関西子どもとおでかけ遊び場情報 ー能勢温泉キャンプ場ー
関西子どもとおでかけ遊び場情報・大阪府豊中市、池田市、箕面市、豊能町、能勢町にある遊び場の紹介です。

HOME
キャンプ場編 index キャンプ日記index 
キャンプ日記 vol.10  
2010年11月27日(土)~28日(日)
9月から我が家で始まった週末キャンプ。気づけば今回で10回目となりました!早っ!(笑)
今回は我が家からは近場、大阪府豊能郡にある「
能勢温泉キャンプ場」です。

今回近場なのには理由がありまして、、
土曜は娘の幼稚園の生活発表会だったのです。年少の娘にとっては初の大舞台。
歌&合奏の時は少し緊張気味ではありましたが、その後の劇ではセリフも一人で堂々と言うことができました!よく頑張ったね!えらいえらい♪
ということで、発表会がちょうど12時頃に終了。その後お昼を食べてから13時過ぎに出発、約50分で到着です。
=14時 チェックイン=
まずは管理事務所で受付。今回もキャンプは我が家一組、貸し切りです。これで三週連続(笑)
オートサイトは流し台しかなく、トイレからも遠いし、テントサイトの空いてるスペースに設営してもいいですよ、と言われたので、設営前に一度サイトを見に行くことに。
見ると、、うむむむ、、確かになんにもない。
元々テニスコートだったらしいのですが、もうそのまんまです(苦笑)
ということで、管理人さんから勧められたように、テントサイトの空きスペースに設営することにしました。トイレからも炊事棟からもまずまずの距離。
サイトには本来電源がついていないのですが、我が家一組ということも有り、管理人さんの取り計らいで、炊事棟についている電源を延長コードでひっぱってきて貸して下さいました。ありがとうございます!
今回の設営は、大人二人でやったので結構早く済みました。
荷物運びは手伝ってくれた子供達。
大人が設営している間、松ぼっくり拾いに夢中です。
しかもこの松ぼっくり、長細くて大きい!
聞くと、松の木の種類が外国のものらしいです。
その後、山のような落ち葉をかき集め、「落ち葉のベッド」を作りだした子ども達。
最初は上に寝転んでいただけでしたが、そのうちすっかり中に入りこみ、顔だけ出してる(>o<)
自然を満喫です(笑)
落ち葉で遊んだ後は、息子はサッカーを、ママと娘はちょっとお散歩です。
隣接する「能勢温泉」までてくてく。
送迎用の機関車風バスや鬼さんと写真撮影を終え、帰ってきました。
=17時半 夕飯=
今日の夕飯は子供はカレー。
大人は野菜の肉まき、モヤシ炒め、カレイ、イカ、等・・
昼間はお天気も良く比較的暖かい一日でしたが、夜になるとかなり冷えてきたので、焚き火の周りで暖まりながらの夕飯です。

=19時半 お風呂=
夕飯の後は、「能勢温泉」に。
日帰りの入浴は15時で受付が終了するので、キャンプチェックインの際に、先に会計を済ませ、券をもらっておきます。
お風呂は、大浴場と露天風呂というオーソドックスな温泉です。
お湯が少し熱めだったような気がします。
でも、しっかり温まったので、テントまで歩いて(走って)帰っても、まだ体がポカポカしていました。
=21時 子供たち就寝=
今回は子供たちのみ就寝。その後、大人はコーヒータイムです。
でも、いくらチャコスタを使うとは言え、2杯分だけのお湯を沸かすのに火をおこすのはちょっと面倒でした、、(>O<)
こういう時に「ティファールの電気ケトル」なんかがあったら、すぐお湯が沸くのにな、なんてちょっとアウトドアらしからぬ、ずるいことを考えてしまうママなのでした・・
=翌朝8時 起床=
段々寒くなってきて、朝起きる時間も遅くなってきました。
暑い時期には6時に起きていた息子も、最近は8時。
娘も続いて起きてきました。
起きぬけに何をするかと思ったら、お菓子の入ったポーチを物色。
これこれ、ご飯が先ですよ!
とは言え、少しお腹が空いたらしいので二人揃ってヨーグルトを。
=9時過ぎ 朝食=
今回の朝食は、ちょっと久しぶりのホットドッグ。
焚き火台でお湯&調理。
ボーボーと燃えすぎるくらい炎があがるので、焦げないように気をつけます。
朝ご飯を食べ終わると、誕生日が近い息子が「おめでとう!って葉っぱかけて~!」と言い出しました。
リクエストにお応えし、みんなで葉っぱを上から下から、バサッ!。
それを見ていた娘、当然のことながら「私も!」
結婚式のライスシャワーならぬ、リーフシャワー?
この時期ならではのちょっとした遊びでした。
今回はゆっくりしすぎました。
何も撤収作業にとりかかっていないのに、気づけばもう10時半!
息子がパパとサッカー練習している間に、ママは一人で撤収作業。
そこへ娘が派遣されてきました。
よいしょ、よいしょ、と自分達のシュラフを運んでくれます。
その後も、色々運んだり手伝ってくれました。ありがと。
テーブルスペースも、我が家にかかればこの通り。
広い広い物干し場へと変わります(^^;

おっと、こんなところに子ザル発見(笑)
そんな細い木に登ったら危ないって!
我が家一組だけだからか管理人さんも来られず、それを良いことにのんびりと撤収、、
というわけではないんですが、夏に比べ干すものも増え、撤収に時間がかかるようになってきたので、あっという間にお昼過ぎ。
お昼は恒例のカップ麺。
そこらじゅうで拾ってきた松ぼっくりや葉っぱを燃やして、お湯を沸かします。なんて経済的!(笑)
=14時 チェックアウト=
子供たちは、最後の葉っぱ遊び。
必死に葉っぱをかき集め山を作って、埋もれてました。
ちょうど年賀状用に良い写真ができたかな。
帰りは管理人さん不在なので、ご挨拶することもなく、そのまま帰ってきました。
全体の感想ですが、、
このキャンプ場、以前は「かんぽの宿」が営業していて、7年も休場していたところを、地元民間企業が引き継ぎ、H19.5から営業再開されたそうです。
行った時も管理人さんが今後の計画を熱心に話してくださいましたが、利用者目線で見ても、
まだまだ発展途上という感じが否めないかな、というのが感想です。
料金についても、サイト料に入園料が加算されるので、正直、今の状態のままだと施設の割にお値段が高いかなと感じました。
 (※我が家の場合:サイト料5,000円+入村料1,900円+温泉2,100円=total:9,000円)
ただ、立地的には大阪にあって、自然豊かな環境でキャンプができるので、便利さはあると思います。
夏は水遊びができる川もありますし、30分ほどで行者の方が登られるような山にも行けるそうです。
又、炊事棟、トイレともに広くてキレイで、温泉へも徒歩で行けるのでそのあたりはとても便利です。
オートサイトやテントハウスもこれから色々と手を加えて、良いように変えていこうとされているようですので、今後に期待したいと思います。
  ▶▶▶vol.11

 


キャンプ日記indexへ

Copyright(C) since 2008 関西子どもとお出かけ遊び場情報 All Rights Reserved.