過ぎ起床・朝食=
今朝の朝ご飯は、昨日のカレー鍋の残りで作ったカレーうどん。
え!?朝っぱらからカレーうどん?ですか?
いや、大丈夫!全然大丈夫(笑)
元々ママや息子は朝からカレーもOK派。
しかも、食べる時には既に9時過ぎ。
もう、全然OKっす!しかもおいしかったし~♪
=10時~撤収作業開始=
チェックアウトは11時ですが、今回も、デイキャンプ(5時間)をつけて、16時までOK!
周りの方達が、早々に片づけている中、我が家は余裕を持って撤収です。
でもやっぱり、この時期にキャンプをされている方々ってキャンプに慣れている方が多いので、撤収作業の手際が良いこと!10時半過ぎにまだテントや荷物がいっぱいだったのに、きっちり11時には完全撤収!すごいです。さっきまで7、8組いたキャンプ場は、我が家を残すのみとなりました。
さてさて、我が家も片付けますよ。お天気もよかったので、恒例の物干しタイム~!
今回は1時間半ほどで殆ど片付きました。
まだ時間はあるので、誰もいない場内をお散歩。
ほんとに気持ち良いキャンプ場です。
そんなキャンプ場をしばしの間、我が家独占!贅沢~♪

=12時半~お昼ごはん=
え?また?
えぇえぇ、そうです、「また、カレー系」です。締めは「カレーリゾット」!!
ま、そういうと聞こえがいいですが、要は、「昨日のカレー鍋の残りで作ったカレーうどんの残りのスープで作ったカレー雑炊」ってことです(笑)
持ってきたご飯があったので、食べてしまわないとね、ってことで。
でもね、これが結構おいしかったんです。 カレー鍋、多分、またリピします♪
さてさて、お昼ごはんが終わってもまだまだ時間があります。
最後は「コンフォートキャンバスチェア」に座り、コーヒー飲んでまったり♪
本当、贅沢な時間です。ずっとこうしていたいくらい心地良いです。
ま、そうは言っても、子供たちは明日から学校や幼稚園が始まるので、そろそろ引き上げないと、ということで、、、

=15時 チェックアウト=
今回のキャンプは久しぶりに遊べるところがいっぱいだったので、子供達も満足だった様子。
めちゃくちゃ楽しかった~!と言っておりました。
もちろん、ママ達大人も大満足♪

帰り道、当然のことながら、二人ともグッスリzzz・・・
楽しい夢見てるかな。

ということで、キャンプ場全体の感想ですが、、
まず、お子様連れにはかなりオススメできるキャンプ場です♪
遊び場は十分ありますし、何よりキレイで、気持ちが良い!
もちろん、大人だけのキャンプでも大満足できると思います。
場内全体の雰囲気もかなり好きです!
シーズンオフにはこんな風にゆったり過ごせましたが、おそらく、オンシーズンではかなり多くの方が来られるんでしょうね。
人が少ない冬の時期にはフリーサイト、逆に、暑い時期には少し高いですが、日陰がしっかりキープできそうなファミリーサイトロイヤルがオススメです。
  ▶▶▶vol.14

 


キャンプ日記indexへ

Copyright(C) since 2008 関西子どもとお出かけ遊び場情報 All Rights Reserved.